203件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-06 時津町議会 平成31年第1回定例会(第2日 3月 6日) そしてまた、待機児童の解消とか、学童保育とか、あるいは、いろいろ児童館とか、そういうふうなものに対してもそうですし、そしてまた、子育て環境の整備というような格好で、エアコン等も今度設置をするとか、IC機器の導入とか、いろいろなもの等についてやっております。   もっと読む
2018-12-06 佐世保市議会 平成30年 12月 定例会-12月06日−02号 このシミュレーションの結果といたしましては、十分な黒字が見込め、さらなる待遇改善も可能ではないかと思われましたが、利便性向上を目指し、ノンステップバスの計画的な導入や全国共通カード仕様のICカードの更新条件を加味したシミュレーションを行った場合の収支率は、長期的に見ますと厳しい結果となりました。   もっと読む
2018-12-05 長崎市議会 2018-12-05 長崎市:平成30年第4回定例会(5日目) 本文 例えば、同僚議員からも出されました1区間の金額でどこまでも利用できるパス券の導入だとか、ICカード化をするという考えはないのか、いかがですか。 89 ◯福祉部長(尾上泰啓君) 再質問にお答えいたします。   もっと読む
2018-09-12 佐世保市議会 平成30年  9月 定例会-09月12日−04号 このような状況の中、全国的には大規模な工事においてドローンでの測量やIC建機を導入することで作業の効率化、安全性の向上を図っている事例もございますものの、市内の中小建設事業者の現状といたしましては、人手確保に御苦労されている状況でございます。   もっと読む
2018-09-06 平戸市議会 平成30年 9月定例会-09月06日−03号 ICとイングリッシュ・タウンで関連してふえたにしては足りな過ぎるんじゃない、それなら。 ◎財務部長(村田範保君)   議員御指摘の点でございます。私のほうはそのような理解でここに項目を設定しているというふうに思っておりました。  今、言われるように、それについてこの数値が足りないんじゃないかというところはまた、課題の一つでもあるのかなというふうには思っております。 もっと読む
2018-07-18 南島原市議会 平成30年  7月 定例会(第2回)-07月18日−01号 教育については、これまでの4年間で、普通教室へのエアコンの設置や洋式トイレの整備、IC機器の導入など、子供たちが学びやすい学校環境の整備に力を入れてまいりました。また、児童・生徒にグローバル時代を生き抜く力を身につけさせるため、「英語検定」受験に対する費用の補助制度も創設いたしました。 もっと読む
2018-06-20 平戸市議会 平成30年 6月定例会-06月20日−05号 どこまでが、じゃあ最後に、この高齢の生産者、後継者の育成を図りながらということで、これから進めていくICあるいはこの長寿命化の支援による産地化の維持を図るということで、そういうこの事業についても、全てのイチゴ部会には該当しないということ。もう高齢になったら、この事業、該当しないということで、委員会としては話があったんですか。なければ結構です。 もっと読む
2018-06-15 佐世保市議会 平成30年  6月 定例会-06月15日−02号 また、学校司書やICT支援員は、学校図書館やIC機器といった児童生徒の学習環境の充実を担っています。  このように、10以上の職種の職員を雇用し、学校教育活動を支える体制を構築しているところでございます。  続きまして、子どもと向き合う時間の確保にどのように取り組んできたのかとの御質問にお答えをいたします。   もっと読む
2018-06-15 長崎市議会 2018-06-15 長崎市:平成30年第2回定例会(5日目) 本文 なお、2.教育行政について、(3)小中学校のIC環境整備については、時間を見て自席より質問いたします。=(降壇)= 27 ◯副議長(浦川基継君) 市長。        もっと読む
2018-06-11 平戸市議会 平成30年 6月定例会-06月11日−03号 さらに、今年度より、就農後の労力削減、生産性向上に向けて、生産部会や若手農業者とともに研修を行いながら、IC技術の導入に向けた検討を進めてまいります。  本市としましては、今後とも、産地と連携した新規就農者の確保育成を図るとともに、ICTやAIなど、先進的な技術の導入や基幹作業における省力化対策など、積極的に推進することで、就農後も安心して農業に取り組める環境づくりを進めてまいります。   もっと読む
