10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

広陵町議会 2014-12-18 平成26年第4回定例会(第4号12月18日)

ところが、法制審議会・新時代刑事司法制度特別部会が、3年間も議論して、ことし7月9日に出した「答申案」では、捜査機関手持ち証拠開示については、公判整理手続対象事件だけに限定した上での証拠リスト開示にとどめ、再審請求事件証拠開示は見送られました。  現行では、証拠開示を行うかどうかの判断検察官に委ねられており、どのような証拠を持っているのかも被告人弁護人に明らかにされません。

生駒市議会 2014-09-26 平成26年第4回定例会 企画総務委員会 本文 開催日:2014年09月26日

715 ◯成田智樹委員長 この新時代刑事司法制度特別部会がまとめた答申案のうちの取調べの全過程を録音・録画する可視化の導入ということについては、できるだけ早く法制化することを期待するものでありますけれども、今、浜田議員の説明では、個人のプライバシーの侵害のおそれ、また、当該事件における証人威迫罪証隠滅につながるなどの弊害について、まだまだきちんと、それについてのリスクヘッジ

生駒市議会 2014-09-17 平成26年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2014年09月17日

ところが、法制審議会における新時代刑事司法制度特別部会が3年間も議論して今年7月9日に出した答申案では、捜査機関手持ち証拠開示については、公判整理手続対象事件だけに限定した上での証拠リスト開示にとどめ、再審請求事件証拠開示は見送られました。  現行では、証拠開示を行うかどうかの判断検察官に委ねられており、どのような証拠を持っているのかも被告人弁護人に明らかにされません。

大和郡山市議会 2006-12-20 12月20日-05号

田房豊彦君登壇) ◆12番(田房豊彦君) 「法テラス」の更なる体制整備・充実を求める意見書(案)  司法制度改革一環として、法律サービスをより身近に受けられるようにするため総合法律支援法が2年前に施行されました。同法に基づき「日本司法支援センター」(愛称法テラス)が設立され、10月2日、全国で一斉に業務を開始しました。  

天理市議会 2006-12-01 12月20日-03号

司法制度改革一環として、法律サービスをより身近に受けられるようにするため総合法律支援法が二年前に施行された。同法に基づき「日本司法支援センター」(愛称法テラス)が設立され、十月二日、全国で一斉に業務を開始した。 法テラスは「身近な司法」実現へ中核となる組織で、情報提供民事法律扶助司法過疎対策犯罪被害者支援国選弁護の事務などを主な業務としている。

天理市議会 2006-09-01 09月22日-03号

司法制度としての成年後見制度は、身近な自治体である市町村利用支援を行わなければ十分な普及にはつながりません。市町村はみずから申立人となる制度活用とともに、相談窓口の設置など活用支援具体策を講じていくことが必要になってきます。自治体がどうリードできるのか、自治体取り組みいかんにかかっています。転ばぬ先のつえということが言えると思います。

  • 1