1076件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

橿原市議会 2020-03-26 令和2年厚生常任委員会 本文 開催日: 2020-03-26

今回は原告市民ということなんですけど、請求団体補助参加人として認められることになりまして、今回控訴の相手方としては市民原告の方及び補助参加人を控訴するということになります。この療養費の取り扱いについても、きっちり皆さんの税金と掛け金で賄われるべきものですので、請求が上がりました、はいそうですか、では支払いますというせりふだけは吐きたくありません。

橿原市議会 2020-03-23 令和2年市庁舎建設及び八木駅周辺整備事業等に関する特別委員会 本文 開催日: 2020-03-23

48 ● 佐藤太郎委員 この間やられた山口市の本庁舎の基本設計、実施設計の要綱を見ていますけど、実施要綱等の発表から参加表明書まで、広く応募することになって20日間とると言ってましたよね。これ、普通にやって15日が普通なんですよ。だから、5日しか多くとっていないという話になるんですよね。

桜井市議会 2020-03-17 令和2年予算特別委員会 本文 開催日:2020年03月17日

◯金山成樹副委員長 多分、金額的にメリットがあったんだろうと、今お話を聞いて思うんですけども、一方で、僕の記憶が間違っていたらごめんなさい、平成29年4月1日付で桜井市物品購入者等指名競争入札参加者指名基準を定めたと聞いていまして、要は地元の企業さんを優先して市の事業をやってもらおうというような趣旨やったと思うんですけれども、その中で、総務部長も8割近くは地元企業に投げているという話でございましたけれども

桜井市議会 2020-03-13 令和2年第1回定例会(第3号) 本文 開催日:2020年03月13日

政府としては、これまで都道府県政令市への「ひきこもり地域支援センター」の設置や「ひきこもりサポーター養成研修・派遣事業」を行ってきたが、今後は、より身近な場所での相談支援の実施や社会参加の場の充実など、就職氷河世代も含めた中高年のひきこもりに対して、これまで以上に実効性ある支援と対策を講じるべきである。  

広陵町議会 2020-03-11 令和 2年第1回定例会(第4号 3月11日)

精神障害者においても「自立」と「平等」及び「社会参加」を促進するためには、身体障害者及び知的障害者と同じように精神障害者にも交通運賃割引制度が適用されなければならない。この間、大手私鉄では、西鉄が全国で初となる精神障害者の運賃割引を実施し、政令市の札幌市名古屋市福岡市の公営交通においても地下鉄など全国共通の運賃割引制度が導入されてきた。

橿原市議会 2020-03-11 令和2年予算特別委員会(令和2年度当初予算) 本文 開催日: 2020-03-11

そのためには、東京都市圏でありますとか大阪圏でそういう移住の大きなイベントに参加をさせていただいて、丁寧に移住の相談をさせていただいていると。加えて、3世代ファミリー定住補助、こういうことをさせていただきまして、昨年、5件の募集だったんですけれども6件の申し込みがございました。合わせて定住支援で18名の方が新たに若い世代の方が本市に移り住んできていただいた。こういうことになってございます。  

桜井市議会 2020-03-10 令和2年第1回定例会(第2号) 本文 開催日:2020年03月10日

UIJターンと移住・定住の促進のKPIにおきましても、平成31年度の目標が、移住者説明参加者人数が50人、移住マッチング件数は10人に対しまして実績はゼロであり、現在策定を進めております第2期の総合戦略において、取り組みの見直しが必要になるものと考えております。  

橿原市議会 2020-03-10 令和2年予算特別委員会(令和元年度補正予算) 本文 開催日: 2020-03-10

そやけど、一般質問でもさせてもらいましたけど、それが妥当なのか妥当じゃないのか、すぐれているのかすぐれていないのか、高いのか安いのか、そんなことを比較する、県のところに市から誰か会議か何かでそれなら参加して意見を述べたり、聞いたりして、帰ってくるということでしょう。

桜井市議会 2020-03-04 令和2年第1回定例会(第1号) 本文 開催日:2020年03月04日

非常備消防費におきましては、消防団員消防技術の向上と士気の高揚を図るとともに、消防活動の充実、発展に寄与するため、日ごろの訓練により培った消防操法技術を競い合う奈良県消防操法大会への参加にかかる所要額、及び、消防団携帯用無線機の整備にかかる所要額を計上しております。  

橿原市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第5号)〔委員長報告〕

地方自治法の改正で複数の常任委員会参加できるようになっているはずなので、   委員数の削減や委員会の統合がされた場合でも、重複して参加できるようにする等、   いろいろな選択肢を考えてもいいのでは。  ・文教と厚生は関連性が強く、統合することは基本的に賛成するが、人数の編成が8   名・8名・7名となり、委員数としては少し多いと思う。

広陵町議会 2019-12-20 令和元年第4回定例会(第5号12月20日)

チーム議会として、議会の公開性を高め、住民参加を強めるのが目的となっています。毎年恒例の新語流行語大賞にはラグビーの「ワンチーム」が選ばれたとのことです。政策や方針が議員相互には異なっていても、住民にわかりやすい議会にできるかどうかはこれからの活動に委ねられています。一層精進して議会改革に努めることを呼びかけて報告を終わります。  ありがとうございました。

広陵町議会 2019-12-12 令和元年第4回定例会(第3号12月12日)

次に、耕作者の育成でございますが、人・農地プランの実質化におきまして、農業委員、推進委員がコーディネーター役になって進めていくこととなっておりますが、入作者や新たに地域農業を行うことに意欲的な方にも話し合いに参加してもらうように働きかけ、農協と連携し、地域農業を守るためのプランを立てる必要があるのではないかと考えます。  

広陵町議会 2019-12-11 令和元年第4回定例会(第2号12月11日)

このときに私も討論に参加をしておりまして、気持ちはわかると。このままでいったのでは、また住民の願いが届かなくなるのではないかということで提案されたものだと思うと。その気持ちはわかると。だけど、指定管理という制度はそうではないのではないかと。あらかじめ契約された中身しかやらないと。