運営者 Bitlet 姉妹サービス
香芝市議会 > 2018-09-03 >
平成30年第4回 9月定例会-09月03日−01号

ツイート シェア
  1. 香芝市議会 2018-09-03
    平成30年第4回 9月定例会-09月03日−01号


    取得元: 香芝市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-01-16
    DiscussNetPremium 平成30年第4回 9月定例会 − 09月03日−01号 平成30年第4回 9月定例会 − 09月03日−01号 平成30年第4回 9月定例会         平成30年第4回香芝市議会定例会会議録 1 招集年月日 平成30年9月3日 2 招集場所 本市役所5階議場 3 出席議員 (16名)     1番 芦 高 清 友 君          2番 鈴 木 篤 志 君     3番 中 谷 一 輝 君          4番 筒 井   寛 君     5番 福 岡 憲 宏 君          6番 上田井 良 二 君     7番 下 村 佳 史 君          8番 中 山 武 彦 君     9番 森 井 常 夫 君          10番 中 村 良 路 君     11番 関   義 秀 君          12番 小 西 高 吉 君     13番 細 井 宏 純 君          14番 中 川 廣 美 君     15番 河 杉 博 之 君          16番 北 川 重 信 君 4 欠席議員  な  し 5 地方自治法第121条の規定により議長より出席を求められた者は、次のとおりである。    市長     吉 田 弘 明       副市長    鎌 田 裕 康    教育長    村 中 義 男       危機管理監(企画部長)
                                   堀 本 武 史    総務部長   滝 村   豊       市民環境部長 南 浦 幸 次    福祉健康部長 黒 越 頼 雄       都市創造部長 奥 田 芳 久    上下水道部長 吉 村 文 一       教育部長   福 森 る り    企画部次長(秘書広報課長事務取扱)     総務部次長(総務課長事務取扱)           笠 屋 眞 一              上 平 健 二    財務局長(財政課長事務取扱)        市民環境部次長南   隆 之           仲   哲 司    地域振興局長(市民協働課長事務取扱)    福祉健康部次長平 山 訓 徳           葛 木   博    教育部次長(こども課長事務取扱)      上下水道部次長(工務課長事務取扱)           澤   和 七              葛 木 好 昭    会計管理者  松 村 かおる 6 会議の記録・書記は、次のとおりである。                         議会事務局長 奥 山 善 弘                           〃  次長(議会総務課長事務取扱)                                赤 土 昌 功 7 会議の事件は、次のとおりである。    報第11号 平成29年度決算における健全化判断比率及び資金不足比率の報告について    議第38号 平成30年度香芝市一般会計補正予算(第2号)について    議第39号 平成30年度香芝市介護保険特別会計補正予算(第1号)について    議第40号 平成30年度香芝市下水道事業会計補正予算(第1号)について    議第41号 奈良県葛城地区清掃事務組合規約の一部を変更することについて    議第42号 財産の取得について    議第43号 財産の処分について    議第44号 平成29年度香芝市水道事業剰余金の処分について    議第45号 指定管理者の指定について    認第1号 平成29年度香芝市一般会計歳入歳出決算の認定について    認第2号 平成29年度香芝市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について    認第3号 平成29年度香芝市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について    認第4号 平成29年度香芝市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について    認第5号 平成29年度香芝市下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について    認第6号 平成29年度香芝市土地取得特別会計歳入歳出決算の認定について    認第7号 平成29年度香芝市財産区財産特別会計歳入歳出決算の認定について    認第8号 平成29年度香芝市水道事業会計決算の認定について    同第5号 香芝市公平委員会の委員の選任につき同意を求めることについて    同第6号 香芝市教育委員会の委員の任命につき同意を求めることについて    意見書第4号 水道施設の戦略的な老朽化対策を求める意見書(案)    決議第1号 市内普通教室・保育室・遊戯室へのエアコンの設置を求める決議(案) 8 議長は、会議録署名議員に次の者を指名した。     2番 鈴 木 篤 志 君          3番 中 谷 一 輝 君                                  開会 午前9時30分 ○議長(中川廣美君) 皆さん、おはようございます。  開会に先立ちまして、奈良県市議会議長会より、本市の正副議長を努められました小西高吉議員が特別表彰として表彰されましたので、その伝達式を行います。  それでは、小西高吉議員、ご登壇願います。 ○議長(中川廣美君)                表  彰  状   香芝市 小西高吉殿  あなたは香芝市議会正副議長として2年にわたり市政の発展に尽くされた功績はまことに顕著であり、よって本会議表彰規程により特別表彰としてこれを表彰します。  平成30年8月8日   奈良県市議会議長会会長 桜井市議会議長 札辻輝已  おめでとうございます。 (議長より表彰状伝達)   (拍  手)           ──────────────────── ○議長(中川廣美君) 本日、平成30年9月第4回香芝市議会定例会が招集されましたところ、議員の皆さんには何かとお忙しいなかでございますがご出席いただきましてまことにありがとうございます。本定例会がスムーズに運営できますように、議員の皆様の格別のご協力をよろしくお願い申し上げます。  また、近藤監査委員さんには、早朝より出席いただきましてありがとうございます。平素から本市のために何かとご尽力をいただいておりますことに、この場をおかりいたしまして厚く御礼申し上げます。  続きまして、市長より招集のあいさつをお受けします。  吉田市長。 ◎市長(吉田弘明君) 皆さん、おはようございます。  本日、平成30年9月の定例議会を参集させていただきましたところ、議員各位におかれましては、大変お忙しいなかご出席賜りましたことを心から御礼を申し上げたいと思います。  まず冒頭に、今表彰の栄誉に浴されました小西議員、まことにおめでとうございます。今後ともご活躍を心からお祈り申し上げたいと思います。  さて、9月に入りましてまだまだ残暑は厳しいわけでございますけれども、この夏、7月については特に気温上昇が見られまして酷暑と言われ、ある意味では災害と言われるような夏になりました。香芝市におきましても、急に救急搬送の数が増えまして、43件、昨年よりも10件多い結果となりました。これを受けて、今後はエアコン等の導入についても早急に検討していきたいとこういう思いでございまして、先週28日に地元の国会議員を初め文部科学省政務官のほうに議長、副議長ともにお願い申し上げ、私そして教育長のなかで陳情に参ったわけであります。目的は、来年の夏までに何とか設置をしたい、そういった意味での取り計らいをお願いしたいということを申し上げてまいったわけであります。子供たちの教育環境が一日も早く改善することを心から願っておりますし、そういった強い意志を持って進めてまいりたいと思った次第であります。  そしてもう一方、6月には大阪北部を震源とした地震がございました。小学校の女の子、とうとい命が失われたわけではございますけれども、それを振り返り、我が町においても早急に教育施設の点検を行わせていただきました。下田小学校そして五位堂小学校に緊急を要する事案が発見されましたので、ブロック塀を解体し、フェンスに取りかえさせていただいた次第でございます。今後とも安全第一、こういったことにもあわせて取り組んでまいりたいと思います。  そして、7月には西日本を中心とした集中豪雨、ここにおいても数多くのとうとい命が失われ、今も避難をされてる方がおられます。先ほどの地震も含め、お亡くなりになられた方々への追悼と、そして慰労と、今も避難されてる方々へのお見舞いをあわせ、一刻も早い復旧を願うところであります。  そしてもう一つは、7月末、台風12号、そして8月のお盆過ぎに参りました台風20号についても、香芝市におきましては幸い大きな事案にはなりませんでしたけれども、災害対策本部を立ち上げたなかで災害の体制、緊急体制をひかせていただきました。全国では大きな被害になったわけですけれども、香芝市では先ほども言いましたように大きな事案にはなりませんでしたけれども、改めて災害の前に、水害の前に何が必要なのか、事前の体制というのが一番大事であるということを改めて認識したわけでございます。あすも台風21号が来るわけでございますが、万全を期して臨んでいきたいとこのように思っております。  そしてまた、話は変わりますけれども、夏休み、子供たちのスポーツにおける大活躍がございました。各中学校におきまして、弓道、または相撲、体操、テニス、さまざまな分野において全国大会に出場していただき、香芝市の誇りとして活躍をいただいたわけでございます。今まさにアジア大会でも日本勢が大活躍したわけでございますけれども、2020年のオリンピック・パラリンピックに向けて、香芝市からもたくさんのアスリートが活躍いただきたいなとこういった思いでございます。  さて、本題でございますけども、本会の議案につきましては報告そして補正、そして何より9月につきましては平成29年度の一般会計そして特別会計、水道事業の決算を認定いただくわけでございます。何とぞ慎重審議いただきまして原案可決賜りますようお願い申し上げ、私からの冒頭のあいさつとさせていただきます。どうかよろしくお願い申し上げます。 ○議長(中川廣美君) ただいま出席議員が定足数に達しておりますので、これより平成30年9月第4回香芝市議会定例会を開会いたします。  直ちに本日の会議を開きます。               〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 △日程1 会議録署名議員指名 ○議長(中川廣美君) 署名議員でございますが、議長より指名させていただいてご異議ございませんか。               〔「異議なし」との声あり〕 ○議長(中川廣美君) ご異議がないようでございますので、2番鈴木篤志議員、3番中谷一輝議員にお願いいたします。               〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 △日程2 会期・議事日程の決定(議会運営委員長報告) ○議長(中川廣美君) 日程に従いまして、本定例会の会期及び議事日程を議題といたします。  議会運営委員会で会期及び議事日程について審査を願っておりますので、議会運営委員長から報告を求めます。  中村委員長。 ◆議会運営委員長(中村良路君) 皆さん、おはようございます。  ただいま議長のお許しを得ましたので、議会運営委員会を代表いたしましてご報告をさせていただきます。  議会運営委員会は、去る8月17日に平成30年9月定例会についてを案件として開催をいたしました。  まず、会期日程についてでございますが、3日本会議の初日、5日総務企画委員会、6日福祉教育委員会、7日建設水道委員会、11日から13日が決算特別委員会、18、19日が一般質問、本会議の最終日が20日の18日間と決定をいたしました。  次に、本日の日程でございますが、日程3、議長諸報告、4、市長行政報告、5、監査委員の決算等審査報告、6、決算特別委員会委員選任、7、報第11号、8、同第5号、9、同第6号、10、理事者提出議案提案理由説明、11、理事者提出議案総括質疑、12、理事者提出議案委員会付託、13、意見書第4号、14、決議第1号、17時散会。議会初日の日程については、以上のとおりに決定をいたしました。  なお、日程6の決算特別委員会委員の選任でございますが、これまで同様に立候補制とし、委員7人を選出することに決定をしました。また、日程13の意見書第4号は建設水道委員会に付託することに決定をしております。また、日程14の決議第1号は委員会に付託せず、本日議決することに決定をいたしております。  次に、理事者提出議案の委員会への付託でございますが、総務企画委員会には議第38号、議第41号、認第6号、認第7号を、福祉教育委員会には議第39号、議第45号、認第2号から認第4号を、建設水道委員会には議第40号、議第42号から議第44号、認第5号、認第8号を、また決算特別委員会には認第1号を、それぞれの委員会に付託することに決定をいたしました。  次に、一般質問の提出期限については、本会議の初日の午後の再開時まで、もしくは午後1時30分までに提出をお願いをいたしたいと思います。  また、一般質問を行う順番についてですが、恒例により、くじを引いていただき、小さい番号を引いた順に一般質問を行っていただくことに決定をいたしましたので、よろしくお願いをいたします。  これをもちまして議会運営委員会の委員長報告を終わりますが、私の報告漏れ等がございましたら、委員各位の補足説明をよろしくお願いをいたします。  以上でございます。 ○議長(中川廣美君) ただいまの議会運営委員長報告に対して、質疑をお受けいたします。               〔「なし」との声あり〕 ○議長(中川廣美君) お諮りいたします。  ただいま議会運営委員長から報告があったとおり、本定例会は本日3日から9月20日までの18日間と決定いたしたいと思いますが、ご異議ございませんか。               〔「異議なし」との声あり〕 ○議長(中川廣美君) ご異議がないようでございますので、議会運営委員長報告どおり、本定例会の会期は9月3日から9月20日までの18日間と決定します。  続きまして、本日の日程でございますが、お手元に配付の議事日程案のとおり、ご異議ございませんか。               〔「異議なし」との声あり〕 ○議長(中川廣美君) ご異議ないようでございますので、お手元の日程案どおり本日の議事日程とすることに決定します。               〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    △日程3 議長諸報告 ○議長(中川廣美君) 諸般の報告をいたします。  例月出納検査の結果報告、普通会計財務書類4表、香芝市教育に関する事務の点検及び評価報告書の提出がありましたので、その写しをお手元まで配付しておきましたので、ご了承願います。  次に、議員の派遣について、香芝市議会会議規則第161条第1項のただし書きの規定により、8月8日開催の奈良県市議会議長会に、また8月27、28日に文部科学省へ中山武彦議員を派遣しましたので、ご報告いたします。  それと、10月22日から23日の2日間におきまして全体研修を行いたいと思います。宮城県方面の視察研修になっておりますので、よろしくお願いします。               〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 △日程4 市長行政報告 ○議長(中川廣美君) 日程に従いまして、市長の行政報告をお受けします。  吉田市長。 ◎市長(吉田弘明君) それでは、さきの6月の定例議会から3カ月が経過いたしましたので、この間の主な事項についてご報告申し上げます。  まず、企画部関係でございます。8月3日、都市経営市民会議を開催し、香芝市まち・ひと・しごと創生総合戦略における15施策につきまして、今年度実施計画の報告を行い、あわせて昨年度に地方創生推進交付金を活用した事業の効果検証を行っていただきました。委員の皆様からはさまざまなご意見をいただき、今後の事業実施に生かしてまいりたいとこのように思っております。  次に、総務部関係であります。原動機付自転車の図柄入りナンバープレートにつきまして、7月2日から交付を開始いたしました。事前に希望ナンバーの申し込みをされた方を含めまして8月20日現在166件を交付しており、このうち従前のものから図柄入りナンバープレートへの交換は72件を占めており、香芝らしいデザイン、愛着を感じるなどのお声をいただくなど好評をいただいていると感じておるところであります。今後も、図柄入りナンバープレートの交換を積極的に呼びかけるなど、香芝市の魅力を内外に向けて発信していくことのできる取り組みを進めてまいりたいと考えてございます。  次に、市民環境部でございます。マイナンバーカードにつきましては、普及率は15%を超えておりますが、さらなる普及率向上を図るため、6月20日から9月26日までの毎週水曜日、総合福祉センターにおきまして職員によるマイナンバーカード申請用の無料写真撮影のサービスを含めた申請窓口を設置してございます。総合福祉センターに来られる子供から高齢者の方、また障がいをお持ちの方など、幅広く利用いただいております。また、住民票などのコンビニ交付サービスにつきましては、交付店舗を追加し、市民の利便性向上に努めているところでございます。利用率につきましては、平成30年7月は6.08%となっており、前年同月比で約1.6倍となっております。今後とも、コンビニ交付サービスの利便性をPRするとともに、マイナンバーカードの普及率向上に努めてまいりたいと考えております。  次に、防災対策につきましては、大阪府北部を震源とする地震、平成30年7月豪雨及び台風12号におきまして、各地に甚大な被害が発生いたしました。本市におきましては、人的被害や大きな被害はございませんでしたが、地震発生時においては災害警戒配備体制をとり、消防団等の関係機関と連携を図りつつ被害状況の確認などを行いました。また、平成30年7月豪雨、台風12号におきましては、災害対策本部を設置し、市内の土砂災害警戒区域の一部に避難準備、高齢者等避難開始を発令するとともに、地域住民の皆様が避難していただけるよう総合福祉センターを初め同区域に近接した指定避難所の開設をいたしました。  大阪府北部を震源とする地震発生前日の6月17日には、旭ケ丘ニュータウンの自治会において自主防災組織による防災訓練が行われており、本市からは、市民との協働を目的とし、防災担当職員及び上下水道部職員の派遣を行い、訓練に参加いたしました。今回の地震により、なお一層日ごろの防災に対する備えが重要であると認識しており、今後におきましても自主防災組織を支援していくことなどにより、公助と共助による防災体制を構築してまいりたいと考えております。  また、7月9日には、防災意識の向上を図るべく県内一斉で地震から身を守る体制をとる県内一斉地震行動訓練、シェイクアウトを本市におきましても実施いたしました。訓練後におきましては、災害対策本部のメンバーを招集し、大阪北部を震源とする地震の総括及び平成30年7月豪雨において対応や体制について問題点や課題を協議し、検討を行ったところでございます。今後も、不測の事態に対する備えを進めるとともに、有事の際には各種団体、関係機関と連携を図り、市民の皆様の生命、財産を守るべく迅速に災害への対応を行ってまいりたいと考えております。  