118件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-19 長崎市議会 2018-09-19 長崎市:平成30年コンベンション誘致対策特別委員会 本文 次世代技術、昨今でいえばIoTとかAIとか、もともとある自動車業界を生かしてモビリティー、そして九州大学さんや福岡市、福岡県で開発をやっている水素エネルギー、こういったものを生かしたような次世代技術の先端研究施設であったり、もしくは実際に事業を行っている場所であったり。またはクリエイティブ産業、福岡市にはアニメーターとか、もしくはゲーム会社が幾つかございます。 もっと読む
2017-03-16 長崎市議会 2017-03-16 長崎市:平成29年第1回定例会(6日目) 本文 委員会におきましては、新ネットワーク管の布設において当初ボーリング調査を実施して使用する機器を決定したにもかかわらず、施工中に仕様を変更した理由、当初の設計で硫化水素濃度対策など安全確保措置を講じることができなかった理由について質すなど内容検討の結果、工事を実施するに当たっては細心の注意を払って調査を行い、部局間の連携を十分に取り合って、今後このようなことが起きないように事業を推進してほしいとの要望 もっと読む
2017-03-07 長崎市議会 2017-03-07 長崎市:平成29年建設水道委員会 本文 そしたらもう、この硫化水素濃度対策とかいうのも、普通こういった工事ばするときにはそういった対策というのは、何らかないんですか。よくわからないんですけど、わからないから聞いてるんですけど。 もっと読む
2017-02-01 諫早市議会 平成29年第1回(2月)定例会(第4日目)  本文 カキ殻を利用したときの効果といたしましては、底質のペーハーを引き上げ、有害な硫化水素を吸着して、環境改善及び生態系の修復に役立つことが確認されております。   もっと読む
2016-12-13 松浦市議会 平成28年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2016年12月13日 2020年度から国策として普及するでありましょう水素自動車に対するものです。ほとんど余っておると言われる鷹島ダムを利用した水素を製造する会社の誘致、公募による企業誘致であります。売電ではありません。九電も関係ありません。蓄電装置を利用し、既に九州大学も本格的に研究し、糸島キャンパスは水素ガスの研究拠点になっているそうであります。隣に情報はたくさんあります。 もっと読む
2016-12-01 長崎市議会 2016-12-01 長崎市:平成28年第5回定例会(3日目) 本文 (2)水素エネルギーの本市の取り組み。  日本再興戦略2016によると、水素社会の実現に向け、2030年までに水素発電本格導入と水素サプライチェーンの構築を目指すとあります。海洋再生エネルギーと水素エネルギーは密接な関係にあります。その意味で、海洋再生エネルギー産業の推進に取り組む本市においても水素エネルギーの推進に対しても取り組むべきと考えます。 もっと読む
2016-11-25 長崎市議会 2016-11-25 長崎市:平成28年第5回定例会 通告一覧 新技術の大波への対応   3 観光政策や地域の伝統文化の評価について    (1) 季節感のある観光地への進化    (2) ユネスコ無形文化遺産や日本遺産といった形のないものへの取り組み  ○ 永尾春文議員[平成28年12月1日(木)]   1 有害鳥獣対策について    (1) イノシシ対策の問題点   2 産業振興について    (1) 海洋再生エネルギーの本市の取り組み    (2) 水素 もっと読む
2016-09-12 佐世保市議会 平成28年  9月 定例会-09月12日−03号 エコ、自然エネルギー、太陽光発電、水素カー、電力の自由化など、地球温暖化に関する話題がメディアでは出ない日がまずないと言ってよいぐらい、地球温暖化問題については注目されております。  本年6月には、九州北部地域では猛烈な雨が降り、観測史上1位を記録したということです。本市においても交通どめとなった地区もございました。 もっと読む
2016-09-01 長崎市議会 2016-09-01 長崎市:平成28年第4回定例会(1日目) 本文 初日の22日は、アバディーン市長を表敬訪問し、水素エネルギー関連施設、グラバーハウス、アバディーン大学にあるラグビーアカデミーの視察などを行いました。アバディーン市は、再生可能エネルギー分野で先進的な取り組みを行っており、水素エネルギー関連施設の視察だけでなく、実際に水素バスにも試乗し、その乗り心地のよさも体感させていただきました。 もっと読む
2016-07-12 五島市議会 平成28年  6月 定例会-07月12日−04号 再生可能エネルギー、水素エネルギーにしろ、あるいは潮流発電にしろ、あるいはツバキも、これは県の研究機関なんかの可能性もあろうかと思いますし、この世界遺産登録についても、元帳の方々、隠れキリシタン研究とか、このような可能性もあると思いますので、ぜひそれぞれの課としてはアンテナを張っていただいて、その誘致に向けて努力をしていただきたいというふうに要望をいたします。   もっと読む
