109件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

桜井市議会 2019-06-26 令和元年第2回定例会(第3号) 本文 開催日:2019年06月26日

次に、本邦外出身者に対する不当差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律、いわゆるヘイトスピーチ解消法につきましては、明確な定義はありません。しかし、金山議員お述べのとおり、デモやインターネット上で特定の国の出身者であることのみを理由に一方的に我が国の社会から追い出そうとしたり、危害を加えようとしたりする言動のことと私も認識をいたしております。  

桜井市議会 2018-09-13 平成30年新庁舎建設特別委員会 本文 開催日:2018年09月13日

1点目ですが、適正工期を維持できないような工期の短縮を求めるのは、品質の維持や安全管理等に支障が生じ、不当な受注条件となる。もう1点が、無理な工期や厳しい工期を求めることにより、ごく一部の業者しか参加できないことになれば、公正な競争環境の創出を阻害する恐れがあるということでありました。

王寺町議会 2018-09-10 平成30年  9月 くらし環境常任委員会-09月10日−01号

最後に⑤番、暴力団員による不当行為の防止等に関する法律に規定する暴力団員ではないこと。  この①から⑤の項目が該当するものに対しまして補助対象者としております。  次に、補助金の額でありますが、経費の2分の1以内で上限は10万円とさせていただいております。これは工事費の20万円が対象の上限となります。  

広陵町議会 2018-03-09 平成30年第1回定例会(第2号 3月 9日)

しかし、資格免許制度、または業の許可制度において、身体または精神の障がいによる欠格事由について見直しが図られ、障がい者の社会活動への参加不当に拒む要因にならないように、また障がいや病名による差別、偏見を生まないようにということで、平成14年6月1日施行の改正道路交通法では自動車等への運転の支障の有無により免許取得の可否を個別に判断することとされたということで、精神病などは総体的欠格事由とされました

橿原市議会 2018-03-01 平成30年3月定例会(第2号) 議事日程・名簿

                             (厚生常任委員会付託) 日程第22 議第23号 権利の放棄について(生活保護法第78条徴収金)                              (厚生常任委員会付託) 日程第23 議第24号 権利の放棄について(市営住宅家賃)(建設常任委員会付託) 日程第24 議第25号 権利の放棄について(市営住宅家賃)(建設常任委員会付託) 日程第25 議第26号 和解について(不当利得返還請求

橿原市議会 2018-03-01 平成30年3月定例会(第5号) 議事日程・名簿

                             (厚生常任委員長報告) 日程第28 議第23号 権利の放棄について(生活保護法第78条徴収金)                              (厚生常任委員長報告) 日程第29 議第24号 権利の放棄について(市営住宅家賃)(建設常任委員長報告) 日程第30 議第25号 権利の放棄について(市営住宅家賃)(建設常任委員長報告) 日程第31 議第26号 和解について(不当利得返還請求

橿原市議会 2018-01-12 平成30年市庁舎建設及び八木駅周辺整備事業等に関する特別委員会 本文 開催日: 2018-01-12

ここからが大事で、本件利用料金等は特定の者に対して不当差別的取り扱いをするものであってはならない。要は、PFI事業なので何人とも市民に迷惑をかけたらあかんというのがここに書いてあるんです。そしてまた、「経済的、社会的事情に照らして著しく不適切であり、独立採算業務施設の利用者の利益を阻害するおそれがあってはならない」。

桜井市議会 2017-12-11 平成29年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2017年12月11日

平成28年4月に障害者差別解消法が施行され、障害者への不当差別取り扱いの禁止や合理的配慮の提供の義務化、また、同年月に一部改正が実施された障害者雇用促進法で定めれられた雇用の分野における障害者に対する差別禁止及び障害者が職場で働くに当たっての支障を改善するための措置、合理的配慮の提供義務を遵守するとともに、引き続いて障がい者の自立の促進に資するべく、雇用の拡大をしっかりと取り組んでいきたい、そのように

