964件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

御所市議会 2029-06-19 06月19日-07号

1、貧困をなくそう、2、飢餓をゼロに、3、全ての人に健康福祉を、4、質の高い教育をみんなに、5、ジェンダー平等を実現しよう、6、安全な水とトイレを世界中に、7、エネルギーをみんなに、そしてクリーンに、8、働きがいも経済成長も、9、産業技術革新の基盤をつくろう、10、人や国の不平等をなくそう、11、住み続けられるまちづくりを、12、つくる責任、使う責任、13、気候変動に具体的な対策を、14、海の豊

奈良市議会 2025-06-17 06月17日-04号

耐震改修後のランニングコスト、エネルギー消費清掃費などの維持管理に係るコストについて、建てかえ案とこの耐震化案の比較検討は行っていただいたのかどうかをお聞きしたいというふうに思います。部長に答弁を求めます。 ○副議長(森岡弘之君) 総務部長。 ◎総務部長(吉村啓信君) お答え申し上げます。 ランニングコストに関する御質問でございます。 

香芝市議会 2023-09-17 09月17日-02号

Society5.0という社会は、AIやIoT、ロボットなどを駆使して現実生活と仮想空間を融合させ、私たちが今直面している人口減少や高齢化、エネルギー環境など困難な問題を解決をしていくという、新しい価値を創造する社会を意味しております。こうした技術革新は、行政分野でも進みつつありまして、ビッグデータを活用した適切な政策立案や行政手続の簡素化など一層これを進めていく必要がございます。

御所市議会 2023-09-11 09月11日-12号

ただし、冒頭でも申しましたように、やはりこれは先ほどからの議論にもありますように、国が責任を持って、全国どこに住んでいても同じような子供サービスを受けられるというのは、私は基本だというふうに思っておりますので、先ほど答弁したように、本市独自でそういう何かの策を講じるのではなくて、できるだけそのエネルギーは国のほう、あるいは県のほうに向けて発信していくべきだと私は感じております。

奈良市議会 2022-12-04 12月04日-02号

具体的には、新施設を大きな公共空間におけるエネルギー供給拠点と位置づけるということで、例えば余熱の利用による発電、温水の利用、また、ふだんは環境学習地域のにぎわいの場として活用いただくことなどを考えております。また、万一の際には、災害時の防災拠点としての活用も考えられ、これらの部分は他市でも先行事例が数多くあると認識をいたしております。 

奈良市議会 2022-06-14 06月14日-03号

こうした食品ロスに伴う弊害として、労働力や水、エネルギー土地など、食料生産に使われた資源を無駄にするだけではなく、廃棄の過程で不必要な温室効果ガスを排出させ、気候変動や地球温暖化の大きな原因になっているとも言われております。 日本では、年間643万トンの食品ロスが発生しています。この量は日本人1人当たりに換算いたしますと、毎日茶わん1杯分の御飯を捨てていることに相当するということです。

御所市議会 2021-06-25 06月25日-10号

過疎地域は、我が国の国土の過半を占め、豊かな自然や歴史文化を有するふるさとの地域であり、都市に対する食料・水・エネルギー供給、国土・自然環境の保全、いやしの場の提供、災害の防止、森林による地球温暖化の防止などに多大な貢献をしている。 過疎地域が果たしているこのような多面的・公益的機能は国民共有財産であり、それは過疎地域の住民によって支えられてきたものである。 

奈良市議会 2020-12-05 12月05日-03号

次に、再生可能エネルギーの活用について、環境部長に2点お尋ねします。 我が国は昨年、ことしとたび重なる豪雨、猛烈な台風に見舞われ、こうした自然の脅威は今後も続くとの見方があり、その要因は地球温暖化にあるという専門家の指摘であります。 地球温暖化の原因となる温室効果ガスの排出を削減する手段として、再生可能エネルギー利用拡大があります。

奈良市議会 2020-09-19 09月19日-03号

個々の目標は、再生可能エネルギーの利用促進、貧困飢餓の根絶、女性の社会進出促進、質の高い教育の実現など幅広い分野にまたがります。 実例を挙げますと、岡山県真庭市では間伐材などを主燃料とする木質バイオマス等の再生可能エネルギー100%を達成し、有機廃棄物を利用した環境保全型農業から生まれた地産地消などにより、市外に流出していたお金が市内で循環する、回る経済が確立されております。

香芝市議会 2020-06-14 06月14日-03号

もとの原発を廃止し、それに違うエネルギー、まったく異質なものに変えようとする意味の脱ですよ。それが少なくても近年っていうか、最近は脱原発にあらわすように、一般的なそういう言葉になってるわけですわ、脱というのが。だから、無理やり脱をええほうに解釈されてるけど、一般的にはそうです、脱は。 そういう意味で捉えてくると、脱住宅都市っていうたら一体何なのかということになるわけですよ。

奈良市議会 2020-06-13 06月13日-02号

ごみ発電を中心とした再生可能エネルギーを活用したまちづくり構想について、近年、太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギーの導入は、自然エネルギー利用に伴う環境負荷の削減を通した環境対策として、重要な手法の一つになってきています。自然エネルギーを活用することの環境面、経済面、災害面での利点、実情を広くPRすることは、自治体として重要なことだと考えます。 

奈良市議会 2020-03-19 03月19日-05号

理由は、私は困っていると声を上げるエネルギーが残っていないからです。どうすれば助けてもらえるか考える気力も残っていないからです。ですから、こちらから訪ねていく必要があります。 学校が休校となり、給食がストップしています。子育て世代の中でも、特に独り親世帯共働き世帯への影響が心配です。子供食事栄養バランスは大丈夫でしょうか。 特別支援学校も休校しています。

広陵町議会 2020-03-11 令和 2年第1回定例会(第4号 3月11日)

今の堀川議員の貸し付けの部分で有利だというふうなことに関してはその手法をとることによってそれ以上の便利さが出てくると思いますので、そっちへエネルギーをかけて考えるべきだと思いますので反対といたします。 ○議長(奥本隆一君) ほかに討論ありませんか。          (「なし」の声あり) ○議長(奥本隆一君) 討論がないようですので、討論を打ち切り、採決します。  

御所市議会 2020-03-11 03月11日-02号

したがって、遠くに運ぶにはより多くのエネルギー、電気を必要とするんです。それだけ遠いところに運ぶと運搬費が高くつくんです。それが一つ。遠くに送るほど、残留塩素管理が大変になるんです。そして、3つ目には、災害事故による影響範囲が拡大するとともに、復旧に時間を要する、こういう心配があります。 このように、広域化になじまないというのがあります。

王寺町議会 2020-03-05 03月05日-02号

SDGsにつきましては、今、議員お述べのとおり、2015年9月開催の第70回の国連総会において採択された、持続可能な開発のための2030アジェンダ、議題ということで、その中で明示され、17の国際目標と169項目のターゲット、達成基準から成るものでありまして、17の目標というのは、大きな分野で言いますと、貧困飢餓保健教育ジェンダー、水・衛生エネルギー、成長・雇用イノベーション不平等都市

天理市議会 2020-03-01 03月03日-01号

地元をはじめ十市町村民の皆様との信頼関係を第一に、環境保全に万全の対策をとり、ごみ処理施設社会インフラとして捉え、廃棄物エネルギーによる発電災害時の防災拠点としての活用、環境学習の場の提供など、地元振興にも寄与する新ごみ処理施設を令和六年二月の稼働に向け、全力で取り組んでまいります。 以上、新年度の施政方針及び重点項目の概要を申し上げました。