運営者 Bitlet 姉妹サービス
1584件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-19 大和郡山市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月19日−04号 そのサービスの担い手をシルバー人材センターが受けていると、こういう実践例があるんです。また、兵庫県の川西市というところでは、要介護3以上の人は市がタクシー代の基本料金だけを負担するということで外出支援策をやっている。また、山口県の防府市ではタクシー料金の2割を市が負担する、こういうようなことをやっておられるんです。 もっと読む
2018-12-18 大和郡山市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月18日−03号 しっかりと正規職員を中心として人材確保に取り組んでいただきますようお願いをいたします。そして、民間の保育士に至ってもさらなる処遇改善を行い、平均的な産業よりも10万円も低いとされている保育士の処遇、しっかりと行政が後押しして改善していっていただきますよう要望しておきます。   もっと読む
2018-12-11 桜井市議会 平成30年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2018年12月11日 これまで日本国内で働く外国人は、週28時間までのアルバイト留学生と、工場などで働き、身につけた技術を母国に持ち帰って働く技能実習生と、医師や大学教授などの高度な人材と限られてきましたが、入管法の改正により、新たに特定技能1号と特定技能2号の2つの在留資格が設けられ、介護、建設、農業、漁業、宿泊、外食など14業種が在留資格に適用され、特に特定技能2号と認められると在留期限の更新が可能となり、家族の帯同 もっと読む
2018-12-06 大和郡山市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月06日−01号 氏はフルックスグループの代表として、市内で幅広い事業展開を主導されているほか、人材育成や労務管理面におきましても卓越した手腕を発揮されておられることから、公平委員としてまことに適任と考えまして、引き続き同委員を再任いたしたく、提案申し上げるものでございます。   もっと読む
2018-09-20 大和郡山市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月20日−04号 次に、労働費について、シルバー人材センターの会員数の推移はに対し、平成27年度は 599人、平成28年度は 632人、平成29年度は前年度と同数で、就業率は 96.84%になっておりますとの答弁がありました。   もっと読む
2018-09-19 香芝市議会 平成30年第4回 9月定例会-09月19日−03号 このような観点で考えたときにですけれども、まず最初に検討を行う必要がある施設、言いかえますと、機能的な優先度が高い施設ということになろうかと思われますが、これにつきまして今考えておりますのは、総合体育館、モナミホール、中央公民館、青少年センター、旧の公民館、これ現在シルバー人材センターが入ってる建物ですけれども、及び総合福祉センター等が順位が高いのではないかなというふうに考えております。 もっと読む
2018-09-18 大和郡山市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月18日−03号 将来の大和郡山市を担う人材育成にもつながってきます。  これまで、市長にも何度か医療費助成の拡充を求めて御答弁をいただいてまいりました。主には全体のバランスの中でいろんな状況を見ながらの判断であり、全体としては総合的な観点で医療費助成を後退させることはない、こういった答弁が主でありました。 もっと読む
2018-09-18 香芝市議会 平成30年第4回 9月定例会-09月18日−02号 これと並行しまして、この部活動指導員っていうのは大変専門性を確保しないといけないというのと、変則的な勤務になるということもございまして、人材の確保というのが大変課題になってくると。ただ、教員のOBだけではなかなか十分な数が確保できないのではないかなというような懸念がございます。 もっと読む
2018-09-12 桜井市議会 平成30年第3回定例会(第3号) 本文 開催日:2018年09月12日 また、桜井市の水道事業では、資格の取得の奨励や水道管理者技術研修などの人材育成に取り組んでいますが、職員が少ないことや、比較的年齢層の高い職員が多いため、人材の確保や水道技術の維持継承が今後の課題となっていると、このようにあるわけなんですけども、これらの課題について、現在も余り変化がないというふうに考えるわけなんですけども、桜井市の水道事業の現状について、市長にお尋ねいたします。   もっと読む
