運営者 Bitlet 姉妹サービス
520件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-10 松浦市議会 平成30年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2018年12月10日 加えて、本市として創業意欲のある若手であったり、いろんな起業家精神を持つ方に対しての各種支援というものはさまざまな形で提供されていると思います。そういった中で、支援の結果として創業に結びついたような件数というものもわかればあわせてお示しください。 もっと読む
2018-09-12 大村市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月12日−04号 僕がもともと勤めた飲食の人、お客さんは僕がここで起業したことは知らないと思います。それぐらい、地元のお客さんは来ていないですと。要するに、新幹線乗降客で自分は商売がうまくいっているとおっしゃっていました。   もっと読む
2018-09-10 松浦市議会 平成30年第3回定例会(第2号) 本文 開催日:2018年09月10日 今は全国的に見ても、若者の中には起業マインドを持った方が結構多くいらっしゃいます。私自身、商工会議所青年部に所属しておりますけれども、この組織の中に所属する方は、2代目、3代目の方も多いですが、同時に、みずから起業されたという方もたくさんいらっしゃいます。   もっと読む
2018-06-19 大村市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月19日−05号 この取り組みをより効果的に進めていくためにも、移住希望者や起業したい方々とのコーディネートや地域住民と一体となったまちの魅力づくり、情報発信などを担う人材が必要であると考えており、その一つとして、地域おこし協力隊の活用も視野に入れて、現在検討を進めているところでございますので、やる気がないように感じないでください。よろしくお願いいたします。 もっと読む
2018-03-09 大村市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月09日−07号 また、若手の8名のほうは、音楽家とか起業家、あるいはオペラ歌手とか東京大学の准教授とか、さまざまな職種の方でございます。  以上です。 ◆3番(野島進吾君)   そこには、大村市の方はいないんですよね。大村市内に住んで、今、事業をされている方とかはいないんですよね。 もっと読む
2018-03-08 西海市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月08日−04号 起業を目指している女性が多いことを改めて実感したところであります。  しかしながら、資金面などの関係で、個人で起業できない方もおり、このような状況から、女性の起業のための基金創設の必要性を改めて感じたところでございます。   もっと読む
2018-03-05 大村市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月05日−03号 子育て世代をターゲットとする都市圏でのプロモーションや大村市で起業したい人材の掘り起こしを行い、移住促進を図るということですけれども、移住プロモーションビデオを作成されると思うんですが、この件につきましては、よその自治体もいろいろやっておりまして、なかなかこの中で目を引くものをつくるのは難しいかと思うんですが、ぜひこれには市役所の職員さんも大いにかかわっていただきたいと思っているんですが、プロモーション もっと読む
2018-03-03 長崎市議会 2018-03-08 長崎市:平成30年環境経済委員会 本文 2.事業内容につきましては、商店街で喫緊の課題として認識されている後継者問題について、空き店舗対策の手法によりまして、商店街を起業する場として捉え、既存の空き店舗を埋めるということと、後継者不足により、将来、発生の恐れのある空き店舗を出さないための実践的取り組みを行いたいと考えております。 もっと読む
2018-03-03 長崎市議会 2018-03-07 長崎市:平成30年総務委員会 本文 3.事業費内訳につきましては、平成30年度に係る各隊員の活動費、定住に向けた起業支援補助金、定住支援補助金のほか、募集に係る経費などでございます。  8ページをごらんください。4.財源内訳につきましては、地域振興基金繰入金と雇用保険料個人負担金を除く全額が交付税対象となっております。 もっと読む
2018-03-01 島原市議会 平成30年3月定例会(第6号) 本文 若者チャレンジ事業について、新年度から市内で創業する移住、定住者の若者を支援する枠が新設されているが、どのような内容かとの質疑には、補助対象経費の2分の1で、市内在住の若者には上限50万円、移住予定の若者には上限75万円として支援することで、若者の起業、島原に移住しての起業にチャレンジしてほしいと思っており、既存の事業を拡充する形で予算を計上しているとの答弁。   もっと読む
