29件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

大和郡山市議会 2020-09-23 09月23日-05号

次に、議認第5号 令和年度大和郡山介護サービス事業特別会計歳入歳出決算についての主な質疑について、市の地域包括支援センターにおけるケアプラン作成数はに対し、第4包括支援センター開設前の平成30年3月は一月で 549件でしたが、第4包括支援センター開設後の平成31年3月は 322件、令和2年3月は 372件となっておりますとの答弁がありました。 

大和郡山市議会 2020-09-03 09月03日-01号

令和年度大和郡山一般会計歳入歳出決算について 日程第16  議認第2号  令和年度大和郡山国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算につい              て 日程第17  議認第3号  令和年度大和郡山後期高齢者医療事業特別会計歳入歳出決算につ              いて 日程第18  議認第4号  令和年度大和郡山介護保険事業特別会計歳入歳出決算について 日程第19  議認第5号  令和年度大和郡山介護

大和郡山市議会 2019-09-17 09月17日-04号

次に、議認第5号 平成30年度大和郡山介護サービス事業特別会計歳入歳出決算についての主な質疑について、市の地域包括支援センターにおけるケアプラン作成数はに対し、平成29年度の3月には一月で 549件のケアプランを作成しておりましたが、平成30年度の3月は 322件となっており、第四地域包括支援センター開設により、市の地域包括支援センターでのケアプラン作成業務が緩和されたものですとの答弁がありました

大和郡山市議会 2019-08-29 08月29日-01号

について 日程第17  議認第2号  平成30年度大和郡山国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算につい              て 日程第18  議認第3号  平成30年度大和郡山後期高齢者医療事業特別会計歳入歳出決算につ              いて 日程第19  議認第4号  平成30年度大和郡山介護保険事業特別会計歳入歳出決算について 日程第20  議認第5号  平成30年度大和郡山介護

大和郡山市議会 2018-09-20 09月20日-04号

次に、議認第5号 平成29年度大和郡山介護サービス事業特別会計歳入歳出決算についての主な質疑について、市の地域包括支援センターにおけるケアプラン作成数委託に出している件数はに対し、 6,322件で、うち 1,065件を直営で行い、 5,257件を委託に出していますとの答弁がありました。 以上で質疑を終了し、採決に入り、全員異議なく認定と決しました。 

大和郡山市議会 2018-09-03 09月03日-01号

について 日程第12  議認第2号  平成29年度大和郡山国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算につい              て 日程第13  議認第3号  平成29年度大和郡山後期高齢者医療事業特別会計歳入歳出決算につ              いて 日程第14  議認第4号  平成29年度大和郡山介護保険事業特別会計歳入歳出決算について 日程第15  議認第5号  平成29年度大和郡山介護

大和郡山市議会 2017-09-21 09月21日-04号

次に、議認第5号 平成28年度大和郡山介護サービス事業特別会計歳入歳出決算についての主な質疑について、市の地域包括支援センターにおけるケアプラン総数委託に出している件数は、また、ケアマネジャー1人当たり何件のケアプランを作成しているのかに対し、平成29年3月末現在、予防給付ケアプラン総数は 378件で、うち 315件を委託に出しています。

大和郡山市議会 2017-09-06 09月06日-02号

について 日程第9  議認第2号  平成28年度大和郡山国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算につい              て 日程第10  議認第3号  平成28年度大和郡山後期高齢者医療事業特別会計歳入歳出決算につ              いて 日程第11  議認第4号  平成28年度大和郡山介護保険事業特別会計歳入歳出決算について 日程第12  議認第5号  平成28年度大和郡山介護

大和郡山市議会 2017-09-04 09月04日-01号

について 日程第17  議認第2号  平成28年度大和郡山国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算につい              て 日程第18  議認第3号  平成28年度大和郡山後期高齢者医療事業特別会計歳入歳出決算につ              いて 日程第19  議認第4号  平成28年度大和郡山介護保険事業特別会計歳入歳出決算について 日程第20  議認第5号  平成28年度大和郡山介護

