1121件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

五島市議会 2018-12-19 平成30年 12月 定例会-12月19日−06号

また、工期については、当初の予定より1カ月遅い平成31年4月を予定しているが、これは、今回の変更によるものではなく、本件工事に使用する特殊資材の納品が、西日本豪雨や大阪北部地震などによる交通障害の影響により、約1カ月おくれたことによるものであるとの答弁でありました。  このほか、幾つかの質疑はありましたが、本案についても、異議なく原案を可決すべきものと決定いたしました。  

時津町議会 2018-12-12 平成30年第4回定例会(第4日12月12日)

先ほどから出ておりますとおり、問題ごとが発生する。今回はあらたに生じた土地の確認と字の区域の変更でございますので、ここだけ審査すればいいわけでございますが、埋申でつくられたこの時間というのが長くなっておると思うんですが。それで最初、これを埋申を県が事業でするもんですから、我が町の要望がどこまで反映されたかというのが気になります。  

長崎市議会 2018-12-12 2018-12-12 長崎市:平成30年コンベンション誘致対策特別委員会 本文

次に、地震時の津波対策のご質問でございます。国では、甚大な被害をもたらした東日本大震災を教訓に、津波対策を構築するに当たって、想定すべき津波レベルとしまして2つ設けております。1つ目が、発生頻度が高く、津波高は低いものの大きな被害をもたらす津波、これは国のほうではL1津波と呼んでおります。

松浦市議会 2018-12-12 平成30年第4回定例会(第4号) 本文 開催日:2018年12月12日

その後、第三者委員会的なものを設置し、対応したいとのことで、お任せするつもりでおりましたが、その後も新たなクラックが発生したとお聞きしましたので、11月6日に確認したところ、給食を搬入する部屋の一度補修したところに再度クラックがありました。それから後も便所に発生したとお聞きしましたので、12月3日に出向きましたところ、中学校の職員便所にクラックの発生を確認しました。ほかにもありました。

松浦市議会 2018-12-11 平成30年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2018年12月11日

熱中症が疑われる児童生徒は6名、熱中症の診断は1名、いずれも運動場及び体育館での活動後に発生と課長の答弁でございました。猛暑日には外で子どもたちを遊ばせられなくて、体育の授業は体育館で行われております。始業式などの全体行事も体育館で行われますが、また、各学校の体育館は、それぞれ災害時の避難所とされて重要な役割がございます。  

佐世保市議会 2018-12-11 平成30年 12月 定例会-12月11日−05号

さらには、東日本大震災や熊本地震、西日本豪雨、そして、ことしの夏の異常気象に伴う猛暑による被害の発生など、市民の安全・安心を脅かすような事態も全国的に発生しております。  加えて、各種のインフラの老朽化及びこれに伴う建てかえや長寿命化対策の必要性が高まってきており、これにも多額の費用を要する見込みと聞いております。

佐世保市議会 2018-12-10 平成30年 12月 定例会-12月10日−04号

開削工事におきましては、施工箇所によっては地下水の発生により濁水が発生する場合がございますが、濁水が発生した場合は、土のう袋やヤシがらなどのろ過材などを設置し、土砂を沈殿させ、濁りを軽減させるための対策を講じるよう、いずれの工法にしましても、受注業者に対しまして、指導を行っているところでございます。 ◆2番(久保葉人君) (登壇)  それぞれに御答弁いただきました。

五島市議会 2018-12-07 平成30年 12月 定例会-12月07日−05号

質問に入る前に市長の市政報告の中にもありましたが、先月11月17日にカネミ油症事件発生50年記念行事が行われました。当日は、被害者はもとより、多くの市民の皆様、そして、議員の皆様にも多数参加をいただき、盛会の中、開催できましたことを心から感謝申し上げます。  事件発生から50年たちますが、いまだ治療法が見つからない中、多くの被害者が亡くなっていきました。

長崎市議会 2018-12-07 2018-12-07 長崎市:平成30年環境経済委員会 本文

その請求書を出したのも、事業者と契約した場合、塩川参考人もちょっと触れましたが、違約金が必ず発生するよと。だから発生させてはならないと。市民にその負担を押しつけるわけにはいかないという考え方のもとで、私どもは市議会議長にも、市長にも含めて討論会も申し込みました。その段階でとめようとしました。しかし、断られました。