なお、7月11日から市役所1階ロビーと総合福祉センター1階受付の2カ所に大阪北部を震源とする地震及び平成30年7月豪雨の義援金募金箱を設置しており、市民の皆様のご理解とご協力をお願いしているところでございます。  次に、消防団活動につきましては、8月18日に香芝市消防団第2分団が第27回奈良県消防操法大会小型ポンプ操法の部に出場し、日ごろの訓練の成果を発揮いただきました。今後も、引き続き消防団員の消防操法技術の向上と士気の高揚を図り、火災時における迅速、的確な消火活動につなげてまいりたいと考えております。  次に、商工業振興につきましては、国の新たな中小企業支援施策として6月6日に施行されました生産性向上特別措置法に基づく導入促進基本計画を策定いたしました。この基本計画により先端設備の導入を目的として認定を受けた企業数は、8月20日現在7件となっております。今後も、市内の中小企業における生産性の高い設備の導入、更新を促進し、生産性の向上や安定した事業基盤の構築、競争力の強化を図ることで、賃金及び雇用の増加、消費の拡大による地域経済の好循環へとつなげてまいりたいと考えております。  次に、福祉健康部関係でございます。地域住民に密着した総合的な健康づくり対策を推進するため、香芝市健康づくり推進協議会を7月26日に開催いたしました。今年度から商工会にも加わっていただき、保健センターが実施している事業や香芝市受動喫煙防止条例の理念を踏まえた受動喫煙防止の取り組みについて協議を行っていただきました。今後につきましても、住民に密着した地域団体のご協力をいただき、受動喫煙のない、人に優しいまちの実現へ向けて取り組みを推進してまいりたいと考えております。  次に、2次救急医療体制につきましては、365日安心できる体制整備の構築に向け準備を進めており、8月16日に香芝市、大和高田市、葛城市、広陵町の3市1町及び関係医療機関、消防組合、医師会、奈良県で組織いたします葛城地区病院群輪番制運営協議会を発足いたしました。今後におきましては、葛城地区の2次救急医療体制が円滑に機能することができるよう協議を進めてまいりたいと考えております。  次に、赤ちゃん学校につきましては、大阪樟蔭女子大学と協働で実施しており、6月から全5回の講座を開催いたしました。本講座は、赤ちゃんの発達について心理学、脳科学の観点から考えるとともに、赤ちゃんのかかわり方について実践を含めた講座で、参加された皆様は大変熱心に受講されておりました。  次に、第2期子ども・子育て支援事業計画の策定に向けて、8月10日に子ども・子育て会議を開催させていただきました。当日は、本年度に実施予定の子ども・子育てニーズ調査について活発な意見交換がなされました。今後は、会議での議論をもとに調査内容を決定し、調査実施後におきましては、来年度の計画策定に向け調査結果の分析等を行ってまいります。  次に、都市創造部関係でございます。豪雨による土砂災害に対して警戒避難体制を強化するため、昨年度から奈良県におきまして土砂災害防止法に基づく土砂災害警戒区域の追加調査が実施され、その調査結果につきまして8月から奈良県とともに対象となる12の自治会におきまして住民説明会を開催しております。また、平成30年7月豪雨におきましては、広島県や岡山県など各地でため池の決壊が発生いたしました。本市のため池につきまして、堤体に亀裂が1カ所発生していましたが、幸いに大きな被害には至りませんでした。被害に遭ったため池については、災害復旧事業において修繕する予定でございます。また、7月20日には農林水産省により各都道府県に対し、ため池の緊急点検を8月末までに行うよう通知があり、本市におきましても奈良県と合同で市内のため池114カ所について緊急点検を8月に実施いたしました。災害復旧事業により修繕するため池以外には異常は見当たりませんでした。今後も、ため池の災害リスクの低減を目指すとともに、土地改良区、水利組合とともに適切な維持管理に努めてまいります。  次に、大阪北部を震源とする地震における塀の倒壊状況を受け、本市におきましてもブロック塀の所有者に安全点検を実施していただくよう7月の広報紙やホームページで周知をいたしました。また、空き家につきましては、7月、8月の2カ月にわたり道路沿いのブロック塀について傾きやひび割れなどの点検を実施いたしました。市内の空き家614件のうち、道路に対するブロック塀に傾きやひび割れが確認できた18件につきまして、適正に対処していただくよう所有者に通知したところでございます。  次に、上下水道部関係でございます。水道施設につきましては、前年度より建設改良繰り越しいたしました今泉排水場500トンタンクの補修工事が7月末で完成いたしました。また、上下水道部庁舎の利便性向上とバリアフリー化を目的に、庁舎1階に多目的トイレを新設するなどの改築工事の一般競争入札を7月31日に行い、12月末完成に向け工事を進めているところでございます。  次に、平成30年7月豪雨で被災された広島県尾道市に対しまして、災害発生時における総合応援に関する協定に基づき、日本水道協会奈良県支部の要請を受け、7月13日から19日までの7日間、応急給水を実施するため給水タンク車1台及び職員2名を派遣いたしました。断水状態の続く現地で割り当てられた活動内容につきましては、飲料水が必要不可欠な病院や福祉施設などへの給水活動でございました。酷暑も重なったことから飲料水の需要も格段に高まっており、朝8時から夜10時ごろまで絶え間なく配水場から各施設を往復し、給水作業を実施いたしました。本市におきましても、災害発生時に市民の日常生活を可能な限り維持できるよう、災害に対する備えとして老朽配水管を耐震管に入れかえる工事を推進し、災害発生時における応急体制の整備及び訓練を今後とも継続的に実施し、災害に強い水道を目指し、安全で清浄な水を安定して供給できるよう取り組んでまいります。  次に、公共下水道事業につきまして、健全で快適な生活環境の整備と公共水域の水質保全を図ることを目的に事業を進めているところでございます。未普及地域における市民の下水道整備の要望も多く、今後も期待に応えるべく管渠の整備を推進し、普及率の向上を図ってまいります。  次に、教育部でございます。8月23日に第4回中学生議会を開催いたしました。当日は、議員として市立4中学校生徒会より合計12名の生徒が出席し、全議員から一般質問がありました。また、県立香芝高校生徒会からも2名の出席をいただき、議長として議事を進めていただきました。一般質問におきましては、中学生目線から市政に対する質問や提案があり、理事者一同真摯に答えをさせていただきました。生徒たちにとりまして、よい学習経験になっただけではなく、私たち理事者にとりましても、今後の市政を行ううえでよい機会になったと考えております。中川議長様を初め市議会議員各位におかれましては、今回の中学生議会開催に対し終始ご協力を賜りましたことをこの場をおかりしましてお礼を申し上げます。まことにありがとうございました。  次に、6月18日に発生しました大阪府北部を震源とする地震により、大阪市内の小学校に設置されたブロック塀が倒壊するという事故が発生いたしました。本市におきましても、緊急点検を実施し、改修が必要と確認された五位堂小学校と下田小学校の一部ブロック塀につきまして、6月末までにすべて撤去を行い、7月3日には新たに軽量フェンスを設置し、児童の安全を早急に確保いたしました。  また、学校における施設整備につきましては、二上、三和、鎌田小学校の特別教室において空調設備の設置を8月中に完了いたしました。  また、香芝東中学校をモデル校としたICT教育の環境整備につきましては、8月中に機材の整備を終えており、2学期からICT教育が開始できる環境となりました。  次に、学童保育所につきましては、高学年児童の待機をお願いしておりました下田学童保育所では民間文化教室で、また二上学童保育所では小学校多目的教室を活用し、7月2日から保育を開始いたしました。これにより、通年の入所を希望されている方につきましては、待機を解消することができ、すべての学童保育所にご利用いただける環境となりました。  また、学童保育所における指定管理者制度の導入に向けて指定管理者候補の選定を行ってまいりました。本議会にて議案提出いたしておりますので、何とぞよろしくお願い申し上げます。指定管理者制度の導入後におきましては、民間のノウハウを活用し、充実した保育環境を整えることができるよう取り組んでまいります。  次に、香芝市総合プールにつきましては、夏場に涼を楽しんでいただく施設として毎年多くの方にご利用いただいております。ことしは、通常の開園期間の前後に海の日など3連休があったことから、7月14日から海の日に当たる7月16日までの3日間と9月1日、2日の計5日間を臨時開園といたしました。ことしは、自然災害とも言えるほどの猛暑になったことに加え、相次いで発生した台風による局地的な大雨など水泳には不向きな天候が多く、利用者数は昨年より少な目で推移し、8月20日現在の利用者合計は1万5,606人でございました。当該施設は、昭和59年の竣工以後34年が経過し、老朽化が進んでおりますが、ことしも利用者の安全に十分配慮し、清潔で快適なクールスポットを提供できるよう指定管理者と連携し取り組んでまいります。  次に、二上山博物館につきましては、指定管理者による自主事業といたしまして、博物館活動を支援し地域文化の発展に寄与することを目的とした二上山博物館友の会ふたかみ倶楽部が新たに発足いたしました。同会は、人の歩みと暮らしのなかで生まれてきた、育まれてきた郷土の歴史や文化財に触れ、新たな発見ができるような活動を通じて会員相互の交流を楽しんでいただく協働参加型の会であり、6月30日には設立の集いが開催され、80名を超える方が会員登録されております。  次に、市民図書館につきましては、8月に夏休み子供のイベントとして本の読み聞かせやお勧めの本を紹介する夏休み図書館クラブ、身近な不思議に触れる夏休み子供科学講座、閉館後の図書館で聞く怖いお話会を開催いたしました。今後におきましても、子供たちに本や図書館に関心を持っていただけるイベントを行い、本に楽しむ機会を提供してまいりたいとこのように思っております。  以上、さきの定例市議会からこの間の主な事業についてご報告を申し上げましたけれども、今後とも香芝市のまちづくりのために議員各位のお力添えを賜りますよう心からお願い申し上げまして、行政報告とさせていただきます。  以上でございます。               〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 △日程5 監査委員の決算等審査報告 ○議長(中川廣美君) 日程に従いまして、近藤監査委員から、平成29年度監査結果の報告をお受けいたします。  近藤監査委員。 ◎代表監査委員(近藤洋君) 監査委員の近藤でございます。  決算審査報告をさせていただきます。  平成29年度の香芝市一般会計、特別会計及び水道事業会計の決算審査並びに香芝市財政健全化等に係る審査を終えましたので、その結果につきまして報告いたします。  なお、この審査報告は、監査委員2名の合議の結果であり、審査の概要及び意見につきましては、お手元に配付しております意見書のとおりでございます。  審査の方法は、決算につきましては、各会計の決算書及び附属書類を関係諸帳簿と照合し、計数の正確性、前年度対比などについて調査、検討し、あわせて必要に応じ関係職員から説明を聴取して実施したものであり、また健全化比率等につきましては、健全化判断比率及び資金不足比率並びにそれらの算定基礎となる事項を記載した書類が適正に作成されているか関係諸帳簿と照合し、また前年度との対比を行い、必要に応じ関係職員から説明を聴取して審査を実施したものであります。  本年度の一般会計の決算は、歳入総額233億15万円、歳出総額230億6,627万円で、歳入歳出差し引き額は2億3,389万円となり、翌年度へ繰り越すべき財源1,629万円を差し引いた実質収支については2億1,759万円の黒字となりました。単年度収支については2,062万円の赤字となりましたが、実質単年度収支については1億8,137万円の黒字となっております。  歳入では、市税が増加したものの、繰入金、諸収入及び市債が大幅に減少したことによりまして、前年度に比べ14億6,069万円、率にして5.9%の減少となっています。なお、自主財源の柱である市税収入については、市民税で3.3%の増加となり、固定資産税についても1.4%の増加となり、全体として2.2%、額にして1億9,342万円の増加となりました。なお、徴収率は95.8%で0.22ポイント上昇し、収入未済額は前年度に比べ692万円の増加となっています。  歳出では、総務費や教育費が大幅に減少したことなどによりまして、前年度に比べ14億4,108万円、率にして5.9%の減少となっています。性質別歳出状況から見ますと、義務的経費である扶助費及びその他経費の積立金が増加する一方で、義務的経費である人件費、公債費、投資的経費の普通建設事業費及びその他経費の補助費等が減少しています。  次に、特別会計全体では、歳入総額161億5,572万円、歳出総額154億8,974万円であり、歳入歳出差し引き額は6億6,598万円の黒字、翌年度へ繰り越すべき財源3万5,000円を差し引いた実質収支額も6億6,595万円の黒字となっており、単年度収支においても482万円の黒字となっております。  国民健康保険特別会計は、歳入歳出差し引き額、実質収支ともに2億5,352万円の黒字となりましたが、単年度収支においては1億2,835万円の赤字となっています。  また、後期高齢者医療特別会計は、歳入歳出差し引き額、実質収支ともに359万円の黒字となりましたが、単年度収支においては283万円の赤字となっています。  次に、介護保険特別会計は、歳入歳出差し引き額、実質収支ともに1億5,571万円の黒字となりましたが、単年度収支においては2,123万円の赤字となっています。  以上の保険及び医療の3会計については、高齢化社会の進行により国の施策で制度が大きく変化し、その対応に苦慮されてることと思われますが、給付費の適正化を図ることはもちろん、より多くの市民にさまざまな機会を通じて社会保険制度の意義についての認識が共有されるよう努められ、安定した各事業の運営を図られることを期待します。また、国民健康保険については、平成30年度から奈良県における国民健康保険県単位化がスタートしたことから、今後の動向に注意しつつ適切な対応をお願いします。また、保険料の徴収については、3会計の合計で収入未済額が3億8,444万円、不納欠損額が2,386万円となっています。今後も、負担の公平と会計の健全化を期すうえで、早期での納付相談に一層取り組むとともに、未収金の解消に向けた収納対策を講じられ、市民の生命と健康を守る事業として良質なサービスの提供と健全な運営に努められることを望みます。  下水道事業特別会計については、平成30年4月1日から下水道事業会計として地方公営企業会計に移行したことによる平成30年3月31日までの打ち切り決算であります。打ち切り決算では、従来の出納整理期間がないことにより、歳入科目の使用料及び手数料等の収入率、収入未済額、支出不用額については通常の決算とは異なるものとなっています。なお、歳入歳出差し引き額、実質収支ともに1億7,188万円の黒字となり、単年度収支においても1億4,898万円の黒字となっています。また、黒字決算となった実質収支額1億7,188万円は下水道事業会計へと引き継がれました。また、本年度末の公共下水道事業の状況は、供用開始面積が754.1ヘクタール、処理区域内人口が5万5,563人、下水道人口普及率は70.1%となっています。今後も、市民の理解を得ながら事業全体のバランスを考え、健全で快適な生活環境のためにさらなる整備の促進及び広報啓発活動など下水道接続の促進、水洗化率の向上に努められることを期待します。そして、公営企業活動の本質とも言える経済性を発揮するとともに、さらなる効率的な事業運営を期待します。  その他の特別会計においても、特定の事業経営に伴う収入をもって運営すべき特別会計については、常に事務事業の合理化、財務運営の健全化及び歳入確保に努力を払い、その収支の均衡に努められることを望みます。  なお、平成29年度における一般及び特別会計全体での地方債借入額は27億9,680万円で、地方債の元金償還額は42億9,156万円となり、年度末の地方債残高は456億5,665万円となっています。一般会計においては、34億7,810万円の元金を償還し、新たに16億2,290万円の借り入れを行った結果、前年度より18億5,519万円の減少となり、残高は329億5,519万円となっております。引き続き、将来負担の適正化を図りつつ、健全な財務体質を確保するため、全体のバランスを考慮して慎重に対応されることを望みます。  次に、水道事業会計の決算審査について報告いたします。  本年度の水道事業業務実績を見ますと、前年度に比べ給水人口及び給水戸数は増加しておりますが、年間配水量については減少しております。また、有収水量については前年度に対し増加となり、有収率については95.71%となり、前年度から1.72ポイント増加しています。  収益的収支につきましては、営業利益、経常利益、当年度純利益のいずれにおいても利益が発生しており、当年度純利益は2億7,958万円となっておりますが、収益のうち2億1,730万円については、前年度に引き続き補助金等により取得または改良した固定資産の減価償却見合い分を長期前受け金戻し入れとして営業外収益に計上したものであります。なお、給水原価と有収水量1立米当たりの費用を比較すると、依然として損失が生じている状況であり、有収水量1立米当たりの費用203円44銭のうち、受水費が126円13銭と62%を占めており、100%県営水道を利用している香芝市では、県営水道料金の動向いかんが今後の水道事業経営に大きな影響力を持つことは否めないところであります。また、給水人口並びに給水戸数は増加しましたが、1戸当たりの年間使用水量は年々減少しており、節水意識の向上や節水型機器の普及も相まって、人口の増加による水道料金収入の増加は今後も期待できないことを鑑みますと、収入の根幹である水道料金を確保するためにも、未収入金については料金負担の公平性の原則にのっとり、早期着手、早期解決を目指し、費用対効果も見きわめつつ、今後とも厳正かつ迅速に処理されることを望むものであります。  「地方公営企業は、常に企業の経済性を発揮するとともに、その本来の目的である公共の福祉を増進するように運営されなければならない」との公営企業経営の基本原則にのっとり、将来及び不測の事態への備えとして資金の確保を行い、あわせて長期的視野に立った健全かつ安全な水道事業経営に継続的に努力することが必要とされているところです。これにつきましては、水道施設更新計画、いわゆるアセットマネジメントに基づいて現有施設の確実な状況把握を行ったうえで、効率的かつ効果的な水道施設の管理運営に努められるとともに、その費用負担については世代間での平準化が図られるように適切な利益剰余金の蓄積が行われることを望むものであります。  平成30年度から下水道事業が地方公営企業法を全部適用する地方公営企業会計に移行したことから、今以上に下水道事業との連携を強化して、さらなる効率的な事業運営を期待します。  また、巨大地震を想定した震災対策、危機管理対策を強化することが求められております。自然災害以外にも設備、管路、水質事故、渇水など、それぞれの分野で起こり得るリスク要因を洗い出して、ハード対策としての資機材や施設の整備、ソフト対策としての即応体制や訓練の実施などを日ごろから準備すること、また相互に連携した対策を実施できるよう実効性を伴った供給及び復旧計画の構築に取り組まれ、どのような状況においても3つの確保、すなわち水道水の安全の確保、確実な給水の確保、供給体制の持続性の確保が市民へのサービスとして持続できるよう切に望むものであります。  以上、平成29年度決算について意見を述べてきましたが、決算審査に付されました各会計の決算書及び附属書類は関係法令の規定に準拠して作成されており、帳簿等関係書類と照合点検したところ、計数は正確であると認められました。  