1314件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-20 広陵町議会 平成31年第1回定例会(第5号 3月20日) 次に、議案第7号、広陵町放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正することについて、条文の「町長が適当と認めたもの」の基準とは、また保護者との情報交換の場は設けられているのかという質疑に対し、人材に関して年齢制限は設けておらず、勤務成績を含めての判断をするというもの。 もっと読む
2019-03-18 大和郡山市議会 平成31年  2月 定例会(第1回)-03月18日−04号 続いて、運動部活動指導員活用事業の内容はに対し、これまで市内の中学校3校の部活動で、指導員がいない種目について県の地域スポーツ人材活用支援事業を活用して指導員を配置していましたが、この事業が終了となり、平成31年度から国、県、市が3分の1ずつを負担して部活動指導員を配置するものです。 もっと読む
2019-03-14 大和郡山市議会 平成31年  2月 定例会(第1回)-03月14日−03号 内容は、共働き家庭等が直面する小1の壁を打破するとともに、次代を担う人材を育成し、全ての児童の安全・安心な居場所を確保するため、放課後児童クラブの待機児童の早期解消と一体型を中心とした放課後児童クラブと放課後子ども教室の計画的な整備等です。 もっと読む
2019-03-12 橿原市議会 平成31年予算特別委員会(平成31年度当初予算) 本文 開催日: 2019-03-12 保育士確保対策として保育に係る環境整備等の周辺業務を行う者の雇用をしてみたり、それから保育士の補助を行う保育補助者を雇用したりというところで進めることができましたら、今いらっしゃる保育士さんの就業が継続できたり、それから離職防止を図ったりというようなところで保育士さんが働きやすい環境を整備することができて保育士の人材も確保できるんじゃないかということで、平成30年度は申し出が2園ほどで予算計上をさせてもらっていましたけれども もっと読む
2019-03-11 広陵町議会 平成31年第1回定例会(第4号 3月11日) 2本目は、人材の矢、これは私がまさに該当しますけれども、内閣府人材派遣制度で人口5万人以下の小規模自治体に人材派遣を行うというものです。  3本目は、財政の矢です。 もっと読む
2019-03-11 橿原市議会 平成31年予算特別委員会(平成31年度当初予算) 本文 開催日: 2019-03-11 99 ● 総務部副部長兼総務課長 今回創設されました森林環境譲与税につきましては、森林の干ばつであったりとか、それで行われます人材育成や担い手の確保、並びに木材利用の促進や普及啓発等に充当されるということで、聞いております。 もっと読む
2019-03-08 広陵町議会 平成31年第1回定例会(第3号 3月 8日) 最大のポイントは、その運営を担う人材にかかります。この人材をどう確保するかが最大の今の課題でございまして、その優秀な人材を確保する仕組みを今一生懸命地域振興のほうで考えていただいているというところでございます。 もっと読む
2019-03-07 広陵町議会 平成31年第1回定例会(第2号 3月 7日) たまたまですが、きのうシルバー人材センターの朝礼がございまして、100人ほどおいでになったんですが、あそこにボランティア委員会というのがあるんですね。それで、3月3日に大和川水系の川掃除をするのにボランティアで出てもらいたいということを会員さんに呼びかけられたところ、58名の会員の皆さんが参加をされたんだが、残念ながら年々参加者が減っているんだと。 もっと読む
2019-03-05 生駒市議会 平成31年第1回定例会(第1号) 本文 開催日:2019年03月05日 また、在宅医療・介護連携の取組としては、地元の医師会を始め地域の医療機関や介護事業所との連携、協力のもと、生駒市医療介護連携ネットワーク協議会を中心とした連携の促進、人材の育成を図るとともに、事業者や市民向けの啓発事業として地域包括ケア推進大会を開催いたします。   もっと読む
2019-03-04 広陵町議会 平成31年第1回定例会(第1号 3月 4日) 引き続き、2期目の公約実現や第4次広陵町総合計画に掲げる政策目標を達成するための筋道をつけ、町の将来を見据えて人材育成に取り組み、道義を持って着実に推進してまいる所存であります。議員各位並びに町民の皆様におかれましては、より一層の御理解と御協力をお願い申し上げ、平成31年度の町政に臨む、私の所信といたします。 ○議長(堀川季延君) ありがとうございました。   もっと読む