橿原市議会 2017-12-07 平成29年総務常任委員会 本文 開催日: 2017-12-07

ただ、委員会を公開することによって、委員さんの率直な意見の交換もしくは意思決定の中立性が不当に損なわれるおそれがあるということで、非公開とさせていただいています。  ですから、その委員会の議事録等につきましては、委員会終了後、できるだけ早く議事録にまとめて公開することは考えております。

広陵町議会 2017-11-10 平成29年第4回臨時会(第1号11月10日)

もしそれが不当なんだったら、闘わなきゃいかんですよ。これまで言うてたことと全然違うことを受け入れるわけですから、それはそれなりに論理はどうなっているのか整理をしてもらわないと困る。もう争いたくないから妥結するというだけなんですか。そのあたりどういう協議をされましたか。 ○議長(笹井由明君) 山村町長!

広陵町議会 2017-09-13 平成29年第3回定例会(第2号 9月13日)

このため、障がい者に対する不当差別的取り扱い及び合理的配慮の不提供を差別と規定し、行政機関等及び事業者に対し、差別の解消に向けた具体的取り組みを求めるとともに、普及啓発活動等を通じて、障がい者も含めた国民一人一人が、それぞれの立場において自発的に差別の解消に向けて取り組むことを促しています。  

広陵町議会 2017-07-20 平成29年第2回定例会(第2号 7月20日)

同じく第3項に、普通地方公共団体は、住民が公の施設を利用することについて、不当差別的取り扱いをしてはならないと定めており、無制約ではないものの全ての住民を分け隔てなく受け入れるとともに、住民個人は、その目的に応じて必要な場を提供され、利用することができるということ、これが公共施設の本質でございます。もちろん業務委託指定管理者制度であっても、その本質は守らなければなりません。

広陵町議会 2017-03-03 平成29年第1回定例会(第1号 3月 3日)

障がい者支援の充実の主要項目では、(1)障がい者支援推進体制の充実として、障がい者計画及び障がい福祉計画の見直しを行うとともに、障がい者自立支援議会等の関係機関との連携を強化し、(8)でございます、住みよいまちづくりの推進の①として、公共窓口や店舗等における不当差別的取り扱いの禁止と、合理的配慮の提供に関する取り組みを進めることといたしております。  

桜井市議会 2016-12-14 平成28年総務委員会 本文 開催日:2016年12月14日

不当労働させているような形ですよ。若い子に限らず、一生懸命働いてくれてますので、請求されていない方もたくさんおりますので、そこら辺を精査していただきたい。今言われた予算のあり方ですけど、先程の災害対策本部の整備に関しては一旦おいておきます。土木費の住宅管理費なんですが、副市長にお聞きします。これは、民間の住宅ですか、市営の住宅ですか。これは、市営住宅の空き家対策なんですか。

天理市議会 2016-12-13 平成28年 12月 文教厚生委員会-12月13日−01号

第2号、暴力団員による不当行為の防止等に関する法律第2条第2号に規定する暴力団の活動を助長し、またはその運営に資することになるとき。第3号、施設設備等を汚損し、または破損するおそれがあるとき。第4号、管理上支障があるとき。第5号、その他不適当と認めるときとなっております。  次に、第7条の使用料でございます。センターの使用料は、無料とする。  第8条、許可の取り消し等でございます。

御所市議会 2016-12-08 平成28年 12月 定例会-12月08日−15号

差別を解消するための措置として、不当差別的取り扱いの禁止は、国、地方公共団体事業者においては法的義務が課せられております。合理的配慮の提供については、国、地方公共団体には法的義務が課せられております。事業者に対しては努力義務と記されております。差別を解消するための支援措置の中に地域における連携とあり、障害者差別解消支援地域議会における関係機関等の連携とあります。  

橿原市議会 2016-12-01 平成28年12月定例会(第1号)〔委員長報告〕

まず、未解決事案の現況はと問われたのに対し、苦情が10件、不在が26件、市外が2件、連絡待ちが15件、来庁予定が3件、生活困窮者が3件で合計59件であるとの答弁があり、それに対し、今後、解決が難しい案件について、不当利得返還請求は考えているかと問われたのに対し、現在は考えていない。まず市民との折衝の中で理解していただき返還をお願いする方向性で考えているとの答弁があった。