715件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

御所市議会 2029-06-19 06月19日-07号

それによりますと、御所市を大きく国道309号線を境に北部と南部に分けて、北部はコミュニティバスを採用し、その本数を西コース、東コースともそれぞれ1日8便程度にふやし、所要時間を1周50分から55分に短くする。ただし、朝の1便のみ西コースはかもきみの湯から、東コースは吉野口駅からそれぞれ出発し、近鉄御所駅に9時過ぎに到着する計画ということで、料金は200円という素案が示されました。 

御所市議会 2023-09-11 09月11日-12号

◆6番(池田靖幸) 公共交通の市内のコミュニティバス、またデマンドを使ってということで、一時途中報告というか、案というか、報告をされましたけれども、その後もまだ引き続いて会議をやってもらっているんだなというふうに思いますが、それは最終的にはいつごろその案というか、方向性、どういうふうに御所市内の公共交通網というか、その辺はどういうふうにいつごろ最終的にしていきたいというふうな思いがあるんですか。

香芝市議会 2020-12-12 12月12日-02号

それをどういうふうに解決していくかっていうことが出てくると思うんですけども、済いません、まず最初にデマンド交通コミュニティバスの現在の利用状況を教えていただけますか。 ○副議長(上田井良二) 笠屋危機管理監、答弁。 ◎危機管理監(笠屋眞一) まず、デマンド交通のほうの利用状況からお答えしたいと思います。 

御所市議会 2020-09-12 09月12日-13号

昨年度、御所市全体の人口の推移や人口分布、高齢化率の状況、道路の状況を踏まえた地理的特性、民間事業者が運営する公共交通の状況、そしてコミュニティバスの利用状況、さらに住民アンケート調査による住民ニーズの把握などを整理され、昨年12月議会に市内公共交通運行効率化計画の素案が示されました。中身については、市北部はコミュニティバス、南部についてはデマンドタクシーという枠組みを示していただきました。

香芝市議会 2020-09-02 09月02日-01号

3、免許を自主返納した高齢者が日々の買い物や通院などに困らないよう、コミュニティバスやデマンド(予約)型乗り合いタクシーの導入など、地域公共交通ネットワークのさらなる充実を図ること。また、地方自治体などが行う、免許の自主返納におけるタクシー公共交通機関の割引制度などを支援すること。 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出するということでございます。 

御所市議会 2020-06-21 06月21日-09号

会計年度任用職員制度導入事業676万1,000円については、業者選定の仕様書作成に不測の日数を要したことにより、庁舎内ダイヤルイン導入事業138万円については、令和元年度の組織の見直しに伴い、電話回線の整備を新体制後に行うことにより、コミュニティバス購入事業2,307万4,000円については、コミュニティバスの附属品及び改造に係る仕様書の検討に不測の日数を要したことにより、市庁舎基本計画策定事業788

御所市議会 2020-06-20 06月20日-08号

高齢者の運転免許返納者に対する交通手段の確保については、現行のコミュニティバスの利便性の向上、あるいは新しい交通手段の導入の検討など、引き続き公共交通の再編に取り組み、運転免許を返納された方の利便性の向上にもつながる環境整備を進めてまいりたいというふうに考えております。以上です。 ○議長小松久展) 桑原教育委員会事務局長。

香芝市議会 2020-06-14 06月14日-03号

私もすべて返納がいいとは考えてはございませんけれども、運転免許を返納しやすくするためにも、例えばですが、先ほど言った奈良交通さんだとかタクシー協会さんが行っているような割引制度がございますよとか、また本市が特に行ってございますコミュニティバス、それからデマンド交通の、こういう利用活用を周知っていうんですか、ご紹介をしっかりさせていただいたりとかっていうことが必要じゃないかなとも考えてございます。 

御所市議会 2020-03-26 03月26日-04号

コミュニティバス運行費の修繕料について、内容の説明を求めました。 資産経営費の講師謝礼について、講演内容の説明を求めました。 広報紙発行費の事務補助職員給料について説明を求めました。 消費生活相談事業費について、SDGsのどれに該当するのか、シンポジウムは誰が対象か、詳細な説明を求めました。 女性政策費の謝礼について説明を求めました。 

奈良市議会 2020-03-19 03月19日-05号

コミュニティバスの運行は、都祁・月ヶ瀬地域で既に実施されています。市にお聞きしたところでは、東部地域公共交通空白地域実証運行事業は、運行エリア等の具体的な内容は、住民参加型のワークショップを開催し、今後、地域の方々や交通事業者と調整していく。バスの撤退が続いているので、ぜひうまくいくように願います。 

