ツイート シェア
  1. 橿原市議会 2019-06-07
    令和元年建設常任委員会 本文 開催日: 2019-06-07


    取得元: 橿原市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-10-02
    ↓ 最初のヒットへ(全 0 ヒット) 1          日程第1 議第34号 権利の放棄について(市営住宅家賃)                午前10時01分   開  議 ● 原山大亮委員長 ただ今から建設常任委員会を開催いたします。  なお、質疑、答弁の際は、起立の上、必ずマイクの使用をお願いいたします。  直ちに、日程に入ります。  日程第1、議第34号、権利の放棄について(市営住宅家賃)を議題といたします。  提案理由の説明は、すでに本会議で終わっておりますので直ちに質疑に入りますが、個人情報保護の観点にご配慮の上、質疑等をお願いいたします。  質疑ありませんか。たけだやすひこ委員。 2 ● たけだやすひこ委員 放棄する債権の額1,496,204円ですね。それの年数を教えていただけますか。いつからか。 3 ● 原山大亮委員長 まちづくり部副部長住宅政策課長。 4 ● まちづくり部副部長住宅政策課長 この未納額につきましては、平成25年度の5月分から3月分、平成26年度の4月分から3月分、平成27年度の5月分から3月分、平成28年度の4月分から3月分、平成29年度の4月分から5月分、7月分から3カ月分となっております。  そして平成30年度の4月分から5月分、以上でございます。 5 ● たけだやすひこ委員 そうすれば一回分、ひと月分は、おおよそいくらぐらいですか。 6 ● まちづくり部副部長住宅政策課長 額につきましては、その時期によりまして違いますけども、平成25年度においては、13,200円。平成26年度13,300円、平成27年度29,900円、平成28年度41,300円、平成29年度43,500円、平成30年度5,000円となっております。 7 ● たけだやすひこ委員 この差額はなんでこんなに違うんですか。これ月の金額でしょう。教えてください。 8 ● まちづくり部副部長住宅政策課長 これは、前年におきます収入申告を出していただき算出しておりますので、その年度によって変わってきております。 9 ● 原山大亮委員長 ほかにありませんか。                  (「なし」と呼ぶ者あり) 10 ● 原山大亮委員長 これをもって質疑を終わります。  これより討論に入ります。討論ありませんか。
                     (「なし」と呼ぶ者あり) 11 ● 原山大亮委員長 これをもって討論を終わります。  これより本件について採決いたします。  本件は原案どおり可決すべきであると決定することにご異議ありませんか。                 (「異議なし」と呼ぶ者あり) 12 ● 原山大亮委員長 ご異議なしと認めます。よって、本件は原案どおり可決すべきであると決定されました。          日程第2 議第35号 権利の放棄について(市営住宅家賃) 13 ● 原山大亮委員長 次に、日程第2、議第35号、権利の放棄について(市営住宅家賃)を議題といたします。  提案理由の説明は、すでに本会議で終わっておりますので直ちに質疑に入りますが、個人情報保護の観点にご配慮の上、質疑等をお願いいたします。  質疑ありませんか。                  (「なし」と呼ぶ者あり) 14 ● 原山大亮委員長 これをもって質疑を終わります。  これより討論に入ります。討論ありませんか。                  (「なし」と呼ぶ者あり) 15 ● 原山大亮委員長 これをもって討論を終わります。  これより本件について採決いたします。  本件は原案どおり可決すべきであると決定することにご異議ありませんか。                 (「異議なし」と呼ぶ者あり) 16 ● 原山大亮委員長 ご異議なしと認めます。よって、本件は原案どおり可決すべきであると決定されました。             日程第3 議第36号 市道路線の認定について 17 ● 原山大亮委員長 次に、日程第3、議第36号、市道路線の認定についてを議題といたします。  提案理由の説明は、すでに本会議で終わっておりますので直ちに質疑に入ります。  質疑ありませんか。杉井委員。 18 ● 杉井康夫委員 毎回かなり市道認定多いんですけど、年度別の建築確認の数は増えてきているんですか。それとも横ばいですか。これだけ市道認定があるということは、分譲住宅がものすごく多くなっていると思うんですけど。その建築確認の増加等はあるのかどうか、聞かせてください。 19 ● 原山大亮委員長 建築指導課長。 20 ● 建築指導課長 市導認定に至るにあたっては、開発許可検査後8割方の建設が完了したという段階で市導認定をするという形をとらせていただいておりますので、件数については、ちょっと今資料がございませんので、お答えできませんが、8割方建設が終わったというところです。    (「多くなったのか少なくなったのか」と杉井委員呼ぶ)  建築確認の推移ですね。件数につきましては、横ばいというところです。 21 ● 原山大亮委員長 ほかにございませんか。たけだやすひこ委員。 22 ● たけだやすひこ委員 曽我町67号線ですね、市の事業道路という形で今回認定する路線として上げていただいておりますけども、以前もこういう形の事業をするときに、こういうのを上げていただいたというのを覚えておるんですけども、少しだけ説明お願いできますか。 23 ● 原山大亮委員長 道路河川課長。 24 ● 道路河川課長 この道路計画は、駅の南側の南北道路を利用されております歩行者の危険性を軽減させるために歩行者・自転車道路として整備を行うものです。 25 ● たけだやすひこ委員 これは、用地買収をするために、まず路線認定をしておこうと。事業を確定するためということですね。それをはっきりと言ってくれんと。よくわからんのですけど。 26 ● 原山大亮委員長 建設管理課長。 27 ● 建設管理課長 道路法の8条に基づきます市道認定があります。これは議会議決事項となっておりますが、道路の計画段階で市の道路ネットワークと連動して市民の方々のためになるという判断をして、議決を得ること、これが道路法上で求められております。そして、道路法の18条に基づきまして、道路の区域の決定をいたします。ここでは、計画の段階で図面化をして道路構造物ができていない段階でも区域を定めることが道路法上認められているというところです。 28 ● 原山大亮委員長 ほかにありませんか。                  (「なし」と呼ぶ者あり) 29 ● 原山大亮委員長 これをもって質疑を終わります。  これより討論に入ります。討論ありませんか。                  (「なし」と呼ぶ者あり) 30 ● 原山大亮委員長 これをもって討論を終わります。  これより本件について採決いたします。  本件は原案どおり可決すべきであると決定することにご異議ありませんか。                 (「異議なし」と呼ぶ者あり) 31 ● 原山大亮委員長 ご異議なしと認めます。よって、本件は原案どおり可決すべきであると決定されました。  以上で、本委員会に付託されておりました議案の審査は終了いたしました。  以上をもちまして、委員会を終了いたします。  なお、委員会の報告につきましては委員長にご一任願いたいと思いますが、ご異議ございませんか。                 (「異議なし」と呼ぶ者あり) 32 ● 原山大亮委員長 ご異議なしと認め、そのように決しました。  それでは、これで本日の建設常任委員会閉会いたします。本日はどうもご苦労さまでした。                午前10時11分   閉  会 Copyright © Kashihara City Assembly, All rights reserved. ↑ ページの先頭へ...