11件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

長崎市議会 2019-03-07 2019-03-07 長崎市:平成31年総務委員会 本文

ただまだまだ不足しているところがあると思いますので、これは平成31年度に入りましても、引き続き効率化ができるような部分、外部に民間で技術をお持ちの部分にはその委託が可能かどうか、あるいは、これはご指摘もいただきましたけれども、いわゆるAIとかRPA、単純な入力作業を機械的にやると。

松浦市議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会(第2号) 本文 開催日:2019年03月04日

次に最後、余り時間はありませんけれども、定員適正化計画とRPA導入による業務の効率化についてお伺いをいたします。  国の財政も厳しいし、松浦市の財政も厳しいという中において、やはり人材にかける人件費というものも圧縮していかなければならないというプレッシャーがこれはあると思います。  

長崎市議会 2019-03-04 2019-03-04 長崎市:平成31年第1回定例会(5日目) 本文

先ほど市長の答弁の中でもサイクルの話が出ていましたけれども、今AIとか、RPAなんかの事業が結構進んでいて、行政でもこのRPAというのは進んでいると思うんですけれども、別に人を減らすんではなくて、機械でできることは機械がやるというか、ちょっと例を言いますと、人口16万人ちょっとですけれども、大垣市はこのRPAを入れて、保険の点数検査なんかをやっているみたいです。

松浦市議会 2019-03-01 平成31年第1回定例会 通告表 開催日:2019年03月01日

びに施政方針について          │   ┃ ┃  │         │2.定住人口増加に向けた本市の取り組みについて       │   ┃ ┃  │         │3.地域産業振興に向けた本市の取り組みについて       │ 76 ┃ ┃  │         │ ~鷹島町における観光による振興策を中心として~     │   ┃ ┃  │         │4.定員適正化計画とRPA

佐世保市議会 2018-12-18 平成30年 12月開催 行財政改革特別委員会-12月18日−01号

最後に、資料1−1の6ページのRPAとAIだが、平成32年度以降に本格運用と書かれている。31年度は試行運用とのことだが、具体的にどういったところに導入していく計画か教えてもらいたい。 ◎石丸行財政改革推進局主幹   まず、AIについては6ページのイメージ図のところに書かれているが、自動文字起こしということで、AIが会議の音声データから議事録を自動的に作成するものである。

松浦市議会 2018-12-11 平成30年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2018年12月11日

また、職員数については、今後の業務量の変化に応じ、適正な職員配置を考慮しつつ、業務の効率化を推進し、一例を挙げれば、民間企業や自治体などで導入が始まっている省力化のツールであるAI、人工知能やRPA、ロボティック・プロセス・オートメーションなどのシステム導入について検討していきたいと考えております。  

長崎市議会 2018-10-29 2018-10-29 長崎市:平成30年総務委員会 本文

AIのみならず、今機械が作業を行うRPAというようなシステムも出てきておりますので、そういったものに対する意識も職員の中に植えつけながら、業務量の算定を行っていって、それを積み上げて適正な職員の配置にしてまいりたいと考えております。

大村市議会 2018-09-12 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月12日−04号

内部検討委員会の中の組織自体に、女性のどういう役職で入れていくのかというのは協議が必要かと思いますので、検討させていただきたいと思いますが、それ以上に、繰り返し何回も、特に若い職員、そして女性職員には、皆さんが将来的に長く使う庁舎の問題だから、ICTやRPAのことも含め、若い視点でどういう意見を持っているのかということを上げてくれということも繰り返し言っています。

長崎市議会 2018-09-07 2018-09-07 長崎市:平成30年第3回定例会(3日目) 本文

また、あわせましてソフトウエア型のロボットでありますRPA、こういったものも組み合わせて業務の効率化、自動化というものの研究がされておりまして、これは一層、普及高度化していくものと考えております。  こういったことから、長崎市といたしましても加速度的に進化する技術が事務の効率化に資するということは認識しておりますので、具体化に向けた検討をさらに進めてまいりたいと考えております。  

長崎市議会 2018-06-15 2018-06-15 長崎市:平成30年第2回定例会(5日目) 本文

ソフトウエア型のロボットでパソコンの操作を自動化するロボテック・プロセス・オートメーション(RPA)やコンピュータ上に構築した人工的な知能で状況に応じた判断等を行うAI、これらは金融業における口座申し込み処理や保険業におけるコールセンター業務の支援・自動化など、主に民間企業で導入が進んでおり、自治体におきましても導入に向けた実証実験がふえてきております。

  • 1