2016-06-15 長崎市議会 2016-06-15 長崎市:平成28年各派代表者会 本文 現地での活動は3日間としておりますが、まず初日の22日は、アバディーン市長を表敬訪問するとともに、長崎市ゆかりのトーマス・ブレーク・グラバーを顕彰しているグラバーハウスの視察や、再生可能エネルギーの先進事例として、水素エネルギー関連施設視察を行うこととしております。 もっと読む
2016-06-15 長崎市議会 2016-06-15 長崎市:平成28年第3回定例会(2日目) 本文 北九州市からは、このエネルギー大臣会合が開催したことが、市民の誇りとなり、また世界で唯一のまちなかでの水素社会を実現した北九州水素タウンなど、先進的なエネルギー政策の世界的なアピールや国際的知名度が向上したなどの成果が上がっている、また、今後のMICE振興につながることが期待できると聞いております。   もっと読む
2016-06-01 諫早市議会 平成28年第2回(6月)定例会(第5日目)  本文 また、酸処理剤の大半はノリに吸収されず、海底に浸透し硫化水素を発生させるだけでなく、貧酸素水塊の形成原因となり、そのことが原因で二枚貝が死滅する」と述べられております。   もっと読む
2016-03-03 長崎市議会 2016-03-03 長崎市:平成28年環境経済委員会 本文 平成28年度におきましては、2.事業内容に記載してありますとおり、(1)復水器床部鋼板整備、(2)制御盤整備、(3)計装設備整備、(4)塩化水素・ばいじん計整備、(5)計量機設備整備を実施するものでございます。なお、(5)の計量機設備整備につきましては、新西工場の設備に合わせ三京クリーンランド埋立処分場と同様に2回計量を行うものといたします。  3.財源内訳でございます。   もっと読む
2015-12-07 松浦市議会 平成27年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2015年12月07日 また、pH水素イオン指数では、6測点全てにおいて水産用水基準7.8から8.4の範囲内にあるという状況でございます。また、底質につきましては、CODの水産用水基準は乾いた泥で1グラム当たり20ミリグラム以下となっておりまして、6測点全てで基準値を下回っております。しかし、硫化物の値では、超過している測点が見られるという状況でございます。   もっと読む
2015-09-30 五島市議会 平成27年  9月 定例会-09月30日−06号 浮体式洋上風力発電や水素施設の見学、崎山漁港での燃料電池船や電気自動車の試乗。また、再生可能エネルギーや水素についての授業を、日本理科教育支援センターの小森栄治先生から行っていただきました。子供たちからは、「五島でこんなすごい活動をしているとは思わなかった。風力発電、燃料電池船など地球環境のために考えていることにとても感動した。 もっと読む
2015-09-09 五島市議会 平成27年  9月 定例会-09月09日−01号 8月5日、国内初となる水素を燃料とする燃料電池船の完成式が椛島で開催され、前環境大臣の石原伸晃衆議院議員を初め多くの関係者が出席されました。  燃料電池船は、環境省の実証事業として戸田建設が中心になって開発したもので、今年度末まで実証航行が行われることになっています。 もっと読む
2015-07-09 五島市議会 平成27年  6月 定例会-07月09日−06号 6月28日、山谷えり子海洋政策担当大臣が、椛島の浮体式洋上風力発電や潮流発電の実証フィールドである奈留瀬戸、崎山漁港の水素関連施設を視察されました。視察後には、荒尾議長とともに実証フィールドの整備や五島海域における浮体式洋上風力発電の実用化、基幹送電網の整備など、海洋再生可能エネルギーに関する支援を要望いたしました。   もっと読む
2015-06-30 五島市議会 平成27年  6月 定例会-06月30日−04号 次に、水素エネルギーの活用策についてお答えいたします。  現在、環境省が浮体式洋上風力発電で発生する余剰電力を活用した水素の製造、貯蔵、運搬、利活用についての実証事業を本年度までの計画で実施しております。   もっと読む
2015-06-18 大村市議会 平成27年  6月 定例会(第3回)-06月18日−02号 よそがやっているからやろうなんていうような気持ちではなくて、こういうものを大いに活用し、エネルギーというのは今、非常にいろんな観点から研究が進められているし、大型化している施設を小型化ということもありますし、特に、水素エネルギーは非常に運搬とか備蓄が困難と言われるのが、トルエンと結合させて500分の1に圧縮する技術、そして、それをまた新たに水素として取り出す触媒の発明ということで、電気エネルギーを水素 もっと読む