運営者 Bitlet 姉妹サービス
39件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2
日付議会議事録名議事録内容
2016-09-06 雲仙市議会 平成 28年 第3回定例会(9月)-09月06日−03号 新規就農者確保に向けた取り組みといたしましては、後継者がいない高齢農家の離農をカバーするために、雲仙市内の新規就農者だけでは補いませんので、U・Iターン者の確保に取り組んでおります。  長崎県新規就農者相談センターと情報を共有するとともに、雲仙市に就農希望の方への相談活動を積極的に行っているところであります。 もっと読む
2016-03-01 諫早市議会 平成28年第1回(3月)定例会(第2日目)  本文 私の所属している耕作組合は、離農者の田んぼを所有者の委託を受けて耕作しておりますが、その受託面積は年々増加をしております。また、畑地においても耕作放棄地が目立つようになり、市道脇でのイノシシの痕跡や、その姿を見るのは日常茶飯事で、全く珍しいことではありません。農地を耕作している人は急激に減少しているのが現状で、将来の農業には大きな不安を感じております。   もっと読む
2016-02-24 長崎市議会 2016.02.24 長崎市:平成28年第1回定例会(2日目) 本文 そこで、災害に強い産地づくりや今後の離農の防止に向けて営農意欲を高める取り組みとして、今の議員提案も含めて、長崎市の特性に合った支援策について前向きに検討していきたいと考えております。  以上でございます。 ◯28番(板坂博之君) 前向きな答弁と受けとめておりますので、ぜひですね。ただ、部長はあと1年ですからね。いや、本当ちゃんとやってくださいよ。よろしくお願いします。   もっと読む
2016-02-02 長崎市議会 2016-02-24 長崎市:平成28年第1回定例会(2日目) 本文 そこで、災害に強い産地づくりや今後の離農の防止に向けて営農意欲を高める取り組みとして、今の議員提案も含めて、長崎市の特性に合った支援策について前向きに検討していきたいと考えております。  以上でございます。 もっと読む
2015-03-01 諫早市議会 平成27年第1回(3月)定例会(第1日目)  本文 次に、18款繰入金につきましては、長崎国体推進事務及び関連事業の勘定に伴う減額のほか、財政調整のための財政調整基金等からの繰り入れを抑制することとしたために、前年度比12億3,012万9,000円、47.7%の減といたしております。  21款市債につきましては、計画期間を5年間延長いたしました合併特例事業債の計上を見込み、10億7,320万円、30.8%の増を見込んでおります。 もっと読む
2014-12-01 諫早市議会 平成26年第4回(12月)定例会(第3日目)  本文 この中間管理事業につきましては、農地を効率よく集積をするための方策ということで、規模を縮小したり離農をしようとする農家の方から機構が一旦農地を借り受けまして、規模拡大を目指す認定農業者等の担い手に貸し付ける制度ということでございます。これまでの貸し手と借り手が契約をいたします貸借制度とはちょっと異なるという新たな制度でございます。   もっと読む
2014-12-01 雲仙市議会 平成 26年 第4回定例会(12月)-12月01日−02号 第2次雲仙市定員適正化計画の素案に関する御質問でございますが、本市は、現在の雲仙市定員適正化計画に基づきまして、住民サービスを低下させないことにも留意しつつ、事務事業の見直しや退職者の補充抑制などを行いながら職員数の削減に努め、計画に掲げた目標どおりにこれまで推移してきたところであります。   もっと読む
2014-03-07 大村市議会 平成26年  3月 定例会(第2回)-03月07日−05号 しかしながら、黒土を保存していくには、やはり何といっても今後離農される農家の方の土地を利用者にあっせんすることがまず重要ではないかというふうに考えておりまして、まずは農地を手放す可能性のございます後継者の見込まれない農家がどれくらいあるのかということで、アンケート調査を実施し、現在、整理をしているところでございます。   もっと読む
2013-06-01 諫早市議会 平成25年第4回(6月)定例会(第2日目)  本文 本市の都市開発は、無秩序な開発を抑制し、計画的に都市を整備する都市計画法に基づいて施行していることは理解いたしますが、今後の市外からの定住者や企業誘致を促進するためには、市街化区域の拡大が必要であると考えられます。そのために、この地区は以前から要望がありました地域であり、西諫早地区の東大川から名切川までの調整区域を市街化区域に編入すべきです。 もっと読む
