運営者 Bitlet 姉妹サービス
766件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-10 松浦市議会 平成30年第3回定例会(第2号) 本文 開催日:2018年09月10日 また、私は以前から何度も、行政というのはお金がかかったら大変なので、失敗したら大ごとになりますのであれなんですが、ある資源を使って、どうか人を呼べるようなところにしたらどうかということ、前市長のころからも訴えてきたですね。   もっと読む
2018-09-10 大村市議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月10日−02号 大村市の温暖化対策としましては、これまで市役所内の照明や街灯のLED化による省エネルギー化の推進、また、全小中学校や市役所などの市の施設への太陽光発電設備の設置、また消化ガス、小水力による発電など再生可能エネルギーの導入を進めてきております。  今後も引き続き、公共施設の新設に当たっては、環境負荷の低減につながる再生可能エネルギーの導入をしっかり検討してまいります。 もっと読む
2018-03-07 松浦市議会 平成30年第1回定例会(第4号) 本文 開催日:2018年03月07日 49 ◯ 9番(武辺鈴枝君)  県のほうとしては、もう極限までこのミスをなくしたいということでICTを活用したアレルギー管理システムというのを導入されることになっているんですが、この導入に向けた本市の対応ですね、教職員だったり、例えば保護者への周知とか、それから導入時期とか、そういうものはどういうふうになっていますでしょうか。 もっと読む
2018-03-03 長崎市議会 2018-03-09 長崎市:平成30年環境経済委員会 本文 ANAテレマート、それからカネミツ、トランス・コスモス、AIGグループ、チューリッヒ保険会社といった会社が地域限定正社員を導入しておりまして、正社員と比べまして2万円から1万5,000円の差がございます。 もっと読む
2018-03-03 長崎市議会 2018-03-05 長崎市:平成30年環境経済委員会 本文 例えば民間の活力を導入して何らかに活用するとか、そういうふうな意見が出ておりますけど、まだ、その成案には至っていない状況がございます。   もっと読む
2018-03-03 長崎市議会 2018-03-12 長崎市:平成30年環境経済委員会 本文 先生のこれまでのご経験からコンベンションビューローとの関係も含めて人材登用について、これはもちろん財源も必要だと思いますしそのあたりはきちっと裏づけをした上で招聘しなければいけないと理解いたしておりますが、このあたりそのコンベンションビューローとCEOとの関係も含めて、これまで先生のご経験から申しわけないですけど成功例、失敗例があればちょっと人材登用について我々としてはやはりあの何度も申し上げますが もっと読む
2017-12-12 長崎市議会 2017-12-06 長崎市:平成29年総務委員会 本文 まず、企画財政部でございますが、市民協働推進室について、市民活動センターの指定管理者制度導入に伴い、組織の体制が縮小することから効率化を図るため、都市経営室内の課内室として移管いたします。次に、総務部でございますが、市長直下の東京事務所について、業務の関連が深い部に配置しまして、部長の指揮命令のもとに各所属との連携を図るなど、部において業務を所管、推進していくため、総務部に移管するものです。 もっと読む
2017-12-12 長崎市議会 2017-12-01 長崎市:平成29年第5回定例会(3日目) 本文 それはもちろん、お店や施設選びに失敗したくないからです。このお店の個室はどのくらいの広さがあるのだろうか、夜景がきれいに見えると噂のあの施設は実際にどんな夜景が見えるのだろうか、このお店や施設のキッズスペースは子どもたちが楽しく遊べそうな場所だろうかなどなど、まだ訪れたことのないお店や施設に対し、消費者が抱える疑問は数多く存在します。 もっと読む
2017-12-12 長崎市議会 2017-12-07 長崎市:平成29年環境経済委員会 本文 そもそも論ですけれども、こういった仕組みをなぜ地域に導入しなきゃいけないんだろうかというところからご説明しますと、実は、長年にわたって日本の観光の仕組みというのは、ごらんいただいたとおり、これは絵としてはマーケットサイドの大都市圏と観光客を受け入れる地域というふうに2つに分けているわけですが、大都市圏のほうのマーケットサイドのエージェントが極めて大きな主導的な役割を果たし、全国各地のいわゆる魅力的な もっと読む
2017-12-11 大村市議会 平成29年 12月 定例会(第6回)-12月11日−05号 大村市においてこの総合窓口に対しての考えがどうなのか、導入についての可能性をお尋ねいたします。 もっと読む
