運営者 Bitlet 姉妹サービス
327件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-12 五島市議会 平成30年  9月 定例会-09月12日−05号 それと水道のほうですけれども、今回の除草剤の話、以前、十数年になるんですけれども水質管理計画というのがございまして、そこの水についてそういった農薬とかの影響がないかどうかというのは毎年やってるんです。 もっと読む
2018-03-07 長崎市議会 2018-03-07 長崎市:平成30年環境経済委員会 本文 この事業は、自然環境の保全に資する農業生産活動を普及推進するため、化学肥料や化学合成農薬を低減する取り組みを実施する生産部会等を支援するため、環境保全型農業直接支払交付金を交付するものでございます。2.事業内容ですが、三和地区のビワ生産部会が、化学肥料・化学合成農薬の5割低減に加え、総合的病害虫雑草管理、IPMに取り組み、環境保全型に効果が高い営農活動を実施することとしております。 もっと読む
2018-03-07 時津町議会 平成30年第1回定例会(第2日 3月 7日) 当局の関係各位もやっておられると思うのですが、2度3度、改めて迷惑をされた方からの声があれば、先ほど農業関係かれこれと、農薬についても、慣行的なものをやっていいんだよと。注意しながらやってくださいということで、それはわかるのですが、市街地の人家の密集地帯に、畑がちょこっと残っておって、そこをやられたとか何か、そういうところがひどく苦情の対象になっているみたいです。   もっと読む
2017-12-05 松浦市議会 平成29年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2017年12月05日 また、農産物にしても、農薬等々が厳格に規制されている日本というのは、食の安全というのは世界に類を見ない安全性を持っている、この安全性の農産物というものが出荷されるということになりますと、県北地域の海産物、農産物等々の普及にも非常に振興を図っていくことになるんじゃないかということで質問をいたしております。   もっと読む
2017-11-30 長崎市議会 2017-11-30 長崎市:平成29年第5回定例会(2日目) 本文 近年、地球温暖化等の環境問題や肥料・化学農薬等の使用による環境負荷の問題、消費者の食品への安全性への関心の高まりから、農業におきましても、農業生産工程管理、すなわちGAPの取り組みが広がりつつあります。   もっと読む
2017-06-08 時津町議会 平成29年第2回定例会(第3日 6月 8日) そういうふうな中で、生産するにかかったコストに充ててくださいというようなことで、肥料代とか農薬代、そういうふうなものにそれを充てていただくと。そうすると、もうすぐ、そのときに、生産したものに対する利益率が上がってくるというようなことで、これだったらまた来年もやっていいなという思いを持っていただきたいと。いい品物を安く、そして、高く売ると。この3つの要件というのがどうしても必要だと。 もっと読む
2017-03-14 佐世保市議会 平成29年  3月定例会 企業経済委員会-03月14日−05号 ◎辻観光商工部次長[観光課長]   まず農薬だが、オルトラン粒剤、それからトレボン乳剤というものを散布するように予定している。これはコスモスも菜の花の時期も同じように行う予定である。それに伴い、散布に係る人件費等々が必要となってくる。また、菜の花の時期は防鳥網を設置することで、さらに防護策をとっていく予定である。 もっと読む
2017-03-07 五島市議会 平成29年  3月 定例会-03月07日−01号 そのために、それぞれの農家の人たちも独自に販売先を開拓して、2番茶を1次加工して販売したりとか、そしてまた有機堆肥の活用によって、有機無農薬栽培に取り組んでいる農家もいます。   もっと読む
2016-12-12 五島市議会 平成28年 12月 定例会-12月12日−03号 環境保全型農業は、有機農業ではございませんが、農薬、化学肥料等を減らす取り組みをする農業者団体の活動に対し支援することとしており、現在、約46ヘクタールの圃場について支援を行っております。   もっと読む
2016-09-06 雲仙市議会 平成 28年 第3回定例会(9月)-09月06日−03号 農作物であるならば、農薬の飛散なんか絶対認められない。全部検査があるわけです。当然市場に持っていく場合、農産物については検査があります。  やっぱり、そこら辺の認定についての基準というのが、どのような認定の基準になっているのか。それは加工品とか、生鮮食料品とか、いろんな基準についてはまちまちでしょうけれども、例を挙げていえば、どういう基準をやっているということでの説明をお願いします。 もっと読む
