運営者 Bitlet 姉妹サービス
624件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-07 松浦市議会 平成30年第3回定例会(第1号) 本文 開催日:2018年09月07日 次に、災害応急対策工事で農道1カ所、林道1カ所分を予算計上しているところでございます。   もっと読む
2018-09-01 諫早市議会 平成30年第3回(9月)定例会(第3日目)  本文 そしてまた、今整備を進めていただいております(仮称)林道しゃくなげ線が開通する上でこの林道丸尾線の役割、それから維持管理のあり方について伺ってまいります。 もっと読む
2018-06-14 大村市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月14日−02号 その中で、五家原岳に上る登山道でも沢から今度一部、林道に入って、また林道の途中から登山道に戻るということで、非常にわかりづらいなと、私の昔の記憶とはちょっと違うなと思いながら歩きました。ということで、しっかりその辺のところを対応していただきたいなと思います。   もっと読む
2018-03-03 長崎市議会 2018-03-07 長崎市:平成30年環境経済委員会 本文 これは、予算説明書219ページ説明欄の上段の2.林業総務費の1.林地台帳作成費を新規事業として計上し、3,000万円の皆増となることなどに伴い、第1目林業総務費の予算額が、前年度と比較して、2,993万8,000円の増の3,156万4,000円となるものの、第5目林道建設費の予算額が前年度と比較をして4,240万円の減となっていることなどによるもので、その主な要因は、予算書221ページ下段の第5目林道建設費 もっと読む
2018-03-03 長崎市議会 2018-03-06 長崎市:平成30年建設水道委員会 本文 上段の9番、長崎漁港村松線の西海町樫の久保は、林道西彼杵半島線の分岐である樫の久保バス停付近の西海町樫の久保地区の約200メートルにおきまして、用地補償と道路改良工事約40メートルが予定されております。下段の10番も同じく長崎漁港村松線の松崎町の約750メートルの区間におきまして、用地補償と道路改良工事約84メートルが予定されております。  次に41ページをお開きください。 もっと読む
2017-10-10 長崎市議会 2017-10-16 長崎市:平成29年環境経済委員会 本文 上のほうの第4目林道管理費でございますけれども、これは全額が総合事務所所管となっております。次に、第5目林道建設費のうち総合事務所所管分は、備考欄に記載の2.【単独】林業用施設整備事業費及び3.【単独】自然災害防止事業費のそれぞれ全額が対象となっております。   もっと読む
2017-09-11 松浦市議会 平成29年第3回定例会(第2号) 本文 開催日:2017年09月11日 (降壇) 36 ◯ 9番(白石光一郎君)  地域要望の大変多い市道、それから、林道の整備や農業、水産業の産業の育成と振興、中小企業の育成、人口減少問題、少子化の進行で、好きなクラブ活動もできない子どもたちがいます。人は必ず年をとります。 もっと読む
2017-09-01 諫早市議会 平成29年第5回(9月)定例会(第5日目)  本文 これは、駐車場を整備したり、林道をつくったり、ウオーキングコースを整備したりということで、今また新たな市道、広域林道と結びます、轟峡とを結びますルートを開設したいと思っております。  一方、西部地区ですけれども、諫早西部新住宅市街地開発事業の西側に隣接します地域でございまして、具体的には、真崎町から破籠井町にかけての一帯で、ウオーキングコースを研究、検討していきたいなと思っております。   もっと読む
2017-09-01 諫早市議会 平成29年第5回(9月)定例会(第2日目)  本文 事故で迂回されたルートでの距離については、市道大草蔭平線2,657メートルほか市道2路線で合計5,797メートル、林道西川内線1,074メートルほか林道2路線で合計1,688メートル、市道川内笹ノ元線から多良見支所まで約4,500メートルほか1区間で合計5,400メートルとなり、総計では1万2,885メートルとなります。 もっと読む
2017-07-06 諫早市議会 平成29年予算決算委員会(全体会) 本文 開催日:2017-07-06 6 ◯経済環境分科会長(林田 保君)登壇[ 262頁]  経済環境分科会で審査を担当しました議案第38号「平成29年度諫早市一般会計補正予算(第1号)」のうち歳出中関係分及び債務負担行為補正中関係分につきましては、栄町東西街区市街地再開発支援事業、し尿処理施設補修改善事業(新倉屋敷クリーンセンター)及び林道整備事業(高来町善住寺)など合計9カ所の現地調査 もっと読む