大和郡山市議会 2020-03-16 03月16日-03号

コミュニティバス拡充、デマンドタクシーの導入についてでございますけれども、コミュニティバスにつきましては、公共交通の空白地域で運行しているものでありまして、利用者の方の利便性の向上に努めており、現在運行している路線のバス停の増設等についても、要望に基づき地元自治会等と調整の上、可能であれば改善できるように取り組んでおります。 

桜井市議会 2020-03-13 令和2年第1回定例会(第3号) 本文 開催日:2020年03月13日

上之郷地区や多武峰地区における小さな拠点の整備におきましては、これまで住民の移動手段の確保として、コミュニティバスやデマンドタクシーの運行に努めてまいりましたほか、若者の移住・定住に向けた基盤整備の一貫として、これまで使えなかったインターネット環境の整備を行う上之郷地域情報通信基盤整備事業を行い、地域インターネットが使える環境を整備している状況にあります。

橿原市議会 2020-03-12 令和2年予算特別委員会(令和2年度当初予算) 本文 開催日: 2020-03-12

子育てを応援するなら、中学校を卒業するまでの医療費の窓口での立て替え払い、これをなくして、橿原市に移住する気持ちがどんどん高まるような、そういう制度をしっかりつくっていき、デマンドタクシーの導入によって超高齢社会の中でコミュニティバスの路線の拡充などで日々の暮らしを支える視点が大切であります。  

橿原市議会 2020-03-12 令和2年予算特別委員会(令和2年度当初予算) 本文 開催日: 2020-03-12

子育てを応援するなら、中学校を卒業するまでの医療費の窓口での立て替え払い、これをなくして、橿原市に移住する気持ちがどんどん高まるような、そういう制度をしっかりつくっていき、デマンドタクシーの導入によって超高齢社会の中でコミュニティバスの路線の拡充などで日々の暮らしを支える視点が大切であります。  

橿原市議会 2020-03-12 令和2年予算特別委員会(令和2年度当初予算) 本文 開催日: 2020-03-12

子育てを応援するなら、中学校を卒業するまでの医療費の窓口での立て替え払い、これをなくして、橿原市に移住する気持ちがどんどん高まるような、そういう制度をしっかりつくっていき、デマンドタクシーの導入によって超高齢社会の中でコミュニティバスの路線の拡充などで日々の暮らしを支える視点が大切であります。  

橿原市議会 2020-03-11 令和2年予算特別委員会(令和2年度当初予算) 本文 開催日: 2020-03-11

もうそれを駅をつくらないまでも、例えばコミュニティバスや車でピストン運行して、ちゃんと市民の、もしくはそこに病院に行かれる患者さんの利便性を図るとか、いろいろな方法もそれは1つの方法としてあるわけですけれども、訴願駅、こちらから県との協定の中で駅はどうしてもそこに設置しなければならないということになった場合、それはこの策定業務を委託するに当たって、どういうモデルといいますか、そういう絵を描いているのか

桜井市議会 2020-03-10 令和2年第1回定例会(第2号) 本文 開催日:2020年03月10日

また、近年、奈良交通路線バス撤退路線を中心にコミュニティバスが走行し、さらに上之郷地区と高家地区ではデマンドタクシーが走行され、不便ながらも、何とか公共交通という体裁を保っている状況です。  このような状況からも、広報「わかざくら」の2月号では、「コミュニティバス路線バスを利用しましょう」といった特集まで組まれました。  

橿原市議会 2020-03-10 令和2年予算特別委員会(令和2年度当初予算) 本文 開催日: 2020-03-10

これは県が勝手に言うていることで、橿原市は、いやいや、もうそんなん、八木駅からコミュニティバスをたくさん走らせたらいいわけですから、医大とか、それから医大附属病院、それから県立医科大学と、何ぼ交通の手段はいっぱいあるわけです。たくさんの金をそこへ駅1つにそこへつくるにしても莫大なお金が要って、その周りのインフラ整備も当然、必要になってくるわけです。

桜井市議会 2020-03-04 令和2年第1回定例会(第1号) 本文 開催日:2020年03月04日

企画費におきましては、公共交通の確保に必要なコミュニティバス予約乗合タクシー路線バスの運行にかかる所要額を、また、桜井市の特性を生かしたまちづくりを行うための指針となる第6次桜井市総合計画策定に向けた支援業務にかかる所要額を、東京圏からの移住を促す奈良県地方創生移住支援事業に参画するための所要額を計上しております。