なお、一般会計及び特別会計で、すべての収入未済額は合計で10億1,438万円となり、不納欠損額は2,767万円となっています。今後とも、香芝市が持つ債権の適時、適切な管理と迅速かつ効果的な滞納整理が実行されることを望みます。市全体で各種の情報の共有化を図り、全庁的な徴収業務の強化を推進するとともに、より効果的で実効性のある滞納整理の方法についても研究を進めていただき、強制徴収公債権のほか、非強制徴収公債権、私債権など、債権ごとに適切な対応がとれるよう徴収スキルの向上を図るなど、早期収納に向けた取り組みを強化されることを期待します。  なお、不納欠損については、滞納者の実態把握及び分析をより強化して、可能な限りの債権保全策を講じるなど、慎重かつ厳正に取り扱われるとともに、不納欠損額を減少させるためにも、その前段階となる収入未済額の減少、なかでも現年度分のさらなる減少に努めていただくことを望みます。歳入は、滞留債権を生まない入り口の管理が重要であることから、収納方法の拡大、多様化を検討するなど、納付しやすい環境づくりを進められることを期待します。  最後に、決算審査からは、歳出の抑制と効率化に努めるなど、財政の健全化に努められていることがうかがえるものではありますが、市税収入を基幹とする自主財源率が低く推移していることには深い憂慮を覚えるところであり、自主財源の確保においては今後も至上課題として取り組まれることを望みます。また、香芝市の人口は今も増加を続けていますが、一方で高齢化も緩やかではありますが進みつつあります。そのような状況のなか、地方分権の進展により、地方公共団体には今まで以上の責任ある地域経営が求められています。そのためには、市民や地域からの信頼性を向上させ、特に財務の適正化、効率性及び透明性の向上、説明責任の徹底などにすべての職員が一丸となって課題に挑む組織づくりに取り組まれることを望みます。  国内の経済状況を見ると、アベノミクスの推進により雇用、所得環境の改善が続くなかで緩やかに回復している個人消費や民間設備投資が持ち直すなど民需が改善し、経済の好循環が実現しつつあるが、財源の確保は依然厳しいものと考えられます。そのような状況において、多様なニーズに応えつつサービスの質を低下させない市民福祉向上のための施策を、事前の一策は事後の百策にまさるとの理念に基づき、熟慮断行して推進され、すべての世代で幸せを実感できる市民が主役のまちづくりを展開されることを期待しております。  以上をもちまして、平成29年度会計決算に係る審査の結果報告といたします。  続きまして、地方公共団体の財政の健全化に関する法律に基づく健全化判断比率及び資金不足比率による平成29年度香芝市財政健全化及び経営健全化に係る審査の結果について報告いたします。  実質赤字比率、連結実質赤字比率及び資金不足比率については、これまでと同様にすべて赤字、不足が生じていないことを示すマイナス指数となったものでありますが、連結実質赤字比率の状況においては、水道事業の資金剰余額の存在が大きく影響しているところは明らかであり、連結される要素となるおのおのの個別事業についても赤字が発生しないよう引き続き経営の健全化及び財政基盤の強化の取り組みを進めていただくことをお願いします。  実質公債費比率については、早期健全化基準である25%に対して18.4%の指数が算定されたところであり、前年度から0.6ポイント改善し、単年度では17.4%となり、18%を下回りました。今後も、地方債の協議・許可制移行基準である18%を目標に、新規の市債発行額を元金の償還額以内に抑制するという方針を継続され、事業の緊急度、住民のニーズを的確に把握、厳選したうえで計画的に事業を実施され、数値の改善に努められることを望みます。  将来負担比率は、基準である350%に対して126%であり、前年度の148.6%から大幅に改善し、今後も引き続き改善の傾向にあると思われますが、さらに地方債残高の減少に努められることを期待します。また、負担を次世代に先送りしないためにも、自主財源の確保を強化し、繰上償還の機会を積極的に利用するなど、次年度以降も比率の改善に資する取り組みを推進されることを望みます。  なお、今後の財政運営については、その他の財政指標にも十分留意しながら、なお細心の注意を払って取り組んでいただくとともに、健全化比率等の公表にあたっては、市民の理解と協力が得られるよう将来負担の見通しや改善方策などをわかりやすく解説するなど、より一層工夫されることをお願いします。  最後に、成熟した社会に向かって、限られた財源を必要度の高い政策に配分することがますます求められております。住民に最も身近な基礎自治体として必要な市民サービスを遅滞なく提供することは当然として、高齢化社会に対応したシステムの構築や子育て支援の拡大、さらに公共施設の老朽化対策など、新たな政策課題が見込まれているところであります。  しかしながら、新たな政策課題へ対応することは財政需要が増えることにつながるため、大幅で極端な歳入の増加を見込めない現状では、事業の組みかえや見直しなどを行うことにより財源を捻出する努力を続けるほかに選択肢はないと言えます。香芝市がこれからも魅力的で市民が住んでいることを誇れる町であり続けるため、また総合計画の将来像である「笑顔と元気!!住むならかしば」の実現に向けて、選択と集中を柱とし、財政健全化のため全庁一丸となり、不断の努力を傾注されることを望むものであります。  以上をもちまして、平成29年度香芝市財政健全化及び経営健全化に係る審査の結果報告といたします。  以上で、報告を終わります。 ○議長(中川廣美君) 近藤監査委員さん、どうもありがとうございました。  今後とも香芝市の発展と健全な財政運営のために、格段のご尽力を賜りますようよろしくお願いいたします。  ここで、決算特別委員会の設置についてお諮りします。  認第1号の審査については、香芝市議会委員会条例第5条の規定により、7人の委員で構成する決算特別委員会を設置し、これに付託し審査することにしたいと思いますが、ご異議ございませんか。               〔「異議なし」との声あり〕 ○議長(中川廣美君) ご異議ないようでございますので、7人の委員で構成する決算特別委員会を設置することに決定します。  暫時休憩いたします。               午前10時28分 休憩               午前10時50分 再開 ○議長(中川廣美君) 休憩を解いて再開いたします。               〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 △日程6 決算特別委員会委員選任 ○議長(中川廣美君) 日程に従いまして、決算特別委員会の委員の選任を行います。  委員の選任については、香芝市議会委員会条例第6条第1項の規定により私のほうから指名したいと思います。  北川重信議員、中村良路議員、中山武彦議員、下村佳史議員、福岡憲宏議員、中谷一輝議員、芦高清友議員、以上でございます。  決算特別委員会の委員の選任について、ただいま指名いたしましたとおり決することにご異議ございませんか。               〔「異議なし」との声あり〕 ○議長(中川廣美君) ご異議ないようでございますので、報告いたしましたとおり選任することに決します。  なお、休憩中に決算特別委員会の委員長並びに副委員長を互選していただいておりますので、報告いたします。  委員長に北川重信議員、副委員長に福岡憲宏議員。
     以上でございます。               〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 △日程7 報第11号 平成29年度決算における健全化判断比率及び資金不足比率の報告について ○議長(中川廣美君) それでは、日程に従いまして、報第11号について理事者から提案理由の説明を求めます。  鎌田副市長。 ◎副市長(鎌田裕康君) ただいま提案のありました報第11号平成29年度決算における健全化判断比率及び資金不足比率の報告についての提案理由の説明を申し上げます。  本案は、地方公共団体の財政の健全化に関する法律第3条第1項及び第22条第1項の規定により報告するものでございます。健全化判断比率といたしましては4指標があり、このうち実質赤字比率、連結実質赤字比率につきましてはいずれも赤字が生じておりませんでしたので、比率はございません。実質公債費比率につきましては18.4%、将来負担比率につきましては126.0%となりました。  また、資金不足比率につきましては、水道事業並びに下水道事業が報告対象となりますが、いずれの会計も資金不足額が生じませんでしたので、比率はございませんでした。  以上のとおり報第11号につきましての報告を終わらせていただきますが、何とぞよろしくお願いをいたします。 ○議長(中川廣美君) ただいまの説明に対しまして質疑をお受けします。  福岡憲宏議員。 ◆5番(福岡憲宏君) 29年度単年度で見た場合、17.4というのが実質公債費率、これ、はるかにいいんですけど、数年前の予想よりも大分よくなってるんですが、この要因ていうのは何ですか。 ○議長(中川廣美君) 仲局長。 ◎財務局長[財政課長事務取扱](仲哲司君) ただいまのご質問でございますが、比率がよくなってきている要因といたしましては、繰上償還等によりまして元利償還金が減少していること、また分母の数値となります標準財政規模が増加しているといったところが要因となってきております。  以上です。 ○議長(中川廣美君) 福岡議員。 ◆5番(福岡憲宏君) 次、今年度ですけど、30年度で17.8を切ると18%を平均で切ることができるんですが、予測的にはそれは切れそうな感じですか。それとも、ことしだけが低かったんですかね。 ○議長(中川廣美君) 仲局長。 ◎財務局長[財政課長事務取扱](仲哲司君) 今年度の見込みといたしましては、30年当初予算におきまして元利償還金の金額が前年度よりも減額していること、また30年度の標準財政規模が29年度の数値よりも増加することが見込まれておりますので、比率的にはさらに改善するだろうと見ております。 ○議長(中川廣美君) ほかにないですか。  河杉議員。 ◆15番(河杉博之君) 済みません。今、福岡議員のほうからいろいろありまして、今年度17.4、来年度17.8を見ればということになってるんですけれども、非常に危惧するのが、要はきょうのこの前にありました近藤監査委員さんからのご報告にもありましたように、非常に市内における事業の縮小化が行われてるような状況である、そのなかで出てる数字ではないかという危惧、これを払拭していただければ何ら問題はないんですけれども。国からの補助金の比率が低くなってきて事業ができなくなってる、要は市民サービスの停滞のなかでのこの数字が出てきてるのか、本当に何かを改善されて、今、仲局長がおっしゃられたように、お金を返していくこの形のなかで、香芝方式でやっていただいてること自体は非常にありがたいなとは思ってるんですが、これが安定的になるのか市民サービスを抑えておるのか、その辺の見解っていうのはどういう形で見たらよろしいんでしょうか。教えていただければと思うんですが。 ○議長(中川廣美君) 仲局長。 ◎財務局長[財政課長事務取扱](仲哲司君) 議員がご心配されてますように、事業費を圧縮するような形でこの比率が削減してきてるというものとは少し意味合いが違ってくるかと思っております。ただ、発行する市債を償還する元金以内に抑えるという方針で平成17年以降ずっと取り組んできておるわけでございまして、そのなかで市債の残高も減少してきております。また、ご心配されていますように、国庫補助、土木事業において国庫の補助率がかなり低くなってきているということもございます。そういったことも影響は過分にはあるかと理解しております。 ○議長(中川廣美君) 河杉議員。 ◆15番(河杉博之君) ありがとうございます。非常に財政部局のなかでご苦労されてて、非常に借金を増やさないような形っていうのをとっていただいてる、これは非常に私もありがたいなと思ってる一人でございますけれども。ただ、今申し上げたように、きょうのご報告、けさのほうのご報告にもありましたように、要は国からの補助がなかなかつかないから事業が停滞していってる。かといって単費でやっていくこと自体もこれはいいことだとは全然思わないんですけれども、この矛盾点を、最後にきょう近藤監査委員さんがおっしゃられたように、事業部内容のこれから先の事業形態の組み直しっていうのを考えていかなくてはいけない、そこの岐路に立ってるのかっていうことだと思うんです。  ですから、この数字だけの推移を見ていくと非常にありがたくて安心して借金が減ってるなという、健全化率が上がってきてるなという思いなんですけれども、それを素直に信用していいのかどうかという、変な数字のマジックになってなければ全然結構なんですけれども。その辺についての推移に対する動きっていう考え方って、動向っていうものを教えていただければと、こういうことなんですけれども、その辺についてはどうでしょう。 ○議長(中川廣美君) 仲局長。 ◎財務局長[財政課長事務取扱](仲哲司君) 既に発行している起債の償還に関しては、今後減少していく見込みをしております。また、将来の財政計画を見ていくなかにおきまして、事業担当課からいただいてる事業の計画等見たなかで現在計画を立てているわけなんですが、今後の少し心配される点につきましては、施設の老朽化が進んできているということ。  そしてまた、ごみ焼却施設の建てかえがあるといったことが、今後の負担になってくることは明らかでございますので、そういった事業費も含めまして健全な方向に向かっていくように取り組んでいきたいとは考えております。 ○議長(中川廣美君) 河杉議員。 ◆15番(河杉博之君) ありがとうございます。今、局長おっしゃられたように、私も大きな今回金額が動くようなことがこれから先々、きょうの本会議が始まる前に全協も開かれたなかでプールのほうの計画がスライドしていく、このような状況のなか、おっしゃられたようにごみ焼却施設の新設という形で、香芝の全体の財政から見ると非常に大きな金額が動いていくのが先に見えているなかでのこの安定化っていうのをぜひお願いしたいなという思いでございますので、詳しくはまた一般質問等々でも聞かせていただければと思っておりますけれども。非常に事業部のなかが先細りにならないような形、市民サービスの低下が行われないような形というのを財政部局には大変ご苦労をかけてるとは思ってるんですが、ぜひお願いしたいなという思いでございますので、よろしくお願いいたします。 ○議長(中川廣美君) ほかにないですか。               〔「なし」との声あり〕 ○議長(中川廣美君) ほかにないようですので、質疑を打ち切ります。  報第11号については、報告を受理いたします。               〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 △日程8 同第5号 香芝市公平委員会の委員の選任につき同意を求めることについて △日程9 同第6号 香芝市教育委員会の委員の任命につき同意を求めることについて ○議長(中川廣美君) 日程に従いまして、同第5号、同第6号の2議案を一括議題といたします。  理事者から提案理由説明を求めます。  鎌田副市長。 ◎副市長(鎌田裕康君) ただいま提案のありました同第5号及び同第6号の提案理由の説明を申し上げます。  まず、同第5号香芝市公平委員会の委員の選任につき同意を求めることについてでございます。  本案は、平成30年9月30日付で香芝市公平委員会委員を任期満了予定の下村敏博氏につきまして、引き続き選任いたしたく、地方公務員法第9条の2第2項の規定に基づきまして、議会の同意を求めるものでございます。  なお、本人は人格、識見とも高く、公平委員会の委員にふさわしい方でございます。何とぞよろしく原案にご同意賜りますようお願いいたします。  次に、同第6号香芝市教育委員会の委員の任命につき同意を求めることについてでございます。  本案は、香芝市教育委員会委員の中木秀一氏が本年9月30日付で任期満了となるため、新たに關野英明氏を選任いたしたく、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第2項の規定に基づきまして、議会の同意を求めるものでございます。  なお、本人は人格が高潔で、教育、芸術及び文化に関しまして高い識見を有する方でございますので、何とぞよろしく原案にご同意賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(中川廣美君) ただいまの説明に対しまして質疑をお受けします。               〔「なし」との声あり〕 ○議長(中川廣美君) 質疑がないようでございますので、質疑を打ち切ります。  本案を採決いたします。  お諮りいたします。  まず、同第5号について原案どおり同意することにご異議ございませんか。               〔「異議なし」との声あり〕 ○議長(中川廣美君) ご異議がないようでございますので、同第5号については原案どおり同意することに決定いたします。  次に、同第6号について原案どおり同意することにご異議ございませんか。               〔「異議なし」との声あり〕 ○議長(中川廣美君) ご異議ないようでございますので、同第6号については原案どおり同意することに決定いたします。               〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 △日程10 理事者提出議案提案理由説明 ○議長(中川廣美君) 日程に従いまして、理事者提出議案の提案理由説明を求めます。  鎌田副市長。 ◎副市長(鎌田裕康君) 提案いたしております議案につきまして、提案理由の説明を申し上げてまいりたいと思います。  まず、議第38号平成30年度香芝市一般会計補正予算(第2号)についてでございます。  本案は、歳入歳出予算の総額にそれぞれ3億1,016万7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ241億4,568万円とするものでございます。  主な歳出の補正内容でございますが、民生費におきましては総合福祉センター施設整備事業、病児保育事業、衛生費におきましては葛城地区病院群輪番制運営事業、焼却灰運搬車整備事業、教育費におきましては適応指導教室整備事業、小学校・幼稚園施設空調設備整備事業、公債費おきましては市所有地の売却に伴います地方債繰上償還事業、災害復旧費におきましては本年7月豪雨に伴います農業施設災害復旧事業の増額等の補正をお願いするものでございます。  歳入につきましては、歳出の補正に伴います財源を国県支出金、財産収入繰入金及び市債等に求めたものでございます。  次に、第2表の債務負担行為の補正につきましては、学童保育所指定管理委託事業におきまして期間及び限度額を追加するものでございます。  また、第3表の地方債の補正につきましては、起債額の決定に基づく地方債の限度額を追加及び変更するものでございます。  次に、議第39号平成30年度香芝市介護保険特別会計補正予算(第1号)についてでございます。  本案は、歳入歳出予算の総額にそれぞれ1億5,346万円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ45億3,246万円とするものでございます。  主な補正の内容は、歳出につきましては、前年度介護給付費負担金の確定による基金積立金として1億2,823万8,000円、国庫負担金等の精算による返還金として927万6,000円、給付に係る一般会計繰出金として1,594万6,000円の増額補正をお願いするものでございます。  歳入につきましては、歳出の補正に伴います財源を支払基金交付金及び繰越金に求めたものでございます。  次に、議第40号平成30年度香芝市下水道事業会計補正予算(第1号)についてでございます。  本案は、職員構成の変動に伴う人件費の増額で、平成30年度下水道事業会計予算第4条の支出につきまして、支出総額16億8,871万7,000円に400万円を追加し、支出総額を16億9,271万7,000円とするものでございます。  