995件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大和郡山市議会 2019-05-15 令和 1年  5月 臨時会(第1回)-05月15日−02号

平成30年9月1日の公立小・中学校の空調設置の状況としましては、大和郡山市内の保有数が 269ある普通教室の設置数が83、設置率にしますと30.9%の設置率、また設置数でありました。しかしながら、この2学期には、普通教室においては市内小学校 100%といった大変喜ばしい数字が見られることを待ち遠しく思うわけであります。  それでは、3回目の質問に入ります。  

大和郡山市議会 2019-03-18 平成31年  2月 定例会(第1回)-03月18日−04号

まずは、公立園で正規の保育士の採用をふやすべきです。学童保育でも、施設がふえても指導員の確保が難しいという声を聞きます。公設公営の学童保育所を実現し、子供が安心して放課後を過ごすことができる環境を保障すべきです。  教育内容を充実させるためにも、小・中学校の臨時職員の賃金が県の臨時職員の賃金よりはるかに低く半分程度であることは問題です。いい人材を確保するためにも、引き上げを求めます。  

大和郡山市議会 2019-03-14 平成31年  2月 定例会(第1回)-03月14日−03号

2回の質問で、保育園・幼稚園の窓口は一本化して、こども課とする窓口の一元化を図ることを慎重に検討する、学童保育所の公営化について全国的には公立公営が減少し、社会福祉協議会や民間企業による運営がふえているとの答弁でした。  ここで、昨年起きました出来事2つを述べます。

生駒市議会 2019-03-13 平成31年第1回定例会 予算委員会(市民文教分科会) 本文 開催日:2019年03月13日

58ページ中段から59ページにかけましての目3、保育所費は公立保育所3園及び南こども園の管理運営に要する経費のほか、中保育園の既設厨房室を保育室に改修する工事に係る経費等を計上しております。  続きまして、目4、母子父子福祉費は児童扶養手当の支給を始めとする一人親家庭等の生活の安定と自立を支援するための経費を計上しております。  

橿原市議会 2019-03-12 平成31年予算特別委員会(平成31年度当初予算) 本文 開催日: 2019-03-12

166 ● 健康部副部長兼こども未来課長 保育士不足は、公立も私立もどちらにも起こっております。特に私立保育園さんにおきましては、割と面積も大きい園もたくさんございます。保育士さえもう少し確保できたら入所児童をもうちょっと受け入れられるのにというような状況は聞いております。

大和郡山市議会 2019-03-12 平成31年  予算特別委員会-03月12日−02号

幼稚園においての預かり保育、今、小学校の保護者参観の日は無償で預かり保育を行っていると聞いているが、今後預かり保育のニーズが高まるとか、公立の幼稚園が保育の無償化によって人員が少なくなるのではないかという懸念もあるが、その辺に対して何か対策があれば問う。 ◎田中教育部次長 今、委員指摘のとおり、保護者の授業参観への参加であったり、病院への通院であったりというときに預かり保育が多くなっている。

広陵町議会 2019-03-08 平成31年第1回定例会(第3号 3月 8日)

最後に、教員の増員については、確かに切実な問題ではありますが、教員定数は「公立義務教育諸学校の学級編成及び教職員定数の標準に関する法律」により定められたものであり、基礎自治体の裁量のみで改善できるものではないと考えております。

大和郡山市議会 2019-03-06 平成31年  教育福祉常任委員会-03月06日−01号

その計画については、公立園については毎年8名の保育士を採用している。そのうちの5名が保育士の職員として採用をしていて、来年度も同様に採用していただくべく、人事当局とは協議をしてまいりたいと思っている。それでも不足する分については、去年12月に保育士の説明会をイオンモールで開催して、できるだけ保育士を確保できるように最大限の努力をしているところである。 ◆金銅委員 今、担当課長から説明を受けた。

桜井市議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会(第1号) 本文 開催日:2019年03月04日

児童福祉施設費におきましては、平成30年度に引き続き、今後の公立保育所・幼稚園の適正配置や適正規模について検証し、就学前の子どもたちにとって望ましい保育・教育施設の環境整備に取り組むための所要額を、また、宝くじ助成事業を活用して子どもの広場の遊具設置にかかる所要額を計上しております。  

大和郡山市議会 2019-02-28 平成31年  2月 定例会(第1回)-02月28日−01号

そうした中、平成18年度から集中改革プラン「リメイク大和郡山プロジェクト」を推進するとともに、土地開発公社の解散や住宅新築資金等貸付事業特別会計の閉鎖等により普通会計の黒字化を図り、近年では、新学校給食センターの建設、公立小中学校や幼稚園の耐震化、清掃センターの長寿命化事業、矢田認定こども園の建設などに取り組んできたところです。  そして、平成の次の時代が間近に迫ってきました。  

生駒市議会 2018-12-21 平成30年第8回定例会(第4号) 本文 開催日:2018年12月21日

市の施策として、本年の災害等を踏まえ、公共施設におけるブロック塀の撤去、改修や小中学校、公立幼稚園に対する来年夏までのエアコン整備が急きょ提案されたことから、市議会においても、その緊急性を踏まえ、直ちに審議を行い、結論を出してまいりましたが、改めて災害等に備える必要性を痛切に感じたところであります。  

大和郡山市議会 2018-12-18 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月18日−03号

そしてもう一点、無償化に伴って、公立幼稚園に通う保護者、できるだけ長時間の保育や私立の特色ある保育を希望し、保育園、認定こども園や私立幼稚園に転園させたい、こう考えることもあり得ることだと思います。今、公立幼稚園は、園児の減少、認定こども園への移転などからクラス数が減ってきています。無償化でさらにクラス数の減少が起これば、公立幼稚園の維持が困難になることも考えられます。

生駒市議会 2018-12-13 平成30年第8回定例会 予算委員会(市民文教分科会) 本文 開催日:2018年12月13日

もう一つは、先ほどもありましたけれども、民間、公立も含めまして人材不足という部分があるんですが、保育士を多く確保すれば、その分、入所を進めることができますので、私立はそういう形で、「資格をいかそう!相談会」などをさせていただいて、潜在保育士の発掘も含めまして、極力、人材を確保したいと。

桜井市議会 2018-12-11 平成30年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2018年12月11日

公立は、市町村が全額負担するとされており、市の財政負担がふえます。これは、小泉政権時代の国の三位一体改革で、民間にできるものは民間でとの趣旨のもと、公立保育所の運営費、施設整備費の助成費が一般財源化され、一部交付税措置があるものの、市町村負担となることが踏襲されていることによります。  財源としましては、政府の案によりますと、消費税引き上げに伴う地方へ配分される増収分を活用するとされています。

橿原市議会 2018-12-10 平成30年厚生常任委員会 本文 開催日: 2018-12-10

7 ● 竹森衛副委員長 2019年度まで経過措置として連携施設の設定は据え置かれているわけですけれども、連携施設の確保ができないようだと、家庭的保育事業等の運営、卒園後の問題が不安になって、そのときに公立保育所がどのような、そのときの役割を本市ではどのように取り組んでいくのか。  それから、もう1つ、待機児童の解消、それとの関係でどう運営していくのか。

橿原市議会 2018-12-07 平成30年文教常任委員会 本文 開催日: 2018-12-07

もし予算を認めていただきますと、市内公立幼稚園10園の保育室に来年7月から使用できるように空調設備を設置したいと考えております。こちらはリースではございません。直接施工で予定しておりまして、まず1月から設計業務に着手をいたしまして、3月末には工事業者を決定し、4月から工事業者による現場調査、機器発注を行った上で作業に着手いたします。