運営者 Bitlet 姉妹サービス
547件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-12 松浦市議会 平成30年第4回定例会(第4号) 本文 開催日:2018年12月12日 来年の中学、高校卒業生で、松浦市内の企業に就職される方は何人いらっしゃいますでしょうか、お答えをお願いします。 91 ◯ 学校教育課長(宮島哲郎君)  中学校分についてお答えいたします。   もっと読む
2018-09-01 諫早市議会 平成30年第3回(9月)定例会(第5日目)  本文 それが、夕方になって20ミリとかに上がったということで、夜間に大雨特別警報が出されたことを受けまして、すぐに避難勧告を発令した。先の雨量を読むというのはなかなか難しいということもございます。  このときは、本明川の水位とか洪水のほうは、まだそう大きな危険はなかった。 もっと読む
2018-09-01 諫早市議会 平成30年第3回(9月)定例会(第3日目)  本文 200グラム以上のドローンの場合、改正航空法の規制があり、空港等の周辺、人口密集地域及び150メートル以上の高さの空域での飛行については、地方航空局の許可が必要であるほか、その他の空域においても、夜間や目視外、または、イベントが開催されている場合などは、同局の承認が要るということでございます。   もっと読む
2018-06-14 大村市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月14日−02号 夜間発生した場合は深夜作業の労務は1.5倍となっておりますが、これは大体どのくらいですか。社員数は1社当たりどのくらいですか。 ◎上下水道局次長(原慶一郎君)   今手元に数字がございませんので、また後ほど回答させていただきたいと思います。 ◆13番(朝長英美君)   漏水事故があった場合に、市の職員は、こういうことはないですよね。 もっと読む
2018-03-03 長崎市議会 2018-03-07 長崎市:平成30年教育厚生委員会 本文 また、表の一番下の項目、夜間に共同生活住居、いわゆるグループホームで入浴、食事の介護や、日常生活上の援助等を行う共同生活援助につきましても、利用者のニーズは高く、国の補助を活用し受け皿となる事業所の整備に努め、利用も着実に増加していることから給付費の増を見込んでおります。  参考としまして14ページに、3.サービスごとの延べ利用数を掲載しておりますのでご参照ください。 もっと読む
2018-03-03 長崎市議会 2018-03-09 長崎市:平成30年教育厚生委員会 本文 (3)対象者数は410名で、現在の中学3年生から試算しております。次に、(4)事業費内訳につきましては、高校生等1人当たり6万3,200円で、410名分ですので2,591万2,000円を見込んでおります。  次に、17ページをごらんください。3.財源内訳でございますが、全額奨学基金を財源としております。4には国・県・市の奨学金制度の概要を記載しておりますのでご参照ください。   もっと読む
2018-03-03 長崎市議会 2018-03-09 長崎市:平成30年総務委員会 本文 それから消防団加入のところで、関係ないと思えば関係ないと思うんですけど、高校、中学、小学校も含めて、今学校の卒業シーズンですよね。例えば我々来賓で地域の小学校、高校には出席するんですが、消防局の方にはその地域の小学校、中学校、高校からのご案内とかありますか。 もっと読む
2018-03-03 長崎市議会 2018-03-09 長崎市:平成30年環境経済委員会 本文 2.事業内容ですが、平成29年5月に策定しました環長崎港夜間景観向上基本計画に基づいて夜間景観の整備に向け、公共施設や街路等の照明の設計を行うものでございます。(1)対象エリアとしましては、基本計画で設定しております夜間景観向上重点エリアの10エリアのうち、西坂・諏訪の森エリア、中島川・寺町エリア、春雨通りエリアの中・近景の3つのエリアと秋月町周辺の斜面市街地でございます。 もっと読む
2018-02-02 長崎市議会 2018-02-21 長崎市:平成30年第1回定例会(1日目) 本文 夜景観光の魅力向上を図るため、これまでに行政や民間事業者において行われた取り組みが示されるとともに、世界一の夜景都市となることを目指して、遠景及び中・近景の観点から必要な取り組みについて体系的にまとめ、戦略的に夜間景観の向上を図るための基本的な考え方を示す環長崎港夜間景観向上基本計画が今年度策定されたことが示されたところであります。 もっと読む
2017-12-07 大村市議会 平成29年 12月 定例会(第6回)-12月07日−03号 平成29年7月に、厚生労働省が夜間中学等に関する実態調査を実施し、結果を公表しています。 もっと読む
