701件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

諫早市議会 2021-07-15 令和3年予算決算委員会(全体会) 本文 開催日:2021-07-15

分科会として、この事業起業化精神を育むキャリア教育の一環として進められていたものに、地域課題解決魅力発信活動も追加されているようだが、2つの目的の両立は非常に難しいのではないか。県からの委託事業ではあるが、学校の成果、生徒の充実感達成感が最も重要であり、市の独自性のもと、諫早市として子どもたちのための事業という姿勢を持ってテーマを決めていただくよう求める、との意見がありました。  

長崎市議会 2021-06-30 2021-06-30 長崎市:令和3年第3回定例会(7日目) 本文

そこで、長崎市は地場企業誘致企業都市部企業などを引き合わせ、様々なアイデアノウハウを取り込むことで新規事業創出を図るオープンイノベーション推進、また、起業を促し新たなビジネスモデル活用することで新規事業創出を図るスタートアップ支援2つ手法により新産業の種を育てるプロジェクトを進めています。

長崎市議会 2021-06-25 2021-06-25 長崎市:令和3年第3回定例会(4日目) 本文

そこで、地場企業誘致企業都市部企業などをマッチングし、様々なアイデアノウハウを取り込むことで新規事業創出を図るオープンイノベーション推進、また、起業を促し新たなビジネスモデル活用することで新規事業創出を図るスタートアップ支援2つのアプローチにより新産業の種を育てるプロジェクトを進めております。

佐世保市議会 2021-03-09 03月09日-03号

最高裁判所において令和2年10月8日にこの上告は棄却をされ、高等裁判所において、事業によって得られる公共の利益は、これによって失われる利益に優越していると認められる点、また経済性社会性両面において最も優れているとした起業者の判断は不合理と言えない点、またこの石木ダム事業において裁量の逸脱、または法を濫用した、そのような違法性はないという高等裁判所の判決が確定をしたわけであります。 

大村市議会 2021-03-04 03月04日-04号

あるいは起業につながるものはないかということに、それがつながっていくんじゃないかと思うわけです。ですから、市民協働という意識を育てる。それこそが人を育てる、人を育むということではないのかなと思います。 そういう意味で市民大学というような、市民が広く学べる場、そして考える場、集える場、そういう場が必要ではないかと思うのですが、いかがでしょうか。

長崎市議会 2021-03-03 2021-03-03 長崎市:令和3年環境経済委員会 本文

産業起業チャレンジ促進費1,527万円が計上されております。新しい産業の種を育てるためのオープンイノベーション型新規事業創出に係る予算が計上されておりますけれども、ぜひ長崎発の新しいビジネスモデルをつくってほしいと思います。新型コロナウイルスきっかけオンライン化が進展するなど、地方であっても場所、時間の制約を超える新しいビジネスが生まれているようでございます。

長崎市議会 2021-02-25 2021-02-25 長崎市:令和3年環境経済委員会 本文

新たな強みを見いだすことによる新たな事業創出につきましては、県・企業金融機関等と共にオープンイノベーション手法活用による地域課題解決を切り口とした新たなビジネスチャンスの創出ビジネスモデル構築などを行う予定としており、関連事業といたしまして、当初予算で新産業起業チャレンジ促進費1,527万円を計上いたしております。

雲仙市議会 2021-02-25 02月25日-01号

民間活力活用につきましては、民間ノウハウや知見を生かし、雲仙市における課題解決を図るため、新たに総務省の「地域活性化起業人制度」を活用し、民間企業等社員受入れを行ってまいります。 SDGs推進につきましては、SDGsの理念の下に、本市における自律的な好循環を図るため、新たにSDGs未来都市及び自治体SDGsモデル事業の採択に向け、取り組んでまいります。 

五島市議会 2020-12-07 12月07日-05号

定住された方々は、そのほとんどが協力隊任期中に活動をした地域において活動をされておりまして、ゲストハウスやカフェを起業するなど、地域の担い手として活動をされているところであります。 現在、活動している隊員は6名いらっしゃいまして、五島市が抱える地域課題を克服するための専門的な方を任用しているところであります。 具体的には主に4つの課題に取り組んでおります。 

諫早市議会 2020-12-03 令和2年第5回(12月)定例会(第3日目)  本文

隊員定住に関しては、おっしゃられたように任期終了した隊員の約6割が同じ地域定住しており、定住した隊員のうち3人に1人以上は起業を選択しているということで、これは恐らく自治体による起業支援や国からの支援起業事業承継にかかる経費を特別交付税措置するなど、国の施策というのもあるからこそだと思います。  

大村市議会 2020-12-02 12月02日-02号

移住きっかけに新しい仕事に就職される方、起業される方など、様々でございます。 移住相談を受ける際には県の移住サポートセンターと連携を図りながら仕事を含め、きめ細やかな移住相談を行っているところでございます。 ◆17番(田中秀和君)  私が勝手に質問を2つに分けたものですから、職種のところまで答弁いただきまして、ありがとうございました。 私は、非常に移住が増えているなと。