2018-09-11 桜井市議会 平成30年第3回定例会(第2号) 本文 開催日:2018年09月11日 次に、利用方針につきましては、国では市町村が実施する間伐や人材育成、担い手の確保、2番目として木材利用の促進や普及啓発の森林整備及びその促進に関する費用並びに、3番目として都道府県が実施する市町村による森林整備に対する支援等に関する費用に充てなければならないと定められております。   もっと読む
2018-09-03 香芝市議会 平成30年第4回 9月定例会-09月03日−01号 また、施設整備の保守点検や修繕等の維持管理が適切に対処できる提案となっているか、こちらにつきましては日常的な目視点検や定期点検を実施し維持管理計画を作成する旨の提案がございますので、それを実施することができる人材が配置され実行されているのか市のほうでもモニタリングを行ってまいりたいと考えております。   もっと読む
2018-06-25 大和郡山市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月25日−03号 また、保育士の確保に向けてハローワーク及び人材バンクへの常時求人登録、そして、本年度より保育士就職フェアへの参画、出展も企画しておるところでございます。   もっと読む
2018-06-21 桜井市議会 平成30年第2回定例会(第4号) 本文 開催日:2018年06月21日 3.中高層、中大規模の木造公共建築物が都市部を含めて普及されるよう、CLT(直 交集成板)や木質耐火部材等の新たな木質部材に関する技術開発や人材育成に関する支 援の拡充を図ること。 もっと読む
2018-06-19 大和郡山市議会 平成30年  産業厚生常任委員会-06月19日−02号 町家物語館については、平成30年1月10日の一般公開の開始日から大和郡山市シルバー人材センターに2名体制で管理業務を委託している。現在多くの方々が見学に訪れており、見学者の多い土日祝日はシルバー会員2名では対応が難しい状況である。 もっと読む
2018-06-19 香芝市議会 平成30年第3回 6月定例会-06月19日−02号 一時期就職難と言われた時代も過ぎ、近年では就職率も右肩上がりとなり、今度は人材不足が問題となってきています。今後、超高齢化社会、人口減少とともに人材不足の問題は加速していくと予測されます。特に専門職の人材確保は非常に難しくなっていくと予測されます。そこで、今回の一般質問では保育士に注目し質問していきたいと思います。   もっと読む
2018-06-19 桜井市議会 平成30年第2回定例会(第2号) 本文 開催日:2018年06月19日 森林環境譲与税の使途につきましては、平成29年12月、農林水産省発表の平成30年度税制改正主要事項として、森林吸収源対策の地方財源確保に係る森林環境税及び森林環境譲与税の創設の中で、市町村が行う間伐や人材育成、担い手の確保、木材利用の促進や普及啓発等の森林整備及びその促進に関する費用並びに都道府県が行う市町村による森林整備に対する支援等に関する費用に充てなければならないと定められております。   もっと読む
2018-06-15 広陵町議会 平成30年第2回定例会(第4号 6月15日) 今回は、平成25年11月のクリーンセンター広陵で発生したシルバー人材センターの会員の事故があって、監督不十分で要は町長は20%、副町長は10%の減額ということがことしの1月から減額処置をされました。そして3月までやっておられました。そういうふうな時期に、報酬等審議会のほうへ向けて答申を求めるのに、相談するということは、一般的に誤解を招くようなことにならんのかなというふうにも思います。 もっと読む
2018-06-14 香芝市議会 平成30年 6月14日 福祉教育委員会-06月14日−01号 ◆委員(中山武彦君) 基本的に人材不足である弊害で、学校現場の人たちが例えば気にかかる子供さんを見てくれてる特別支援教育の先生方とかが学童保育のほうにも赴いて、助言とかしてくれる場合があると。結構気になると、やはり先生方の思いとして来られるということもあると聞いてるんですけども、そのあたり何かお聞きになってることはございませんか。 ○委員長(筒井寛君) 澤次長。 もっと読む
2018-06-04 大和郡山市議会 平成30年  新庁舎建設特別委員会-06月04日−01号 そうすると、そこの部分の人材を、こっちの庁舎へ引っ込まなければいけないという現状が生まれてくるが、その辺の整備はいつから始めるのか問う。 ◎齋藤総務課長兼庁舎建設室長 まず、生涯学習課については、三の丸会館に移転をすることになる。そこの整備を来年ぐらいに入りたいと考えている。そのほかも、随時行いながら引っ越しを行っていきたいと考えている。 ○東川委員長 ほかにないか。 もっと読む
2018-04-23 王寺町議会 平成30年  4月 臨時会-04月23日−01号 経験年数豊富で優秀な人材が指導員として登用できない、資格を有しない、県の研修を受けることもできない、そういうふうな現状が、今、全国であるというふうに聞いておりますので、王寺町につきましても、先ほど言いましたように、支援員の方、そういう方が来られた場合にきちんとしておきたいというのがあります。   もっと読む