497件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

時津町議会 2017-03-24 平成29年第1回定例会(第4日 3月24日)

答弁といたしまして、人工透析が必要となる要因で最も割合の高い糖尿病性腎症について、医師指導により保健センター管理栄養士等が保健指導を行う事業であるということであります。  次に、後期高齢者医療制度保険料は2年ごとに見直すが、現在の保険料は幾らか。  答弁といたしまして、平成28年度から平成29年度の保険料は均等割が4万6,800円、所得割の割合は8.8%となっているということであります。  

長崎市議会 2017-03-02 2017-03-02 長崎市:平成29年第1回定例会(4日目) 本文

過去の市民病院の経営状況につきましては、長期にわたり毎年赤字が発生しており、成人センターと合わせた累積欠損金は、平成11年度決算で90億円を超える危機的な状況になっておりました。そのような中、議会とも種々議論を重ね、病院経営健全化計画を策定するなど、単年度での黒字経営に転換することができました。

長崎市議会 2017-02-27 2017-02-27 長崎市:平成29年第1回定例会(2日目) 本文

次に、小児・周産期医療につきましては、現在、長崎県内に母体・胎児集中治療管理室など高度な周産期機能を備えた総合周産期母子医療センター大村市長崎医療センターに1カ所、新生児集中治療管理室を備えた地域周産期母子医療センターは、長崎大学病院佐世保市総合医療センター市民病院の3カ所で、長崎県周産期医療を担っております。  

長崎市議会 2016-12-07 2016-12-07 長崎市:平成28年教育厚生委員会 本文

設立時の病院の名称は、法人移行前の長崎市市民病院長崎市成人センターをそのまま引き継いでおります。  平成26年2月に第1期棟が開院し、その際、病院名称を記載のとおり長崎みなとメディカルセンター市民病院長崎みなとメディカルセンター成人センターに変更いたしております。

長崎市議会 2016-10-28 2016-10-28 長崎市:平成28年教育厚生委員会 本文

内訳といたしましては、長崎みなとメディカルセンター市民病院施設整備資金貸付金は、予算現額22億7,330万円に対しまして支出済額は22億120万円で、不用額は7,210万円、執行率は96.8%でございます。また、長崎みなとメディカルセンター成人センター施設整備資金貸付金は、予算現額1,200万円に対しまして支出済額は850万円で、不用額は350万円、執行率は70.8%でございます。

長崎市議会 2016-10-27 2016-10-27 長崎市:平成28年教育厚生委員会 本文

平成27年度の取り組み概要と評価(成果)でございますが、夜間急患センターの運営並びに病院群輪番制病院への補助を行うことで、救急患者に対し適切な医療を提供することができたものと考えております。新市立病院の整備につきましては、新市立病院第2期棟が平成28年2月に完成し、3月には成人センター結核感染症病床などを引き継ぎ、413の病床の稼働を開始することができております。

長崎市議会 2016-09-15 2016-09-15 長崎市:平成28年教育厚生委員会 本文

この赤字の主な要因でございますが、市民病院平成28年7月から513床を有する病院としてスタートするに当たり、看護師を先行して採用したことによる給与費の増約3億3,000万円と、閉院が予定されていた成人センター患者が予定より少なかったことなどによる3億1,000万円が主な理由になります。また、営業外及び臨時損失等を合わせた表の一番下の当期純利益は8億5,735万円の損失を生じております。

長崎市議会 2016-09-09 2016-09-09 長崎市:平成28年第4回定例会(5日目) 本文

北部地区については、総合支所を琴海の南部総合センターに置いて、三重、琴海、外海地区を担当するようになっているようですが、この行政センターや支所の再編については、合併地区いわゆる現在の行政センターでのサービスの低下を懸念する、心配する声を地域の住民の方から聞いております。  私も、内容をお聞きして、本当に大丈夫なのかなと今、心配をしております。

長崎市議会 2016-09-06 2016-09-06 長崎市:平成28年第4回定例会(2日目) 本文

次に、行政センターの機能縮小についてお尋ねします。  合併地区に設置されている行政センターは、新たな支所となり機能が縮小されることになります。行政センターは、旧町編入合併の際に、窓口サービスは低下させないという方針のもと、旧町の窓口業務をほぼ引き継ぐ形で業務を行ってきました。また、数値には表れないものの、地域のイベント開催時に、行政センター職員が果たしてきた役割は大きなものがあります。