2017-06-21 長崎市議会 2017.06.21 長崎市:平成29年建設水道委員会 本文 資料中央の赤色で示した部分でございますが、県道小ヶ倉田上線、いわゆる戸町バイパスの大山入り口バス停先の交差点から東側に入り、林道新戸町線に接道する道路でございます。このたび、土地所有者からの寄附に伴いまして、認定をお願いしようとするものでございます。7ページをごらんください。新戸町32号線の起点終点及び中間地点の写真でございます。路線の延長は195.5メートルでございます。 もっと読む
2017-06-06 長崎市議会 2017-06-21 長崎市:平成29年建設水道委員会 本文 資料中央の赤色で示した部分でございますが、県道小ヶ倉田上線、いわゆる戸町バイパスの大山入り口バス停先の交差点から東側に入り、林道新戸町線に接道する道路でございます。このたび、土地所有者からの寄附に伴いまして、認定をお願いしようとするものでございます。7ページをごらんください。新戸町32号線の起点終点及び中間地点の写真でございます。路線の延長は195.5メートルでございます。 もっと読む
2017-06-01 諫早市議会 平成29年第4回(6月)定例会(第1日目)  本文 また、市の花であり、国の天然記念物の指定地でもある「ツクシシャクナゲ」を保護・育成するため、植栽と植栽地周辺の整備を計画的に実施し、自然に親しめる森林レクリエーションの場の提供を進めており、今年度は轟峡の大渡と林道多良岳横断線を連絡する(仮称)林道しゃくなげ線の開設工事に着手したいと考えているところでございます。   もっと読む
2017-06-01 諫早市議会 平成29年第4回(6月)定例会(第4日目)  本文 山茶花高原ピクニックパークの外周の道路は、約2.5キロメートル、幅員6メートルの道路であり、諫早市道、長崎県道、佐賀県林道となっており、毎年11月に行われる「山茶花ロードレース」や12月の「小長井さざんか駅伝大会」のコースとして利用されているところでございます。   もっと読む
2017-03-08 長崎市議会 2017.03.08 長崎市:平成29年環境経済委員会 本文 次に、218ページの中段、第4目林道管理費でございますが、予算額は456万5,000円で、前年度と比較いたしまして5,000円の減となっております。  次に、第5目林道建設費でございますが、予算額は4,740万円で、前年度と比較いたしまして1,890万円の増となっております。この主な理由といたしましては、219ページの説明欄の1. もっと読む
2017-03-08 長崎市議会 2017.03.08 長崎市:平成29年建設水道委員会 本文 上段の9番、長崎漁港村松線は、林道西彼杵半島線の分岐である樫の久保バス停付近の西海町樫の久保地区の約200メートルの区間におきまして、道路改良工事が予定されております。なお、当該区間は平成29年度の完成予定でございます。下段の10番も、同じく長崎漁港村松線の松崎町の約750メートルの区間におきまして、用地補償及び道路改良工事が予定されております。 もっと読む
2017-03-07 長崎市議会 2017.03.07 長崎市:平成29年総務委員会 本文 そして、水産農林部は農林整備課の農道・林道に関する事務の一部などを総合事務所に移管することに伴いまして、同課と農業振興課を廃止いたしまして、新たに農林振興課を新設します。土木部には道路や河川に関する事務の一部などを総合事務所に移管することに伴い、道路建設課、土木維持課を廃止し、新たに公園を含めた広域の土木施設の建設を行う土木建設課を新設いたします。 もっと読む
2017-03-07 五島市議会 平成29年  3月 定例会-03月07日−01号 森林整備に不可欠な路網については、県営事業の林道南部憩坂線の延伸、市営事業の林業専用道川原線の開設及び林道中岳線の改良工事を実施し、新規路線の開設についても県と連携し、検討してまいります。  ツバキの振興については、ツバキ実の増産及びツバキ生産者の収益増加策として、ツバキ台帳の整備、ツバキ植栽の推進、ツバキ実の収穫作業の省力化を進めてまいります。   もっと読む
2017-03-06 長崎市議会 2017.03.06 長崎市:平成29年環境経済委員会 本文 この概要の中で森林資源の有効活用という目的もうたっておりまして、今はなくても、例えば今後そのような林業に対しての取り組みの計画があった、そういった上でこういう林道整備がされているのか、そこをちょっと確認したかったんですけれど。もう一度森林資源の有効活用のことについて長崎市の取り組みをお聞かせください。 もっと読む
2017-03-06 平戸市議会 平成29年 3月定例会-03月06日−01号 林業費においては、市有林、森林公園、林道の維持管理経費などのほか、木質バイオマス資源の活用による広葉樹林の循環を目指した有効なエネルギーシステムに関する計画策定を行うための予算を計上いたしております。  一方、水産業費では、水産振興の各種事業や漁港の管理に要する経費のほか、生産活動の拠点として重要な役割を果たす漁港整備のための建設事業などを計上しております。   もっと読む