補正の内容につきましては、資本的支出、建設改良費、管渠費において、職員構成の変動に伴う人件費の増額を行うものでございます。それに伴いまして、議会の議決を経なければ流用することのできない経費の職員給与費において7,933万円に400万円を追加し、8,333万円とするものでございます。  次に、地方公営企業法施行令第4条第4項の規定により、平成30年事業年度に属する債権及び債務として整理する未収金及び未払金がそれぞれ確定いたしましたので、予算第4条の2の特例的収入及び支出において7,422万3,000円及び2億2,938万7,000円を6,967万2,000円及び2億103万8,000円に改めるものでございます。  次に、議第41号奈良県葛城地区清掃事務組合規約の一部を変更することについてでございます。  本案は、地方自治法第286条第1項の規定による規約の一部を変更するため、本組合を組織する関係地方公共団体の協議を行うにあたり、同法第290条の規定により議会の議決を求めるものでございます。  次に、議第42号財産の取得についてでございます。  本案は、香芝市スポーツ公園整備事業の事業用地について、所有者より取得面積5,268.9平方メートルを売買代金4,689万3,210円で取得したいため、地方自治法第96条第1項第8号及び議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により議会の議決を求めるものでございます。  次に、議第43号財産の処分についてでございます。  本案は、国道165号香芝柏原改良事業の事業用地として本市所有の土地、面積8,147.16平方メートルを売買代金2億4,163万2,085円で事業者である国土交通省に売り渡しをしたいため、地方自治法第96条第1項第8号及び議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により議会の議決を求めるものでございます。  次に、議第44号平成29年度香芝市水道事業剰余金の処分についてでございます。  本案は、平成29年度決算において生じました未処分利益剰余金4億2,085万2,087円のうち3億185万2,087円の処分について、地方公営企業法第32条第2項の規定により議会の議決を求めるものでございます。  当年度末、未処分利益剰余金4億2,085万2,087円のうち2億3,957万4,362円を資本金に組み入れ、2,043万8,000円を減債積立金に積み立て、4,183万9,725円を建設改良積立金に積み立て、残り1億1,900万円を来年度に繰り越すものでございます。  次に、議第45号指定管理者の指定についてでございます。  本案は、本年3月議会において議決をいただきました香芝市立学童保育所条例の改正に伴い、学童保育所全11カ所の施設につきまして、平成31年4月1日から3年間につき、改正後の条例第4条第1項の規定に基づきましてシダックス大新東ヒューマンサービス株式会社を指定管理者として指定することについて、地方自治法第244条の2第6項の規定により議会の議決を求めるものでございます。  次に、認第1号平成29年度香芝市一般会計歳入歳出予算の認定についてでございます。  平成29年度一般会計の歳入総額は233億15万2,000円、歳出総額は230億6,626万7,000円で、歳入歳出差し引き額は2億3,388万5,000円でございます。そのうち、翌年度に繰り越すべき財源は1,629万1,000円で、実質収支額につきましては2億1,759万4,000円であり、執行率は歳入で98.3%、歳出で97.3%でございます。  平成29年度の主な事業といたしましては、総務費で老人福祉センター除却事業、文化施設指定管理事業、Wi−Fi整備事業、国民文化祭事業、民生費では子ども医療費助成事業、障害者居宅生活支援事業、障害児通所支援事業、児童手当給付事業、衛生費ではごみ収集業務民間委託事業、予防接種事業、妊婦一般健康診査事業、農林商工費で緊急森林被害対策事業、2市2町広域観光ルート整備事業、土木費で公園長寿命化計画策定事業、スポーツ公園整備事業、市道路新設改良事業、消防費で災害時用ヘリサイン設置事業、教育費で小・中学校トイレ改修事業、中央公民館指定管理事業、学童保育事業、中学校給食センター運営事業などでございます。  次に、認第2号平成29年度香芝市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定についてでございます。  平成29年度国民健康保険特別会計の歳入総額は81億9,653万4,000円、歳出総額は79億4,301万2,000円で、歳入歳出差し引き額は2億5,352万2,000円でございます。実質収支額は2億5,352万2,000円であり、執行率は歳入で100.4%、歳出で97.3%でございます。なお、実質収支額のうち1億3,000万円を地方自治法第233条の2の規定により国民健康保険財政調整基金へ繰り入れました。  次に、認第3号平成29年度香芝市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定についてでございます。  平成29年度後期高齢者医療特別会計の歳入総額は8億6,516万9,000円、歳出総額は8億6,158万2,000円で、歳入歳出差し引き額は358万7,000円でございます。実質収支額は358万7,000円であり、執行率は歳入で95.6%、歳出で95.2%でございます。  次に、認第4号平成29年度香芝市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定についてでございます。  平成29年度香芝市介護保険特別会計の歳入総額は42億7,303万6,000円、歳出総額は41億1,733万1,000円で、歳入歳出差し引き額は1億5,570万5,000円でございます。実質収支額は1億5,570万5,000円であり、執行率は歳入で100.8%、歳出で97.1%でございます。  次に、認第5号平成29年度香芝市下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定についてでございます。
     平成29年度下水道事業特別会計の歳入総額は19億9,385万1,000円、歳出総額は18億2,197万4,000円で、歳入歳出差し引き額は1億7,187万7,000円でございます。実質収支額は1億7,187万7,000円であり、執行率は歳入で97.3、歳出で88.9%でございます。  次に、認第6号平成29年度香芝市土地取得特別会計歳入歳出決算の認定についてでございます。  平成29年度土地取得特別会計の歳入総額は8億1,296万円、歳出総額は7億3,166万7,000円で、歳入歳出差し引き額は8,129万3,000円でございます。翌年度に繰り越すべき財源は3万5,000円で、実質収支額につきましては8,125万8,000円であり、執行率は歳入で83.8%、歳出で75.4%でございます。  次に、認第7号平成29年度香芝市財産区財産特別会計歳入歳出決算の認定についてでございます。  平成29年度香芝市財産区財産特別会計の歳入歳出総額は、歳入歳出それぞれ1,417万3,000円で、執行率は歳入歳出同率の89.0%でございます。  次に、認第8号平成29年度香芝市水道事業会計決算の認定についてでございます。  平成29年度の主な内容は、収益的収入総額では20億1,164万5,432円で、予算執行率は99.7%であり、対前年度比率は1.0%の増となっております。一方、支出総額は17億1,928万5,954円で、予算執行率は96.8%であり、対前年度比は0.6%の増となっております。  収支におきましては2億9,235万9,478円の利益でございますが、決算額そのものには消費税を含んでおりますので、消費税を抜いた損益計算書における当年度純利益は2億7,957万9,087円となっております。  次に、資本的収支でございますが、収入総額では1億9,515万8,415円で、予算執行率は104.4%であり、対前年度比は21.8%の増となっております。また、支出総額では2億8,158万1,357円で、予算執行率は71.2%であり、対前年度比は71.4%の減となっております。この資本的収支におきまして、8,642万2,942円の不足額につきましては当年度消費税及び地方消費税資本的収支調整額、減債積立金、過年度損益勘定留保資金、当年度損益勘定留保資金で補填いたしました。また、消費税及び地方消費税の納付額は3,006万6,900円となっております。  以上、一部事務組合規約の一部改正、補正予算、指定管理者の指定、財産の取得及び処分、決算認定の16件の議案でございます。何とぞ慎重にご審議いただきまして、原案可決賜りますようお願い申し上げまして、提案理由とさせていただきます。よろしくお願いいたします。               〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 △日程11 理事者提出議案総括質疑 ○議長(中川廣美君) これより日程に従いまして、理事者提出議案の総括質疑に入ります。  なお、各委員会に付託を予定している議案につきましては、所属委員会の各議員の質疑はできるだけご遠慮願いたいと思います。  それでは、総務企画委員会に付託を予定している議第38号につきまして、総括質疑をお受けします。  筒井議員。 ◆4番(筒井寛君) 補正予算(第2号)、9ページ、いただいております補正予算書の9ページ、款4衛生費、項保健衛生費、目保健衛生総務費の葛城地区病院群輪番制運営事業分担金のところでございますが、事業の内容等は行政報告のなかにもありましたので大まかには把握はできるところではあるわけでありますが、実際に輪番制で当番をする病院が具体的に何病院であり、続いて香芝市がこのように400万円以上のお金を分担するというようなことで、3市1町がそのお金を持ち寄り、それが配分されていくというところの配分の仕組みについて説明をお願いします。 ○議長(中川廣美君) 黒越部長。 ◎福祉健康部長(黒越頼雄君) 葛城地区の病院群輪番制運営事業の分担金のご質問でございます。  まず、輪番制に参加する病院なんですけれども、香芝生喜病院、大和高田市立病院、土庫病院、中井記念病院、吉本整形外科病院、済生会御所病院の6病院となっております。  それと金額ですね。金額なんですけども、実は算定するときに相当検討させていただきました。他市町村を参考にするというわけではなくて、我々独自で必要な金額での算定したわけであります。今6病院申し上げましたけれども、6病院にそれぞれヒアリングもさせていただいて、どういった体制をとっておられるのか、実際輪番、4月から施行されていますので、その施行されてるなかでどういう体制をとっておられるのかということをお聞きさせていただいたなかで、一定程度の増員をされているということでありましたので、医師1名、看護師1名、検査技師1名っていうのを一定程度の増員の金額と考え、それプラス診療報酬というのが歳入として病院のほうで当然ありますので、その歳入歳出を差し引いた額っていうのを出させていただきました。  それで、1年間の金額を出させていただいたうえで、また逆に1日の単価、土日祝となりますと、夜間だけではなく1日を見ないといけないということになりますので、それぞれの単価を算出させていただいて、あとの3市1町への割り戻しの方法なんですけれども3市1町のなかで29年度の救急搬送の件数っていうものを利用率とさせていただいて、あと均等割っていうのを10%ということで算定させていただいたということで算出させていただいたということになっております。  以上です。 ○議長(中川廣美君) 筒井議員。 ◆4番(筒井寛君) 葛城地区において緊急、救急医療体制が現在のところまで若干弱かった部分について、それについてこの運営協議会が発足し、その6病院で診ていただけるということで。ただ、懸念するのは、その6つの病院がそういう形で救急の輪番制運営協議会に参加し、そこに患者が運ばれたとき診療報酬が発生し、不足分について3市1町からの負担金、分担金の公金がそこに支出されていくという形は、それはそういう行政の一つの仕組みとしてそれでよいことだというふうには考えておるんでありますが、6つの病院のなかであからさまに政治的活動をしているというようなことがあれば、それはそこに公金が投入されていくということに対して疑念を生む可能性があるのではないかなというふうに考えてしまうわけであります。  具体的に申しますと香芝の生喜病院でありますが、香芝の生喜病院につきましては、中和幹線から生喜病院に上がるその道、玄関先に特定一個人の政治家の立て看板が設置されている。立て看板というのは、実は町なかにそこらじゅうに張っているポスターというのとは全然意味が違いまして、選管に届け出をし証票シールを交付され、その証票シールには政治活動用事務所と明記されていて、それが張られている立て看板、選挙期間中も掲示することができるそのような一特定の個人の政治家の看板を玄関先に堂々と掲示されているということにつきましては、これはあからさまに政治活動を宣伝しているものであるというふうに考えるわけであります。  例えば民間企業がどのような政治活動をしようとそれは自由であります。法律で許されていることではありますけれども、例えばその病院の理事長の自宅に立て看板が設置されているということであれば、それは何の問題もないというふうに考えますが、病院の玄関先に誰もが見れる形で政治活動用事務所という証票シールが張られている立て看板が設置されているということは、その病院が表立って組織的に政治活動をしているというふうにとられかねないというふうに考えます。そこに3市1町から集められたお金が流れていくということは、大きな疑念、疑惑を生むことになるのではないかというふうに私は考えます。ということで、法的には何ら問題はない、生喜病院も一民間企業として、医療法人ですが、であるとしてそこが政治活動をしようとそれは自由でありますが、しかしこの今運営協議会のなかの一つの病院として公金が投入されていくそのなかに含まれていることは適当ではない、適切ではないというふうに私は考えます。  質問と答弁なんですが、私はそのように考えるので、この輪番制の協議会のなかから参加構成病院として生喜病院が含まれていることに対して、法的には問題はないが私は倫理的に大変大きな問題があると考えるので質問をしているわけですが、答弁といたしましては、法的には問題はないが倫理的には問題がある、だからその構成病院から外れるようにしていくのか、倫理的にも問題はまったくない、だからそのまま構成病院として加えていくのか、倫理的には問題はあるが構成病院としてそのまま据え置くということになるのか、市としてはどのような見解を持っておられるか答弁ください。 ○議長(中川廣美君) 暫時休憩します。               午前11時28分 休憩               午前11時28分 再開 ○議長(中川廣美君) 休憩を解いて再開いたします。  鎌田副市長。 ◎副市長(鎌田裕康君) まず、輪番制の背景だけお話しさせていただきたい。  県内各地にいろんな病院群がありまして、そのなかでこの香芝、広陵、そして葛城、この付近にはなかったと。県の指導によりまして、非常にそういう救急搬送のタイムを少なく、短くしていきたい、待機時間を少なくしていかなければならないとそういう指導もあったなかで、病院側のほうからもそういう対応としては輪番制をつくるのが一番じゃないかというお声をいただいたなかで、救命ということを目的にさせていただいたのが今の輪番制でございます。選挙に絡む看板、そういう部類につきましては、それは全然別行動のなかで今置かれておるわけでございますから、例えばそのあり方が、ご指摘のように公金を投入する部分でかかわっていただいてるという部分につきましてどうあるべきなのか、ちょっと時間をいただいて検討させていただきたいと思います。 ○議長(中川廣美君) 筒井議員。 ◆4番(筒井寛君) 救急体制を整えていくということに対して私は何ら異議を挟んでいるわけではありません。これ自体はいろいろ、例えばその当時の、救急の事案が発生したときの輪番が、一番近いところの病院より遠いところがその日当番やったらどうすんねんとかというようなそういう問題はいろいろあるだろうと、それはなかでしっかりと議論していただいて、よいシステム制度をこれから構築していただくんであろうというふうな思いであり、例えば生喜病院に関しましても、今申し上げましたが、公共の医療に資する働きを、一翼を担っていただいているわけでありますから感謝と敬意を払うべきであるという思いはもちろん十分に持っております。  そのような状況のなかで、その制度、システムに異議を挟んでいるのではなく、副市長、最後のところで触れられておりますが、政治活動用事務所という公の証票シールが張られた立て看板が表玄関に堂々と立てられている病院全体が政治活動用事務所と思う人は少ないかもしれませんが、そこにお金が流れているとなると要らぬ疑惑を生む可能性は私はあり得ると。そこのところを倫理的にどう判断するか。多分法的には何ら問題ないと私は考えます。民間企業、医療法人であろうとも民間企業がどのような政治活動をしようと自由であります。  しかし、市の公金が投入される病院が一個人の後援会、または政治活動用事務所として機能しているということを知る人がいれば、その要らぬ疑惑をこの香芝市内で生むということになる。権力とつながったところにお金が流れるというのは、東京の中央のほうでもいろいろと話題になって、結局証拠がないから、誰もが強い疑惑は持っているけど証拠がないから、結局最後まで詰め切れないというような状況が今あるなかで、この香芝市においてそのようなことが起こってくるのは非常に恥ずかしい事態であるというふうに考えますので、時間をかけて検討したいとおっしゃっていることにつきましては、必ず答えを出していただきたいというふうに考えますので、よろしくお願いします。  以上です。 ○議長(中川廣美君) 吉田市長、答弁。 ◎市長(吉田弘明君) 筒井議員のご質問でありますが、私の看板であります。まず、冒頭に申し上げておきたいのは、救急病院の話とこの一法人企業に政治的な看板があるというのは別のことで考えていただきたいと思います。これ同じ話をするとごちゃごちゃになると思うので、まず緊急、救急2次についてはおおむね合意いただいてるという理解をさせていただきます。  いわゆる企業の建物とかそういうところに政治的な看板があっていいのか悪いのかっていう話をしたいと思うんですけども、これは私も含めて皆さん方も政治家であります。ですから、皆さん方ももちろん政治的な事務所看板というのは設置されてると思います。そこには法人企業の前にないのかあるのか、これをまず考えていただきたいと思うんですね。法人企業、または福祉団体、それから医療関係も含めて、香芝市の条例等で支出される公金ていうのはかなりの多くのものがあります。ですから、その一部がこの病院ということにもなりますでしょうし、福祉施設もあるでしょうし、教育関係もあるでしょうし、それから企業の冒頭に言いました生産性促進のとこで交付されるところもあるでしょうし、私のご支持いただいてるところについては、その他法人企業というのは数多くございます。ですから、そのあたりも含めて検討したいということと、議員の皆様も政治家であるわけですから、同じ目線で同じような形で進めていきたいなとこのように考えております。  一部そういうような視点があったというのは、私にも少し抜けていたとこもあるかもしれませんが、私も個人的には政治家としてそういう立ち位置をとっておりますので、それについてはしっかり検討してしかるべき答えを出したいと、このように思っております。いずれにしましても、そういった恣意的なところで指定をしている、そういったことじゃございませんので、改めてここでそこについては明確にしておきたいと思います。  以上です。 ○議長(中川廣美君) 3回目ですので。総務委員長、この話はよろしくお願いします。  ほかにはございませんか。  