運営者 Bitlet 姉妹サービス
9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
日付議会議事録名議事録内容
2015-03-24 雲仙市議会 平成 27年 第1回定例会(3月)-03月24日−06号 このような安倍政権の強引なやり方に対して、山崎拓さん、古賀誠さん、野中広務さん、河野洋平さんなど、自民党の元幹部からも強い批判の声が上がっています。さらに、安倍首相は来年の参議院選挙後に憲法改定の国会発議と国民投票を行うと表明しました。  日本は、憲法9条を持ち、戦争はしない、武力は持たない国として世界中から尊敬され、信頼されてきましたが、いまやそれも失われようとしています。   もっと読む
2014-09-01 島原市議会 平成26年9月定例会(第5号) 本文 そういうことでいうと、やはりこれは憲法の解釈上、歴代の、例えば私が尊敬する野中広務元衆議院議員なんかも言っていますけど、おかしいんですよ、これ。憲法をちゃんと変えてからじゃないとだめだ。そういう意味でいうと、やはり解釈改憲でこんなことを持っていくのはおかしいんです。   もっと読む
2013-06-12 雲仙市議会 平成 25年 第2回定例会(6月)-06月12日−04号 今先ほどちょっと述べたように、この問題で例えば福岡選出の元の幹事長でした古賀誠さんであるとか野中広務元幹事長なども、要件から変えるのは姑息なやり方だというふうに批判しているのですね。私はこれは本当に正当な考え方だと思います。やはり国民の生活に全く大きく左右するこういう問題ですから、先程も小林教授が言っていたように、正々堂々と正面からやると、これが本当に本来の姿ではないかと考えます。   もっと読む
2009-08-31 雲仙市議会 平成 21年 第3回定例会(9月)-08月31日−02号 ここの町長さんは、野中一二三さんと言ったのですが、この方は皆さん御存知の自民党の重鎮だった野中広務さんの弟さんでございました。二、三回いろいろこっちの園部町へ電話した時に、一二三さんともお電話をしましたけど、話もしましたけど、町の事業の完工式などに配っていた記念品を商品券に変えたと。これまで配っていた記念品は器や時計や電卓などというものだった。 もっと読む
2008-06-25 雲仙市議会 平成 20年 第2回定例会(6月)-06月25日−05号 野中広務元官房長官は、「収入の少ないお年寄りからさらに搾り取ろうとするなど、人間の尊厳を踏みにじっていますよ。年をとって、傘寿、白寿とお祝いごとが重なっていくのに、早く死ねよと言わんばかりです。戦後の廃墟の中から豊かな日本を築いてきた方に対して、これが最後の報いなのでしょうか。我々は後期高齢者じゃなくて、この国のために頑張ってきた前期功労者ですよ」と言っています。これは名言だと思います。 もっと読む
2005-06-14 長崎市議会 2005.06.14 長崎市:平成17年第3回定例会(5日目) 本文 このような中で、最近、与党の自民党の歴代首相経験者や自民党の野中広務氏、後藤田正晴氏、連立を組んでいる公明党からも慎重論、懸念の声も上がっています。アジア諸国との平和・友好関係が順調であって初めて日本の平和と安定、経済発展が望めるわけで、このことは長崎県や長崎市においてもしかりであります。 もっと読む
2005-06-06 長崎市議会 2005-06-14 長崎市:平成17年第3回定例会(5日目) 本文 このような中で、最近、与党の自民党の歴代首相経験者や自民党の野中広務氏、後藤田正晴氏、連立を組んでいる公明党からも慎重論、懸念の声も上がっています。アジア諸国との平和・友好関係が順調であって初めて日本の平和と安定、経済発展が望めるわけで、このことは長崎県や長崎市においてもしかりであります。 もっと読む
2004-06-21 長崎市議会 2004.06.21 長崎市:平成16年第2回定例会(6日目) 本文 しかし、このような対米追随ぶりに、イラク特措法採決では、自民党内からさえ不満が表明され、野中広務氏や古賀 誠氏などが欠席、また、元郵政大臣箕輪 登氏は意見訴訟を提出、元防衛庁幹部、小池新潟県加茂市長も派兵反対で政府へ意見書提出、元レバノン大使天城氏も外務省を追われるなど、保守と言われる人々の中からでさえ、反発、戸惑いが広がりました。 もっと読む
2004-06-06 長崎市議会 2004-06-21 長崎市:平成16年第2回定例会(6日目) 本文 しかし、このような対米追随ぶりに、イラク特措法採決では、自民党内からさえ不満が表明され、野中広務氏や古賀 誠氏などが欠席、また、元郵政大臣箕輪 登氏は意見訴訟を提出、元防衛庁幹部、小池新潟県加茂市長も派兵反対で政府へ意見書提出、元レバノン大使天城氏も外務省を追われるなど、保守と言われる人々の中からでさえ、反発、戸惑いが広がりました。 もっと読む
  • 1