桜井市議会 > 2019-06-28 >
令和元年第2回定例会(第4号) 名簿 開催日:2019年06月28日
令和元年第2回定例会(第4号) 本文 開催日:2019年06月28日

ツイート シェア
  1. 桜井市議会 2019-06-28
    令和元年第2回定例会(第4号) 本文 開催日:2019年06月28日


    取得元: 桜井市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-10-17
    2019年06月28日:令和元年第2回定例会(第4号) 本文 ▼最初のヒット発言へ(全 0 ヒット) ◯議長(藤井孝博君) ただいまより本日の会議を開きます。  日程第1、報第6号、専決処分の報告、承認を求めることについてを議題といたします。  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。───これをもって質疑を終結いたします。  お諮りいたします。ただいま議題となっている本案については、この際、委員会の付託を省略し、討論を終結して、直ちに採決に入りたいと思います。これにご異議ありませんか。    (「異議なし」と呼ぶ者あり)  ご異議なしと認めます。よってさよう決しました。  これより報第6号について採決いたします。  お諮りいたします。ただいま議題となっている報第6号について、原案どおり承認することにご異議ありませんか。    (「異議なし」と呼ぶ者あり)  ご異議なしと認めます。よって報第6号は、原案どおり承認することに決しました。 ───────────────────────────────────────  日程第2、報第7号、専決処分の報告、承認を求めることについてを議題といたします。  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。───これをもって質疑を終結いたします。  お諮りいたします。ただいま議題となっている本案については、この際、委員会の付託を省略し、討論を終結して、直ちに採決に入りたいと思います。これにご異議ありませんか。    (「異議なし」と呼ぶ者あり)  ご異議なしと認めます。よってさよう決しました。  これより報第7号について採決いたします。  お諮りいたします。ただいま議題となっている報第7号について、原案どおり承認することにご異議ありませんか。    (「異議なし」と呼ぶ者あり)  ご異議なしと認めます。よって報第7号は、原案どおり承認することに決しました。
    ───────────────────────────────────────  日程第3、報第8号、平成30年度桜井市継続費繰越計算書の報告についてを議題といたします。  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。───これをもって質疑を終結いたします。  本件は、地方自治法施行令第145条第1項の規定に基づく報告であります。よってご承知おき願います。 ───────────────────────────────────────  日程第4、報第9号、平成30年度桜井市繰越明許費繰越計算書の報告についてを議題といたします。  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。───これをもって質疑を終結いたします。  本件は、地方自治法施行令第146条第2項の規定に基づく報告であります。よってご承知おき願います。 ───────────────────────────────────────  日程第5、報第10号、平成30年度桜井市水道事業会計予算繰越計算書の報告についてを議題といたします。  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。───これをもって質疑を終結いたします。  本件は、地方公営企業法第26条第3項の規定に基づく報告であります。よってご承知おき願います。 ───────────────────────────────────────  日程第6、報第11号、桜井市清掃公社、桜井市医療センター及び桜井市文化財協会の経営状況を説明する書類の提出についてを議題といたします。  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。 ◯7番(工藤将之君) 桜井市医療センターの経営状況について、決算についてお伺いをいたします。  2点お伺いをいたします。  まず1点目は、医療センターの平成30年度決算の2ページに書いてあります理事会、評議会において、給与規程の一部改正というのが行われておるんですけれども、これがどのような内容かをまずお伺いいたします。  もう1点は、今回の決算も非常に厳しい状況であって、そしてまた、予算も新しく事業が拡大するというようなことが見えてこない予算組みをしているんですけれども、今後についてどのようにお考えなのかをお伺いいたします。  以上、2点お願いいたします。 ◯市長(松井正剛君) 2点目の今後については、私のほうから答弁をさせていただきます。1点目は、担当部長、よろしくお願いします。 ◯すこやか暮らし部長(村嶋和美君) 医療センターの職員給与につきましては、別途、医療センター給与規程の中で、職員給与行政職給与表に準ずるとされておりますことから、人事院の勧告によりまして行政職給与の改定が行われましたことに伴い、医療センター職員給与表を変更したものでございます。  以上です。 ◯市長(松井正剛君) 2点目の質問にお答えをいたします。  桜井市医療センターは、市民及び市内事業者等の健康づくりを推進するために昭和52年10月に設立をいたしました。設立当初は、受診できる医療機関が少なく、また、受診機関までの交通手段が十分でなかったため、車両による健診は受診者にとって大きな魅力の1つであったと思っております。  しかし、現在は設立より40数年が経過しました。市内におきましても、受診機関が増加し、移動のための手段も普及するなど、受診環境も徐々に整ってきており、健診事業もその方法や受診者のニーズが変化して、健診のための医療機器等についても日々変化しているのが現状であります。  また、あわせて、健診事業を継続するための健診車は今年度で25年目を迎えます。健診車が搭載しておりますレントゲンも数年後にはフィルム製造中止となることから、デジタルへの移行も余儀なくされるという現状であります。  以上のことから、市といたしましても、医療センターの今後のあり方につきましては関係機関と検討を進めて、しっかりと検討していきたい、そのように考えているところであります。 ◯7番(工藤将之君) ありがとうございます。  まず、1点目について再度お伺いをいたします。人事院勧告に伴って給与規程一部改正ということなんですけども、これを見ていますと、給与は売り上げの増減にかかわらず、少しずつではありますけれども、職員給与の総額は上がっていっているんですけれども、現状、事務職員の方はまだ恐らく60歳になられていないはずなんですけれども、その方も給与は年々、人事院勧告を除いて昇給をしているのかというのを1点お伺いいたします。  