894件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

広陵町議会 2019-03-20 平成31年第1回定例会(第5号 3月20日)

また2点目としまして、財政調整基金を活用し、平成31年分の特例として国民健康保険加入の全世帯に課税される基礎課税医療保険分の世帯別平等割を2万7,400円から2万1,100円に改正し、一律6,300円を減額することにより、全ての国保加入世帯の保険税の軽減を図ったものであります。

大和郡山市議会 2019-03-18 平成31年  2月 定例会(第1回)-03月18日−04号

国民健康保険制度は国民の4人に1人が加入し、国民皆保険の医療制度の重要な柱になっております。しかしながら、国民健康保険税の滞納世帯が全加入者の15%を超えるなど、国保税の重い負担に市民が悲鳴を上げております。国保の加入構成はかつて7割が農林水産業と自営業者でしたが、現在は48%が年金生活者などの無職で、34%が非正規雇用など合わせて8割近くになっています。  

橿原市議会 2019-03-13 平成31年予算特別委員会(平成31年度当初予算) 本文 開催日: 2019-03-13

これは加入世帯の3割は所得がありません。約8割が無職、または被用者の割合になっています。ですから、その中で市独自の申請減免の拡充は言うまでもありませんし、全国では子どもの、いわゆる均等割負担は橿原市もございますけれども、均等割ですけども、それを負担をなくすために財政措置を、政府に対して軽減措置を図るように言っています。

広陵町議会 2019-03-08 平成31年第1回定例会(第3号 3月 8日)

我が町も加入し、会費を負担している北方領土返還要求運動奈良県民会議については、奈良県広報課に事務局を置いている。私は平成23年3月議会と、平成25年3月議会でこの問題を取り上げている。  ①戦後処理について、第二次大戦が第一次大戦と大きく異なるのは勝敗によって領土の割譲を行わず、国境線を外交の結果で判断しようとした点にある。(1943年11月27日カイロ宣言)。

広陵町議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会(第2号 3月 7日)

だからそれで自治会の活動で、役割分担なんかしてもちょっとおっくうになるねと、こういう方もあって、自治会に加入をされないというパターンもだんだんふえてきたと。在来地はそうではないかなと思ったけど、これだけ新しい方がどんどん入ってくると、議長のお住まいの大字などでも大変な状況だと私漏れ聞いたことありますけれども、そんなようなことがやっぱりあるわけですよ。

桜井市議会 2018-12-13 平成30年第4回定例会(第4号) 本文 開催日:2018年12月13日

国保加入者数は、平成29年10月現在で8,763世帯、1万5,319人、平成30年10月現在では8,612世帯、1万4,771人となっております。世帯数で151世帯、加入者数では548人の減少となっております。軽減にかかる金額は、平成29年度は2億6,057万7,450円、平成30年度は2億5,898万2,625円となっております。こちらも159万4,825円の減少となっております。  

大和郡山市議会 2018-12-11 平成30年  産業厚生常任委員会-12月11日−06号

◆尾口委員 南井町の自治会の加入率は何%か。100%なのか問う。 ◎今井西田中町ふれあいセンター所長 自治会だが、世帯数が約90世帯、人数が約240名、加入率に関しては、新興住宅もあるが、旧の部分に関してはほぼ加入されていると聞いている。 ◆尾口委員 十分協議をされていると理解をしているが、昨今高齢化が進み、自治会から脱退する人が結構いる。

橿原市議会 2018-12-10 平成30年厚生常任委員会 本文 開催日: 2018-12-10

医療分の国保税の限度額を現行54万円から4万円引き上げ58万円になり、最高限度額が89万円から93万円に引き上げられ、さらに加入者の負担を増やすものでございます。国の言うとおりの国保税の引き上げではなく、一般会計からの法定外の繰り入れを行い、生活実態に即した減免条例改正を行うべきである。  

