運営者 Bitlet 姉妹サービス
695件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-11 松浦市議会 平成30年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2018年12月11日 消えてなくなるだけではなく、今よりも子どもたちが少なくなれば、幼稚園も学校も廃校になるし、今よりも住む人がいなくなれば、ここにおられる皆様方も、お役所の皆さん方も半分は要らなくなるという現実を踏まえて、自分も松浦市の生き残りのためには痛みも甘んじて受ける覚悟がないと松浦市は消えてなくなると思っております。   もっと読む
2018-03-06 松浦市議会 平成30年第1回定例会(第3号) 本文 開催日:2018年03月06日 私は大変、これを努力された方に対しては敬意を表しますけれども、私はもう一遍、松浦市まち・ひと・しごと創生協議会のような形をやられて、市民総参加で、あるときは市民に痛みを伴う、そういった人口対策をやってもらいたい、少子化対策をですね。そういう意味で、何回も私は申し上げました。いろいろメンバーの選定基準についても、私は異論を申し上げました。 もっと読む
2017-10-10 長崎市議会 2017-10-31 長崎市:平成29年観光客受入対策特別委員会 本文 これは正直言うと、痛みが伴うことを地元の人に覚悟してもらわなきゃいけないわけですね。いい話ばっかりじゃないです、絶対に。もともと観光客が来るのは嫌だという人もたくさんいらっしゃるわけですからね。例えばですけれども、沖縄なんかは、かつては1月、2月、3月、冬場は余りお客さん来なかったんですよ。 もっと読む
2017-09-13 大村市議会 平成29年  9月 定例会(第5回)-09月13日−03号 活動に参加された市民からは、膝、腰の痛みがなくなった、ふだんの生活に張りが出て活動的になった、心も健康的になったなど、好評をいただいております。  引き続き、健康づくり推進員の皆様とともに、ラジオ体操も含めた市民の健康づくりを推進してまいります。 もっと読む
2017-09-11 松浦市議会 平成29年第3回定例会(第2号) 本文 開催日:2017年09月11日 これは教育長初め教育現場の人、それから、学校の先生方、教育関係者全てがそうだろうと思いますけども、1つの学校が閉鎖されるということの、この痛みの重大さというのは非常にはかり知れないと思うわけでございます。  なぜか。前も申し上げますように、「地域は児童数減少、人口の減少、高齢化になる。 もっと読む
2017-06-20 大村市議会 平成29年  6月 定例会(第3回)-06月20日−06号 痛みは伝染しません。人が歯が痛くても自分は痛くならないんです。恐怖は伝染するんです。  そういったことの精神的なものがありますので、現実的には市長ですから、何でも自分でお決めになっていいんですけども、やはり今回の市庁舎問題もそうですが、そういったこともしっかりお耳を市民の方、または、言う人がいるかどうかはわかりませんけれども、そういった方の御意見を拝聴するような形がいいかと思います。   もっと読む
2016-12-21 大村市議会 平成28年 12月 定例会(第6回)-12月21日−07号 現役世代の賃金が下がるような不測の経済状況になった場合、年金もそれに見合った給付額とし、現役世代と高齢世代で痛みを分かち合おうということであります。それにより、現役世代、つまり子や孫が将来に受け取る年金を確保することができ、若者の年金離れ、未納を回避する効果も期待されています。   もっと読む
2016-12-16 佐世保市議会 平成28年 12月定例会 文教厚生委員会-12月16日−03号 見直しは一概に年金が削減されると決まったものではなく、経済が厳しいときには全世代が痛みを公平に分かち合い、将来世代の年金を確保するという筋だと理解している。また、低所得の年金受給者の方々に対する支援策としては、別途給付金による支援等を適時に行っていく必要はあると考えている。以上のことから、賛同できない。 ◆北野委員   請願に反対である。 もっと読む
2016-11-11 長崎市議会 2016-11-04 長崎市:平成28年総務委員会 本文 市の職員として、地域経営の責任者としての自覚、それから市民の思いや期待を、あるいは痛みを酌み取る姿勢、変化に対する敏感な対応、さらに新たな発想と実践、それと最後にコスト意識、これらの要素を私は市の職員のスピリットとして持っていただくということが非常に大事なのではないかなと思っております。 もっと読む
2016-11-04 長崎市議会 2016.11.04 長崎市:平成28年総務委員会 本文 市の職員として、地域経営の責任者としての自覚、それから市民の思いや期待を、あるいは痛みを酌み取る姿勢、変化に対する敏感な対応、さらに新たな発想と実践、それと最後にコスト意識、これらの要素を私は市の職員のスピリットとして持っていただくということが非常に大事なのではないかなと思っております。 もっと読む