2017-12-08 大村市議会 平成29年 12月 定例会(第6回)-12月08日−04号 私は、あれは失敗作だと思っています。あれがなかったら、子供たちはもっと走り回ったりできるんです。そして、上のほうまで、板敷櫓まで走っていけるんですけど、危なくて手を引いとかんば、転んだら、あれは大けがするばいという状態だと思います。  最後に、総合運動公園の利用についてですけど、実際、この総合運動公園の利用料金は高いんじゃないかと思うんです。 もっと読む
2017-11-11 長崎市議会 2017-11-30 長崎市:平成29年第5回定例会(2日目) 本文 また、介護職員の身体的な負担を軽減するため、平成28年度に介護ロボットの導入を行う事業所へ支援を行い、現在、導入効果や課題の検証を行っているところでございます。  今後は、シルバー人材センターの会員等の元気な高齢者の方々に、軽度な介護の仕事をしていただけるような取り組みも検討してまいりたいと考えております。 もっと読む
2017-10-10 長崎市議会 2017-10-19 長崎市:平成29年総務委員会 本文 指定管理者制度導入施設の状況として13ページから15ページにかけて施設ごとの決算額の推移を、17ページから25ページにかけて施設の利用状況等の一覧を掲載しておりますので、あわせてご参照いただきたいと存じます。  次に、資料の26ページ及び27ページをお願いいたします。8.各基金別現在高の状況でございます。 もっと読む
2017-09-09 長崎市議会 2017-09-13 長崎市:平成29年総務委員会 本文 今、市民総合プールと東公園のコミュニティプールにつきましては指定管理者を導入しております。 もっと読む
2017-09-09 長崎市議会 2017-09-12 長崎市:平成29年教育厚生委員会 本文 (2)放課後児童支援員キャリアアップ処遇改善事業の新設による増額でございますが、質の向上の一環として新たに勤続年数や研修実績等に応じた処遇改善の補助を行う仕組みを導入することで、計画的に支援員の質の向上を図る仕組みを構築しようとするものです。ア.補助基準額及び対象となる職員でございますが、今回の処遇改善は3つに区分されております。 もっと読む
2017-06-21 長崎市議会 2017.06.21 長崎市:平成29年総務委員会 本文 まず、(1)指定管理者制度導入施設、長崎市市民活動センターでございます。当センターにおきましては、指定管理者の選定は公募により行い、指定期間は平成30年4月1日から平成35年3月31日までの5カ年を考えております。なお、市民活動センターの指定管理者制度の導入につきましては、平成29年2月に本委員会におきまして、条例の一部を改正する条例につきまして一部修正の上、可決いただいておるところでございます。 もっと読む
2017-06-19 大村市議会 平成29年  6月 定例会(第3回)-06月19日−05号 新規事業として、学校や家庭で多様な教材を簡単に手にすることができるパソコン上ではなくてペーパーでオンライン学習コンテンツを導入し、基礎学力の向上につなげ、あわせて教職員研修の充実と授業づくりの基礎、基本を示した学びネット定期便の活用により、教員の授業力向上を鋭意努力して目指してまいりたいと思っております。  以上です。 もっと読む
2017-06-16 長崎市議会 2017.06.16 長崎市:平成29年第2回定例会(4日目) 本文 議員ご指摘の年間パスポートにつきましては、市民の皆さんがグラバー園を訪れやすくなる仕組みの1つであると考えますので、今後、他施設の状況を考慮し、指定管理者と協議を行いながら、導入について前向きに検討してまいりたいと考えております。  以上でございます。 ◯まちづくり部長(片江伸一郎君) ご質問の3点目、道路行政についての(2)交通系共通ICカードの導入促進についてお答えいたします。   もっと読む
2017-06-06 長崎市議会 2017-06-21 長崎市:平成29年総務委員会 本文 まず、(1)指定管理者制度導入施設、長崎市市民活動センターでございます。当センターにおきましては、指定管理者の選定は公募により行い、指定期間は平成30年4月1日から平成35年3月31日までの5カ年を考えております。なお、市民活動センターの指定管理者制度の導入につきましては、平成29年2月に本委員会におきまして、条例の一部を改正する条例につきまして一部修正の上、可決いただいておるところでございます。 もっと読む
2017-06-06 長崎市議会 2017-06-16 長崎市:平成29年第2回定例会(4日目) 本文 このような中、長崎スマートカードは導入後10年以上が経過し、システムの更新の時期を迎えていることから、現在、長崎県バス協会を中心に、更新するシステムの内容などについて、交通事業者間で検討が進められているところでございます。 もっと読む