王寺町議会 2018-12-10 平成30年 12月 総務文教常任委員会-12月10日−01号

ですので、その団体についても、広く住民の方が1つの競技とか、1つの文化活動とか、しようと思われれば門戸を開かれていますので、今そういった団体自体も入っておられるメンバーの高齢化というかも進んでいますので、実際そういったことに対して活動されるという方は、今後もしっかりと募集させていただいて加入することで、それぞれの団体、町がやっていることを補完していただく団体の活性化にもつながるのかなと思っております

広陵町議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第2号12月10日)

それと補助金でございますが、国の補助金、初めは2分の1、平均的に共済加入、農業の共済に入っておられる方は2分の1ということで、未加入の方の場合は10分の4という形になってございます。これも大体半分ぐらい、ちょうど12件ぐらいが未加入加入という形になってございます。  

王寺町議会 2018-12-07 平成30年 12月 定例会-12月07日−02号

ただ農作物につきましては、イノシシによる被害など不可抗力的な損害が発生する場合に備えて、住民それぞれが侵入防止対策を実施し、広範囲に損害が発生した場合に備えて農業共済などの保険に加入していただくことが基本であろうというふうに思っているわけでありますけれども、しかしこの農業共済の加入要件には、稲や麦を10アール以上栽培されている農家といった条件がございまして、王寺町あるいは町内の実態を見ますと営利目的

広陵町議会 2018-12-06 平成30年第4回定例会(第1号12月 6日)

支払い年月日は、平成30年11月2日で、損害賠償額は全て町が加入している保険により補填される予定をしております。  以上、報告とさせていただきますので、よろしくお願い申し上げます。 ○議長(堀川季延君) これより本件について質疑に入ります。  質疑ありませんか。          (「なし」の声あり) ○議長(堀川季延君) 質疑がないようですので、質疑を打ち切ります。  

広陵町議会 2018-10-11 平成30年第3回臨時会(第1号10月11日)

被害のありました公共施設のうち、建築物につきましては、建物損害共済保険に加入しておりまして、損害額の2分の1の保険金が支払われる見込みとなっております。保険で補填される見込みの分の残りですけれども、災害復旧事業債として970万円、こちらは交付税算入率47.5%の地方債でございます。下の一般財源分は、繰越金といたしまして、平成29年度歳計剰余金1,180万円を充当して、財源調整をしております。  

広陵町議会 2018-09-21 平成30年第3回定例会(第5号 9月21日)

1万円の引き下げは、国保加入者全ての世帯、4,200世帯が助かります。4,200万円使っても基金約2億円が残ります。それで減免制度を維持していただけたらと思いますが、1万円の引き下げはしない。払いたくても払えない高い国保はそのままで取り立てだけ強化していかれるので反対といたします。 ○議長(堀川季延君) ほかに討論ありませんか。  5番、山村議員!

桜井市議会 2018-09-20 平成30年文教厚生委員会 本文 開催日:2018年09月20日

これに伴います損害賠償等々の部分につきましては、当然今回は、JV側にも発注させていただいた工事の中で起こっている事案になりますので、その損害等につきましては、JV側が加入しております保険で対応していただけるようなかたちでは報告の聞かさせてもらっております。 ◯藤井孝博委員長 ただいまより1時40分まで休憩をいたします。

大和郡山市議会 2018-09-18 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月18日−03号

国民健康保険の加入者は他の医療保険に加入していない人と規定され、昭和36年4月、全ての国民が何らかの医療保険に入る国民皆保険体制が確立されました。その後、幾たびかの変更が行われ、昭和48年1月、老人福祉法の改正により、ついに70歳以上の方の医療費自己負担が制度上無料になりました。しかし、昭和58年2月には老人保健法が施行され、70歳以上の方の医療費自己負担が復活してしまいます。

大和郡山市議会 2018-09-14 平成30年  決算特別委員会-09月14日−03号

第5款 前期高齢者交付金29億 8,020万 6,113円は、前期高齢者の加入率が全国平均を上回る国民健康保険者に社会保険診療報酬支払基金より交付されたものである。77ページ、第6款 県支出金の決算額は5億 1,504万 2,505円で、その主なものは、調整交付金と高額医療費共同事業負担金である。