16件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

生駒市議会 2019-12-09 令和元年第6回定例会(第3号) 本文 開催日:2019年12月09日

160 ◯17番 浜田佳資議員 しかもその中で、認知症になりやすい要因というのはいろいろありますが、「ランセット国際委員会の報告から」ということで、白石さんという医学博士言語聴覚士の方の報告がいろいろありますけど、その中では難聴が最大要因であると。ちなみに運動不足という場合、これも認知症になりやすいんですが、この3倍というふうな報告がなされています。

桜井市議会 2017-09-15 平成29年決算特別委員会 本文 開催日:2017年09月15日

市長でも、学校出て、大学院も行っておらんと、勉強されて博士号を取るんですわ、たった4年で。副市長、行政マンを何年してはりました。かなり熟知されてますやん。ほんで、再任用の人も、それだけの年数、何十年勤めたら端から端までわかってるやろうし、その人らは答えが出せると思いますけども、あくまでも相談に来た中身の束を束ねて、専門的なところへ振っていくと。

広陵町議会 2017-09-13 平成29年第3回定例会(第2号 9月13日)

大学院のときに書いた博士論文が大変すばらしいというので書いた論文が外国雑誌などに載りまして、ところが結婚したら名字が変わっちゃうと。一体これ誰が書いたんやということになるから困るということを言われて、選択的別姓をやってくださいねとお願いしたにもかかわらず、国はこれを認めないということをやったわけですよ。

広陵町議会 2015-03-10 平成27年第1回定例会(第2号 3月10日)

工学博士も多ければ、メーカーの技術屋も多いですからね、私は造船会社、船やからちょっと知りませんけれどもね、知っている人に聞きます。ということで、町長、これちょっと検討しましょう。あのね、そんなん22日に別段そんなん慌てて、あそこでせんでよろしい、つけんでも。ほんで今言っている資料のつき合わせ。つき合わせせんと町長自身も疑心暗鬼になっていると思っているんです、おかしいなって。

生駒市議会 2011-06-23 平成23年第4回定例会(第5号) 本文 開催日:2011年06月23日

調査は、帝塚山大学現代生活学部居住空間デザイン学科教授工学博士、一級建築士、中野明さんに委託するものです。  最後に、調査報告につきましては、調査終了後、速やかに生駒市議会に調査報告書を提出するとともに、市民福祉委員会で調査報告書に基づく報告を行うこととしております。

生駒市議会 2011-06-16 平成23年第4回定例会 市民福祉委員会 本文 開催日:2011年06月16日

調査の委託先、これ、今回の一般質問を行うに当たって、ご意見を伺いに行った先生でございますけれども、中野明教授、帝塚山大学の今は現代生活学部居住空間デザイン学科教授でございまして、工学博士、一級建築士ということで、ご自身も、病院設計を実際、実務としてやっておられるということもございますし、あと、日本医療福祉設備協会という団体にも所属されて、病院設計あるいは病院設備というところについてのスペシャリスト

橿原市議会 2011-03-10 平成23年予算特別委員会(平成23年度当初予算) 本文 開催日: 2011-03-10

またその学校に配るだけじゃなくって、その昆虫館の中にいらっしゃる、やはりその博士なりね、いろんな指導専門家がいらっしゃると思うんですけども、そういう方々が順番順番に各学校を回っていただいて、そういう授業を展開していっていただくようなことをちょっと考えていただきたいんですが、これについて、どう考えてはるのかをぜひ。

生駒市議会 2008-09-10 平成20年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2008年09月10日

そこでケニア環境活動家であるノーベル平和賞受賞者のワンガリ・マータイ博士が基調講演を行いました。それは、「もったいないが地球を救う」との講演でした。資源とは、土地、水、森などだ。私たちはこれらの資源を将来にわたって共有しなければならない。地域的な紛争であれ、地球規模の紛争であれ、すべての紛争には資源が関係している。だれが資源にアクセスするかという問題である。

橿原市議会 2007-02-20 平成19年橿原市議会議員定数に関する特別委員会 本文 開催日: 2007-02-20

モッセという人が地方制度法律顧問でありまして、モッセ博士議員の定数を何人にするっていうことを明治政府に言ったんで、それが30人から60人になるんであります。じゃ、モッセ博士はどうしてそれを基本にして言ったかといったら、それはモッセ博士のふるさとの議会議員の定数だったというのが、これが通説なんですよ。根拠はないんですよ。旧内務省、戦前は内務省って言いましたね。

生駒市議会 2006-06-19 平成18年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2006年06月19日

具体的なことでございますが、小学校の低学年では生活科で身近な自然に積極的に触れ合い、草花博士や自然と遊ぼう等をテーマに学習が進められておるところでございます。中学年では、理科植物の一生や春夏秋冬の植物、生き物を観察し、自然を理解しておるところでございます。社会科では、生駒市奈良県の暮らしの中で、ごみとリサイクル、水と森林等の学習をしております。

生駒市議会 2005-10-24 平成17年度決算審査特別委員会(第2日目) 本文 開催日:2006年10月24日

338 ◯委員外議員(西口謙一君) 生駒市は、学研都市大学院もございまして、筑波でしたら何百人の博士号を持った方が世界から来られて、その方々は日本語を覚えて来ておられるから、その方たちの会話日本語で通じるんだという方々が多く来られているように聞いておりますけれども、今現在、この学研で海外からいろんな先生たちも来られたり、そこに勤めておられる方はご存じだと思いますけど、教育長

  • 1