2016-09-28 時津町議会 平成28年第3回定例会(第4日 9月28日) 現に厚労省の幹部が、2008年1月18日、石川県での講演で、医療費が際限なく上がり続ける痛みを高齢者に自分の感覚で感じ取っていただくことにしたと述べ、2013年12月には、これからは高齢者にどんどん負担を求める時代だ、先の短い高齢者に基金を取り崩して保険料を下げるような優遇はすべきではないなどと述べています。   もっと読む
2016-09-28 時津町議会 平成28年第3回定例会(第4日 9月28日) 現に厚労省の幹部が、2008年1月18日、石川県での講演で、医療費が際限なく上がり続ける痛みを高齢者に自分の感覚で感じ取っていただくことにしたと述べ、2013年12月には、これからは高齢者にどんどん負担を求める時代だ、先の短い高齢者に基金を取り崩して保険料を下げるような優遇はすべきではないなどと述べています。   もっと読む
2016-09-27 五島市議会 平成28年  9月 定例会-09月27日−04号 このため、私は、将来への責任として、私たちの子や孫の世代に活力ある五島市を残すため、職員削減など、市役所みずから血を流す覚悟をもって改革を推進し、一方では、市民の皆様に痛みや負担を伴う見直しを行いながら、持続可能な財政基盤を構築し、厳しい財政状況にあっても、住民サービスが提供できるよう、将来に備える島づくり、これにも全力を尽くしてまいりたいというふうに思っております。  以上でございます。 もっと読む
2016-09-26 五島市議会 平成28年  9月 定例会-09月26日−03号 みについて  人材活用を目的として定住促進を 3 地域包括ケアシステムの取り組みについて  ①在宅医療・介護連携の現状は  ②地域完結型医療と介護・福祉の総合的なシステムの構築により地域のきずなづくりを 4 市民相談より  ①大浜地区の一部で水道の出が悪いので改善できないか  ②五島中央病院からのバスの便数をふやせないか5江川美津子議員1 市長の所信表明について  ①人口減少対策について  ②市民にも痛みもっと読む
2016-09-20 五島市議会 平成28年  9月 定例会-09月20日−01号 このため、徹底した事務事業の見直しや自主財源の確保に努めるとともに、職員数の削減など、市役所みずから血を流す覚悟をもって改革を推進し、一方では、市民の皆様に痛みや負担を伴う見直しをお願いしながら、将来に備えた持続可能な財政基盤を構築する必要がありますので、御理解をいただきますようお願いいたします。   もっと読む
2016-09-16 佐世保市議会 平成28年  9月定例会 企業経済委員会-09月16日−03号 痛みを受けてもらわないといけない。市民に実情を話せば、私は市民も協力することがあったと思う。市民からアイデアが出たかもしれない。そういうところをもっと大事にしてほしい。  今、市長がずっと市政懇談会で地区を回っているが、あれも全ての地域の人が出てくるわけではないが、せめてああいう形で地区公民館単位ぐらいを回って、本当にこういう苦しい状況にあるんだと。 もっと読む
2016-09-13 長崎市議会 2016.09.13 長崎市:平成28年教育厚生委員会 本文 仕事の関係もあり首や両腕からのまた腰にかけての痛みがしびれ感が再出現し、アルバイトのみでは生活や医療費の支払いが困難として市役所に相談をしたところ、ちょうど無料定額診療事業を始めました当院を紹介されて2010年11月に当院を初診となっています。   もっと読む
2016-09-12 大村市議会 平成28年  9月 定例会(第5回)-09月12日−05号 その後のその肩の痛みとか、その他が生じたというところまで把握できていなくて、私は遺憾に思っているところでございます。   もっと読む
2016-09-09 長崎市議会 2016-09-13 長崎市:平成28年教育厚生委員会 本文 仕事の関係もあり首や両腕からのまた腰にかけての痛みがしびれ感が再出現し、アルバイトのみでは生活や医療費の支払いが困難として市役所に相談をしたところ、ちょうど無料定額診療事業を始めました当院を紹介されて2010年11月に当院を初診となっています。   もっと読む
2016-09-01 諫早市議会 平成28年第3回(9月)定例会(第2日目)  本文 2105年5月、市町村国保の都道府県化、入院食費の負担増、保険外治療の拡大、医療費適正化計画の強化など、社会保障費削減のため、国民に痛みを押しつける改悪を盛り込んだ医療保険制度の改定法案が国会で可決されました。これにより、2018年度から国民健康保険は都道府県化へ、大きな転換期を迎えることになります。 もっと読む