2017-12-04 大村市議会 平成29年 12月 定例会(第6回)-12月04日−01号 増について  (2) 議会が採択した「新たな市民会館の建設を求める請願」に対し、市はどのように受け止め、行政運営に反映させるのかについて  (3) シントラ市訪問を受け、今後の交流のあり方について  (4) 市長の面会記録の管理及び議員からの口利きの記録制度について  (5) 大村名物ゆでピーを盛り上げる条例の制定について  (6) JR大村線「車両基地駅」(仮称)の駅名について  (7) 大村市夜間初期診療 もっと読む
2017-12-04 松浦市議会 平成29年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2017年12月04日 28 ◯ 5番(宮本啓史君)  今、川上課長から答弁ありましたけど、今度、ことしから1校に加えて、志免中学に加えて6校ぐらいふえる見通しなんですか。6校。 もっと読む
2017-11-11 長崎市議会 2017-11-30 長崎市:平成29年第5回定例会(2日目) 本文 ご承知だと思いますが、高島のトマトの特区だとか外国人留学生が夜間の大学院に行けるような特区だとか、さまざまな特区を提案していました。それから、平成17年まではやっていて、その後ずっとないんですね。県のほうが主導して室までつくってやっている海洋・環境特区を除けば、長崎市が主導してみずからつくってる特区というのはないんですね。   もっと読む
2017-10-10 長崎市議会 2017-10-16 長崎市:平成29年教育厚生委員会 本文 学習支援につきましては、生活保護世帯等の中学1年生までに対象を拡大し、全学年の生徒に対し、民間委託により大学生ボランティア等による学習支援、子どもたちに安心できる場の提供、社会性の育成支援を実施することで、貧困の連鎖の防止を図ろうとするものでございます。 もっと読む
2017-09-09 長崎市議会 2017-09-19 長崎市:平成29年観光客受入対策特別委員会 本文 28 ◯藤田観光政策課長 委員ご指摘のとおり、これは小中学高校における消費単価の分の平均を使わせていただいております。  以上でございます。 29 ◯堤 勝彦委員 はい、わかりました。 もっと読む
2017-09-09 長崎市議会 2017-09-11 長崎市:平成29年第3回定例会(5日目) 本文 今年度から、新たに夜間のがん検診や肺がん、胃がん、大腸がん、子宮がん、乳がんの5つのがん検診を一度に受診できる機会を設け、多くの方に受診していただいているところでございます。今後も、市民の主体的な健康づくりを推進するため、市民の目線に立った情報発信及び機会の提供を図ってまいります。   もっと読む
2017-06-22 長崎市議会 2017.06.22 長崎市:平成29年教育厚生委員会 本文 続きまして、別冊資料に基づきまして平成28年度指定管理者制度の状況についてのうち、地域保健課所管の長崎市夜間急患センターについてご説明いたします。  別冊資料2ページでございます。資料の中ほど、51番長崎市夜間急患センターでございます。長崎市夜間急患センターは、非公募により一般社団法人長崎市医師会を指定管理者として運営を行っております。  次に、7ページをお開きください。 もっと読む
2017-06-22 佐世保市議会 平成29年  6月 定例会-06月22日−02号 東京の社会保険労務士会会長の弁によれば、これは国民にとって社会保障の仕組みを学ぶ機会が極めて少ないことに原因があり、本来、小学生のうちに意識づけを行った上で、中学、高校とそれぞれの段階に応じた学習を必要とするものであり、特に、高校でしっかりと学ぶことで、社会人になったときの年金や健康保険などの社会保障制度に対する信頼度は、大きく高まるのではないかと語っておられました。   もっと読む
2017-06-16 長崎市議会 2017.06.16 長崎市:平成29年第2回定例会(4日目) 本文 中学3年生にとっては、部活動の総決算となる大会で、県大会を目指し、日ごろの練習の成果を十二分に発揮した選手の健闘をたたえるとともに、県大会に出場するチーム、選手の活躍を期待したいと思います。そして、この中から、将来、日本代表として世界で戦う選手が出てきてくれることも期待したいと思います。  それでは、質問通告に従いまして質問をさせていただきます。 もっと読む
2017-06-15 長崎市議会 2017.06.15 長崎市:平成29年第2回定例会(3日目) 本文 このことから、新市庁舎では、市民の皆さんによるイベントや展示など多目的な利用ができる空間や休日や夜間にも市民の皆さんが利用できる会議室を設けるなど、市民と行政の協働、市民と市民のネットワークを広げる庁舎となるように考えています。   もっと読む