2018-02-02 長崎市議会 2018-02-28 長崎市:平成30年第1回定例会(4日目) 本文 「産学官の連携は当然のことですが、斬新なアイデアで、起業する学生を育てることも重要と考えています」というようなコメントが載っておりました。また、大学では先日の新聞報道で、情報系の学部の新設という話もありました。長崎県のほうでは新たな基幹産業づくりということで、ロボット、ICTなどの産業集積を図っていくというようなお話もあっております。 もっと読む
2017-12-12 長崎市議会 2017-12-07 長崎市:平成29年総務委員会 本文 183 ◯濱口産業雇用政策課長 今、こちら商工部のほうでは起業支援として、中小企業サポート活動、いろんなご相談とかに乗っております。ですから、こういう案件がございましたら私どものほうでご相談に乗って、そこの申請についてはいろいろアドバイスしていきたいと思っております。   もっと読む
2017-12-11 大村市議会 平成29年 12月 定例会(第6回)-12月11日−05号 非常にすばらしいなと、大企業チーム、中小企業チームとわかれて、ビルをつくるためにはどうすればいいのかだとか、そういったシミュレーションをやったりしていくわけなんですが、このような活動を見学をさせていただいて、そして、地元の起業家の皆さんとお話をさせていただいて、やはりこの中小企業問題は、つまるところ、教育問題に帰結をするんだというようなお話でありました。   もっと読む
2017-10-10 長崎市議会 2017-10-19 長崎市:平成29年総務委員会 本文 このうち、平成28年度から取り組んだ社会的課題発見事業では、社会の課題をビジネスの手法を取り入れた事業で解決しようと活動している社会起業家を招いた講演会を開催いたしました。子どもや環境、健康づくりをテーマに3回にわたって実施し、テーマに関する活動を行っている市民活動団体のメンバーなど、延べ84人の市民の皆様が参加いただきました。 もっと読む
2017-09-19 五島市議会 平成29年  9月 定例会-09月19日−03号 空き店舗を探している起業家の方々の物件探しにつきましては、今後も所有者の橋渡しなど、市でできることを支援してまいりたいと考えております。  続きまして、雇用を生み出す政策について質問がございました。   もっと読む
2017-09-11 松浦市議会 平成29年第3回定例会(第2号) 本文 開催日:2017年09月11日 市民の生活環境の向上にとどまらず、企業誘致や松浦市内での新しい仕事を起こす起業の可能性が大きく拡大すること。テレワーク等の新しい働き方が提案できる市になること。そして、移住促進をしていくに当たって、光ファイバーの整備はもう既に大前提となっていることを訴えてまいりました。   もっと読む
2017-09-01 諫早市議会 平成29年第5回(9月)定例会(第5日目)  本文 あと一つ、男女共同参画の一環から女性のための起業塾開催事業を実施し、5年間で15件の女性の起業を支援する目標が掲げてありますけども、現状どうなのか、2点お尋ねいたします。 もっと読む
2017-08-08 長崎市議会 2017-08-30 長崎市:平成29年雇用・人口減少対策特別委員会 本文 あとは、まとめとしては、繰り返しになりますけれども、地元志向が高い女子学生が多いということで、結果として市内に残っている、それは大学としても喜ばしいことで、欲を言えば長崎市で活躍する代表のような人たちが、どんどんこれからまた、特に起業とかそういう方面でも卒業生に頑張ってほしいということで、卒業後のバックアップもしておりますけれども、そういうふうな希望を含めて、以上でご報告を終えさせていただきます。 もっと読む
2017-06-23 西海市議会 平成29年  6月 定例会(第2回)-06月23日−資料 質問事項2  高速通信網の整備について 質問の要旨 1.定住促進、企業誘致、起業の促進等、多くの課題解決のためには高速インターネット(光ケーブル通信網)の整備が必要であると考えるが、市長の考えを伺う。 2.長崎市から本市西彼町大串を経由し、市役所へのケーブルが布設されているが、これを利用した市民の情報通信網の拡充はできないのか伺う。 もっと読む
2017-06-19 南島原市議会 平成29年  6月 定例会(第2回)-06月19日−04号 退任の理由でございますが、旧津波見小学校で廃校活用プランナーとして活動しておりました隊員につきましては、市内に引き続き定住しながら市内で起業をする準備が必要であるとの理由から退任をいたしました。また、マリンレジャープランナーとして活動しておりました2名の隊員につきましては、ダイビングの事業化は困難であるとの結論に至り、退任した次第でございます。   もっと読む