中山議員。 ◆8番(中山武彦君) 失礼します。  9ページの病児保育について伺いたいんですが、子ども・子育ての支援計画のなかでも市町村が実施していく事業のなかに位置づけられていると思うんですが、子供にとって、また親にとって、非常に病児保育というのは大切になってまいります。そこで、市内でこういった事業、香芝が委託されてやると思うんですが、計画上のニーズに合致したものになってくるのかどうか、子ども・子育て支援計画、それのニーズに合致しているものになるのかどうか伺いたいと思います。 ○議長(中川廣美君) 澤次長。 ◎教育部次長[こども課長事務取扱](澤和七君) 済みません、失礼します。  子ども・子育て支援事業計画のなかでも11ページのほうになるんですけども、病児・病後児保育の欄がございます。そちらのなかのアンケートにおいて幼稚園や保育所を利用している子供について見ると、年齢によらず約8割の子供でこの1年間に病気やけがなどで通園できなかったことがあったとしています。その際、約7割の家庭で親が仕事を休んで対処していたことがあったとしており、これらの家庭のうち半数近くが病児・病後児保育施設を利用したいと希望しているというような結果が出ており、それに基づきまして今回病児保育を実施させていただきたいと思います。  以上でございます。 ○議長(中川廣美君) 中山議員。 ◆8番(中山武彦君) 今回こういった形で国の補助また県の補助と、それから香芝の負担もございますけど、策定された計画に合致した形で事業をされるということは大変いいことだなとこのように思うんですが、この補正によりましてこれをされるということ、時期的なものもあると思うんですけど、あとは運営費等、今後発生すると思うんですね。現状では市内にはないけれども、お隣の大和高田市等やっている部分があると。そのあたりの予算の配分とか市外のほうに委託されてる部分との関係とか、そのあたり補正には出ないですけど、今後どのような予算が増えていくのかということを含めて教えていただきたいと思います。 ○議長(中川廣美君) 澤次長。 ◎教育部次長[こども課長事務取扱](澤和七君) 運営費の件でございますけども、病児保育事業につきましては、利用人数によって運営経費というのは変わってきます。基本部分とその加算部分という人数部分で変わってきます。まず、現在、大和高田市のほうで病児保育を実施されておりますが、そちらのほうの利用率が平均で大体47%ということで聞き及んでおります。それでもし、香芝市が今回実施する病児保育事業の定員数ですが、6名の定員を予定されております。これを稼働日数を掛けてその47%、もし来られたとしたら680名程度の方が来られると思うんですが、初年度からそこまでの方は来られないと考えております。  実際に、例えば200から400人、約300人ぐらいの利用として試算しますと、1年当たり支出額から国の補助等を差し引きますと1年間で約163万円、164万円程度の歳出を見込んでおるような状況です。また、大和高田市のほうにつきましては、27年度6月から連携協定ということで病児保育のほう委託でお願いしてるわけですけども、29年度の実績として市の支払い額が185万6,000円というような額になっております。これも、全体の利用人数を香芝市と他の市町村で案分した額になりますので、香芝の設置したところの利用が増えて大和高田市のほうが減るとなるとそちらの金額が減ってくる。また地域的には大和高田市のほうが便利いい場合もありますんで、結果どういう条件になるのか今のところ判断できませんけども、そういった流れでお金が動くと考えておりますので、よろしくお願いいたします。 ○議長(中川廣美君) 中山議員。 ◆8番(中山武彦君) それと、予算的なことであと固定資産税等、そのあたりの減額等も発生するのかどうか、こういった施設について。これはわかるのかな、香芝のほうのメリットもございますけども、そういった財政的なことも今後考えていかないといけないと思うんですけど、そのあたりも把握されてますか。 ○議長(中川廣美君) 澤次長。 ◎教育部次長[こども課長事務取扱](澤和七君) 済みません。固定資産税の部分については把握できておりませんので、また今度調べさせていただきたいと思います。よろしくお願いします。 ○議長(中川廣美君) ほかに。               〔「なし」との声あり〕 ○議長(中川廣美君) ほかにないようでございますので、議第38号の質疑を打ち切ります。  次に、議第41号につきましての総括質疑をお受けします。               〔「なし」との声あり〕 ○議長(中川廣美君) ないようですので、質疑を打ち切ります。  次に、認第6号につきましての総括質疑をお受けします。               〔「なし」との声あり〕 ○議長(中川廣美君) ないようですので、認第6号の質疑を打ち切ります。  次に、認第7号につきましての総括質疑をお受けします。               〔「なし」との声あり〕 ○議長(中川廣美君) ないようでございますので、認第7号の質疑を打ち切ります。  以上で、総務企画委員会に付託を予定しています理事者提出議案の総括質疑を打ち切ります。  ここで暫時休憩いたします。               午前11時42分 休憩               午後1時29分 再開 ○議長(中川廣美君) 休憩を解いて再開いたします。  続いて、福祉教育委員会に付託を予定してます議第39号につきましての総括質疑をお受けします。  中谷議員。 ◆3番(中谷一輝君) 済みません。この補正予算書の18ページお願いいたします。  ここで介護給付費準備基金積立金1億2,800万円ついてるんですけれども、これは去年の決算と足しまして、このままでしたら6億7,800万円になると思うんですけれども、この金額っていうのは僕は少し多過ぎるんじゃないかなとは思うんですけれども、その辺どう思われているんでしょうか。 ○議長(中川廣美君) 黒越部長。 ◎福祉健康部長(黒越頼雄君) 介護給付費準備基金の積立金ですけれども、将来、これから2025年問題とか高齢化が進展するという可能性がもちろんあります。それに備えて基金を積み立てていくという方針で進めております。  以上です。 ○議長(中川廣美君) 中谷議員。 ◆3番(中谷一輝君) それは将来どんどんもっとかかるっていうのはわかるんですけれども、あくまで保険料なんで、保険料というのは受益者とか負担の公平性とかというのには欠けるんじゃないんでしょうか。もっとこれだけ積み立てることができるんなら保険料もう少し安くできるとか、公平性を考えたら、今払ってる人のことも考えたらそういうふうに思うんですけれども、どうでしょうか。 ○議長(中川廣美君) 黒越部長。 ◎福祉健康部長(黒越頼雄君) 29年度決算ということであれば第6期が終わったところで、第7期が30年度から始まるということになります。30年度からの第2期につきましては、保険料を4,820円から4,800円という形で下げさせていただきます。これから、先ほども申し上げましたように介護保険、介護給付費っていうのは増大が予測されます。それを踏まえながら適正な介護保険料を設定しながら基金のほうも必要に応じて積み立てていく、余ったお金を積み立てていくという形で将来に備えるというところを考えているところであります。  以上です。 ○議長(中川廣美君) 中谷議員。 ◆3番(中谷一輝君) あくまで保険料っていうのは将来のために積み立てていくものでもないとは思うんですけれども、じゃあその基金積立金として適正な金額っていうのはいくらぐらいを考えておられるんでしょうか。 ○議長(中川廣美君) 黒越部長。 ◎福祉健康部長(黒越頼雄君) おっしゃっていただいてるように、将来に向かって積み立てていくというよりも、3年ごとの計画のなかでの余剰金とかを積み立てていくという形にはなっております。特に目標というのはないんですけれども、一つの目安として第7期計画のなかで思っていたのが、給付費が約40億円程度ということになりますので、その1割程度っていうのは確保しておきたいなということの第7期計画の計画づくりになっているということであります。  以上です。 ○議長(中川廣美君) ほかにございませんか。               〔「なし」との声あり〕 ○議長(中川廣美君) ないようでございますので、議第39号の質疑を打ち切ります。
     次に、議第45号につきましての総括質疑をお受けします。  河杉議員。 ◆15番(河杉博之君) 済みません。  指定管理者の指定ということで、学童保育所の指定管理者ということで前年からありまして、今回シダックスさんのほうに決定されるということなんですけれども。1点、細かいことはまた委員会のほうでもいろいろるる出てくると思うんですが、まず確認をさせていただきたいのは、31年4月から34年3月31日までと、11カ所の学童保育所をお願いするということでいいんですけれども。  2点、まず学童指導員の確保についてはどういう考え方があるのかが1つと、それからもう一つは、これで当初契約をされるんですけれども、3カ年の学童の増減、減というよりも増のほうの話ですよね。ほんで、特に6年生まで今やられてて、いろんな保護者の方からのご期待のなかで、ほんで今働き方改革があってお母さん方も出ていかなくては、出ていかなくてっていうか、外、社会に出ていただくような形で今推進をされてるなか、ほんでこの前段で保育所等々の無償化もこれからの話が出てくるなかで、こういうふうな形でお子さんたちを預けていくっていう形が大きくなっていくというのが予測されるんですけれども。そこの枠についての契約っていうのはどのように今お考えになられて今回契約されるのか、教えていただければと思うんですが。 ○議長(中川廣美君) 澤次長。 ◎教育部次長[こども課長事務取扱](澤和七君) まず、指導員の確保ということでございます。事業者からの提案理由のなかで、まずその学童に、全体の学童に配置する人数として総括支援員1名、主任支援員等21名、また支援員19名、補助員69名、加配補助員40名の総勢150人体制を構築するという提案でございました。また、夏休みとかそういった場合につきましては、この事業者は学校関係の、例えば図書室の管理とか給食とかの委託をしてると、そういったところが夏休み休業になるのでそちらから人員を配置するという提案でございました。  それと、次の入所児童が増加した場合の考え方でございますけども、今後、入所児童が増えて待機が発生するような事態になった場合ということかなと思うんですが、もちろんこれは指定管理であっても市が担っても待機児童の対策のほうは市のほうの責任だと思いますので、その場所の確保という部分については市が責任を持って賃貸をするなりそういったことで確保していきたいと思います。今後のその運営にあたりましては、現在の人数で指定管理のほうお願いするということになりますので、今後そういう増が出ました場合は新たにまた債務負担行為を上げさせていただいて、追加契約という形で残りの始めたところから今回の3年後の34年3月、終わりの終期を同じにして追加契約で説明させていただきたいと考えております。  以上です。 ○議長(中川廣美君) 河杉議員。 ◆15番(河杉博之君) 確認なんですけど、まず人員確保なんですけれども、正直なところ今、教育委員会さんが運営されてて非常にご苦労してますよね、実際人が集まらないということで。今の澤次長のご答弁ですと、要はシダックスさんが抱えておられる要員のなかからしっかり回しながらやっていくということで、今、市として学童指導員さんとしてやっていただいてる方をまず使っていただくなかで、足りずのところを入れていくというふうに考えてるというお答えをいただいてるというふうに理解してよろしいんですね。  それが1つと、もう一つは、ごめんなさい、今、追加契約とおっしゃられましたけれども、実際にフレキシブルな契約というか、要は増加になった場合の対応っていうのは追加契約でやりますよと。ただ、これ向こうが、いや無理ですって言った場合にはどういう形になるんですか。それはやりますよという契約をするのかっていうのが、ごめんなさい、聞きたかったんです、要は。要は、今、澤次長おっしゃられたみたいに、この今の契約で多分今のがちがちの人数でやると思うんでね。そんな今のかさ上げした人数でやるとは思えないので、だからその辺についてどういう形でやられてるのかっていうのを、向こうとの追加契約っていうのはこちらの思いであって、向こうとの契約を今回するときに、それは対応しますよという契約をするのかっていうのをお伺いしたかったので、もう一度お願いできますか。 ○議長(中川廣美君) 澤次長。 ◎教育部次長[こども課長事務取扱](澤和七君) 追加契約の可能性という部分については、今後協定を結ぶ際に、そのなかに入れさせていただきたいと思います。  以上でございます。 ○議長(中川廣美君) ほかにございませんか。  福岡議員。 ◆5番(福岡憲宏君) この指定管理の選定なんですけども、当然いくつかのなかの業者、法人から選ばれたと思うんですが、点数で当然判断されてるんですが、点数に出ていない部分に関して、この企業、法人の売りというかセールスポイントというのは何かあったんですか。 ○議長(中川廣美君) 澤次長。 ◎教育部次長[こども課長事務取扱](澤和七君) 済みません。  今回提案されたなかで、このシダックスさんが提案されたなかでは、まず保育時間の延長、これは土曜日と長期休暇の保育時間の延長。また、あと保育料の納付に関する利便性の向上ということで現在の口座振替を、市が実施している口座振替の金融機関プラス全国の都市銀行などそういった部分の拡張。それからコンビニ納付が可能になる。それから入退室のときに入退室システムを導入することによって、学童が学童保育所にカードをかざすことによって保護者さんに入退室の状況をメールで飛ばすとかそういったシステムを導入するということと、また研修体制が指導員の研修について充実した研修を行うというようなところが売りになるのかと思います。  以上でございます。 ○議長(中川廣美君) 福岡議員。 ◆5番(福岡憲宏君) わかりました。いい点はわかりました。じゃあ、逆に、点数をつけてはるわけじゃないですか、いろんな方が。その点数の結果、ほかと比べて低い部分ていうのは当然出てきてるんですけども、そういう部分ていうのはこの業者のほうに指摘、前もそういう話はしてましたけど、指摘とか、ちょっと低かったんで改善お願いしますとか、そういうアドバイスとかはされてるんですか。 ○議長(中川廣美君) 澤次長。 ◎教育部次長[こども課長事務取扱](澤和七君) 済みません。  今回の審査点数のなかでですけども、すべての項目で委員平均が採点基準の6割という部分で見ますと、6割普通という部分になるんですけども、これで見ますとすべてが上回る評定になっております。ただ、平均点が7割を切った6つの審査項目について申し上げますと、例えば関係法令及び業務内容を的確に理解しているかという部分、これについては候補者からの提案で、遵守すべき関係法令として市条例はもとより消防法やその他施設の管理等に関して必要な法令が上げられているので、実際の運用のなかでしっかりそのコンプライアンスが徹底されているか、これは市が確認していきたいと考えております。また、収支の積算は事業内容と整合性があるか、これは特に人件費についてサービスの水準を維持したうえで経費削減することができないか、協定を締結するまでに候補者と協議してまいりたいと思っております。  また、収入が支出を上回った場合の配分の考え方についてですが、人件費の支出等については、例えば台風の影響で学童保育所を閉所するなど予定を下回る人員の配置だった場合の取り扱いについて、これも協定を締結する前に候補者と協議を行って、そういった場合の経費の削減という部分に協議していきたいと思っております。また、施設整備の保守点検や修繕等の維持管理が適切に対処できる提案となっているか、こちらにつきましては日常的な目視点検や定期点検を実施し維持管理計画を作成する旨の提案がございますので、それを実施することができる人材が配置され実行されているのか市のほうでもモニタリングを行ってまいりたいと考えております。  また、個人情報の取り扱い等情報の管理体制が適正かどうかという部分につきましては、既にプライバシーマークを取得されております。定期的に自己監査を実施する旨の提案があるので、適切にそれが実行されているのか市のほうでも同じくモニタリングを行ってまいりたいと考えております。また、公正公平な施設利用について配慮されているかという部分についてでございますが、特に指定管理者による入所決定時において不許可であったり待機を出すような場合には、事前に市に相談をいただいて、状況を確認して平等に利用できることが確保されるように指導してまいりたいと考えております。  以上でございます。 ○議長(中川廣美君) 福岡議員。 ◆5番(福岡憲宏君) これ実際に今運用、運営していった場合に、今モニタリングと改善をどんどん提案していくということでしたけど、当然そういった場合に違反などが起こった場合、相手業者が何らかの違反をしたとかという場合っていうのはどういう対処をしていくんですか。 ○議長(中川廣美君) 澤次長。 ◎教育部次長[こども課長事務取扱](澤和七君) もちろんその状況によって、まずは指導ということになるかとは思うんですが、もしその状況がそぐわない、市としても納得のいかないというような部分になっては、指定管理の取り消しもやむを得ない状況になることもあるかもわかりません。  以上でございます。 ○議長(中川廣美君) 中村議員。 ◆10番(中村良路君) 今いろいろと説明されましたが、じゃあ実際これ概要とか書いてるなかで、これは今事業をやりましたよとか、やりますよとかというふうなことで概要というのは書かれておると思いますが、実際このシダックスっていう会社が今までされたなかでどれだけの成果をどのように上げたかっていうとこら辺っていうのはどこにも載ってこないんですが、それはそういうことも把握をしながら選定委員会にかけるんかどうかっていうところですね。とにかくそれ先に。 ○議長(中川廣美君) 澤次長。 ◎教育部次長[こども課長事務取扱](澤和七君) この提案書のなかには類似業務の実績というような提案をいただいたなかで、それを選定委員会のなかで提案していただいたなかでご判断いただいてるものでございます。  以上です。 ○議長(中川廣美君) 中村議員。 ◆10番(中村良路君) 実績とか成果とかというけど、実際あらわれてない。まさにこの辺が特徴的に成果としては出ましたよとか、これはすぐれてるよというふうなところっていうのはこの会社には全然見えてこないけども。ただこっちが提案した部分だけはしますよとかこういうことも、事業もしましたよだけの話で、そういったなかも含めて成果っていうのは当然あるべき、経験ある会社だったらですよ、あるはずなんですが、その辺はちゃんと示すべきじゃないですか。 ○議長(中川廣美君) 福森部長。 ◎教育部長(福森るり君) 成果ということでございますけれども、私ども提案を聞いて大変いい内容だなというふうに考えましたのは、全国、この会社は427クラスの実績のある企業でございます。そうしましたら、例えばですけれども、全国で子供たちとのかかわりのなかで遊びやイベントなど保育内容でいい提案をそれぞれの指導員から提出させまして、それを全国に発信するというそういう取り組みをされています。また、研修内容についても非常に現代の子供の課題に沿った内容になっておりまして、その研修内容も非常にいい内容でございましたので、私どもは十分信頼に足る企業であるという判断をさせていただいたところでございます。成果あるいは実績といったようなところも、評価に値する企業であったというふうに認識いたしております。  以上です。 ○議長(中川廣美君) 中村議員。 ◆10番(中村良路君) じゃあそしたら、そのなかで一番特徴的なこれがかなりすぐれてますよっていう成果っていうのはわかってますか。大体やれば実績、結果っていうのは当然伴うもんやから、そのどこらでやりましたよ、提案こうしましたよ、そんなん受けようと思うたらええふうには必ず言いますよ。だから、その成果としては、実際、本当にこれだけの今までは60点ぐらいあったんが90点ぐらいになりましたよというふうな特徴的な成果も含めまして、何かあるんだったら言うてください。