佐世保市議会 2018-12-06 平成30年 12月 定例会-12月06日−02号

平成30年は、西日本豪雨を初め、台風21号などのたび重なる台風や、北海道胆振東部地震など、災害が多い年でした。毎年、自然災害は発生しますが、異常気象の影響もあって、その規模が年々と拡大しており、その被害も信じられないくらい大きくなってきております。  その中においても、佐世保市は災害の影響を受けにくい都市として、企業誘致やUJIターンなど、佐世保市のよい点としての施策を広く広報しています。

長崎市議会 2018-12-06 2018-12-06 長崎市:平成30年建設水道委員会 本文

1.概要でございますが、平成30年7月豪雨により中国地方を中心に水道施設についても甚大な被害が生じ、断水が発生したため、日本水道協会中国四国地方支部から九州地方支部を通じ、長崎県支部に被災地における給水活動の応援要請があったことから、上下水道局におきましては被災都市のうち広島県三原市に職員を派遣し、応急給水活動を行いました。

長崎市議会 2018-12-05 2018-12-05 長崎市:平成30年第4回定例会(5日目) 本文

本年は、台風、大雨、地震により多くの尊い人命が失われました。犠牲になられた方々に哀悼の意を表するとともに、被害を受けられた皆様へ心からお見舞い申し上げます。九州高千穂町での大規模な地すべりは雨が降っていない状況の中で発生いたしました。専門家による調査では原因の特定は公表されておりません。

長崎市議会 2018-12-04 2018-12-04 長崎市:平成30年第4回定例会(4日目) 本文

次に、ふれあいセンターで発生した剰余金の取り扱いについてお伺いいたします。市内に設置されているふれあいセンターの管理運営については、指定管理者制度が導入されております。平成24年度以前は精算方式により人件費の精算等を行っていたため、剰余金がわずかしか発生しておりませんでした。しかし、現在は修繕料を除き精算しない制度に変更となったため、毎年の収支差額による剰余金が多額に発生しております。

長崎市議会 2018-12-03 2018-12-03 長崎市:平成30年第4回定例会(3日目) 本文

2.防災行政について、(1)本市における地震災害の危険性の啓発と発災時の市民周知。  本年6月の大阪府北部地震、9月6日に起こった北海道胆振東部地震、また2016年4月の熊本地震など、これまで余り想定されていなかった地域で、想定外の大きな被害が発生しました。現在も本州全体を襲うおそれのある南海トラフ巨大地震の対策は、予測される各自治体が取り組んでいます。

長崎市議会 2018-11-30 2018-11-30 長崎市:平成30年第4回定例会(2日目) 本文

後でその答弁の根拠は何かと聞いたところ、想定される災害は、宮崎沖地震で、地震発生から津波が長崎港に到着するまでには1時間ほどかかるので、その間に高台に避難する。津波でつかっても40センチメートルほどでしかないということでありました。長崎では大きな地震は起きないという想定なのであります。市民の皆さん、こんないいかげんな答弁で安心できますか。私は人口問題についても明らかにいたしました。

長崎市議会 2018-11-27 2018-11-27 長崎市:平成30年第4回定例会 通告一覧

逸失利益     イ 高島の松林の状況    (3) 長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産のPR    (4) 海洋産業の振興    (5) 農林水産物の輸出促進  ○ 永尾春文議員[平成30年12月3日]   1 市長の政治姿勢について    (1) 海洋技術産業振興の推進    (2) 宿泊税の早期導入    (3) 公共施設の維持管理   2 防災行政について    (1) 本市における地震災害

長崎市議会 2018-11-27 2018-11-27 長崎市:平成30年第4回定例会(1日目) 本文

次にもう一つ聞きますけどね、損害賠償というのは、逆に建設した場合も発生することをあなたは知っていますか。近年、全国各地で、地震、台風、集中豪雨での50年に一度と言われる大型災害が発生しているのはご承知のとおりですね。その8割が九州に集中しており、熊本地震や北部九州の集中豪雨では、長崎がその危険はないということは言い切れません。