4件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

佐世保市議会 2018-12-06 平成30年 12月 定例会-12月06日−02号

しかしながら、北海道は釧路市、苫小牧市、留寿都村の道内候補が3カ所あり、いまだ1カ所に絞り切れない状態で、それぞれの候補地が釧路市と同様にIR誘致の計画を進めていました。その後、11月26日の北海道議会の食と観光対策特別委員会で苫小牧市を優先候補とすることが妥当であると、北海道IR有識者懇談会の基本的な考えの素案を提示したと聞き及んでおります。  

大村市議会 2012-09-24 平成24年  9月 定例会(第4回)-09月24日−07号

今回の指定管理候補者は、2006年、三重県四日市市に有限責任事業組合として設立され、現在まで、斎場の単独で指定管理者としての実績は全国で2カ所のみ(四日市市、苫小牧市)であり、他の11カ所は2社及び3社JVで指定管理者を受けている状況であり、極めて実績として乏しく、本市斎場の指定管理者としては不適格と判断をする。

諫早市議会 2009-09-01 平成21年第7回(9月)定例会(第7日目)  本文

それでは、8月26日、27日、28日と政務調査費を使わせていただきまして、明政クラブ、新風クラブの皆さん方と私、8人なのですが、苫小牧市、8月26日、財政健全化計画、行政改革推進計画ということ。8月27日は、滝川市、これは北海道なのですが、資源循環対策、地球温暖化対策、それから、旭川市、地場農産物を生かした食品加工に係る調査研究と旭川駅周辺開発というのに視察に行かせてもらいました。  

平戸市議会 2002-12-06 平成14年12月定例会-12月06日−04号

北海道の苫小牧から来た御夫婦でしたし、東京から来た方からも言われました。そして、そのターゲット、いわゆる若者か中高年か男性か女性か、それも見えない。願わくは今後の人口動態の中から熟年、高年齢者の方々がふえるだろうから、そこをねらってはどうかと、しかも、女性。  

  • 1