2018-06-08 平戸市議会 平成30年 6月定例会-06月08日−02号 そうすると、路地になっとっても前にとめて、そこでまた車でのトラブルが起こりかねないというような事案も起きてますので、父兄の方々に学校からも教育委員会からも言っていただいて注意していただくように、これは通知をしていただきたいと思います。  それから、まだそれでも送ってもらわない子たちはひとり歩きをしている子供たちはやっぱりおりますね。ホットスポットというんですか、危険のところの表現が。 もっと読む
2018-06-07 長崎市議会 2018-06-07 長崎市:平成30年第2回定例会 通告一覧   4 長崎市の財政運営について   5 市長の海外出張と国際会議について    (1) 市長の海外出張の費用対効果    (2) 国際会議の誘致  ○ 福澤照充議員[平成30年6月15日]   1 防災・減災について    (1) がけ地対策    (2) 避難場所の指定   2 教育行政について    (1) 受動喫煙対策    (2) 小中学校へのエアコン設置    (3) 小中学校のIC もっと読む
2018-03-09 大村市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月09日−07号 ただ今後、マイナンバーカードの普及やIC技術やネット環境の整備がさらに進んでいくと思いますので、その進展にあわせまして出張所のあり方を研究してまいりたいと思います。 ◎企画政策部長(山下健一郎君)   先ほど答弁を保留していた部分がございます。  地方創生に関する分での活動指標、目標でございます。   もっと読む
2018-03-08 平戸市議会 平成30年 3月定例会-03月08日−03号 ◎建設部長(川上利之君)   (仮称)平戸江迎御厨ICから(仮称)江迎鹿町IC間につきましては、説明会を行い、用地幅杭を設置し、用地測量を行っていると。(仮称)江迎鹿町インターから佐々インター間については調査・設計を行っていると伺っております。 ◆17番(山内清二君)   結局、今から調査・設計して進めていくわけですね。   もっと読む
2018-03-08 佐世保市議会 平成30年  3月 定例会-03月08日−06号 マイナンバーカードは、個人番号を証明するだけでなく、本人確認の際の公的な身分証明書として利用でき、さまざまな行政サービスを受けることができるようになるICカードのことであります。社会保障と税の共通番号を活用して、国や地方自治体が行政手続に必要な個人情報をやりとりする情報連携の本格運用が昨年11月からスタートをしました。   もっと読む
2018-03-07 平戸市議会 平成30年 3月定例会-03月07日−02号 児童生徒につきましては、アンケートをいたしておりまして、その結果から、「IC機器を使った授業が楽しい」と答えた児童生徒が94%、「IC機器を使った授業がわかりやすい」91%、「IC機器を使った授業をもっと受けてみたい」88%などとなっております。 もっと読む
2018-03-06 時津町議会 平成30年第1回定例会(第1日 3月 6日) さらに、小中学校のコンピュータ室のパソコンをタブレット型パソコンに更新し、普通教室等での活用を可能とするなど、IC環境の整備充実に努めます。  次に、家庭教育支援の推進につきましては、教育研究機関と連携し、若い世代を対象とした家庭教育事業の支援を継続して実施し、エンジョイパパ・ママ事業の拡大を図ります。   もっと読む
2018-03-02 佐世保市議会 平成30年  3月 定例会-03月02日−02号 また、中国瀋陽市からもIC産業訪問団による情報通信技術分野での交流推進のため、本市ソフトウエア関連企業との企業交流会も開催されております。  行政交流につきましても、従来の親善訪問団の派遣から海外姉妹都市等への本市職員の短期及び長期派遣へと発展しており、海外姉妹都市等との人的なネットワークを強固にしながら、本市職員の国際感覚の醸成につながっております。   もっと読む
2018-02-28 五島市議会 平成30年  3月 定例会-02月28日−01号 さらに、IC技術を活用して事故の未然防止を図るなど、これまで市議会において御議論いただきました鳥獣被害防止対策については予算を増額し計上しました。  農地基盤整備については、牟田地区、鐙瀬地区、久賀地区、寺脇地区の整備を継続して実施し、新たに要望があった富江地区については、早期に着工できるよう取り組み、農地の有効利用と農業経営の効率化を推進してまいります。   もっと読む
2018-01-25 長崎市議会 2018-01-25 長崎市:平成30年観光客受入対策特別委員会 まとめ また、長崎さるくガイドによる案内を初め、出津教会堂及び大野教会堂に教会      守を配置し、質問などへの対応を行うことで案内体制を充実させるとともに、観光      施設等におけるWi-Fi環境の整備や、多言語に対応した世界遺産等の情報をW      i-Fiでスマートフォン等に配信するIC体制の整備を行っている。 もっと読む