91件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

奈良市議会 2021-02-17 02月17日-01号

そういった中で、この認知症初期対応強化の目的として、認知症初期集中支援チーム、今まで1か所でした。しかしながら、令和2年度からは、市内地域包括支援センター13圏域に拡大して設置されております。こういった生活の密着したところの13圏域でされているというのは、本当に我々としては強い味方を得たんじゃないかなと思います。 

奈良市議会 2020-06-12 06月12日-03号

次に、認知症初期集中支援チームについて、福祉部長にお尋ねいたします。 今年度は、認知症初期集中支援チームを各地域包括支援センターに配置し、身近に支援が受けられる環境となったと認識しております。しかし、新型コロナウイルスの影響もあり、対応も厳しい状況であったと思われますが、その点も踏まえ、2点お尋ねいたします。 まず1点目に、認知症初期集中支援チーム進捗状況について。 

桜井市議会 2020-03-26 令和2年第1回定例会(第4号) 本文 開催日:2020年03月26日

次に、議案第5号、令和2年度桜井市介護保険特別会計予算につきましては、認知症初期集中支援チーム委託料内容について聞きたい。  介護保険料の個人や自治体による負担には限度があり、国庫負担の増額を市長会などを通じて再度要望していただくことを願うといった質疑、要望がありました。  

桜井市議会 2020-03-17 令和2年予算特別委員会 本文 開催日:2020年03月17日

その中の認知症初期集中支援チーム委託料生活支援体制整備事業委託料、それと生活支援コーディネーター等委託料、この3点になりますが、このそれぞれの委託料内容を聞きたいんですが、まず、令和元年度の介護保険特別会計補正予算で、これは総務委員会で審議する話なんですけども、その予算の中では、今申し上げました認知症初期集中支援チーム委託料生活支援コーディネーター等委託料、さらに生活支援体制整備事業委託料

御所市議会 2020-03-09 03月09日-01号

今後も、高齢化伸展により、要介護・要支援認定者は年々増加し、それに伴い介護給付費等上昇が見込まれますが、要介護状態にならないよう様々な介護予防事業を展開するとともに、認知症初期集中支援、在宅医療介護連携生活支援体制整備事業などの様々な角度からの高齢者支援のための施策についても取り組んでいきます。 

奈良市議会 2020-03-04 03月04日-02号

具体的には、高齢化の進展に伴う認知症高齢者の増加に対応ができるよう、現在福祉政策課内に設置いたしております認知症初期集中支援チームを、新たに市内13か所の地域包括支援センター設置いたします。これによりまして、地域のより身近な場所で認知症の方とその御家族支援を行っていける体制を目指していきたいと考えております。 

奈良市議会 2019-12-05 12月05日-03号

議員御指摘の地域包括支援センターにおける精神障害を抱えた方の相談窓口ということにつきましては、専門職員確保もしくは継続的な財源の確保という課題がございますけれども、認知症初期集中支援チームの充実など、まずはできる部分からでも対応していきたいと考えております。 ○副議長宮池明君) 26番藤田君。 ◆26番(藤田幸代君) ありがとうございます。 

桜井市議会 2019-09-27 令和元年第3回定例会(第4号) 本文 開催日:2019年09月27日

また、地域包括ケア推進室からは、認知症初期集中支援チーム委託料について、会議開催回数予定数に満たなかったことによるものと、生活支援コーディネーター委託料について、社会福祉協議会に委託していた当事業日数が依頼した日数に達しなかったため、返還となったとの回答でありました。  本案につきましては、全員異議なく、原案どおり可決するものと決定いたしました。  

桜井市議会 2019-09-20 令和元年総務委員会 本文 開催日:2019年09月20日

◯芝谷喜美子地域包括ケア推進室長 地域包括ケア推進室といたしましては、まず、認知症初期集中支援チーム委託料につきまして、お医者さんと、専門職の人とで構成しているんですけれども、なかなか会議を持つ機会がなく、名前を伏せてメートルとか、電話で調整いたしましたので、会議開催が、予定よりも多くなかったのでその部分が残ったということになります。

大和郡山市議会 2019-09-12 09月12日-03号

また、適時適切な医療介護等の提供として、認知症初期集中支援チーム若年性認知症相談会を行っております。その他、介護者への支援としましては、認知症カフェ開催認知症高齢者等見守り連絡会議徘徊高齢者SOSネットワーク事業を行っております。 次に、軽度生活援助の具体的な内容でございます。この事業は、簡易な日常生活上の家事援助などの生活支援を行うことにより、住みなれた地域での生活の継続を支援します。

大和高田市議会 2019-06-01 令和元年6月定例会(第4号) 本文

現在、本市におきましては、生活介護支援サポーター養成認知症初期集中支援チーム設置など、さまざまな事業に取り組んでおられます。さまざまな取り組みへの参加者が年々ふえているということで、介護保険が始まって19年、介護社会化という点では市民の皆様の理解が進んでいると感じます。  

御所市議会 2019-03-26 03月26日-04号

次に、介護保険事業特別会計予算では、介護給付費通知作成委託料減額理由認知症初期集中支援推進事業費減額理由及び同事業改善状況後見人等報酬扶助費及び生活支援体制整備事業費に係る事業内容について説明を求めました。 次に、水道事業会計予算では、総配水量減少理由及び建設工事に係る減額理由について説明を求めました。 

広陵町議会 2019-03-20 平成31年第1回定例会(第5号 3月20日)

次に、議案第24号、平成31年度広陵町介護保険特別会計予算については、認知症初期集中支援チームの活動及び実績について、また認知症カフェについての質疑には、初期集中支援への相談はあるが医療につながった実績はない。今後は、家族の思いも考慮した上で、ハートらんどしぎさんとも提携し、周囲の理解・本人の説得につなげるハードルを下げた体制づくりが必要と考えている。そのための啓発や養成講座にも力を注ぎたい。

御所市議会 2019-03-05 03月05日-01号

本市におきましても高齢化伸展により、要介護・要支援認定者は年々増加し、それに伴い介護給付費等上昇が見込まれますが、要介護状態にならないよう、さまざまな介護予防事業を展開するとともに、認知症初期集中支援、在宅医療介護連携生活支援体制整備事業などさまざまな角度からの高齢者支援のための施策についても取り組んでいきます。 

広陵町議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会(第1号 3月 4日)

6目の認知症総合支援事業費につきましては、認知症初期集中支援といたしまして、認知症初期集中支援チーム検討委員報酬設置連携委託料等102万6,000円、また認知症カフェ事業では、現在のカフェ実施事業所3カ所、そのほか増設等補助金として66万円、合計168万6,000円を計上いたしております。  94、95ページをお願いいたします。  

王寺町議会 2019-03-04 03月04日-02号

認知症早期発見のために、専門医などで構成される認知症初期集中支援チームを編成して、早い段階から必要な医療介護サービスにつなげるとされています。この部分につきまして、現在、どういうふうな状況にあるのか、ちょっとお聞きいたします。 ○議長(鎌倉) はい、理事者。 森田部長。 ◎番外(森田住民福祉部長) 住民福祉部森田でございます。