運営者 Bitlet 姉妹サービス
1406件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-01 島原市議会 平成30年12月定例会(第6号) 本文 家庭的保育事業等の事業所については現在本市にはなく、将来的にも、新たに家庭的保育事業等に取り組まれる可能性は低い状況であるとのことだが、その根拠をどのように考えているのかとの質疑には、家庭的保育事業等は、保育所や認定こども園で子供を預かりきれず、待機児童が出ている自治体向けにつくられた制度であるが、本市の現状としては、保育を希望されている方については受け入れがほぼできている状況である。   もっと読む
2018-09-14 大村市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月14日−06号 まず一次支援といたしましては、全ての児童生徒を対象にした未然防止の支援、二次支援としては、不登校になりそうな児童生徒への支援、そして三次支援としては、不登校になった児童生徒への支援という3つの段階を追った取り組みを行っているところでございます。   もっと読む
2018-09-12 大村市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月12日−04号 3つ目といたしまして、児童生徒がクールダウンできるよう、図書室やパソコン室等のエアコンを活用する。4つ目といたしまして、保健室等に経口補水液や保冷剤を常備しておく。5つ目といたしまして、不測の事態に備え、柔軟な対応を心がけるといった項目につきまして、各学校に対して通知を行い、対策を講じたところでございます。   もっと読む
2018-09-10 大村市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月10日−02号 また、昨年の7月、中央小学校のPTA主催で開催されました子ども自転車教室に参加した児童に対して、大村警察署の交通課が自転車講習修了証と称したカードを発行しました。児童たちにとって自転車で道路を走行する上での正しいルールを身につけ、交通安全に対する意識を高めるきっかけになったと思っております。   もっと読む
2018-09-06 大村市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月06日−01号 専門職短期大学」の創設が可能となったが、誘致を含めた本市の取り組みについて 3 総務部行政ついて  (1) 働き方改革関連法が来年4月から順次施行され、時間外労働の上限が原則化・規制化されることにより、「休み方改革」も求められることになるが、本市への導入について  (2) 本市の改訂版「ハザードマップ」の作成の進捗状況と「タイムライン(防災行動計画)」の導入検討について  (3) 本市は自転車利用者が多く、児童生徒 もっと読む
2018-09-01 諫早市議会 平成30年第3回(9月)定例会(第5日目)  本文 それと、上山荘につきましては避難される方が多いので、所管します健康福祉部のほうに連絡要員として1名が本庁に別に、今、待機をするようにしております。  ちなみに、ことしの台風で申しますと、7月2日に台風7号がまいりました。 もっと読む
2018-09-01 諫早市議会 平成30年第3回(9月)定例会(第4日目)  本文 また、通常学級に在籍する発達障害の可能性のある特別な教育的支援を必要とする児童生徒につきましては、概数は把握していますが、全ての児童生徒が医師の判断によるものではございません。 もっと読む
2018-06-21 西海市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月21日−資料 これにより、入園希望者が増加し、待機児童が増加すると考えられるが、市としての対応を伺う。 質問事項4  環境行政について 質問の要旨 (1) 大村湾の本市沿岸部における海域、河川の環境基準点の水質の状況を伺う。 (2) 大村湾の本市沿岸部における汚水処理施設の普及状況と接続率を伺う。 もっと読む
2018-06-19 大村市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月19日−05号 特に、ここ数年問題となっている待機児童の解消というのは、本市において最重要課題であるというふうに認識しております。今回、国が方針を示しましたので、まず、そういった動向をしっかりと注視してまいりたいというのが大前提でございます。  そういった中で、3歳から5歳児までが全員無償で、ゼロから2歳児までが一部有償ということに対しまして、お答え申し上げます。   もっと読む
2018-06-15 大村市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月15日−03号 今回の改正法の大きな柱は、自治体を超えて、近隣の自治体の認可保育所が利用できる越境入所の促進と企業が職場やその近く等で社員の子供を預かる企業主導型保育所の設置、促進を加速させることで、いずれも待機児童が集中する都市部で大きな役割を担う取り組みでありますけれども、本市は、近年、多くの待機児童を抱え、その解消のために新たな保育所の開設を推進したところであります。   もっと読む
