1920件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

長崎市議会 2018-12-14 2018-12-14 長崎市:平成30年第4回定例会(6日目) 本文

今回の改正は、被爆樹木の保存整備事業費補助金の財源に充てるためのクスノキ基金及び駐車施設の整備に要する経費の財源に充てるための駐車施設整備基金を設置しようとするものであります。委員会におきましては、将来的に被爆樹木の保存整備のためのクスノキ基金を使い切った際に、市が同費用を全額負担する考えの有無について質すなど、内容検討の結果、異議なく原案を可決すべきものと決定した次第であります。  

佐世保市議会 2018-12-11 平成30年 12月 定例会-12月11日−05号

議員御質問の駐車整備につきましても、名切地区まちづくり構想におきまして、「都市公園において設ける駐車は、あくまで公園利用者の便宜に供するための駐車であること」との都市公園法の趣旨・運用も踏まえ、「おおむね300メートルとされている徒歩圏に配慮した施設利用者向けの駐車を確保すること」、また、「その運営に当たっては、適正な受益者負担や目的外利用の抑制といった視点から有料化を基本とすること」といった

佐世保市議会 2018-12-10 平成30年 12月 定例会-12月10日−04号

普通車を例で見ますと、ETC利用車の場合、佐世保大塔インターチェンジから佐世保中央インターチェンジまでの料金は、現行どおり150円でありますが、その先の相浦中里インターチェンジまでの料金は270円、同じく佐々インターチェンジまでの通行料金は370円といったように、区間ごとの新たな料金が設定してあります。  

長崎市議会 2018-12-10 2018-12-10 長崎市:平成30年教育厚生委員会 本文

3の必要駐車スペースにつきましては、総合運動公園の駐車スペースの利用を想定しておりますので、先ほど算出した入館者数の見込みなどから算出し、普通車で70台分、大型バスで5台分の駐車スペースが必要であると考えております。  次に、5ページをごらんください。4の建設スケジュールについてはご参照ください。

松浦市議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2018年12月10日

52 ◯ 商工振興課長(福守尚美君)  中心市街地の整備ということで申しますと、先ほど申し上げました街路灯のLED化や駅前の駐車のラインを引いたりとかいう整備は行っておりますけれども、市外消費力の確保策としては、平成17年度から平成27年度まで、旬あじ、旬さば、トラフグを活用した食のまつりを開催して、ツアー客などの誘致に取り組みをしておりまして、さらに、福岡都市圏交流促進基本計画

長崎市議会 2018-12-10 2018-12-10 長崎市:平成30年建設水道委員会 本文

続きまして、ウ.利用料金制につきましては、指定管理者の収入として収受させることといたしております。なお、あわせて利用料金額の基準額に1円未満の端数があるときは、その端数を切り捨てることとするものでございます。次に、エ.施行期日は、平成31年9月1日でございますが、準備行為として、指定管理者の指定に関し必要な手続は、この条例の施行の日前においても行うことができることとしております。  

長崎市議会 2018-12-07 2018-12-07 長崎市:平成30年総務委員会 本文

駐車施設整備基金2として掲載をしてございます。(1)といたしまして、駐車事業の概要でございますけれども、長崎市では道路交通の円滑化及び安全で快適な都市環境の形成を図るために桜町駐車を初め7つの駐車を設置いたしております。また、駐車事業は、特定の歳入をもって特定の支出に充て一般の歳入歳出と区別するために駐車事業特別会計を設け、その運営を行っているところでございます。

長崎市議会 2018-12-07 2018-12-07 長崎市:平成30年環境経済委員会 本文

この必要性、大型のイベントをするための駐車。グレードは別にしてそういうものが欲しいということは強く私は聞いてきました。いつの日かそれができないかなと思って期待しましたが、知事もかわられる中でいつの間にか消えたような気がします。そこで、とにかく長崎市が何とかしなければならんということで、議会を上げて一生懸命この経済の活性化に取り組んでいただいている。

五島市議会 2018-12-06 平成30年 12月 定例会-12月06日−04号

次に、資源ごみ分別作業の日よけ設備の整備については、夏時期の資源ごみ分別作業時に、作業が狭いことにより屋外での作業になることから、作業環境改善を検討してきました。その結果、今年度、工場棟内にあった休憩スペースを外部に空調設備を備えたプレハブを新設、移転することで作業の確保を行っております。今後も、職員負担軽減のため作業環境改善に努めてまいりたいと考えております。  

時津町議会 2018-12-05 平成30年第4回定例会(第2日12月 5日)

本人確認ができたり、いろいろな施設の利用、公共料金等の支払い等といった利便性の向上が考えられます。しかしその反面、デメリットがございます。その分、紛失時には被害を受けたり、その被害を受ける可能性が広がったりするというデメリットがございます。

長崎市議会 2018-12-05 2018-12-05 長崎市:平成30年第4回定例会(5日目) 本文

ご質問のプレイルームにつきましては、特別支援学級の子どもたちが、通常の授業を行う教室とは別に1日1時限程度、生活訓練の学習として体を使った運動や作業を行ったり、休み時間の遊びのとして、また、授業前のクールダウンのとしても利用されています。このプレイルームにつきましては、このように常時利用ではないため、現在の計画ではエアコンの設置は予定しておりません。