運営者 Bitlet 姉妹サービス
1394件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-11 松浦市議会 平成30年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2018年12月11日 また、その後、「尾道市における文化財級空き家の活用事例」と題しまして、NPO法人尾道空き家再生プロジェクトの豊田雅子代表理事から講演をいただいております。   もっと読む
2018-12-07 松浦市議会 平成30年第4回定例会 通告表 開催日:2018年12月07日 を対象とした毎年開催の提案について    │   ┃ ┃  ├─────────┼─────────────────────────────┼───┨ ┃  │ 和 田 大 介 │1.行政サービスと財政健全化計画について          │   ┃ ┃  │         │2.定住人口増加の施策について               │ 117 ┃ ┃  │         │3.まちづくり(空き家 もっと読む
2018-09-28 大村市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月28日−07号 そのほかにも、空き家等対策事業、耳が不自由な方のための文字と音声で情報を伝える防災ラジオの配布状況、産業医の委託料及び活動状況の適正、宇土市への災害時派遣職員の経費負担、現在の療養休暇中の職員数、不発弾処理対策事業に対する国からの財政支援、高齢運転者体験型運転講習会の開催数及び受講者数、駐輪場管理事業について質問するなど内容を検討した次第であります。   もっと読む
2018-09-12 大村市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月12日−04号 これは市が管理することで適正な維持管理ができるなどメリットもございますが、公共の所有物を私有地内に設置しなければならず、改築等で移設を求められたり、設置した家屋の世帯主の死亡などで空き家になると、使用料の徴収ができないままに維持管理を継続しなければならないという問題もあります。  また、経年劣化による修繕費の増加や料金徴収、その他の事務的なコストもかかりますし、デメリットもございます。 もっと読む
2018-09-10 松浦市議会 平成30年第3回定例会(第2号) 本文 開催日:2018年09月10日 そして、ところによっては、空き家と同時に農地を取得できるような下限を下げているところもあると書いてありますけど、今後とも、また聞きよったら長うなるけんあれですけども、ぜひその辺を研究して、50アールが決してつまらんと言っているわけじゃないとですけども、そういうことも考えていただきたいと思っております。  それから、農業委員会にお願いしたいことは、相続ですね、相続を進めてほしい。 もっと読む
2018-09-01 諫早市議会 平成30年第3回(9月)定例会(第5日目)  本文 緊急性のある場合と、危険性がある場合、それは、所有者にお願いはするのですけれども、高所作業車等がないとできない場所もありまして、そういう個人に御負担がなかなかできづらいということもありますし、最近では空き家もふえ、そしてまた高齢化も進みということで、所有者が適切な管理ができないという部分も非常に多くなってきていると思いますし、今後もふえていくのではないかと思いますので、そこは自治会長の皆様方とかいろんな もっと読む
2018-09-01 諫早市議会 平成30年第3回(9月)定例会(第3日目)  本文 まずは1点目、空き家対策について質問いたします。  空き家対策につきましては、1年前の平成29年9月議会でも質問をいたしました。空き家の問題は空き家そのものの問題だけでなく、移住・定住や高齢者福祉、防災、衛生などとも連続する問題であります。昨年の質問後、本市でもことし3月、空家等対策計画が策定され、総合的な空き家対策を実施するための基礎が整備されました。 もっと読む
2018-09-01 諫早市議会 平成30年第3回(9月)定例会(第4日目)  本文 あと2番の相談及び申請方法なのですけれども、昨日、ある老人会の会長のところにちょっとお伺いしていろいろと話を聞いたのですが、まず、自分の地域では空き家が多くなったということと、あとは老老世帯が多くなって、認知症の1つの例ですけど、認知症の奥さんがいらっしゃって、そして、もう自分はとにかく介護をし続けられないと、もうきつくなってきた、これから自分たちはどうしたらいいだろうかというところで相談があったみたいです もっと読む
2018-06-20 松浦市議会 平成30年第2回定例会(第5号) 本文 開催日:2018年06月20日 24 ◯ 10番(安江結子君)  45ページの空き家バンク利活用推進業務委託料130万円がございますが、この委託先と、それから委託の期間、それからその結果をどういうふうに利用するかというところまで理事者側から説明がございましたでしょうか。 もっと読む
