運営者 Bitlet 姉妹サービス
272件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-01 諫早市議会 平成30年第3回(9月)定例会(第4日目)  本文 確かに市の管理として安全対策が一番必要ですが、海で休憩ですと強制する海は全国でも少ないのではないかと思われます。  しかしながら、安全対策は必要でございます。もし、そんな強制的な休憩をなくすようにするとすれば、監視員の今の装備品を考えてみると笛と無線機のみのような気がいたします。 もっと読む
2018-03-08 大村市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月08日−06号 続きまして、2項目め、消防員への準中型免許の取得助成ということですが、これは昨年、総務委員会で消防の方々と意見交換会をした折に、私も初めて知ったことでございます。今回問題になっている準中型免許、道路交通法の改正、これがどういうことなのか。そして、それが消防活動にどのような影響があるのか、ちょっと総務部長に御説明いただいてよろしいですか。 もっと読む
2018-03-03 長崎市議会 2018-03-09 長崎市:平成30年総務委員会 本文 次に、第2目非常備消防費につきましては、4億4,190万7,000円で、消防への安全装備品配備事業が完了したことや消防の定員を実状に沿うよう見直したことによる退職報償金掛金の減などにより、前年度当初予算と比較しますと、2,317万円の減となっております。  次に、274ページをお開きください。 もっと読む
2017-12-08 大村市議会 平成29年 12月 定例会(第6回)-12月08日−04号 消防についてでございます。  消防については、本日、最後に、トリで詳しい質問が、元安全対策課長から厳しい質問が出ると思いますから、私は省きます。それで、ちょっとだけ言います。やっぱり、何も言わんやったら、総務部長が困るけんね。  女性消防の活躍はすばらしいものがあります。先ほど、女性消防活性化大会が広島で開催されたと聞き及んでおります。本市からも3名が参加しております。 もっと読む
2017-12-04 大村市議会 平成29年 12月 定例会(第6回)-12月04日−01号 ④設計や工事等の発注方式について   ⑤総事業費の見通しと事業費削減策について   ⑥県内産木材の活用について12512月8日9朝長英美1 福祉行政について  (1) 介護サービスの未利用者について  (2) 高齢化率について  (3) 地域密着型老人施設について  (4) エンディングサポートについて  (5) 引きこもりについて  (6) 民生委員制度について 2 総務行政について  (1) 消防 もっと読む
2017-12-04 松浦市議会 平成29年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2017年12月04日 安全管理、特に交通安全については採算ラインに合わないとの声を聞きますが、長崎県に対して改善の要望をしてほしいと言っておりましたが、どのように対応されましたか。 もっと読む
2017-09-19 大村市議会 平成29年  9月 定例会(第5回)-09月19日−06号 細目2、今や女性活躍の時代であり、地域消防防災を担う女性消防の活躍が全国的にクローズアップされておりますことから、本市女性消防の実態について質問をいたします。   もっと読む
2017-09-13 松浦市議会 平成29年第3回定例会(第4号) 本文 開催日:2017年09月13日 続きまして、「消防について」です。  これは、おいが言うことでもなかとかもしらんですけども、序盤に星鹿地区振興の中でも少し消防について言いましたけども、人口減少で消防員の確保が今本当に難しいです。今後もっと難しくなっていくと思います。 もっと読む
2017-09-09 長崎市議会 2017-09-13 長崎市:平成29年環境経済委員会 本文 災害発生後、環境省の災害廃棄物処理支援ネットワークによる支援活動として、環境省及び公益社法人全国都市清掃会議による現地調査が行われ、福岡県朝倉市において大量の災害ごみが発生し、福岡県内自治体からの応援だけでは処理が困難であり、福岡県外の自治体に対しても災害ごみの処理について応援を要請することとなりました。 もっと読む
2017-09-09 長崎市議会 2017-09-07 長崎市:平成29年第3回定例会(3日目) 本文 現在、地域でリーダーとして活躍されている職員のほかに市役所の職員が地域の自治会、育成協、消防、社会福祉協議会等の役員として積極的に地域に参画できるよう、市役所の仕組み、職場環境、雰囲気づくりから変えてもらいたい。 もっと読む