大和郡山市議会 2016-09-20 09月20日-04号

次に、議認第5号 平成27年度大和郡山介護サービス事業特別会計歳入歳出決算についての主な質疑について、居宅介護サービス計画費収入が予算に比べて大幅に少なかった理由はに対し、認定者の伸びを多く見過ぎたことと、認定を受けてもサービスを利用しない方もおられたことが主な要因ではないかと考えておりますとの答弁がありました。 以上で質疑を終了し、採決に入り、全員異議なく認定と決しました。 

大和郡山市議会 2016-09-01 09月01日-01号

について 日程第14  議認第2号  平成27年度大和郡山国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算につい              て 日程第15  議認第3号  平成27年度大和郡山後期高齢者医療事業特別会計歳入歳出決算につ              いて 日程第16  議認第4号  平成27年度大和郡山介護保険事業特別会計歳入歳出決算について 日程第17  議認第5号  平成27年度大和郡山介護

大和郡山市議会 2015-09-17 09月17日-04号

次に、議認第7号 平成26年度大和郡山介護サービス事業特別会計歳入歳出決算についての主な質疑について、3カ所の地域包括支援センターの現状はに対し、平成27年3月末時点での65歳以上の人口及びサービス計画作成件数は、郡山・平和・矢田地区を管轄する市包括支援センターで1万 4,447名、 5,494件、片桐・西田中地区を管轄する第2包括支援センターで 6,165名、 2,357件、筒井・昭和・治道地区

大和郡山市議会 2015-09-01 09月01日-01号

              について 日程第19  議認第4号  平成26年度大和郡山公園墓地事業特別会計歳入歳出決算について 日程第20  議認第5号  平成26年度大和郡山公共用地先行取得事業特別会計歳入歳出決算に              ついて 日程第21  議認第6号  平成26年度大和郡山介護保険事業特別会計歳入歳出決算について 日程第22  議認第7号  平成26年度大和郡山介護

大和郡山市議会 2014-09-18 09月18日-04号

次に、議認第6号 平成25年度大和郡山介護サービス事業特別会計歳入歳出決算について、3カ所の地域包括支援センターの状況はに対し、25年度の相談件数 885件のうち市包括支援センターが 533件で約60%、第二包括支援センターが 214件で約24%、第三包括支援センターが 138件で約16%となっており、高齢者人口の比率と同程度になっておりますとの答弁がありました。 

大和郡山市議会 2014-09-01 09月01日-01号

につい              て 日程第22  議認第3号  平成25年度大和郡山住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算              について 日程第23  議認第4号  平成25年度大和郡山公園墓地事業特別会計歳入歳出決算について 日程第24  議認第5号  平成25年度大和郡山介護保険事業特別会計歳入歳出決算について 日程第25  議認第6号  平成25年度大和郡山介護

大和郡山市議会 2013-09-02 09月02日-01号

につい              て 日程第22  議認第3号  平成24年度大和郡山住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算              について 日程第23  議認第4号  平成24年度大和郡山公園墓地事業特別会計歳入歳出決算について 日程第24  議認第5号  平成24年度大和郡山介護保険事業特別会計歳入歳出決算について 日程第25  議認第6号  平成24年度大和郡山介護

大和郡山市議会 2012-09-04 09月04日-01号

年度大和郡山国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算につ             いて 日程第15  議認第3号 平成23年度大和郡山住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算             について 日程第16  議認第4号 平成23年度大和郡山公園墓地事業特別会計歳入歳出決算について 日程第17  議認第5号 平成23年度大和郡山介護保険事業特別会計歳入歳出決算について 日程第18  議認第6号 平成23年度大和郡山介護

大和郡山市議会 2011-09-20 09月20日-04号

次に、議認第7号 平成22年度大和郡山介護サービス事業特別会計歳入歳出決算についての主な質疑について、居宅介護サービス計画作成実績はに対し、介護支援専門員5名と職員5名とで 570名の居宅サービス計画を作成しておりますとの答弁がありました。 以上で質疑を終了し、採決に入り、全員異議なく認定と決しました。 

  • 1
  • 2