427件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

時津町議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会(第1日 3月 5日)

あわせて、アプローチ道路となる林道左底線の拡幅等を行い、鳴鼓岳やプロジェクトD植栽地へ多くの住民が安全に安心して訪れることができるようにいたします。  次に、水産業の復興につきましては、稚魚や稚ナマコの放流など、「つくり育てる漁業」を支援するとともに、水産資源保護のための密漁防止に努めます。  

長崎市議会 2019-02-13 2019-02-13 長崎市:平成31年議会運営委員会 本文

第52号議案から第54号議案までの「工事の請負契約の締結について」は、それぞれ重要文化財旧長崎英国領事館本館ほか保存修理第2期工事、林道大崎線地すべり災害復旧工事、伊良林小学校改築主体工事(2)の請負契約を締結するものでございます。  第55号議案「市道路線の認定及び廃止について」は、道路の移管等に伴い、市道路線の認定と廃止をするものでございます。  

佐世保市議会 2018-12-07 平成30年 12月 定例会-12月07日−03号

建設予定地は全て県境隣接の伊万里市側であるものの、機材搬入ルートは長崎県側の県道と佐世保市の市道、林道を拡幅し、樹木の伐採や一部改良も含まれていると聞いております。現在、事業計画では、出力2,000キロワットから3,400キロワットの風力発電設備を10基設置し、規模は最大3万4,000キロワットを見込んでいると言われております。  

長崎市議会 2018-10-22 2018-10-22 長崎市:平成30年環境経済委員会 本文

中段の第5目林道建設費の2.【単独】森林基幹道整備事業費の(1)西彼杵半島線77万5,120円でございますが、これは西彼杵半島を南北に縦断する県施行の幹線林道であります西彼杵半島線において、長崎市の区間部分について測量登記や用地購入等を行うものでございまして、平成29年度は1件の登記測量業務委託等を行ったところでございます。

佐世保市議会 2018-09-25 平成30年  9月 定例会-09月25日−06号

次に、都市整備部関係についてでありますが、7月の豪雨により、烏帽子岳高原リゾートスポーツの里において、のり面の崩壊が生じたことに伴い、利用者や隣接する林道の通行者の安全を確保するため、早急に復旧する必要があったことから、災害復旧費1,000万円の補正について、地方自治法第179条の規定により専決処分の承認が求められたものであります。  

長崎市議会 2018-09-21 2018-09-21 長崎市:平成30年第3回定例会(8日目) 本文

次に、災害復旧費において、平成30年7月豪雨により被災した農道及び林道の復旧工事を行うとともに、今後、災害が発生したときに緊急に対応するための農業用施設災害復旧費及び林業施設災害復旧費が計上されております。また、あわせて農道の災害復旧工事に係る繰越明許費が計上されております。  

長崎市議会 2018-09-12 2018-09-12 長崎市:平成30年建設水道委員会 本文

それに伴って、林道加勢首線になりますけれども、加勢首線のほうに土砂が入り込んでおりまして、その関係で通行どめにしているという状況です。  これにつきましては、施設の管理者、所有者のほうで土砂の崩れたところを復旧してもらうよう話をしておりまして、7月末からまず倒れた鉄塔の撤去に入っております。

長崎市議会 2018-09-12 2018-09-12 長崎市:平成30年環境経済委員会 本文

林道小次郎線の位置図を掲載しております。この林道小次郎線はJR現川駅南側の山手から矢上方面に通じる林道で、図面中央の赤丸で囲ったところが被災箇所でございます。  16ページをお開きください。写真では道上の法面が崩れて大量の土砂や樹木が道を塞いでいる状況でございまして、現在も通行どめを行っております。  次に、17ページをごらんください。

南島原市議会 2018-07-23 平成30年  7月 定例会(第2回)-07月23日−02号

その中で、やっぱり林道としてここはしたほうがいいんじゃないかというような箇所もあるし、農道として整備したほうがいいんじゃないですかというような箇所も多数見受けられたところがあります。  そこで、市道認定の見直しについて、どういうふうな考えをお持ちなのか、市長の見解をお伺いいたします。 ○議長(林田久富君)   松本市長。

南島原市議会 2018-06-22 平成30年  6月 臨時会(第1回)-06月22日−01号

この中で、農林水産部所管の工事等の中で完成しておりますのは、林業費の治山林道整備事業、これ2件のうち1件が完成しております。5月25日に完成をしております。それと、農業用施設災害復旧事業費につきましては、11件のうち10件が完成しております。残り1件がまだ8月末の完成予定でございます。農地災害につきましては、26件のうち25件が完成しております。残り1件が7月末の完成予定でございます。以上です。

平戸市議会 2018-03-08 平成30年 3月定例会-03月08日−03号

例えば、サンセットロードの活用のもと、川内峠や中南部、平戸中央縦貫線、これ、スーパー林道とも言っております。非常に林道として需要がなされておりますけれども、走ってみると、非常に九十九島が見えて、観光の資源にもつながるんじゃないかというふうに思っております。

長崎市議会 2018-03-07 2018-03-07 長崎市:平成30年環境経済委員会 本文

これは、予算説明書219ページ説明欄の上段の2.林業総務費の1.林地台帳作成費を新規事業として計上し、3,000万円の皆増となることなどに伴い、第1目林業総務費の予算額が、前年度と比較して、2,993万8,000円の増の3,156万4,000円となるものの、第5目林道建設費の予算額が前年度と比較をして4,240万円の減となっていることなどによるもので、その主な要因は、予算書221ページ下段の第5目林道建設費

長崎市議会 2018-03-06 2018-03-06 長崎市:平成30年建設水道委員会 本文

上段の9番、長崎漁港村松線の西海町樫の久保は、林道西彼杵半島線の分岐である樫の久保バス停付近の西海町樫の久保地区の約200メートルにおきまして、用地補償と道路改良工事約40メートルが予定されております。下段の10番も同じく長崎漁港村松線の松崎町の約750メートルの区間におきまして、用地補償と道路改良工事約84メートルが予定されております。  次に41ページをお開きください。

平戸市議会 2018-03-05 平成30年 3月定例会-03月05日−01号

林業費では、市有林、森林公園、林道の維持管理経費などのほか、木質バイオマス資源として広葉樹林を活用したエネルギーシステムの導入を目指した取り組みを行うための予算を計上しております。  一方、水産業費では、水産振興の各種事業や漁港の管理に要する経費のほか、漁業生産活動の拠点として重要な役割を担う漁港整備のための建設事業などを計上しております。  

長崎市議会 2017-10-16 2017-10-16 長崎市:平成29年環境経済委員会 本文

上のほうの第4目林道管理費でございますけれども、これは全額が総合事務所所管となっております。次に、第5目林道建設費のうち総合事務所所管分は、備考欄に記載の2.【単独】林業用施設整備事業費及び3.【単独】自然災害防止事業費のそれぞれ全額が対象となっております。