それともう1点、市長のおっしゃったことなんですけれども、今のことを少しオブラートに包んだような表現をされたんですけれども、バス等買いかえるなど、大きな設備投資を今後する考えはないという私の理解でいいのかどうかの確認だけ、以上2点、お願いいたします。 ◯すこやか暮らし部長(村嶋和美君) 医療センターの職員につきましては、局長を含む2名が事務職となっております。給与につきましては、年齢が55歳を超えておりますことから、昇給のほうは停止をいたしております。人事院勧告につきましては、行政職に準ずるということですので、人事院の勧告がありました際には、同じように給与表を改定いたしております。  以上です。 ◯市長(松井正剛君) 再度の質問にお答えをさせていただきます。  桜井市の財政事情等々を勘案いたしまして、健診車の買いかえは、今考えておりません。そのことも踏まえて、今後どのようにしていったらいいかということを関係機関としっかりと連携をとりながら検討してまいりたい、そのように考えております。 ◯議長(藤井孝博君) これをもって質疑を終結いたします。  本件は、地方自治法第243条の3第2項の規定に基づく関係書類の提出であります。よってご承知おき願います。 ───────────────────────────────────────  日程第7、議案第26号、令和元年度桜井市一般会計補正予算(第1号)を議題といたします。  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。 ◯12番(吉田忠雄君) 補正予算に関する説明書の7ページなんですけども、ここの諸支出金の介護保険特別会計繰出金3,625万8,000円という数字が出てくるんですけども、これは今年10月からの消費税10%に引き上げに合わせて、後から出てくる議案第29号の介護保険条例の改正にもかかわることなんですけども、現在の介護の第1から第3段階の方というのは、基準額の第5段階から見て軽減されているわけなんですけども、それがさらなる軽減を図るというための所要額か、この点について担当部長にお尋ねします。 ◯福祉保険部長(井上紀美君) ただいまの質問にお答えいたします。  第1段階から第3段階までの軽減をさらに進めるという部分の補正でございます。  以上でございます。 ◯12番(吉田忠雄君) 次にお尋ねしたいのは、この繰出金の支出についてなんですけども、これについては国が2分の1、そして、県と市が4分の1ずつの負担割合ということを聞いておるわけなんですけども、このとおりでよいのかどうか、再度お尋ねします。 ◯福祉保険部長(井上紀美君) ただいまの質問にお答えいたします。  議員お述べのとおりでございます。  以上です。 ◯12番(吉田忠雄君) それで、最後の質問になるわけなんですけども、消費税の10%増税については、このことについては、今日本の経済が非常に落ち込んでおるわけなんですけども、そういう中で政府与党においても異論が出ておりますし、そしてまた、来月4日から参議院選挙も始まります。その結果によっては、再度の延期となる可能性もあるかなというふうに考えるわけなんですけども、仮にそのようなことになった場合において、この施策については国の判断を待つことになるのか、それとも、あくまで市として実施をするのか、その点、最後お尋ねして、質問を終わります。 ◯福祉保険部長(井上紀美君) ただいまの質問にお答えいたします。  消費税の増税問題につきましては、私らのほうでどうこう言える部分ではございませんので、その辺はちょっとわからない部分ではございますが、今のところ国の予算も通っておりますことから、このまま継続してやっていくという思いでいております。  以上でございます。 ◯議長(藤井孝博君) これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっている本案は、総務委員会に付託いたします。 ───────────────────────────────────────  日程第8、議案第27号、令和元年度桜井市介護保険特別会計補正予算(第1号)についてを議題といたします。  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。───これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっている本案は、総務委員会に付託いたします。 ───────────────────────────────────────  日程第9、議案第28号、桜井市税条例の一部改正についてを議題といたします。  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。───これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっている本案は、総務委員会に付託いたします。 ───────────────────────────────────────  日程第10、議案第29号、桜井市介護保険条例の一部改正についてを議題といたします。  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。───これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっている本案は、文教厚生委員会に付託いたします。 ───────────────────────────────────────  日程第11、議案第30号、特別職職員で常勤のものの給与に関する条例の一部改正についてを議題といたします。  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。───これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっている本案は、総務委員会に付託いたします。 ───────────────────────────────────────  以上で、本日の日程は全て終了いたしましたので、会議を閉じることにいたします。  以後の日程について申し上げます。明29日から7月4日までは休会とし、7月5日午前10時より再開して、議案審議を行いますから、念のため申し上げておきます。なお、案件の付託を受けられました委員会は、休会中の審議をお願いいたします。  本日はこれをもって散会いたします。 ○午前10時13分散会 ─────────────────────────────────────── このサイトの全ての著作権は桜井市議会が保有し、国内の法律または国際条約保護されています。 Copyright (c) SAKURAI CITY ASSEMBLY MINUTES, All rights reserved....