2017-09-09 長崎市議会 2017-09-13 長崎市:平成29年総務委員会 本文 やはり、そういった装備というのはきちっとしなきゃならないというのは実はあるわけですけれども、ただ、日本の核兵器に対する、非常にその皆さんが心配するように、核廃絶については私なんかも被爆者なんだから当然でしょうけれども、やはり国民の安全のために、持たず持ち込まずまで果たしていいのかなということは、今、自民党の与党の総理候補と言われる人までが言い出しておりますから、そういったことについて皆さんはどんなふうに もっと読む
2017-09-01 諫早市議会 平成29年第5回(9月)定例会(第4日目)  本文 まず1点目、消防員の安全対策についてお伺いいたします。  この安全対策について、今回、質問に至った経緯でございますが、去る7月、九州北部豪雨がございました。その中で、大分県日田市の現場で活動していた43歳の消防員の方が、土砂崩れに巻き込まれて亡くなる事故がありました。   もっと読む
2017-07-06 諫早市議会 平成29年予算決算委員会(全体会) 本文 開催日:2017-07-06 11款消防防災費、2項消防費、消防活動資材整備事業【予算額470万円】について、消防員の安全確保の充実のため、新たに耐切創性手袋を配備するとのことであるが、消防に配備する資機材の基準が変更になったということか。 もっと読む
2017-06-20 長崎市議会 2017.06.20 長崎市:平成29年総務委員会 本文 救助工作車の特徴としましては、火災や交通事故、水害や地震などのさまざまな災害現場において救助活動を行うため、ウインチやクレーン、照明器具を装備し、各種救助資機材を積載した消防自動車で、人命救助を専門とした特別救助隊などが運用いたします。  3ページをごらんください。次に、救助工作車の主要装備について、現在配置されている救助工作車の写真によりご説明いたします。 もっと読む
2017-06-14 松浦市議会 平成29年第2回定例会(第4号) 本文 開催日:2017年06月14日 2項目めは、「消防及び消防施設・設備について」であります。  消防の組織についてお尋ねしますが、定数、また現状の実態はどのようになっていますか。 もっと読む
2017-06-06 長崎市議会 2017-06-20 長崎市:平成29年総務委員会 本文 救助工作車の特徴としましては、火災や交通事故、水害や地震などのさまざまな災害現場において救助活動を行うため、ウインチやクレーン、照明器具を装備し、各種救助資機材を積載した消防自動車で、人命救助を専門とした特別救助隊などが運用いたします。  3ページをごらんください。次に、救助工作車の主要装備について、現在配置されている救助工作車の写真によりご説明いたします。 もっと読む
2017-03-14 長崎市議会 2017.03.14 長崎市:平成29年総務委員会 本文 次に、2の事業内容ですが、まず拡大分である(1)消防安全装備品の配備といたしまして1,108万3,000円を計上しております。これは消防員の災害活動時における安全確保に必要な装備品を充実させ、災害対応力の強化を図ろうとするもので、ヘッドライト、耐切創性手袋、防塵眼鏡、防塵マスクを配備しようとするものでございます。なお、それぞれの配備数量と事業費については表に記載のとおりでございます。 もっと読む
2017-03-06 長崎市議会 2017.03.06 長崎市:平成29年総務委員会 本文 第43号議案「長崎市消防員定員条例の一部を改正する条例」を議題といたします。  理事者の説明を求めます。 三谷消防局長 第43号議案「長崎市消防員定員条例の一部を改正する条例」についてご説明いたします。  議案書は85ページでございます。 もっと読む
2017-03-03 長崎市議会 2017-03-06 長崎市:平成29年総務委員会 本文 本議案は1市7町の合併から10年が経過したことを契機といたしまして、消防の実情を総合的に勘案した組織の改編を踏まえ、消防活動上、必要となる人員を改めて定める必要があることから、長崎市消防員定員条例の一部を改正するものでございます。  改正内容等につきましては予防課長が説明いたします。 もっと読む
2017-03-03 長崎市議会 2017-03-14 長崎市:平成29年総務委員会 本文 次に、2の事業内容ですが、まず拡大分である(1)消防安全装備品の配備といたしまして1,108万3,000円を計上しております。これは消防員の災害活動時における安全確保に必要な装備品を充実させ、災害対応力の強化を図ろうとするもので、ヘッドライト、耐切創性手袋、防塵眼鏡、防塵マスクを配備しようとするものでございます。なお、それぞれの配備数量と事業費については表に記載のとおりでございます。 もっと読む