2018-06-14 大村市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月14日−02号 ◎競艇企業局次長(馬場宏幸君)   路線バスのような運行というのは、ちょっと法的には難しいのではないかというふうに考えておりますけれども、議員がおっしゃいますように、ボートレース場のほうに、大体5時間から7時間ほど、何もしないで待機しているというバスもございます。 もっと読む
2018-06-12 大村市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月12日−01号 を支える取り組みが求められているが、本市の現状と今後の支援策について  (2) 昨年実施された県内の医療施設の看護職員の需要状況調査で明らかとなった看護師不足に関して、本市の現状と今後の対策について 5 こども未来部行政について  (1) 「改正子ども・子育て支援法」の施行により求められている自治体間の「越境入所」の促進と「企業主導型保育所」の設置加速に関し、県内及び本市の状況について  (2) 待機児童 もっと読む
2018-06-01 島原市議会 平成30年6月定例会(第6号) 本文 まず、第29号議案 島原市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例は、放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準の一部を改正する省令の施行に伴い、所要の整備を図るため、この条例を改正しようとするものであります。   もっと読む
2018-03-22 大村市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月22日−08号 特に子宮頸がん予防対策事業、あるいはこども園の運営円滑化事業、この関係で、今はまだ大村市の保育の待機児童が117名ぐらいありますけど、これにもまだ今後、これは本当は一般財源でやれる事業でありますけど。  不妊症・不育症支援対策事業、これは一般質問で取り上げて、当時の市長がいち早く九州で一番最初に取り組んでくれた事業です。 もっと読む
2018-03-09 大村市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月09日−07号 今大村では、待機児童117人、これ実際には、新年度、平成30年度だと思いますけども、3,127人の申し込みがあり、定員の上限を104%に引き上げてでも、2,964人を受け入れる見込みと。そこにあふれるのが、申し込んで入れない人が133人、待機児童117人と、数字がすり合わせといいましょうか、誤差がありますけど、これはどういうことですかね。 もっと読む
2018-03-05 大村市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月05日−03号 保育所の待機児童、保育園の待機児童は、全国で平成27年4月現在、2万3,167人、ゼロ歳から2歳までが特に多く、東京では9割、他の都道府県でもほぼ同じ、大村の実情はいかがでしょうか。 ◎こども未来部長(川下隆治君)   おはようございます。2月10日現在におきます本年4月保育所入所状況について御説明いたします。   もっと読む
2018-03-03 長崎市議会 2018-03-05 長崎市:平成30年教育厚生委員会 本文 上から2番目となりますが、第3款民生費第2項児童福祉費第1目児童福祉総務費でございますが、【補助】児童福祉施設整備事業費補助金民間認定こども園について1億7,362万3,000円を繰越明許費とし補正しようとするものでございます。   もっと読む
2018-03-03 長崎市議会 2018-03-15 長崎市:平成30年第1回定例会(6日目) 本文 まず、民生費において、民間認定こども園に対する児童福祉施設整備事業費補助金の繰越明許費が計上されております。委員会におきましては、民間認定こども園の施設整備において、民間法人が行う改築工事で、法人が建築確認申請に時間を要することとなったことへの市の責任の有無について質すなど、内容を検討した次第であります。   もっと読む
2018-03-03 長崎市議会 2018-03-06 長崎市:平成30年教育厚生委員会 本文 献立を考える人、つくる人と食べる児童・生徒の距離が近いほど丁寧な食育ができると考えます。また、センター方式で充実するものにアレルギー対応が言われていますが、施設(ハード)だけでは完結しません。児童・保護者・教職員と栄養士・調理委員の連携、ソフトも重要です。自校方式では栄養士が直接教職員から報告を受けたり、児童の様子を観察できますが、センター方式ではそれができません。   もっと読む
2018-03-03 長崎市議会 2018-03-08 長崎市:平成30年建設水道委員会 本文 待機箇所につきましては、毎年3件から4件地元の方からご要望がございますが、工事の性格上、土地所有者からの県施行、市施行どちらにしても寄附をいただくことになります。 もっと読む