そういうなのも当然、実績でやりましたよというて途中でやめたかもわからへんし、何もそのままやったんかもわからへんしっていうところでしょ。  その辺、選定するときかてこれだけの成果が上がりましたよで、今そういう実績、成果主義でしょ。成果が上がらんことにはあかんと思うんです。ただ単にやってもろうてる、いけたわでは意味をなさんと思うから、その辺何か特徴的な成果があるんだったらそういうの言うてください。 ○議長(中川廣美君) 暫時休憩します。               午後1時47分 休憩               午後1時47分 再開 ○議長(中川廣美君) 休憩を解いて再開します。  それでは、委員会ということで。  福森部長。 ◎教育部長(福森るり君) 委員会でまた詳しくご説明させていただきますけれども、この企業が現在427ということで新たに複数の市町村がこの会社と契約を結んでいるということが実績になるのではないかというふうに考えております。  委員会でまたご説明させていただきます。 ○議長(中川廣美君) 中谷議員。 ◆3番(中谷一輝君) この指定管理することにあたって、財政面で今回3年ですけれども、その後ずっと続けていくなら3年、6年、9年と財政面での効果っていうのはどれぐらいあるんでしょうか。 ○議長(中川廣美君) 澤次長。 ◎教育部次長[こども課長事務取扱](澤和七君) 平成32年度に会計年度任用職員の導入というか、の創設がされることに伴いまして、市のほうでそういった状況のなかの任期付の短時間勤務職員ということで試算して、それを現在のシダックスさんからいただいてる合計の費用と試算しますと、年間で約1,700万円ぐらいの効果が出ると見込んでおります。  以上でございます。 ○議長(中川廣美君) 中谷議員。 ◆3番(中谷一輝君) 年間で1,700万円というのは、今後、指定管理を続けていくのにあたってずっとそれぐらいの効果があるだろうっていうことでよろしいんでしょうか。現在雇用されてる人っていうのは今後どうなるのか、それと今働いておられる方への周知っていうのはどうなってるのか。少し聞いた話なんですけれども、指定管理になることすら知らない人もおられたんで、その辺の今後指定管理、今回このシダックスさんになるんならその辺働いておられる方への周知の仕方、方法、時期等も教えてください。 ○議長(中川廣美君) 澤次長。 ◎教育部次長[こども課長事務取扱](澤和七君) まず、1つ目のほうです。済みません。現在の指導員さんについては、今回、提案いただいてるなかで基本的に本人さんの意思を確認したうえで継続して採用させていただきたいということでご提案をいただいておりますので、その方向で進めたいと思っております。また、指導員さんの説明でございますけども、昨年度にその方向性ということで一度説明のほうをさせていただいております。今後は、今回この議案のほうを承認いただきましたら、10月に全体の指導員さんに向けての説明会を開催させていただきたいと考えております。  以上です。 ○議長(中川廣美君) 中谷議員。 ◆3番(中谷一輝君) 先ほど中村議員のほうからもいろいろ成果についての質問あったと思うんですけれども、全国で四百七十何カ所のやっておられるということで、じゃあそのほかの近くの学童保育に行って、その企業側からの意見だけじゃなく、働いてる職員、使用されてる保護者からのアンケートなり意見なりそういったことをされたんでしょうか。そこを聞かんことには、企業からの一方的な意見を聞いてるだけでは、働いてる人、使用されてる人からどう思ってるかっていうのはわからないと思いますんで。僕もホームページ等でいろいろ見てたらいろんな意見とかというのもあるんで、そういったことを実施されたのか、今後する予定があるのかどうかを聞かせてください。 ○議長(中川廣美君) 澤次長。 ◎教育部次長[こども課長事務取扱](澤和七君) 近隣では阪南市と、この4月から東大阪のほうでされてると思います。ただ、そこの学童を利用されてる保護者さんに私どもが出向いて話をお聞きしたということはございません。阪南市のほうにつきましては、一度寄せていただいて指定管理のほうどのような状況になっているかということはお聞きさせていただいた経緯はございます。それから、今後運用についてのことですけども、もちろん提案のなかにも保護者アンケート等は実施していくという提案もいただいてますので、その辺しっかり実施されるか確認してまいりたいと思います。  以上でございます。 ○議長(中川廣美君) ほかにないですか。  上田井議員。 ◆6番(上田井良二君) ことしに入って学童、待機が出たように思うんですよ。低学年の方が増えて、8月の夏休みだけ預かってほしいという方等もあって待機が出たんですけれども、今後こういうことがなくなるという考え方でいいんでしょうか。また、四百数十件、今実際にされてますけれども、そこで待機が出たことがあるんでしょうかないんでしょうか、そのあたりを教えてください。 ○議長(中川廣美君) 澤次長。 ◎教育部次長[こども課長事務取扱](澤和七君) そこそこで待機が四百何件でどうかということはわからないんですけども、一応待機児童解消するにあたって今回のシダックスさん、うちが一番悩んでる人の手配についてはシダックスさんの担当といえばあれなんですけども、シダックスさんにお願いすると。ただ、その保育をする場所、それが不足してるということになれば、そちらは市が責任を持ってその場所を確保していくということになると考えております。  以上です。 ○議長(中川廣美君) ほかに。  関議員。 ◆11番(関義秀君) 今回指定管理されるにあたって、11施設が管理されるわけなんですけども、これの連絡網といいますか、市のこども課のほうで一つ一つ全部いろんな形で連絡するのか、シダックスさんのほうで1人、常駐のそういう責任者がこども課のところに1人常駐して、その人が全部自分とこの請負した指定管理の方々に連絡網とるのか、その辺の連絡網、市が一つ一つとってたらこれまた大変なことと思いますんで、その辺のところはどうなってんのかお聞きします。 ○議長(中川廣美君) 澤次長。 ◎教育部次長[こども課長事務取扱](澤和七君) まず、これ受託ということになりましたら、香芝市内に事業所を構えるということおっしゃっております。そして、そちらに近畿支店より運営担当者を1名と、それから統括支援員1名を専任で置くと、ほんで各学童保育所には主任の支援員さんを選任するということになりますので、その流れで連絡等はしていくことになると考えております。  以上でございます。 ○議長(中川廣美君) 関議員。 ◆11番(関義秀君) 今2名、連絡というんか、統括される方を置くということなんですけども、それは香芝の庁舎内に置くのか、それとも民間の事務所を借りてされるのか。そして、その辺のホットラインというのはどういう形で始終連絡網とり合うてするのか、その辺もうちょっと詳しく各施設との連絡のとり方とか、もちろん市は知りませんというわけにはいきませんのでその辺もうちょっと詳しく、向こうとのやりとりのプレゼンテーションのときにはどういう話があったのかなかったのか、その辺についてもお聞きします。 ○議長(中川廣美君) 澤次長。 ◎教育部次長[こども課長事務取扱](澤和七君) まず、事業所のほうですけども、庁舎じゃなくて民間で場所を借りられるということになると思います。それから、その報告とかというのはどういった、何か仕組みという意味でしょうか、それとも電話、メール等で常時やりとりするような仕組みということでしょうか。 ○議長(中川廣美君) 関議員。 ◆11番(関義秀君) 市役所から、そして今統括されるところ、そして連絡網とか、いろいろ連絡網の組織図というのがありますわね。そういう形での組織、そして緊急の場合、そしてまたこちらから学童保育のほうに連絡せんならん形の連絡網というんか、その流れというんか、その辺についての組織図というんか、そういうこともちゃんとできておるのか今度つくるんか、その辺についてもうちょっと詳しくお願いします。 ○議長(中川廣美君) 澤次長。 ◎教育部次長[こども課長事務取扱](澤和七君) 連絡報告の組織図というものはある程度提案のなかで形にしたものをいただいております。ただ、それをさらにまたこれから協定するなかで詰めて、しっかりその辺が対応できるものであるか確認して整理したいと思っております。  以上でございます。 ○議長(中川廣美君) ほかにないですか。               〔「なし」との声あり〕 ○議長(中川廣美君) ないようですので、議第45号の質疑を打ち切ります。  次に、認第2号につきましての総括質疑をお受けします。  福岡議員。 ◆5番(福岡憲宏君) 歳入歳出決算における説明書の165ページにある分なんですが、このなかにマルチペイメントネットワークっていう、これPay−easyですよね。このPay−easyの結局実績というかどれぐらい、これことしからですよね。これ29年度からだと思うんですが、どんなもんの件数っていうかいけたん。その決済額というか件数というのはわかりますか。 ○議長(中川廣美君) 暫時休憩します。               午後1時58分 休憩
                  午後1時59分 再開 ○議長(中川廣美君) 休憩を解いて再開します。  平山次長。 ◎福祉健康部次長(平山訓徳君) 申しわけございません。  Pay−easyの件数でございますけれども、29年度10月から3月まででございますけれども、保険料収納課におきましては133件、あとそれ以外の課につきましては納税促進課で58件、こども課で35件、水道のほうで46件の実績がございます。  以上でございます。 ○議長(中川廣美君) 福岡議員。 ◆5番(福岡憲宏君) それはもともと予想されてた分ぐらいなんですかね、それとも結構上回ってるんですかね。先ほどの監査のなかでも収納率を上げる、収納方法を上げる方法をいろいろ検討していくべきだというふうな意見があったと思うんですが、これはそのうちの一つだと思うんですね。じゃあ、結局もともと29年度で予想されてたぐらいなのか、それ以上上回ったのか、もし少ないんであればもっと収納する方法をほかの方法も検討していかないとだめだと思いますんで、その辺はどうですか。 ○議長(中川廣美君) 平山次長。 ◎福祉健康部次長(平山訓徳君) 保険料収納課分につきましては、実際に何件目標っていうような数値は設定はしておりませんでしたけれども、想定しておりましたよりも件数については実績上がってると感じております。  以上でございます。 ○議長(中川廣美君) ほかにないですか。  中谷議員。 ◆3番(中谷一輝君) 平成30年度から県へ事業が単一化になるんですけれども、今基金が5億3,210万6,000円あるんですけれど、この基金はどうなるんでしょうか。 ○議長(中川廣美君) 平山次長。 ◎福祉健康部次長(平山訓徳君) 県単位化になりましても、基金につきましては県に吸い上げられるとかそういうことはありません。市のほうで基金のほうは利用していくことができます。  以上でございます。 ○議長(中川廣美君) 中谷議員。 ◆3番(中谷一輝君) この県単一化になることによって県議会とかでも2号調整交付金の公平性について議論はされてたと思うんですけれども、当初はこの2号調整交付金は公平性に欠ける部分があり、香芝市にとって不利なところがあったんですけれども、県議会の議論のなかで知事が、見直しし、公正、公平性を検討するっていうそういう答弁をされてました。それを受けて香芝市からも公平性をしっかり検討するようにっていう請願書の提出を提案させてもらったんですけれども。それらの請願書は出されていない、なぜ却下されたのかっていうのと、県からの納付金や2号調整交付金について県との協議っていうのはどのように今なってるのか教えてください。 ○議長(中川廣美君) 平山次長。 ◎福祉健康部次長(平山訓徳君) 議員お尋ねの分につきましては1人当たりの医療費水準の話かなと思ってございますけれども、もともと香芝市の医療費水準、1人当たりの医療費水準、低いような状況ではございましたけれども、今現状、直近の補正後の1人当たりの医療費水準につきましては県をちょっと上回っているような状況もございまして、そのあたりで他市ともいろいろ協議はさせていただいてたんですけれども、それに関して県にそれについてのお話なり要望っていう形の分はさせていただいてないのが実情でございます。  今後につきましては、平成32年度にまたこちらの改定、36年度に向けて一度改定があるというようなことを聞いてますので、それに向けてまた、まだスタート30年度、今年度からスタートしたばかりですので、何かいろいろ要望なりございましたら県と協議させていただきたいなと考えているようなところでございます。  以上でございます。 ○議長(中川廣美君) 中谷議員。 ◆3番(中谷一輝君) 医療費水準のことではなくて2号調整交付金のことなんですけれども、これは当初他市のほうで医療費が少し足らんから、一般財源のほうから繰り入れをしてた市もあるんですね。その市は今後県からの納付金を提示されたときにそこに住んでおられる方が、今まで一般財源のほうから補助してもらったような形になってましたんで、ちょっと多く払わなければいけない状態になる。だから、その負担額が急変するんで、この2号調整交付金を一般財源繰り入れをしてたところに多く交付しましょうっていう当初の考えやったんですね。それは、香芝市はそういうことをしてなくて、健全にやって黒字も出してきてしっかりやってきたときに、その調整交付金をそういったところに使われるのは公平性に欠けるんじゃないかっていう話やったんですけれども。  知事はまあそうですねと、じゃあもう一回見直して検討し直しますっていう話だったんで、香芝市としてもしっかりその辺を検討してくださいという請願書を出したらどうですかっていう提案やったんですね。それは結果却下されてたんですけれども、それがなぜ却下されたのかっていうのが質問やったんですね。県との納付金や2号調整交付金のその協議はどうなっているのかっていうのは調べて資料にして、今後、後日でもいいですからまた提出してもらえるようお願いします。 ○議長(中川廣美君) 平山次長。 ◎福祉健康部次長(平山訓徳君) 今の件につきましても、また所管で調整しまして検討させていただきたいと思います。 ○議長(中川廣美君) ほかにないですか。               〔「なし」との声あり〕 ○議長(中川廣美君) ないようでございますので、認第2号の質疑を打ち切ります。  次に、認第3号につきまして統括質疑を受けます。  中谷議員。 ◆3番(中谷一輝君) 認第3号の後期高齢者の医療会計の歳入歳出の決算なんですけれども、今後高齢化、香芝はそんなに急激にはならないような形にはなってますけれども、高齢化していくうえで今後どのような推移になるっていうのを10年、20年、30年ぐらいの幅でもいいですから予想されてるのかをお聞かせください。 ○議長(中川廣美君) 黒越部長。 ◎福祉健康部長(黒越頼雄君) 具体的に積算しているわけではないんですけれども、議員おっしゃってるとおり今後高齢化っていうのは香芝市のほうでもどんどん進んでいくというふうな理解はしております。それに伴いまして後期高齢者の医療制度、市の一般財源のほうで後期高齢者の医療給付負担金ていうのも医療費の12分の1という形で負担させていただいてますので、それも含めて市の財源というのは必要に多くなっていくんだろうなという想定はしております。  以上です。 ○議長(中川廣美君) 中谷議員。 ◆3番(中谷一輝君) いろんな対策を練るに対して、そのとき行き当たりばったりでいろいろなことをやってたって、そんなん追っつかないんで、最低でも10年、20年ていう、それがきっちり合うかどうかは別にして予想はしっかり立てていかないといけないと思いますんで、その辺もよろしくお願いいたします。 ○議長(中川廣美君) 黒越部長。 ◎福祉健康部長(黒越頼雄君) そういうふうなシミュレーションも、今後考えていきたいというふうに考えております。  以上です。 ○議長(中川廣美君) ほかにないですか。               〔「なし」との声あり〕 ○議長(中川廣美君) ほかにないようでございますので、認第3号の質疑を打ち切ります。  次に、認第4号につきましての統括質疑をお受けします。  福岡議員。 ◆5番(福岡憲宏君) またこの説明書の199ページのところに一般介護予防の事業費というものがあるんですが、これを見てると講師謝礼も一般介護予防事業委託料も不用額が非常に大きく出てるようなんですよ。昨年の決算額と比べましても減っている、この介護予防事業委託料は減ってるんですが、先ほど黒越部長の話からしたら、介護に対してこれからどんどんお金がかかってくるというのであれば、こういった介護予防に対してはしっかりとお金を使っていかなければならないんじゃないかというふうに思うんですよ。  この審査意見書も72ページ見てましたら、介護に関しては2,100万円の赤字が出てる状態なんですよね。これからどんどんお金がかかる、赤字が出てるんですけどお金をかけないようにするためにもこの予防事業っていうのは大変有益だと思うんですが、こんなに不用額が出てるのはなぜか教えていただけますか。 ○議長(中川廣美君) 暫時休憩します。               午後2時09分 休憩               午後2時12分 再開 ○議長(中川廣美君) 休憩を解いて再開します。  黒越部長。 ◎福祉健康部長(黒越頼雄君) 議員おっしゃってるように今後介護給付費というのは、先ほど申し上げましたようにどんどん伸びていくということは当然想定されます。介護予防にも力を入れていきたいということも確かであります。ご質問の一般介護予防事業の報償費の講師謝礼の不用額が多いのはなぜかというご質問でよかったでしょうか。  済みません。今手元に資料ございませんので、委員会で報告させていただくということでご理解いただきたいと思います。  以上です。 ○議長(中川廣美君) 福岡議員、今度委員会での答弁でよろしいですか。  福岡議員。 ◆5番(福岡憲宏君) じゃあ、その委員会で、なぜこんなに不用額が大きくなったのかという点と、昨年と比べてそもそも昨年が580万円ぐらいの決算額だったんですが、今回も予算では同じような金額がついてたはずなんですけど、500万円ぐらいついてたはずなんですが、結果こんなに減らしたということですよね。だから、効果がないというふうに見込んで減らしたのか、その辺をしっかりと詰めていただきたいというふうに思います。そして、効果がないのであれば効果のあるようなことを今度予算でしっかりと組んでやっていかなければならないという、あくまで決算なんで使ったお金、使えなかったお金に対して判断していくべきだというふうに思いますんで、その辺はしっかりと委員会のほうで詰めていただいたらと思います。 ○議長(中川廣美君) 黒越部長、それでよろしいですか。 ◎福祉健康部長(黒越頼雄君) はい。 ○議長(中川廣美君) ほかにございませんか。  中谷議員。 ◆3番(中谷一輝君) 認第4号、認第3号と同じような感じの質問になるんですけれども、今後10年、20年、どのような推移となる予想をされているんでしょうか。先ほどの答弁でも今後増えていくっていう答弁があったと思うんですけれども、じゃあどれぐらい増えていくのか、そういったことをちゃんと予想されてるのかどうかお聞かせください。 ○議長(中川廣美君) 黒越部長。 ◎福祉健康部長(黒越頼雄君) 介護保険については、介護保険事業計画を3年間のなかで計画させていただくということになっております。第7期が30年度からスタートしているわけなんですけれども、今すぐ手元に資料、すぐ言えませんけれども、そのなかで当然シミュレーションをして3年間のなかでの給付費の伸びっていうのは予測しておりますし、今後先ほども申し上げましたように、2025年団塊の世代が後期高齢者になっていくというところに向かって介護給付費っていうのは伸びていくということの想定はしております。  以上です。 ○議長(中川廣美君) 中谷議員。 ◆3番(中谷一輝君) じゃあ、予想っていうのは3年間しかしていないっていうことになるんですか。 ○議長(中川廣美君) 黒越部長。 ◎福祉健康部長(黒越頼雄君) 公式的には3年間ということになるんですけれども、手元でどのぐらい伸びていくかということの資料っていうのは随時シミュレーション等を行っているところであります。  以上です。 ○議長(中川廣美君) 中谷議員。 ◆3番(中谷一輝君) じゃあ、先ほどの基金とかは介護いろいろあるんですけれども、基金とかの積み立てていくうえで将来に向けてっていうのはその3年間じゃないと思うんですね。もっと長いスパンで見て多分積み立てていくことを考えておられると思うんですけれども、そういったことをただ単に3年間はシミュレーション、その後は大まか、大ざっぱであれば、この先その場その場で対応できなくなってくる可能性もあると思いますんで、そこら辺もっと長いスパンの予想、シミュレーションをお願いします。そうしないと今、福岡議員の質問であったように予防、どうしていったらいいか、やってる事業がじゃあいつのためのことなのか、この3年間だけの予防なのか、それとも10年、20年なのかがよくわかってこないんで、その辺のシミュレーション、長いスパンでのシミュレーションもよろしくお願いいたします。 ○議長(中川廣美君) 黒越部長。 ◎福祉健康部長(黒越頼雄君) それはおっしゃってるとおりかと思いますので、3年間の中期的な計画、介護保険事業計画をきっちりと進めながら将来にわたってのシミュレーションというのをやっていきたいというふうに考えております。  以上です。 ○議長(中川廣美君) ほかにございませんか。               〔「なし」との声あり〕 ○議長(中川廣美君) ほかにないようですので、認第4号の質疑を打ち切ります。  以上で、福祉教育委員会に付託を予定しています理事者提出議案の総括質疑を打ち切ります。  続いて、建設水道委員会に付託を予定しています議第40号につきましての総括質疑をお受けします。  中谷議員。 ◆3番(中谷一輝君) この補正予算書の22ページで、今回、先ほどの議案説明のほうでもちょっとあったんですけども、職員の異動があったとあるんですけれども、これなぜ9月の定例会になったのか、最近異動されたのか、もっと早い時期の定例会で提出できなかったのかっていうところをお聞かせください。 ○議長(中川廣美君) 葛木次長。 ◎上下水道部次長[工務課長事務取扱](葛木好昭君) 人事異動に伴いましての追加費用でございますが、当初予定されてました職員は再任用職員という形で予算を組んでおりました。しかしながら、突如29年度末で退職され30年度は空白という形になりましたので、人事異動によって正職員をあてがうような形になっております。当初予算では11月の支払いまではいけるような形の予算を組んでおりましたので、12月以降の賞与を含めた支払いができないことから今回の補正予算になった次第でございます。  以上でございます。 ○議長(中川廣美君) ほかにないですか。               〔「なし」との声あり〕 ○議長(中川廣美君) ほかにないようですので、議第40号の質疑を打ち切ります。  次に、議第42号につきましての総括質疑をお受けします。  筒井議員。 ◆4番(筒井寛君) 今回は、議第42号につきましては土地の取得の議案でありまして、提案されておるところが1カ所ということの5,268平米という話でありますが、この土地取得で30年度予定されていたものは順調に、計画としてされていたものにつきましては、30年度取得したいと思っていたものについてはすべて取得ができたのでしょうか。 ○議長(中川廣美君) 奥田部長。 ◎都市創造部長(奥田芳久君) 30年度の計画と照らし合わせますと計画どおりにはいっておりません。  以上でございます。 ○議長(中川廣美君) 筒井議員。 ◆4番(筒井寛君) 本会議の話の流れのなかでそのとこから質問をさせていただいたわけですが、もう一カ所あったように思っております。そこが取得できなかったがために7月中旬にPFI事業入札の公告ができなかった、突然中止されたということで計画、スポーツ公園内のプール事業については工程が随分と変わってきているということでありますが、それについて概略を説明してください。 ○議長(中川廣美君) 奥田部長。
    ◎都市創造部長(奥田芳久君) スポーツ公園プールにつきましては、今、筒井議員おっしゃられましたように、7月にPFIでプールの建設についての業者選定の入札を行う予定でございました。ただ、この案件にありますように、この案件の用地の問題あるいはそこに至る進入路また造成工事、このあたりも30年度の計画どおり進んでいかないということになりましたので、急遽予定の変更をさせていただいたということでございます。  以上でございます。 ○議長(中川廣美君) 筒井議員。 ◆4番(筒井寛君) 国のほうに要望した補助金がつかなかったということで、予定してた用地買収ができなかったことで全員協議会で説明もありましたけれども、現時点では2年間延びるというような、工程が計画のし直しということで事業が延びていってしまうのかなということで、決して市、もちろん担当部局を責める話ではなく、大変残念ながら楽しみにしておりました新しいプールが2年間、現時点では最低2年先延ばしになってしまうということでそのような状況であるわけでありますが。  私が今実はここで問題にしたいのは、これはこの議第42号議案がここで出てきて1件の取得という議案ではあるんですが、予定していた2件のうち1件ができなかったがためにプールの事業工程が2年間延びたということは、それはこの先今あるプールのほうをどうすると考えて、どのようにしていくのかということを考えて2年間延伸されたのかということを総括質疑で聞いておきたいということなんです。現在の今使用されております総合公園のほうにあるプールにつきましては老朽化が激しく、予定では32年の夏まで稼働し、33年の夏からは新しいプールが使用できるという予定ではあったものが、最低でも2年ということで、もしうまく補助金等がつかなければ、場合によってはそれ以上延びる可能性もなくはないというような心配な状況のなかで、今あるプールをどうしていくのかと。  予定どおり32年夏が終わったら閉めて、33年、34年はプールが市民の方、香芝市の市営のプールがない状況にするのか、それとも33年、34年も今のプールをいろいろ機械等をメンテナンスしながら使い続けるのか。となるとそこにはランニングコストとしてメンテナンスのためにかかる費用が物すごく大きなものになると。しかもそんだけのお金をかけて、35年にもし新しいプールができたらそれでそのプールは閉園になると。非常にこれは大きな問題というか、市としてしっかり考えなければいけない問題かなというふうに思うわけであります。  もちろん7月のPFI事業者の入札が突然中止されたことについては、諸事情により仕方がなかったということは十分理解はできるわけですが、当然その時点でじゃあ今のプールあるいは市民のプールっていうのをどうしていくのかっていうことは同時に考えられなかったのか。考えて、市長初めトップのみんなが集まって経営会議ていうところで、これからどうしていくのかっていうことは考えられなかったのかということが非常に重要なポイントであるかなというふうに私は思います。とにかく、33年、34年のことも具体的にはそうですが、今のプールをどうしていくのかということについては、今、市としてはどう考えておられるんでしょうか。 ○議長(中川廣美君) 福森部長。 ◎教育部長(福森るり君) 総合プールにつきましては、今年度、第3期目の指定管理期間が終了するということに伴いまして、新たに平成31年度から第4期目の指定管理者の指定、選定を行う準備を進めているところでございます。期間につきましては、先ほどご指摘いただいてますように本年度の予算策定時に平成31、32年度の2カ年として債務負担行為を決議いただいております。行政報告にもございましたけれども、プールの施設についてはいずれも30年を超える、老朽化が進んでいるという施設でございますので、どう安全性を確保するかというところが大きな課題というところでございます。  スポーツ公園の開園の延期ということでどう考えているのかという質問でございますけれども、市としてしっかりと考えなければいけない問題と今議員ご指摘いただきましたけれども、まさに慎重に検討する必要があると考えていると、これが現状に一番即した答えなのかなというふうに考えているところでございます。  以上です。 ○議長(中川廣美君) ほかにないですか。               〔「なし」との声あり〕 ○議長(中川廣美君) ほかにないようでございますので、議第42号の質疑を打ち切ります。  次に、議第43号につきましての総括質疑をお受けします。               〔「なし」との声あり〕 ○議長(中川廣美君) ないようでございますので、議第43号の質疑を打ち切ります。  次に、議第44号につきましての総括質疑をお受けします。  福岡議員。 ◆5番(福岡憲宏君) 余剰金についての話なんですが、その話をするにあたって水道事業の決算書の3ページを見ていただきたいんですが、ここに営業外収益というのが約2億1,700万円あるわけなんですが、毎年毎年この余剰金の上がってくるのを見てると、繰り越しの余剰金ていうのが大体いつも同じ額のように感じるわけなんですね。そして、今述べた金額と議会の議決による処分額というのがほぼ同額のように感じているわけなんです。これなんですけども、ほかの市とかで既に条例化されていて余剰金の処分についてを議会に上げずにそのまま条例で決まったようにしていくというのも一つの手だと思うんですが、そういったお考えっていうのはないんでしょうか。 ○議長(中川廣美君) 葛木次長。 ◎上下水道部次長[工務課長事務取扱](葛木好昭君) 今議員のご指摘のように、県内12市のなかでは、たしか3市が条例化されて処分を決めてるとこがあったと思います。記憶しております。このなかについて、当初、香芝市のほうでも条例化を検討したところでございますが、市民に対しての条例の処分のほうを明確にするのも一つの方法ではないかということでこの方法をとらせてもらっています。ただ、条例化にして恒常的に処分してくのも一つの方法ではないかということで、我々も今後どういうような形で進めていこうかというのは検討の余地がございます。また、下水道事業につきましても今年度より公営企業化になりましたので、上下水一緒の形で処分という形になりなすんで、それも踏まえたなかで検討させていただきたいと思います。  以上でございます。 ○議長(中川廣美君) ほかにないようですので、議第44号の質疑を打ち切ります。  次に、認第5号についての総括質疑をお受けします。  芦高議員。 ◆1番(芦高清友君) 認第5号のところなんですけども、まず全体を聞かせていただきたいなと思うんですけど、この下水道事業特別会計、この数字全部見てましても普及率を中心とした29年度の事業のその達成、その成果等、総評でお聞かせいただけたらと思いますけども。 ○議長(中川廣美君) 葛木次長。 ◎上下水道部次長[工務課長事務取扱](葛木好昭君) 下水道事業につきましては、29年度末で普及率は70.1%でございます。まだまだ経営的な安定ができると言われてる30%〔後刻:80%に訂正あり〕までほど遠いことから、それの数値に向けて進めてまいりたいと思っております。 ○議長(中川廣美君) 芦高議員。 ◆1番(芦高清友君) その普及促進ですね、啓発、30%じゃないですね、70.1なんで残りっていうことですね。 ○議長(中川廣美君) 葛木次長。 ◎上下水道部次長[工務課長事務取扱](葛木好昭君) 失礼します。  安定的な普及率は80%でございます。訂正させてもらいます。失礼します。それに向けて事業を拡大していきたいなという形で考えております。  以上でございます。 ○議長(中川廣美君) 芦高議員。 ◆1番(芦高清友君) その普及促進、啓発活動は引き続きされるということだと思うんですけども。これまだ30年度でいうたら会計制度変わって現金主義から発生主義になって資産と負債が把握しやすくなって事業の適正化、見える化になってくるにあたって、事業を適正化するっていうたら収支を上げていくということだと思うんですけど。それが普及率の拡大に関係がないか、その方針に影響がするのかしないのかというところをお聞かせください。今後、方針としてだけです、結果としてではなく。 ○議長(中川廣美君) 吉村部長。 ◎上下水道部長(吉村文一君) 当然、普及率が上がりましたらそれだけの収益が上がるわけですが、その収益と、資産というかお金を持って今現在おりませんので、下水道については、全部起債をまいていくわけです。その償還とそれと下水道料金で独立採算制を踏まえてそれをうまくバランスをとれた状態で推移するのが好ましい状態でありますので、企業といたしましては収益が上がるとこ、すなわち人口密集してるとこが先行して、優先してやるべきところなのかなというのは考えてます。おおむね7年の間に80%台を目指して環境の整備を進めている状況ではございます。 ○議長(中川廣美君) 芦高議員。 ◆1番(芦高清友君) その残りの普及するエリアというのが、密集地というよりも土地が買うてあったりだとか、人口が減になっていくところであったりだとかっていう可能性のほうが高いわけですよね。既に80%の安定率を目指して70%が普及されているのですから。  だから、そう考えると、必要としているところは非効率的なところになってくると思うんですね、全体で見ると。そういった関係性も考えられるので、今の普及率を広げていってほしい、下水を延ばしてほしいと。でもその延ばしたところに人が少なければ水洗に変えられない、例えばお一人のご老人の方であるだとかすると水洗に変えられなかったりつなげられなかったりしたり、香芝市以外での人口減少のある場所はどちらかというと普及率をとめて、一旦会計制度が変わって固定資産台帳ではっきりと適正化を長く見ていくんだという方向性になりますから、香芝においてはそうならないようにできるだけ普及率上げてほしいと、そういう願いを持って今後も運営していただきたいなというふうに思います。意見です。 ○議長(中川廣美君) 答弁は要りますか。  吉村部長。 ◎上下水道部長(吉村文一君) 平成27年度で香芝市の汚水処理構想を立てました。市内全域を下水道化するっていうのが今現在の状況でございます。鋭意100%を目指して、目標としては平成でいいますと47年度を100%目標に今現在推進しているところでございます。 ○議長(中川廣美君) ほかにないですか。  福岡議員。 ◆5番(福岡憲宏君) また、決算書の212ページを見てて思ったことなんですが、一般会計のほうは予算書とこの決算書の文言がよく似てるというか、内容的に合っててどの予算がどの決算に使われたっていうのが非常にわかりやすくなってるんですが、特別会計の場合、例えば212ページの委託料のとこの公共下水道工事に伴う設計委託料というのが3,700万円、決算額で出てるんですが、これは予算書にこういった文言はないんですよ。多分予想からしたらこれかなという測量設計委託料というのがあるわけなんですが、予想からしたらこれだということはわかるんですが、全部照らし合わせていくとどれがどれなのかわからないという事業が結構あるんですよ。だから、一般会計のほうは結構合わせてくださってるんで、予算書と、こちらに対してはまだそんなに合ってないっていう不満があるんですが、今後それは直していただけるんですかね。 ○議長(中川廣美君) 葛木次長。 ◎上下水道部次長[工務課長事務取扱](葛木好昭君) 確かに、今ご指摘のように予算と決算のなかの文言の違いというのはございまして、対比できないというものはございます。ただ、決算のなかについては実際に使ったものをより詳しく表記するという形を進めておりましたが、今議員のご指摘のように予算書の対比ができないということですので、30年度からは公営企業会計を採用してることから、そのことを肝に銘じまして予算対比できるような形の決算書づくりに励んでまいりたいと思います。  以上でございます。 ○議長(中川廣美君) 福岡議員。 ◆5番(福岡憲宏君) もちろん限界があると思いますんでできる限りで構いませんが、じゃあ今の部分でいうと測量の設計委託料ていうのがもともと5,000万円ついてたんですが、ここからすると3,700万円と1,300万円ぐらいダウンしてるのかなというふうに感じるんですけども、もともと普及率というのが68.5%から今70.1%とちょっと増えてるんですけども、この設計委託料を減らしたことによって、普及すると普及率を上げると言いながら実は思ってるよりもダウンしてしまうんじゃないかなっていうふうに思うんですが、その辺はどうですか。 ○議長(中川廣美君) 吉村部長。 ◎上下水道部長(吉村文一君) この測量設計につきましては、設計後二、三年後に実施っていうことになりますので設計をすればそれだけ上がるっていうわけでもありませんし、国庫がついたものを設計するという国庫のつき次第っていうケースもございますので、若干執行率については落ちている状況です。  以上です。 ○議長(中川廣美君) 福岡議員。 ◆5番(福岡憲宏君) これに関しては、ほかの予算の場合は思ったよりも安くできたっていうふうな感じでイメージがあって、ああよかったなというイメージがあるんですが、これに関しては予算よりも少なかったイコール進行が遅くなったんじゃないかっていうふうに思ってしまうわけなんですよ、単純な話なんですが。パソコン1台買うのに10万円が9万円でしたと、1万円安く買えましたっていうのとはわけが違うんで、その辺のところはしっかりと考えていただきたいなというふうに思います。 ○議長(中川廣美君) 吉村部長。 ◎上下水道部長(吉村文一君) 国庫補助等含めて単費も一緒に入れたなかで普及率の向上に努めてまいりたいと考えております。 ○議長(中川廣美君) ほかにないですか。  中村議員。 ◆10番(中村良路君) 普及率も含めまして、現在、下水道管が通ってるなかでまだ未接続っていうのはおおよそ何件ていうことないけど、何%ぐらいの方が接続しなければならないのに接続されてないんかっていうとこら辺は、どのような数字になっておるんでしょうか。 ○議長(中川廣美君) 吉村部長。 ◎上下水道部長(吉村文一君) 29年度末の水洗化人口でございますが、今のところ91.7%でございます。この水洗化率っていうのは、先ほど議員がおっしゃられたとおりつなげるところでもつないでないという状況ですので、ここを埋めないと収益率が上がらないという結果になります。鋭意、今年度から普及啓発員を臨時雇用いたしまして、その啓発に努めている状況でございます。 ○議長(中川廣美君) 中村議員。 ◆10番(中村良路君) そのように努めていただけたらと思いますが、ただ接続、下水管がひかれて最低3年間の間にはつなぎなさいよというのがあるのかな、何かそういうふうな決まりがあるなかで接続されてないっていう方もかなりおられると思いますが、その辺の3年も過ぎてつないでおられない方っていうのは、おおよそ何件ぐらいそのように把握されておるんですか。何%ぐらい、おおよそで結構です。 ○議長(中川廣美君) 吉村部長。 ◎上下水道部長(吉村文一君) 今手元にないですけども、水洗化率が91.7ですのでその100から引くと残りのパーセントということになります。 ○議長(中川廣美君) 中村議員。 ◆10番(中村良路君) これって、3年過ぎてからまだひいてない人のことを僕は言ってるんです。それあわせて言うていただいてもいいけど、もう質疑3回になるよってに、今3回目になるよって、じゃあ先ほど言われたように臨時職員も雇いながら普及に努めるというふうなことを言われましたが、実際、お金なかったらひくにひけないっていう事情があるんじゃないですか。その分に関しては、それに対する補助金とかいろいろ貸し付けとかというふうなお金もあるけど、そんなんも全然借りるつもりもないし、そういうのないねんていう方に対しては、普及を進めたり普及率を上げるためには、どのようにその方については説明していくんですか。何かそういうマニュアルとかというふうなもんも当然かちっとつくっていかなあかんし、それが普及率の向上につながる一つだと思いますけども、その辺はどうでしょう。 ○議長(中川廣美君) 吉村部長。 ◎上下水道部長(吉村文一君) 当然、長い間つないでないところもございますし、そういう浄化槽が耐用年数が過ぎたからされるとか、建てかえのときにされるっていうのがタイミングかなと思われます。ただ、うちの普及につきましては、当然、浄化槽から放流されるわけですから周りの環境も考えていただくっていう普及もさせていただいたなかで、できるだけつなぐような手だてをしてる。  普及して1件ずつ行ってポスティングなり、直接お会いして話をするっていうのが一番効果 的なんかなと考えています。 ○議長(中川廣美君) ほかにないですか。               〔「なし」との声あり〕 ○議長(中川廣美君) ないようでございますので、認第5号の質疑を打ち切ります。  次に、認第8号につきまして総括質疑をお受けします。  福岡議員。 ◆5番(福岡憲宏君) この水道の決算書の9ページのうえの表を見てると、有収率というのが非常にいいわけなんですよね。多分奈良県内でほぼトップクラスと、先ほどの説明書から見てたら生駒市さんに次いで2位という非常に優秀な有収率なんですけども、そうすると計算してると無収水量というのが昨年度と比べて大幅に減ってるんですけど、何か対策とかそんなんはしたっていうことなんですか。 ○議長(中川廣美君) 葛木次長。 ◎上下水道部次長[工務課長事務取扱](葛木好昭君) 今ご指摘のように、総配水量が昨年度と比べますと随分改善されております。この主な理由につきましては、一般的には天候の暑い、寒いという形と無効水量といわれる漏水水量、これが寄与していることが大きくなるんですが、28年度はご承知のように大口径管の漏水事故がありましたのでその大口径管の漏水の遺失水量、いわゆる漏水、その分と500トンタンクの配水管の漏水という形の結構大きな漏水がございましたので、その補修が終わったことから配水量が前年度より下回ったことです。  29年度の配水量につきましては、ほとんど27年度以前の配水量と変わりませんので、通常の状態に戻ったかなという形です。なお、有収水量につきましては、ほぼ天候に左右されることが多く、漏水とはほとんど関係のない話になりますんで、天候が暑くなって水量を使われるとちょっと上がってくる、寒くなるとその分水量が抑えられるということになりますが、特に28年度と29年度比べまして約2万3,000トン増えております。このなかで、私どものなかでもいろいろ精査したなかで、香芝生喜病院が29年度から本格運用されております。この香芝生喜病院の有収水量が約2万3,000トンとなっておりますので、これが主に寄与されてるのかなという形です。  以上でございます。 ○議長(中川廣美君) 福岡議員。 ◆5番(福岡憲宏君) わかりました。じゃあ、毎年というか例年であればこの無収水量自体は大体35万2,000立方ぐらいというふうなことなんですね。あと、この財務の表を見させていただいてたら財務に関する割合っていうのはいっぱい出てきてるんですけども、それ以外にほかに有形固定資産減価償却率であったり管路経年率、管路更新率っていうものが老朽化に対する指標として出てるみたいなんですが、これはここには出てないけどもそちらではお持ちとそういうことですかね。 ○議長(中川廣美君) 葛木次長。 ◎上下水道部次長[工務課長事務取扱](葛木好昭君) いろいろな指標が出ておりますが、一般的に老朽管といわれるのは、私どもで把握してるのは耐用年数が40年となっております。40年を経過する配水管を一般的に老朽管という形で認識しております。この距離が約7万1,861メートルです。率にして全体の配水管の約19%を占めることから、耐震管率を高めながらこの老朽管を耐震管に入れかえて更新していく、漏水を進まなくしていくような形の施策になると思います。  以上でございます。 ○議長(中川廣美君) ほかにございませんか。  中村議員。 ◆10番(中村良路君) 前々からも僕がよく言わせていただいてますが、給水原価が今175円ですか、29年度、販売単価が189円ですが、実際は赤字で売っておられるというのは前から言っていますが、これ県が全体的な県営水道に変われば、県全体ですよ、変われば知事が少しは安くなるっていうふうなことを言われておりますが、そういった状況っていうのは、前かて資料は見せていただいてますが、県下的な状況についてはどのような状況になっておるんか教えていただけますか。 ○議長(中川廣美君) 葛木次長。 ◎上下水道部次長[工務課長事務取扱](葛木好昭君) 今ご指摘のように、以前からは県営水道の普及率が高まることによって給水、県の供給単価が下がりますので、必然的に香芝市の給水原価のもとの県の購入料は下がってきます。ということから、将来的にはいくらか値段を下げられるかなという想定をしておりました。しかしながら、今年度より県の県域統一化という形で水道を一本化するという話がございます。このなかで、どのような形で資産を構成するかというのはまだ不特定なことがありまして、確定ではございませんが、県水の依存が高まることによって、一瞬というか若干県水の単価が下がる可能性はあると。  ただし、県全体での資産価値を構成することになりますので、逆に将来的には上がっていく可能性もあると。そのなかで不要な資産を構築物とかを兼ねたなかで償却していって、必要なものだけを更新していくという形に資産構成していくなかで料金を考えていきたいということですので、なかなか今現在で料金が下がるか上がるかっていうのは判断が難しいところでございます。ただ、ご指摘のように現在損失を出して運営してることから、この県の統一化の話が長引けば香芝市としても何かの形で水道料金の改正のもとに着手していかなければならないなというのは感じているところでございます。  以上でございます。 ○議長(中川廣美君) 中村議員。 ◆10番(中村良路君) 大体そうですね。まだまだ今開発で家が建ってるから、給水分担金ていうのがあるからその分で赤字は賄っていけるというところなんですが、それいずれは逆転現象、絶対マイナスには、赤字にはなるっていうのは見込みなんですが、大体どの辺で赤字になる。何年ぐらいになったら赤字になるという予測ですよね、そんなんは思うておられるんかその辺どうでしょうか。それを見越しながら計画をいろいろ立てておられると思いますが、含めて何年ぐらいでそのようになるだろうというふうな試算をされておられるんか、お聞かせいただきたいと思います。 ○議長(中川廣美君) 葛木次長。
    ◎上下水道部次長[工務課長事務取扱](葛木好昭君) 見通しというのはなかなか難しいところがありますが、31年度に経営戦略を立てて大まかな将来的なビジョンを作成していく予定でございます。そのときに先ほど言いました県域水道の一体化の部分を、今現在うちで持っている施設を有効利用してもらえるかによって更新費用も変わってきますので、その辺は注視しながら料金設定のことも考えていきたいと思います。  以上でございます。 ○議長(中川廣美君) 中村議員。 ◆10番(中村良路君) わかりました。予測も当然立てられにくいかなと思いますが、どうせ赤字、当然赤字に陥るよりましかなと思いますし、僕が思うにはこの県のなかでいろんな会議があるなかで水利権という問題があって、和歌山に関して水利権というのをお持ちだっていうことだと思うんで、そういった水を売られる立場としてそういった協議というのはなかなかできにくいものか、どうでしょうかね、それ。その水利権について少しそこで単価的に水道の水を安く分けていただけるっていう話っていうのはできないものかどうかっていうところなんですが、どうです。わかりにくいかな。わかる範囲で結構ですので。 ○議長(中川廣美君) 葛木次長。 ◎上下水道部次長[工務課長事務取扱](葛木好昭君) ご指摘の水利権の問題もございますが、香芝市の60%ぐらいの料金は県営水道の単価でございます。その県営水道の構築費用がここにかかってきますので、当初は高度成長期を目指したなかでの人口推移のなかで施設を建設されておりますので、それの償却資産がうちのほうの原価に付加されてる状態でございます。今、水利権の形につきましては、大滝ダムができましてから水道専用の権利も発生しますので、逆に水余り現象という形になっております。有効に使われておらないところから、県水としても依存量を高めながら有効に使えるような形という施策を進められてるところでございます。それとともに、県域水道の一体化に伴いまして料金を下げるような努力についても、先ほど言いました要らない施設を処分していくことで各事業体の運営を軽くしましょうという形の施策をとっているところでございますので、それを加味したなかでのことになりますので、県営水道のビジョンがなかなか決まりませんので、その経営の費用を見たなかで香芝市とも連動したなかで考えていきたいと思います。  以上でございます。 ○議長(中川廣美君) ほかにないですか。               〔「なし」との声あり〕 ○議長(中川廣美君) ないようですので、認第8号の質疑を打ち切ります。  以上で、建設水道委員会に付託を予定しています理事者提出議案の総括質疑を打ち切ります。  暫時休憩いたします。               午後2時52分 休憩               午後3時10分 再開 ○議長(中川廣美君) 休憩を解いて再開いたします。  次に、決算特別委員会に付託を予定しています認第1号につきましての総括質疑をお受けします。               〔「なし」との声あり〕 ○議長(中川廣美君) ないようでございますので、認第1号の総括質疑を打ち切ります。               〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 △日程12 理事者提出議案委員会付託 ○議長(中川廣美君) 日程に従いまして、理事者提出議案の委員会付託を行います。  議第38号、議第41号、認第6号、認第7号については総務企画委員会に、議第39号、議第45号、認第2号から認第4号については福祉教育委員会に、議第40号、議第42号から議第44号、認第5号、認第8号については建設水道委員会に、また認第1号については決算特別委員会に付託することにご異議ございませんか。               〔「異議なし」との声あり〕 ○議長(中川廣美君) ご異議ないようでございますので、それぞれの委員会に付託することに決します。               〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 △日程13 意見書第4号 水道施設の戦略的な老朽化対策を求める意見書(案) ○議長(中川廣美君) 日程に従いまして、意見書第4号を議題といたします。  提出者から提案理由説明を求めます。  河杉議員。 ◆15番(河杉博之君) 議長のお許しをいただきましたので、意見書第4号についてご説明申し上げます。本文の朗読によりまして説明とかえさせていただきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いを申し上げます。  水道施設の戦略的な老朽化対策を求める意見書(案)。  日本の水道は97.9%の普及率を達成し、これまでの水道の拡張整備を前提とした時代から既存の水道基盤を確固たるものにしていくことが求められる時代に変化してきた。しかし、現在の水道を取り巻く状況は、高度経済成長期に整備された施設の老朽化や耐震化のおくれなど大きな課題に直面している。現に、6月に発生した大阪北部地震や西日本を中心とした7月豪雨を初め、昨今の自然災害による水道被害は全国で頻発している状況にある。そこで、政府におかれては、地方公共団体等とこれまで以上に連携を深めながら、国民の命を守るインフラである水道の戦略的な基盤強化に取り組むため、下記の事項に取り組むことを強く求める。  記。  1、老朽化対策や耐震化対策を初め、国民の命を守るインフラ設備である水道施設の更新、維持管理に全力を挙げるとともに、その国庫補助所要額の確保を行うこと。  2、将来にわたり安全な水の安定供給を維持していくため、水道施設の管理者である地方公共団体等とこれまで以上に連携を深めながら広域連携の推進や適切な資産管理の推進、さらには官民連携の推進等具体的な措置を講ずることにより水道の戦略的な基盤強化に取り組むこと。  以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出するということでございます。  大変、今水道の問題、全国でも言われておりますけれども、また奈良におきましても県単一化とか、またこれから先老朽化が進むなかでの財政、また工事そのものの確保をしていく、そのような願いの意見書でございますので、議員各位のご賛同をよろしくお願いを申し上げます。 ○議長(中川廣美君) ただいまの説明に対しまして、質疑をお受けします。               〔「なし」との声あり〕 ○議長(中川廣美君) 質疑がないようですので、質疑を打ち切ります。  お諮りします。  本案件につきましては、建設水道委員会に付託したいと思いますが、ご異議ございませんか。               〔「異議なし」との声あり〕 ○議長(中川廣美君) ご異議がないようですので、本案件については建設水道委員会に付託いたします。               〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 △日程14 決議第1号 市内普通教室・保育室・遊戯室へのエアコンの設置を求める決議(案) ○議長(中川廣美君) 日程に従いまして、決議第1号を議題といたします。  提出者より提案理由説明を求めます。  福岡議員。 ◆5番(福岡憲宏君) 決議第1号に関して、議長のお許しをいただいたので発言させていただきます。  決議第1号に関しては、健康管理、命にかかわる観点からのエアコン設置を求める内容になっております。過半数の署名はいただいておりますので、内容はご一読いただき、別の観点からも説明させていただきます。  先日、NBER、全米経済研究所で暑さが子供の学習成果に与える影響を分析した研究結果が発表されました。試験日に天候が悪いとテスト結果が悪くなるという分析は今まであったんですが、これは試験日当日ではなく、年間を通して平均気温が高かったり、猛暑日がたくさんあると子供の学習成果が低下するというのを分析しています。年間の平均気温が1度暑くなると子供の学力が偏差換算で0.045落ちるそうです。16歳の時点で偏差値が1違うと生涯所得で100万円弱違ってくるというデータがあるそうです。これをもとに計算すると、平均気温が1度上がると学力低下による生産性の低下で個人の生涯所得が約4万2,000円下がってしまうそうです。例えば、35人学級をエアコンで5度冷やしたとすると、5度掛ける4万2,000円掛ける35人、1クラスにつき700万円以上の価値があるということも言えます。つまり、全然ペイできる教育投資だということがおわかりになるかと思います。  健康管理、命にかかわる観点は当然のこととして、今はいかに快適な学習環境を子供たちに提供できるかを考えていく時代だと思います。  以上のことから、市におかれましては、新聞報道で市長がコメントされていますように、また午前中、健全化比率のときに河杉議員から指摘があったように、ほかの市民サービスが低下することのないよう早期に計画をしていただくことを求め提案理由説明とさせていただきます。議員皆様のご賛同をよろしくお願いいたします。 ○議長(中川廣美君) ただいまの報告に対しまして、質疑をお受けします。  北川議員。 ◆16番(北川重信君) 私も賛成者の一人としての発言をさせてもらいます。  今、提出者のほうからもいろいろありましたが、私はこの学校へのエアコンの設置について我々多数の議員また先週新聞等にあったとおり来年の夏を目指して設置していくものとの思いであります。そこで、何よりも子供たちの命を守ることを第一として、安全、集中して学習できる環境設備をよろしくお願いします。改めてとなりますが、この場で市長のこの決意をお聞かせください。よろしくお願いします。 ○議長(中川廣美君) 吉田市長。 ◎市長(吉田弘明君) 福岡議員並びに北川議員のほうからクーラー設置のご意見をいただきました。冒頭のあいさつでも申しましたように、私を含め理事者側として、クーラーを夏に設置するのではなく夏までに設置をするという意思を持っているということをまず申し上げておきたいです。文科省にお願いをし、陳情も行ってまいりましたので、これが届いて、この秋の補正において予算が立てられ、そして年内に再度建設施工の予算計上ができることを切に願っています。  一方、憂慮することはあって、もしもそれがかなわない場合は予算、国の補助、予算というのは内示をいただかなければできないわけです。昨今の文科省の内示率というのは非常に下がっている。現在、今回予算を立てさせていただいたトイレの洋式化についても、いまだ内示をいただいていません。文科省は当初予算ではなく補正でつくり上げるような形が間々見られるわけですから、嫌な予感ですが、仮にもしそういうことがあるようなことがあれば、総額8億円に上るものがすべて真水になります。真水を突っ込んで市民生活に影響を及ぼさないでおられるかというと、それはなかなか言及できない、そのように思います。  ただ、そういったことは今述べることではなくて、今現在やれることは一応すべてやってきたつもりでございますので、この結果をしっかりと見ながら、また柔軟な判断をするときには議員の皆様にもご意見を諮って取り組んでまいりたいと思います。まずは、今この場で申し上げられるのは、最善を尽くして市民の負託に応えたい、皆さんのご意見も踏まえて取り組んでいきたいという決意であるということだけこの場ではっきりと述べさせていただきたいと思います。精いっぱい頑張っていきます。  以上です。 ○議長(中川廣美君) ほかにはないですか。               〔「なし」との声あり〕 ○議長(中川廣美君) ないようですので、質疑を打ち切ります。  ここでお諮りいたします。  決議第1号は、香芝市議会会議規則第38条3項の規定により委員会付託を省略したいと思いますが、ご異議ございませんか。               〔「異議なし」との声あり〕 ○議長(中川廣美君) ご異議がないようでございますので、決議第1号は委員会付託を省略いたします。  それでは、決議第1号の採決をいたします。  本案件は、原案どおり決することにご異議ございませんか。               〔「異議なし」との声あり〕 ○議長(中川廣美君) ご異議がないようでございますので、決議第1号は原案を可決することに決定いたしました。  以上で、本日の日程は全部終了いたしました。  なお、5日は総務企画委員会、6日は福祉教育委員会、7日は建設水道委員会、11日から13日の3日間は決算特別委員会の日程となっております。所属委員の皆さん方には、各委員会の付託議案について慎重審査をよろしくお願い申し上げます。  また、18日と19日の両日は一般質問の日程となっておりますので、議員諸公の格段のご協力をお願いいたします。  それと、台風21号の対応について教育部から報告がありますので報告を受けます。  福森部長。 ◎教育部長(福森るり君) 失礼いたします。貴重なお時間をいただきありがとうございます。  非常に強い台風21号が接近いたしておりまして、進路予測からも、あす4日につきましては子供たちの登下校の安全確保が難しいというふうに判断いたしました。したがいまして、明日4日につきましては、香芝市立の幼稚園、そしてこども園の1号認定子供、小・中学校については休校の措置をとらせていただきました。また、学童保育につきましても休所とさせていただいております。なお、保育所、それからこども園の2号認定子供については、7時現在で警報が出ていなければ受け入れをいたしますけれども、交通機関の混乱も予測されることから、可能な限りの家庭保育のご協力をいただきたいというふうに考えております。  以上、報告させていただきます。ありがとうございました。 ○議長(中川廣美君) 本日は、これにて散会いたします。                                  閉議 午後3時23分