213件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

橿原市議会 2021-06-01 令和3年6月定例会(第3号) 本文

先ほど議員がおっしゃられましたけども、今後発生が危惧される南海トラフ地震または奈良盆地東縁断層帯地震などが発生すると、橿原市においても相当大規模被害が出るということが見込まれております。また、特に近年、気候変動などによる豪雨災害豪雨被害なども、これも年々リスクが高まっておるというようなことも認識しております。  

桜井市議会 2021-03-10 令和3年第1回定例会(第3号) 本文 開催日:2021年03月10日

また、長年懸念されている南海トラフの脅威にもさらされている可能性も十分考えられる中、災害対策ウイルス対策を併せた取組みのお考えはないのか、お尋ねいたします。 ◯危機管理監小畑雅義君) 再度のご質問にお答えいたします。  災害発生した場合、避難生活においては、感染症リスクが非常に高まることとなります。

橿原市議会 2021-03-09 令和3年建設常任委員会 本文 開催日: 2021-03-09

28 ● 建築指導課長 橿原市で想定されます地震震度ですが、国の調査による今後発生が予測される南海トラフを震源とする地震では、市内でも震度6弱の揺れが予想されるというところです。さらに2点目のご質問高齢者世帯への対策としてどういうものがあるかというところですが、支援策としては、耐震シェルター設置補助事業というものを実施しています。

大和高田市議会 2021-03-01 令和3年3月定例会(第1号) 本文

近い将来発生する可能性が高いと言われている南海トラフ巨大地震など、大規模災害に対して新庁舎の機能を最大限生かせるよう、これまで以上に関係機関や組織間の連携を強化しながら防災活動に努めてまいります。  また、大和高田市消防団災害対応力向上のため、装備の充実にも努めてまいります。  内水対策事業につきましては、奈良県との連携の下、高田土木事務所敷地内にて雨水貯留施設整備を進めてまいります。  

奈良市議会 2021-02-17 02月17日-01号

この大きな災害への対策というのは、実は時間はあまりないというふうに考えていまして、それは大地震--南海トラフ地震もそうですし、奈良盆地東縁断層もそうなんですけれども、そういうふうに思っております。 向井副市長、突然ですみません。これは要望なんですけれども、福祉政策課援護部援護班が担う事務を進めるための職員の配置をぜひお願いしたいというふうに思うんです。もう今のままでは、物理的に進まない。

広陵町議会 2020-12-16 令和 2年第4回定例会(第4号12月16日)

今後発生が危惧されている首都直下地震南海トラフ地震などの大規模災害に備え、特に自助と公助をつなぐ共助を強化する手だてが欠かせません。地区防災計画整備する意義はここにあります。  注目したいのは、内閣府の分析で、地区防災計画を策定した166事例のうち、市町村の働きかけで計画の策定に動き出したケースが全体の7割に上っていることです。

王寺町議会 2020-12-08 12月08日-02号

今後、食料など不足する生活物資提供や、避難所としての施設提供、ライフラインに係るサービスなど、何が足りていないのか検証を行った上で、民間事業者団体支援内容に応じた協定の締結を進めることに加えて、南海トラフ巨大地震等の広域にわたる大規模災害に備え、陸路で2時間から3時間程度の距離にある岐阜県高山市や愛知県犬山市など、観光振興等でつながりのある遠隔地自治体と、職員派遣による人的支援生活物資支援

御所市議会 2020-07-02 07月02日-09号

市民安全部長嶋谷辰也) 収容人数490人というところにつきましては、これは、御所市内で例えば南海トラフ地震等々を想定いたしますと、約1万人程度避難者が出るというふうに、以前、県の被害想定という数字の中でございました。そういったところから、ある程度、地域的なものを含めまして割り振りを行っているところの数字ということでございます。 

大和郡山市議会 2020-06-23 06月23日-04号

本格的な梅雨の季節を迎え、集中豪雨による浸水被害発生や、今後起こり得る南海トラフ等の大地震各地で警戒されています。その中で、新型コロナウイルス感染防止策を含めた避難所整備急務となっています。それを踏まえまして、自然災害発生と、いまだ新型コロナウイルス感染症が並行しているような状況下での3密回避避難所運営に関しましては、昨日、林議員質問しておられましたので割愛させてもらいます。 

香芝市議会 2020-03-16 03月16日-02号

危機管理監笠屋眞一) なかなかその想定というところは難しいんですけれども、本市で今食料関係につきましては南海トラフについての最大被害戸数というんですか、世帯数からそこを目標に維持を考えているというところでございます。また、あわせて出前講座をはじめ、広報等におきまして市民皆様には最低3日から1週間の備蓄をお願いしておるというところでございます。 ○議長(福岡憲宏) 下村議員

天理市議会 2020-03-01 03月16日-03号

日本の国土は複雑な地殻構造の上に位置し、世界的に見ても地震発生回数が多い上、その状況首都直下型地震をはじめ東海地震東南海地震南海地震、さらにこれらの地震が同時に起こる南海トラフ地震など、いつ起こるかわからない地震に備える大切さを知っておく必要があると思います。さらに、この十年間の異常気象は、単に温暖化のせいと一括りであらわせるものではないと思います。

大和高田市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第1号) 本文

近い将来に必ず発生するとされている南海トラフ巨大地震においては、市内全域最大震度6強の揺れ発生すると予想されており、液状化現象や、特に市内中心部での火災による被害が懸念されているところであります。このような広範囲に及ぶ大規模災害発生した場合、外部からの支援も遅延する可能性が高く、市の防災力向上関係機関との連携強化住民自身による救援活動避難所運営が大変重要になってくると考えられます。  

奈良市議会 2020-02-27 02月27日-01号

近年頻発し、被害も甚大となっております台風や豪雨、また発生が懸念されます南海トラフ地震奈良盆地東縁断層帯地震などから市民皆様の生命、財産を守るための施策に、交付税措置がございます緊急防災減災事業債を活用することで、財政負担を極力抑えながら重点的に取り組み、将来にわたって市民皆様に安心して暮らしていただけるよう取り組んでまいりたいと考えております。