2016-09-01 諫早市議会 平成28年第3回(9月)定例会(第3日目)  本文 直売所には、議員もおっしゃいましたように、それぞれに経営上の問題を抱えておられまして、また食品表示や農薬管理などの共通の課題もございます。  市といたしましては、このような課題に取り組む場、市内直売所全体でPR活動に取り組む場としての連絡協議会的な組織の必要性を感じているところでございます。   もっと読む
2016-09-01 諫早市議会 平成28年第3回(9月)定例会(第5日目)  本文 同地区では7月6日、下り坂にとめた農薬散布車、これはさっき出たスピードスプレーヤー、SSと思いますが、動き出し、農作業中の男性が下敷きになり死亡する事故や農作業後の女性が運転する乗用車が路肩に乗り上げ、2メートル下に転落した事故もあったとの記事がありました。   もっと読む
2016-06-21 長崎市議会 2016-06-21 長崎市:平成28年環境経済委員会 本文 4月から7月にかけまして、ビワ産地の復旧に向けて、現在、国の剪定整枝事業、市は摘房作業、これに伴う国による肥料・農薬の導入を進めております。  7月以降は、県は低樹高作業、市は農薬散布、果樹共済の加入、簡易ハウスの導入などを予定しており、今回、この部分につきまして補正予算をお願いするものでございます。  次に、各事業についてご説明を申し上げます。1ページにお戻りください。 もっと読む
2016-06-14 西海市議会 平成28年  6月 定例会(第2回)-06月14日−02号 次に、4点目の有機農業についての次期総合計画での位置付け、推進についてのご質問でありますが、現在の総合計画の中では、「有機農業の推進」と題し、「有機農業を推進するための、無農薬・減農薬栽培のための資材購入や市内産の堆肥購入等に対する支援を行ないます。」との項目を設定いたしております。 もっと読む
2016-06-08 時津町議会 平成28年第2回定例会(第2日 6月 8日) 次に、生産者の維持・安定を図るため、肥料・農薬・その他資材等の支援が緊急に必要であると考えておりますが、このことはどのようにお考えでしょうか。  以上、質問をしますので、よろしくお願い申し上げます。 ○議長(山上広信君)  町長。 ○町長(吉田義德君)  それでは、水口議員の御質問についてお答えいたします。   もっと読む
2016-03-07 長崎市議会 2016-03-07 長崎市:平成28年環境経済委員会 本文 これまで1年間、ビワにつきましては肥料や農薬を投じてきたわけでございますけれども、今回の被害によりまして収穫はほとんどなくなったということで、この回収ができないということになります。さらにまた、再生産に向けて、これからそういう肥料とか、農薬の投入もしていく必要があるわけでございますけれども、そういう資材の共同購入に対しまして、ご支援をお願いをしたいということでございます。 もっと読む
2016-03-07 長崎市議会 2016-03-07 長崎市:平成28年教育厚生委員会 本文 2の事業内容でございますが、今回購入する検査機器では、主に農産物中の残留農薬試験として有機塩素系農薬、魚介類中のPCB、アルキル水銀を検査するものでございます。なお、PCBはポリ塩化ビフェニルの略称で、カネミ油症の原因物質であります。また、アルキル水銀は水俣病の原因物質でもあります。  さらに、農薬が混入した食品を食べたことにより発生する、健康被害検査にも使用できるものでございます。   もっと読む
2016-03-01 時津町議会 平成28年第1回定例会(第1日 3月 1日) これは、生産コストの削減に使ってくれというふうなことで、会食とかいろいろのものについては、また別の補助を考えるので、これについては、そうした産品等をつくっていく中でコストを削減する、例えば、農薬とか肥料、こういうふうなものに使ってくれと。 もっと読む
2015-12-09 平戸市議会 平成27年12月定例会-12月09日−02号 さらに食品添加物、遺伝子の組みかえ食品、残留農薬などの規制緩和により、食の安全面においての不安と、また医療保険の自由化、混合診療の解禁により、国保制度の圧迫や医療格差が広がりかねないというふうに私は考えております。総合的なTPP関連政策大綱も出されておりますが、今後国会審議等では慎重に協議を進めてほしいと願うものでございます。  それでは、通告による質問に入りたいと思っております。   もっと読む
2015-12-02 長崎市議会 2015-12-02 長崎市:平成27年第6回定例会(2日目) 本文 ドローンの農業分野への活用につきましては、ことし10月に諫早湾干拓農地で実施された長崎県農業法人協会による農薬散布への活用に向けた飛行実演や、佐賀県では、県、大学、企業の三者共同による農業におけるドローンの幅広い活用に向けた研究など、実用化に向けた取り組みが新聞及びインターネット等で紹介されています。   もっと読む