4845件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

時津町議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会(第4日 3月22日)

森   達 也   建設部長      朝 長 郁 雄  教育長      相 川 節 子   産業振興課長    松 園 喜 秀  総務部長     田 口 房 吉   農業委員会事務局長 濵 崎 憲 睦  総務課長     太 田 信 孝   区画整理課長    江 頭 春 彦  企画財政課長   大 宅 啓 史   都市整備課長    出 岐 貴 弘  行政管理課長   溝 上 辰 雄   水道局長

長崎市議会 2019-03-11 2019-03-11 長崎市:平成31年議会運営委員会 本文

第65号議案から第67号議案までの以上3件につきましては、土木部を所管する建設水道委員会に付託いたしたいと考えております。  次の3ページには、資料2-2として議案審査付託表を掲載しており、本日の本会議で追加の3議案とともに議場配付させていただきたいと考えております。  以上、建設水道委員会3件という内容で、委員会付託分類してよろしいか、ご協議いただきますようお願いいたします。  

長崎市議会 2019-03-06 2019-03-06 長崎市:平成31年議会運営委員会 本文

昨日、この議案の付託先である建設水道委員会において、早速、審査、結審いただきましたので、本日この後午前10時より本会議を開いていただき、建設水道委員会の委員長報告、質疑・討論・採決を行っていただきたいと考えております。  以上のとおり取り扱ってよろしいか、ご協議をお願いいたします。  

島原市議会 2019-03-01 平成31年3月定例会 会議に付した事件

                                        │原案可決│ │第4号議案 │島原市鯉の泳ぐまち観光交流施設条例の一部を改正する条例             │    │ │      │                                        │31.3.20│ ├──────┼────────────────────────────────────────┼────┤ │      │島原市水道事業

長崎市議会 2019-02-13 2019-02-13 長崎市:平成31年議会運営委員会 本文

第25号議案「長崎市市民活動センター条例の一部を改正する条例」から第41号議案「長崎市水道事業給水条例等の一部を改正する条例」までの17の議案は、消費税法の一部改正に伴い、公の施設の使用料等を改定しようとするものでございます。  資料3ページをごらんください。  

時津町議会 2019-02-07 平成31年第1回臨時会(第1日 2月 7日)

森   達 也   建設部長      朝 長 郁 雄  教育長      相 川 節 子   産業振興課長    松 園 喜 秀  総務部長     田 口 房 吉   農業委員会事務局長 濵 崎 憲 睦  総務課長     太 田 信 孝   区画整理課長    江 頭 春 彦  企画財政課長   大 宅 啓 史   都市整備課長    出 岐 貴 弘  行政管理課長   溝 上 辰 雄   水道局長

佐世保市議会 2018-12-20 平成30年 12月 定例会-12月20日−06号

佐世保市営島瀬駐車場の指定管理者の指定の件 第10 第192号議案 佐世保市営アルファ駐車場の指定管理者の指定の件 第11 第166号議案 平成30年度佐世保市住宅事業特別会計補正予算(第1号) 第12 第174号議案 佐世保市景観条例の一部改正の件 第13 第175号議案 佐世保市廃棄物の減量及び適正処理等に関する条例の一部改正の件 第14 第176号議案 佐世保市布設工事監督者の配置基準及び資格基準並びに水道技術管理者

松浦市議会 2018-12-19 平成30年第4回定例会(第5号) 名簿 開催日:2018年12月19日

損害賠償額の決定について 第12  議案第153号  北松北部環境組合規約の一部変更について 第13  議案第140号  平成30年度松浦市臨海土地造成事業特別会計補正予算(第2号) 第14  議案第141号  平成30年度松浦市工業団地造成事業特別会計補正予算(第1号) 第15  議案第142号  平成30年度松浦市下水道事業特別会計補正予算(第2号) 第16  議案第143号  平成30年度松浦市水道事業会計補正予算

五島市議会 2018-12-19 平成30年 12月 定例会-12月19日−06号

吉谷清光君   富江支所長     小田昌広君  教育長       藤田清人君   玉之浦支所長    竹野 茂君  総務企画部長    久保 実君   三井楽支所長    吉田典昭君  市民生活部長    川端久章君   岐宿支所長     中野邦彦君  地域振興部長    塩川徳也君   奈留支所長     夏井勝幸君  農林水産部長    田端正之君   会計管理者     佐々野祐八君  建設水道部長