2019-02-25 橿原市議会 平成31年市職員の不正行為に関する調査特別委員会 本文 開催日: 2019-02-25 その中で、26年度末の時点で昆虫館が考えていたのが、シルバー人材センターにそれまでお願いしていた業者さんからの職員を移ってもらって、そこでシルバーに委託するという話をして、予算的部分も少し聞いていたんですけども、シルバーに委託した場合、現状の造園屋さんに委託するよりは多少金額が上がるというふうな報告を受けておりました。 もっと読む
2019-01-18 生駒市議会 平成31年市民文教委員会 本文 開催日:2019年01月18日 それと、32ページ、ボランティアのところで、方向性で一つだけ書かれているんですけども、実際、ボランティアなりの組織、人材の育成とか活動の支援とかというところは書かなくていいのかと。だから、そこはやっぱり書いておく必要があると思うんですが、この点、何か考えがありますか。 もっと読む
2018-12-18 大和郡山市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月18日−03号 しっかりと正規職員を中心として人材確保に取り組んでいただきますようお願いをいたします。そして、民間の保育士に至ってもさらなる処遇改善を行い、平均的な産業よりも10万円も低いとされている保育士の処遇、しっかりと行政が後押しして改善していっていただきますよう要望しておきます。   もっと読む
2018-12-17 広陵町議会 平成30年第4回定例会(第5号12月17日) 来年度の保育士及び幼稚園教諭の任期付職員の採用についての質疑に対し、まずは、任期付職員での雇用を考えているが、確保できない場合については、人材派遣で対応したいとの答弁がありました。  その他、質疑、答弁を受け、慎重な審査をいただいた結果、反対者がありましたので、採決の結果、賛成多数で可決すべきものと決しました。  以上、簡単でありますが、総務文教委員会の審査結果報告といたします。 もっと読む
2018-12-14 大和郡山市議会 平成30年  総務常任委員会-12月14日−04号 ◆上田副委員長 新聞でも専門員の人材不足が報道されていたと思うが、その点について詳しく問う。 ◎榎並企画政策課長 当市では、文化財の職員として4名を置いている。そのうち3名が専門職で、1名は事務員で、これに関しては今後も引き続き維持していきたいと考えている。 もっと読む
2018-12-13 大和郡山市議会 平成30年  建設水道常任委員会-12月13日−04号 これらによりスケールメリットを発揮し、経営の効率化、人材・技術面の共有化を図り、課題に対応するというものである。   もっと読む
2018-12-12 広陵町議会 平成30年第4回定例会(第4号12月12日) 人材確保をどうするのかというところはやはり行政のほうで考えていく必要があると思いますので、いろんな方面から検討したいと思います。 ○議長(堀川季延君) 5番、山村議員! ○5番(山村美咲子君) やはり社協のほうでも人員というか、専門職の方がやめられたという残念なこともお聞きしておりますので、しっかりとその辺のところはあわせてお取り組みをよろしくお願いいたします。   もっと読む
2018-12-12 王寺町議会 平成30年 12月 義務教育学校の設置検討調査研究特別委員会-12月12日−01号 当分の間はそうではないと言っていますけれども、やはり義務教育学校の強みを生かした教育、例えば後に説明しますけれども、相互乗り入れとか、学年経営とかのような推進には、やはり両免の保有者の人材を確保するというのはやっぱり1つの課題になっています。   もっと読む
2018-12-11 桜井市議会 平成30年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2018年12月11日 これまで日本国内で働く外国人は、週28時間までのアルバイト留学生と、工場などで働き、身につけた技術を母国に持ち帰って働く技能実習生と、医師や大学教授などの高度な人材と限られてきましたが、入管法の改正により、新たに特定技能1号と特定技能2号の2つの在留資格が設けられ、介護、建設、農業、漁業、宿泊、外食など14業種が在留資格に適用され、特に特定技能2号と認められると在留期限の更新が可能となり、家族の帯同 もっと読む
2018-12-11 大和郡山市議会 平成30年  産業厚生常任委員会-12月11日−06号 ◎乾産業振興部次長 まず1つ目、新規就農者についてであるが、本市では平成24年度から青年就農給付金制度、29年度から農業次世代人材投資資金制度を活用して、5年間にわたり年間当たり150万円を限度とする給付を行っているという状況である。これまで7人の方の交付実績がある。そのうち2名の方は、既に5年間を終了されている状況である。 もっと読む