2012-03-02 大村市議会 平成24年  3月 定例会(第1回)-03月02日−03号 第2には、投資金額の抑制によりまして、借入額の償還負担の軽減、減価償却費の圧縮、そしてランニングコストの低減を図りたいと考えたわけでございます。言いかえれば、過剰投資によって建設後の経営を圧迫する事態を回避しなければならないということでございます。   もっと読む
2011-09-27 大村市議会 平成23年  9月 定例会(第5回)-09月27日−06号 農業委員会において、農業委員の活動内容等について質問するとともに、近年の健康志向や増税、東日本大震災によるたばこの供給不足が生じたことを契機に、喫煙者が減少し、JTが離農者を募っており、市内の葉たばこ農家の廃業が見込まれ、これらの農地が耕作放棄地となる懸念があることから、対策を講じるよう要望したとの報告がなされました。   もっと読む
2011-09-05 雲仙市議会 平成 23年 第3回定例会(9月)-09月05日−02号 もちろん昨年と今年と議会のほうではいろんな所得割、資産割、均等割、平等割等で上がってきておりますが、これに医療費の抑制ですね、やはり取るのもそうなのですが、医療費自体の抑制も大変重要な課題ではないかなというふうに思いますが、医療費の抑制に関しまして、どういうふうな取り組みをされてるのか、そこら辺をお聞かせ願いたいと思います。 ○議長(石田德春君) 菅市民生活部長。 もっと読む
2011-09-01 諫早市議会 平成23年第5回(9月)定例会(第6日目)  本文 市では、廃棄物の発生を抑制し、再生利用を促進する等により、廃棄物を減量化するとともに、廃棄物を適正に処理することによって快適な生活環境の保全及び公衆衛生の向上を図り、もって良好なまちづくりに資することで事業を推進されていると思います。   もっと読む
2011-06-01 諫早市議会 平成23年第4回(6月)定例会(第7日目)  本文 市といたしましても、諫早市一般廃棄物処理基本計画をもとに、ごみの減量化あるいは資源化、排出抑制というものに取り組み、総合的なごみ処理経費の削減を図っているところでございます。   もっと読む
2010-12-03 五島市議会 平成22年 12月 定例会-12月03日−04号 循環型社会の実現のためにごみの発生抑制及び再資源化の取り組みは自治体における大きな課題でございます。五島市ではごみの8分別の実施及び有料化に取り組み、最終処分場の埋め立て可能期間が当初計画の倍に延びるとの試算が出るなど、一定の成果を得ておりますが、これでよしということではございません。美しい五島を後世まで残していくためには、もっと高い目標に向かって環境問題に取り組む必要がございます。   もっと読む
2009-03-03 雲仙市議会 平成 21年 第1回定例会(3月)-03月03日−03号 また、将来的な財政の硬直化を招く要因となります公債残高の抑制のため、地方債の借入金については、利子負担の軽減と財政運営の弾力性を確保するため、可能な限りの繰り上げ償還を行いながら、長期的な歳出削減に結びつけてまいります。   もっと読む
2008-09-30 五島市議会 平成20年  9月 定例会-09月30日−04号 そのもとで、財界、大企業は、低賃金の非正規雇用をふやし、正社員には成果主義賃金の導入や、ただ働きのサービス残業などで人件費を抑制し、目先の利益確保のためのコスト削減を行ってきました。   もっと読む
2008-09-29 五島市議会 平成20年  9月 定例会-09月29日−03号 作物を生産しても、生産コスト割れを起こし、何のための農業かと言って耕作放棄、離農される農業者が後を絶たない。国内自給率を上げようと努力されているが、衰退の一途をたどっているのがこの厳しい現状であります。  しかし、農業が自分の天職だと言って頑張っている農業者も本市にはたくさんおります。そこに、ブランド品と言っても過言ではない品目もあります。 もっと読む
2007-12-06 五島市議会 平成19年 12月 定例会-12月06日−03号 五島市の財政構造からいって引き続き総人件費の抑制を図る必要があるが、そのことについて市長の決意はどうか。  4、マグロ養殖導入への市の方針と今後について。  5、離島漁業再生支援交付金の延長について。  6、国営かんがい畑総事業の復活と下水道事業に対する市の見解は。   もっと読む
2007-09-10 雲仙市議会 平成 19年 第3回定例会(9月)-09月10日−02号 これも、先ほど申しましたけども農業の担い手が、不況によって離農をする方がおる、そういうことが今年は往々にして出ております。先ほど申しましたけども来年もこのようなことが続くとすれば、即企業の誘致、そして今市長さんも申されましたけども早めに対策をしていただき、前向きに考えていただかねばならない問題だというふうに思っております。   もっと読む
  • 1
  • 2