時津町議会 2018-12-12 平成30年第4回定例会(第4日12月12日)

森   達 也   建設部長      朝 長 郁 雄  教育長      相 川 節 子   産業振興課長    松 園 喜 秀  総務部長     田 口 房 吉   農業委員会事務局長 濵 崎 憲 睦  総務課長     太 田 信 孝   区画整理課長    江 頭 春 彦  企画財政課長   大 宅 啓 史   都市整備課長    出 岐 貴 弘  行政管理課長   溝 上 辰 雄   水道局長

長崎市議会 2018-12-12 2018-12-12 長崎市:平成30年コンベンション誘致対策特別委員会 本文

71 ◯黒田交流拠点施設整備室長 今、台風の高潮というところでご指摘をいただきましたけれども、先ほどご答弁差し上げましたけれども、浸水、あびき、それに雨、そういった部分のかさ上げでありますとか、今、上下水道局でやっていますフラップゲートだとか貯留管というのは、平成24年度の台風16号の最高潮位というのがございまして、そういった最高潮位をもとに設計の基準を

松浦市議会 2018-12-12 平成30年第4回定例会(第4号) 本文 開催日:2018年12月12日

徳田議員御紹介のとおり、福島の東側にはいろは島が広がり、そして北側には日比水道にかかる鷹島肥前大橋が見え、そして西側に行くと土谷棚田が見える。まさに福島の風光明媚なよさをしっかりと堪能したところであります。何度も何度も福島行っておりますけれども、やはり車窓からではわからない福島のよさを改めて実感したところであります。  

松浦市議会 2018-12-11 平成30年第4回定例会(第3号) 名簿 開催日:2018年12月11日

君    農業委員会事務局長   眞 弓 朋 治 君  選管事務局長  消   防   長   石 井 英 治 君    教育次長兼       宮 島 哲 郎 君                           学校教育課長  教育次長兼       石 黒 修 子 君    生涯学習課長      近 藤 寿 一 君  教育総務課長  文化財課長       内 野   義 君    上下水道課長

佐世保市議会 2018-12-11 平成30年 12月 定例会-12月11日−05号

水道局長(谷本薫治君) (登壇)  2項目めの御質問、水道施設の老朽化対策についてお答えいたします。  1点目に、ダムの老朽化の状況についての御質問でございました。  佐世保地区には現在六つのダムが存在しておりますが、このうち五つは戦前または終戦直後の軍港水道時代に建設されたダムで、老朽化が進行しております。  

諫早市議会 2018-12-11 平成30年予算決算委員会(全体会) 名簿 開催日:2018-12-11

   28番  中  野  太  陽  君              29番  西  口  雪  夫  君 欠席委員(1名)    20番  木  下  政  儀  君 執行部出席者  市     長  宮 本 明 雄 君             副  市  長  早 田   実 君  副  市  長  大 水 敏 弘 君             教  育  長  西 村 暢 彦 君  上下水道局長

長崎市議会 2018-12-10 2018-12-10 長崎市:平成30年総務委員会 本文

第16款県支出金第1項県負担金第3目衛生費県負担金第2節上水道費負担金377万円につきましては、水道事業会計繰出金に係るものでございます。次に、第2項県補助金第2目民生費県補助金第1節社会福祉費補助金1億1,835万6,000円につきましては、高齢者施設開設準備費補助金及び高齢者福祉施設整備事業費補助金に係るものでございます。  総括説明資料は14ページの一番上をごらんください。

佐世保市議会 2018-12-10 平成30年 12月 定例会-12月10日−04号

次に、各地域の水道事業の実情と課題認識についてお伺いいたします。  本市の水道事業は、簡易水道施設を含めて複数の浄化施設や、それに関連する水道施設を数多く管理されており、地域ごと、施設ごとに課題や能力に差が生じています。今回の渇水状況についても、改めて地域間の格差が浮き彫りになったものと思います。  そこで、各地域の実情と課題について、どのように捉えられているのか。