運営者 Bitlet 姉妹サービス
173件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-18 大和郡山市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月18日−03号 (村田俊太郎君登壇) ◆6番(村田俊太郎君) 今回は、スマートフォンの活用と文化芸術教育を取り上げました。通告に基づき質問をさせていただきますので、御答弁よろしくお願いいたします。  まず、スマートフォンの活用についてでございます。  これは、道路の陥没などの安全管理をスマートフォンで行えるように、アプリの開発、導入を平成26年3月議会、平成29年12月議会に要望させていただきました。 もっと読む
2018-09-11 桜井市議会 平成30年第3回定例会(第2号) 本文 開催日:2018年09月11日 エリアメールは、生命にかかわる緊急性の高い情報を特定のエリアの携帯電話やスマートフォンなどに配信するもので、携帯事業者に加入している方が受信できる緊急メールのサービスです。   もっと読む
2018-06-25 大和郡山市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月25日−03号 内閣府の調査では、スマートフォンの利用率は小学生で3割、中学生で6割、高校生では9割となっています。また、社会経験の浅い児童・生徒では、スマートフォンやインターネットに係る犯罪に巻き込まれる可能性は高くなります。本市でもここ数年、LINEやツイッター等のアプリによるネット上のいじめや成り済ましのトラブルがございました。過去には、女子生徒が出会い系サイトの被害に遭ったケースが1件発生しております。 もっと読む
2018-06-19 桜井市議会 平成30年第2回定例会(第2号) 本文 開催日:2018年06月19日 さきに述べました、スマートフォンで使用されている代表的SNSの利用率ですが、2016年時点で利用率が最も高いのがLINE67%、フェイスブック32.3%、ツイッター27.5%となっております。主要6種類のSNS利用率は71.2%まで上昇しています。年代別に見ますと、20代では97.7%がいずれかのサービスを利用しており、この世代ではスマートフォンやSNSが各個人と一体とも言える媒体となっています。 もっと読む
2018-03-22 香芝市議会 平成30年第1回 3月定例会-03月22日−03号 ただ、SNSを利用している子供の数は年々増えてございますので、気軽な相談機関として私どもも検討をすべきというには思っておりますけども、ただこのスマートフォンの利用を積極的に進めているというわけではございませんので、基本的には個別の相談といったようなところを重要視させていただきたいというふうに考えているところでございます。  以上です。 ○副議長(福岡憲宏君) はい、中山武彦君。 もっと読む
2018-03-19 香芝市議会 平成30年第1回 3月定例会-03月19日−02号 タブレットやスマートフォンの使い方、そもそもスマホやタブレットを持っていない方は使えないというような問題、あるいは広域消防には奈良市、生駒市が加入してない、だから使い勝手が悪い。これも、そもそも全国で5割程度の自治体でしかネット119が使われていないということもそこでわかりました。 もっと読む
2018-03-15 大和郡山市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月15日−03号 次に、スマートフォン向けのアプリ「ココシル大和郡山城下町」の活用についてでございますが、郡山城天守台展望施設の完成にあわせて運用を開始いたしましたが、コンピューターグラフィック、いわゆるCGにより郡山城を再現し、郡山城跡でスマートフォンを持って歩くと、その場所から見えていた昔の郡山城の様子、風景を楽しんでいただけるとともに、旧市内にある観光スポット、店舗の紹介や店舗で利用できるクーポンの機能などもあり もっと読む
2018-03-13 香芝市議会 平成30年 3月13日 予算特別委員会-03月13日−01号 93ページ、項教育総務費、目4教育振興費のところの節1報酬、いじめ不登校等対応委員会委員報酬3人分のところに関してなんですけども、昨日も内容のほう説明受けまして理解しましたけども、そのなかで携帯とかスマートフォンとかのインターネットも含めた、そういった見えないところといいますか、把握しにくいところのこういったそういういじめの対応というのはどのように把握されてるんでしょうか。 もっと読む
2018-03-12 桜井市議会 平成30年第1回定例会(第2号) 本文 開催日:2018年03月12日 また、くわえたばこで運転をしていたり、また運転しながらスマートフォンを操作していたり、髪の色が派手な職員がいるとか、そういうのを市民の方から私も直接苦情をいただくことも多いんです。  私自身、市内を車で走っているとき、同じようなシーンをよく見かけたりすると、本当にがっかりするというか、どっと疲れてしまうんですね。 もっと読む
