3578件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

時津町議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会(第4日 3月22日)

続きまして、福祉課・保育所関係です。  質疑といたしまして、日並郷に新設された月読保育園について、定員や町内外の利用の別についてはどうかということで、月読保育園の定員は60名。利用者の町内外の割合等はまだ整理できていないが、現在、開園時の見込み45名より多くの入所申し込みを受けており、定員近くまでになりそうな状況であるということであります。  続きまして、住民環境課です。  

時津町議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第2日 3月 6日)

この時津町人口ビジョンでは、2040年の本町の人口は2万7,400人となり、平成27年、2015年には、国勢調査人口の2万9,804人から2,404人減少し、高齢化率につきましても、2040年には29.9%となり、平成27年、2015年国勢調査時点の23.0%から6.9%増加すると予測いたしております。  

時津町議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会(第1日 3月 5日)

健康長寿日本一の具体的な取り組みといたしましては、健康医療団体、健康関係団体、医療保険関係団体、経済団体、地域団体、研究・教育機関、報道機関、県・市町の行政機関で構成される健康長寿日本一長崎県民会議の総会が、平成30年11月3日に県庁で開催され、県民会議構成団体における今後の取り組みの方向性の共有が行われたところでございます。  

長崎市議会 2019-02-28 2019-02-28 長崎市:平成31年議会運営委員会 本文

以上、これらの関係する法令が公布された場合は、長崎市税条例ほか5条例をそれぞれ改正する必要がございますが、その予定される条例改正の内容につきまして、あらかじめ所管の常任委員会においてご説明させていただいた上で、関係する法令の公布後に、専決処分により条例の改正をさせていただきたいと存じます。  

長崎市議会 2019-02-13 2019-02-13 長崎市:平成31年議会運営委員会 本文

第49号議案「長崎市水道事業及び公共下水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例」は、水道法施行規則の一部改正に伴い、水道の布設工事監督者の資格要件に係る基準を見直したいのと、既に給水している地区について給水区域に追加したいのと、公共下水道事業計画の事業期間を延長することに伴い、処理区域、処理人口、処理区域面積及び1日最大処理水量を変更したいのと、その他所要の整備をするものでございます。  

長崎市議会 2019-01-21 2019-01-21 長崎市:平成31年地域づくり・人口減少対策特別委員会 本文

働く場所から何から含めて福祉から何から含めて、だから全庁的に自分の仕事は人口減少対策も一部絶対入っているんだという思いの中でそれぞれの政策を進めてもらわないと、そういう意識がやはり庁内に行き届かなければそれはもう人口減少対策は室をつくっとるとやけんね。あそこでやればよかったいと、我々は関係ないよというような思いが出てこないように、やはり全部関係するでしょう、人口減少。

長崎市議会 2018-12-14 2018-12-14 長崎市:平成30年第4回定例会(6日目) 本文

以上、審査過程の概要を申し上げましたが、その結果、交流拠点施設の整備は、交流人口の拡大により市全体の活性化を図り、将来の市民生活の向上につながるとされており、これまで多くの議論を重ねてきたものの、根拠が希望的観測に基づくもので、事業が成功するのか甚だ疑問であること、交流人口をふやすという意味では、ジャパネットホールディングスグループが500億円をかけてスタジアム等を建設する計画を公表しており、まずはその

長崎市議会 2018-12-12 2018-12-12 長崎市:平成30年コンベンション誘致対策特別委員会 本文

質問としては、最後に言われた、この交流拠点施設をつくって交流人口をふやして、雇用の確保、所得の向上、交流人口の拡大が定住人口の増加につながるんだということを強調されましたけれども、果たしてそういうふうな効果まで期待できるような施設になるのかという点について、確かにこういう莫大なお金をかけますので、そういう点での経済効果は一定あろうかと思いますけれども、交流人口をふやすことが市内の定住人口の増加となるとか

長崎市議会 2018-12-12 2018-12-12 長崎市:平成30年都市整備・交通対策特別委員会 本文

今後におきましても、県及び関係市町との情報共有や協議などを行い、連携強化に向けて取り組んでまいりたいと考えております。  2点目の今後の目標でございますが、立地適正化計画においては、目標年次である平成47年度の居住誘導区域内の人口密度と公共交通利便区域の人口カバー率の、2つの目標値を設定しております。

松浦市議会 2018-12-12 平成30年第4回定例会(第4号) 本文 開催日:2018年12月12日

友田ビジョンにおける経済対策、人口対策についてですが、中高校生は就職戦線も終わり、来春の旅立ちに向けて希望を膨らませておられることと思います。  「ともだビジョン」では、松浦で生まれ育った子どもたちが松浦に残れることによって、地域の経済対策とともに人口対策とすると答えられました。そこで伺いたいと思います。

佐世保市議会 2018-12-11 平成30年 12月 定例会-12月11日−05号

本市では、それらの制約を極力軽減すべく、必要な対策を講じながら、一方で、基地の所在によってもたらされる雇用、消費・産業、人口、財政、市民活動など、地域の活力に与えるさまざまな効用を広く市民が享受し、それによって醸成される自衛隊や米海軍に対する親和的な感情が、任務に専心できる環境づくりにつながっていくというように、双方にとって互恵的な関係の構築を図ることを基地との共存・共生と捉え、市政を推進する上での

佐世保市議会 2018-12-10 平成30年 12月 定例会-12月10日−04号

未整備地域の整備方針についてでございますが、今後は、未着手となっております西部処理区の棚方地区や中里・皆瀬地区及び大野地区、柚木地区の市街化区域において計画的に整備を進めていくこととしており、最終的には、行政人口に対して約88%まで普及させる予定でございます。  

長崎市議会 2018-12-10 2018-12-10 長崎市:平成30年環境経済委員会 本文

そのような中、ことしの11月に、県庁舎跡地で広場、交流・おもてなしの空間、ホールの3つの機能を石垣の上に効果的に配置することを基本とし、交流人口の拡大やにぎわいの創出につながる整備を行うこと。次に、ホールは、旧県庁舎本館跡地部分に配置すること。次に、第三別館側・江戸町公園側の石垣は保存し、顕在化を図ること。その他、石垣は保存、顕在化について検討すること。

長崎市議会 2018-12-10 2018-12-10 長崎市:平成30年教育厚生委員会 本文

、そちらとの関係でこれが妥当な数字なのかどうかというのが出てくると思いますし、さらには市立科学館、市内の子どもたちというユーザーからしてみると、恐竜博物館がふえる分だけ市立科学館がへこむ可能性も相当あると思うので、そこについては両館一体的に見ていく必要があるんではないかと、両館で相乗効果を上げていくというお答えなんでしょうけれども、でもそれってどういうふうにしていくのか、市立科学館との関係を整理しないと

長崎市議会 2018-12-07 2018-12-07 長崎市:平成30年総務委員会 本文

ただ、これはせっかく信頼関係をもとに総務省あたりときちんとした形で財源の充当をやっているわけですから、そういう事務的な手違いを起こすと、お互いの信頼関係を失う可能性がある。だからその点はやはり十分チェックをきちんとして、整理をしてあげてほしいと思います。