6件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

長崎市議会 2013-03-08 2013-03-08 長崎市:平成25年総務委員会 本文

それで、次年度ですが、おっしゃられるようにこれから正式な交渉には入っていきますが、杉田さんの構想の中ではやはり経済界ということで、例えば、堺屋太一さんだったり、小宮山宏さんだったりというようなお名前が上がってきていますので、今回は経済界を中心に大きな方々を呼べるんじゃないかなと思っております。ですから、もうちょっと財界の方々と協力して、お客様を集客できるようにしていきたいと思っております。  

長崎市議会 2008-03-03 2008-03-03 長崎市:平成20年第1回定例会(5日目) 本文

34 ◯48番(平野だいとし君) 堺屋太一さんが言われているように、団塊の世代、定年後の70歳までの10年間、黄金の10年と言えるような、そのような団塊の世代が一人でも多くなるように、ぜひ取り組みをしていただきたいと思いますので、これは要望とさせていただきます。  それから、次に水産振興策について再質問をさせていただきます。  

平戸市議会 1998-12-09 平成10年12月定例会-12月09日−01号

堺屋太一経済企画庁長官は、一面作家でもあります。最近の著書で「時代末」その上巻では「戦争と奇跡の成長、激動百年をつくった人、組織の盛衰に迫る」、下巻では「日本を巨大な近代工業社会に変貌させた一つの時代が終わり、知価──いわゆる知識の値でありますが、知価社会が始まった」、結びとして「過渡期としての平成日本近代昭和で終わった。

長崎市議会 1993-09-13 1993-09-13 長崎市:平成5年第3回定例会(2日目) 本文

要するに、堺屋太一さんの「世紀末の風景」を読むと、非常に学歴の高い人たちや経験の豊かな人たちが新しいアイデアをつくるのではなくして、その人の個性と魅力あるいはアイデアを持つ考え方が新しい時代のいろいろなシステムをつくっていくというようなことを書いてありますが、私は、そういう意味において、そういう意味の人材育成というようなものも考えるべきでありましょうし、そういうことで今、申し上げましたような具体的

  • 1