523件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

平戸市議会 2028-10-01 12月04日-02号

また、起業を目指す方々に対しては長崎商工会連合会創業支援といたしまして限度額200万円、市の創業支援事業といたしまして限度額100万円の補助がございます。 以上です。 ◆8番(井元宏三君)  先ほど条件に合致すれば、限度額400万円とおっしゃられましたけれども、この条件とはどういうものが上げられますでしょうか。

五島市議会 2023-09-09 09月09日-03号

次に、五島起業支援補助金制度の復活についてお伺いをいたします。 現在、五島市では、2年前に成立した国境離島新法によって、運賃低廉化はもとより、さまざまな創業事業拡張が手厚い補助制度のおかげで可能になりました。随分と雇用も発生をいたしております。この国境離島新法がどれだけ五島市を元気づけたか、はかり知れません。

五島市議会 2021-09-10 09月10日-04号

項目めといたしまして、有人国境離島法における雇用機会拡充支援事業起業支援事業のこれまでの実績と今後の見通しについて。 3項目めとしまして、五島市の交通行政について。 1番目、九州商船長崎-五島航路において、長崎離島地域交流促進基盤強化事業に基づく基本運賃低廉率が2割から1割に変更されることにより、運賃はどのように改定されるのか。 

平戸市議会 2020-07-19 09月04日-02号

起業化、継業化移業化、そして、多業化。 こういう取り組みがなされておりますが、先ほども申しましたように、国交省でこういう取り組みがあって、そして、内閣府ではまち・ひと・しごと、そこら辺での取り組み、あるいは、厚生労働省でも移住に関するもの、中小企業庁でもそうです。総務省でも。 そういういろんな取り組みがなされておって、今、部長のほうから事業説明等がありました。

五島市議会 2020-06-25 06月25日-03号

2人とも玉之浦小学校起業の場として希望しているという話を聞いたんですね。そういった感じで、その地域に合った校舎の利用の仕方というのがあると思うんですよね。玉之浦は、例えば、漁業の町であって、海産物に特化した企業とか、また観光に特化した分とか、いろいろあると思います。平成小学校なんかは、あそこはもう民家がほとんどないんですね。

長崎市議会 2020-03-13 2020-03-13 長崎市:令和2年第1回定例会(7日目) 本文

ながさきの運営については、令和2年度が相手方の指定の最終年度となっていることを踏まえ、マネジメント意識を持って次の事業計画を立ててほしい、環境基本計画等の策定に当たっては、SDGs(持続可能な開発目標)の理念を踏まえた実行力のあるものを目指してほしい、「長崎のおさかな」PRおもてなし事業費については、水産農林部がしっかりリーダーシップをとりながら関係部局と一体的に連携してPRを行ってほしい、新産業起業

長崎市議会 2020-03-10 2020-03-10 長崎市:令和2年環境経済委員会 本文

次に、第7款商工費第1項商工費第2目商工振興費の中で新産業起業チャレンジ促進費が計上されておりますけれども、今、長崎基幹産業が低迷する中においては、この情報関連産業誘致、あるいはこの台頭、地盤も含めてですけれども、非常に未来の長崎を想像する中において分岐点となっています。この今年度、来年度、将来を見据えた動きをすることによって、大きな長崎産業になってくると確信をしております。

西海市議会 2020-03-05 03月05日-04号

なぜトヨタやそういう会社が成功したかというのは、まさにそういう結果だと思うので、農業もそういうふうな起業家、法人化集団化、もしくは連帯、そういうものによって、2030年に魅力的なものになれるか、なれないかというのが大きな要じゃないかと思っています。

長崎市議会 2020-03-05 2020-03-05 長崎市:令和2年環境経済委員会 本文

さまざまな主体の知見、ノウハウの組み合わせによる事業化につきましては、本年度から取り組んでおります大学研究誘致企業地場企業とのマッチングによる新たなビジネスモデルの創出に加えまして、地域課題解決事業化情報通信関連産業を支えるIT人材の育成、新たな市場の開拓に取り組むスタートアップを目指す人材の掘り起こしを行うこととしておりまして、関連事業として新産業起業チャレンジ促進費667万3,000

大村市議会 2020-03-04 03月04日-04号

また、起業を促す取り組みを進めると同時に、成長が見込まれる企業への集中支援海外を含めたビジネスマッチングの充実、研究開発段階での資金支援などが必要と提言をしております。 白書では、雇用面で、2012年度から2016年の九州地域従業員数を比較しますと、この5年間で約計13万3,200人、そのうちの長崎県は約1万6,000人が減少をしております。

雲仙市議会 2020-02-27 02月27日-01号

起業創業支援につきましては、創業支援等事業計画に基づき関係機関と連携を図りながら、市内産業活性化及び健全な発展に取り組んでまいります。 就職支援につきましては、観光産業におけるインバウンド対策を兼ね海外への情報発信等を推進し、海外大学からのインターンシップ受け入れによるグローバル人材の確保やインターンシップ終了後の就職あっせんなど、地域活性化に努めてまいります。