2018-06-14 大村市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月14日−02号 例えば、これから空き家となるであろう総合福祉センターとか、上下水道局とか、ターミナルビル、あの周辺にはいろいろ、今後、空き家になるかもしれないというような公共の施設とか、ターミナルビルがございます。ああいう公共施設が非常に気になってまいりました。多くの方が、県立・市立一体型図書館に御来場なさるというふうな思いでありますが、市外からも来られると思います。 もっと読む
2018-06-01 諫早市議会 平成30年第2回(6月)定例会(第1日目)  本文 【空家等適正管理推進事業】  本市における空き家等の適正管理を推進し、市民の安全で安心な生活環境の形成を図り、公共の福祉の増進に資することを目的としまして、本年3月、「空家等対策の推進に関する特別措置法」に基づく「諫早市空家等対策計画」を策定いたしました。  なお、緊急安全代行措置等に必要な事項を定めるための条例案を本議会に提出いたしております。   もっと読む
2018-03-22 大村市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月22日−08号 本事業は、市内の空き家等の状況を把握し、適正管理が行われていない物件の所有者等への指導等や利活用を促すことで、安全で衛生的な生活環境を確保し、住みやすいまちづくりを推進するものであります。  委員会におきましては、現在の市内の空き家件数を質問し、理事者からは、本年2月末時点で、829件の空き家を確認しているとの答弁がありました。   もっと読む
2018-03-20 諫早市議会 平成30年予算決算委員会(全体会) 本文 開催日:2018-03-20 空家等適正管理推進事業【予算額24万5,000円】について、空家等対策計画は、平成29年度中に策定することになっているが、策定後のスケジュールは、との質疑に対し、平成30年度以降は、策定した空家等対策計画をもとに空き家対策を進めていくことになる。 もっと読む
2018-03-09 西海市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月09日−05号 具体的には、企業誘致活動、大島地区工業団地整備、再生可能エネルギー普及推進など新たな雇用を創出する取り組みを行うと同時に、そこに働く方々が市内に住んで頂くために、新たな宅地の整備、民間賃貸住宅の建設促進策や空き家・空き地の利活用対策、市内全域に光ファイバーによる高速通信網の整備などを進めることとしております。   もっと読む
2018-03-08 大村市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月08日−06号 そうしますと、空き家の上昇率というのは、今以上に上がっていくと思うのです。その中で、賃貸用不動産経営、アパートとか借家の経営というのもすごく厳しくなると思うのですが、今平たん地のすばらしい農地が相続税対策で住宅やアパートに転用されることがすごく多いような気がするのです。   もっと読む
2018-03-07 松浦市議会 平成30年第1回定例会(第4号) 本文 開催日:2018年03月07日 86 ◯ 9番(武辺鈴枝君)  この大崎小学校の跡地活用については、ちょっといただいたものがあるんですが、A型、雇用型であって、話の内容としては、なかなかすごいなと思ったんですが、まだ詰めていかんばいかんところ、例えば入所するところですね、空き家を活用してとかっておっしゃっているところもあるんですけども、今後の方針として、これはもう田代小学校も含めての御答弁でお願いしたいんですけども もっと読む
2018-03-06 松浦市議会 平成30年第1回定例会(第3号) 本文 開催日:2018年03月06日 これまで、先ほど議員からもお話がありましたとおり、松浦市においては、定住促進住宅の建設と空き家の有効活用を組み合わせた住宅政策を基本に、居住意向のアンケート調査を行ってきたところであります。 もっと読む
2018-03-03 長崎市議会 2018-03-07 長崎市:平成30年建設水道委員会 本文 ただ、子育てであるとか定住のための今ある公営住宅の空き家、これうまく使っていくかということにつきましてはこれは特定公共賃貸住宅に限らず考えていかなきゃならないんじゃないかというふうに考えております。 もっと読む
2018-03-03 長崎市議会 2018-03-15 長崎市:平成30年第1回定例会(6日目) 本文 であることから、代替策については地域住民の意見を十分聞くとともに理解を得ながら進めてほしい、九州新幹線西九州ルート建設事業費負担金や長崎駅周辺エリアデザイン検討費などの事業は、刻々と状況が変化していることから柔軟に対応しながら事業を推進してほしい、稲佐山公園スロープカー整備については、費用対効果及び今後の維持管理費などを勘案しながら事業を進めるとともに、運営体制の検討を早急に始めてほしい、活用可能空き家 もっと読む
2018-03-03 長崎市議会 2018-03-05 長崎市:平成30年教育厚生委員会 本文 空き家対策じゃありませんけれども、そういうふうなやり方も。先ほど聞けば、代がえ地が欲しいという状況がわかりませんけどね。そういう面では土木部との相談もあるかもしれないけれども、責任は教育委員会じゃないですか。何て言ったって。ここの二、三年の話じゃないでしょう。最初からずっと継続しているんだから。そしたらやはり努力してもらわなきゃ困りますよ。こういうふうに予算がどんどん上がってくると。 もっと読む