2018-03-09 広陵町議会 平成30年第1回定例会(第2号 3月 9日) あわせて、大字の有線放送設備との連動方法や戸別受信機の貸与などの個別対応と、スマートフォン防災アプリによるプッシュ型通知についても研究を進めており、平成30年度中には結論を出せるよう努めてまいります。  次に、有線放送設備につきましては、例年、次年度の予算要求時期に、区長・自治会長の皆様に設備設置事業実施の有無について、お尋ねの文書をお渡ししています。 もっと読む
2018-03-07 天理市議会 平成30年  3月 文教厚生委員会-03月07日−01号 それともう1点、子どもたちのスマートフォンということで、天理市は今、「てんりスマホサミット」というのをされていますが、子どもたちのスマートフォンの正しい利用について、ネットリテラシーの向上ということで、実践、啓発、啓蒙ということで今取り組んでおられます。 もっと読む
2018-03-06 広陵町議会 平成30年第1回定例会(第1号 3月 6日) ②緊急速報メール、市内にいる方々の携帯電話やスマートフォンに市から緊急メッセージを送信。  ③登録制メール、あらかじめ登録した方々の携帯電話やスマートフォンに市からメールする。  ④Lアラート、避難勧告の情報をテレビテロップにリアルタイムで放映する。宮城県の災害情報システムの端末を経由して、情報を入力するなど、あらゆる手段やあらゆる町民を想定されていると感じました。   もっと読む
2018-03-06 王寺町議会 平成30年  3月 定例会-03月06日−01号 また、紙ではなく、スマートフォンで情報を得たいといった方々には、現在「マチイロ」というアプリをダウンロードしていただくことで、毎月の王伸やかわら版を見ることができます。王寺町のさまざまな取り組みをお知らせする町の公式フェイスブック、「雪丸おさんぽタイムfrom王寺町」については、現在約3,400人の方々に登録をいただいておりまして、好評をいただいております。 もっと読む
2018-03-03 橿原市議会 2018.03.13 平成30年予算特別委員会(平成30年度当初予算) 本文 デジタルコミュニケーションプラットフォームの違いなんですけれども、まずウエブサイトのほうで基盤を構築するということと、アプリはそういう便利な情報を使うツールでありまして、いろいろなところからアプリは出ておりますけれども、決定的な違いというのは、市民との対話を、今のデジタルの世界を通じて実施する基盤を構築するというのが今のプラットフォームでございまして、アプリはただの道具を、ツールを使って便利なようにするということと、スマートフォン もっと読む
2017-12-19 橿原市議会 2017.12.19 平成29年12月定例会(第3号) 本文 議員お述べのとおり、現在、「パーズ」というサービスは、自治体が市民にさまざまな情報を発信するスマートフォンやタブレットなどのアプリを自治体ごとに自由に構築できるものということで認識いたしております。その中には、「子育て支援アプリ」ということで作成することができるものでございます。 もっと読む
2017-12-18 橿原市議会 2017.12.18 平成29年12月定例会(第2号) 本文 3つ目のお知らせ機能による通知につきましては、提出期限が近づくと、いわゆるプッシュ型通知で提出書類等のお知らせがパソコンやスマートフォンに届くものでございます。   もっと読む
2017-12-14 香芝市議会 平成29年第6回12月定例会-12月14日−03号 また、スマートフォンの普及率につきましても、これは総務省の調査でございますけれども、20歳代、こちらのほうで94.5%、30歳代では92.4%となってございます。 もっと読む
2017-12-14 広陵町議会 平成29年第4回定例会(第3号12月14日) このことを聞いていると思いますが、きのうの奥本議員への答弁で、聞こえない方は電話で再度内容を確認できる電話応答システムやスマートフォン防災アプリによるプッシュ型通話、防災無線対策は、総務省において個別受信システムの研究も進められており、自治会有線放送設備との連動などの研究を努めると答弁されていますが、この葛城市などのことも考慮されて、このように研究をされているんでしょうか。 もっと読む
2017-12-13 香芝市議会 平成29年第6回12月定例会-12月13日−02号 それぞれの局面に情報提供していただいているというところでございますが、最近ではスマートフォン普及など市民のIT化も進んでいる。このような情報機器を利用した情報提供も若いお母さん方、有効であるかと考えております。今後、必要な情報をすぐ見られるような母子手帳の電子化を考えておられますか。 ○議長(小西高吉君) 森村福祉健康部長、答弁。 もっと読む
2017-12-13 広陵町議会 平成29年第4回定例会(第2号12月13日) あわせて、スマートフォン防災アプリによるプッシュ型通知、防災無線対策については、総務省において個別受信システムの研究も進められており、その結果も踏まえるとともに、自治会有線放送設備との連動なども研究に努めてまいります。  以上、答弁とさせていただきます。 ○議長(笹井由明君) 植村教育長! ○教育長(植村佳央君) 奥本議員さんの御質問にお答えさせていただきます。   もっと読む