4295件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

時津町議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会(第4日 3月22日)

例えば、来年度予算には、時津中央第2土地区画整理事業に13億6,900万円組まれています。その一方で、私が繰り返し求めています第3子以降の小中学生の学校給食費を無料にすることはやろうとしません。500万円程度あればできるのです。500万円は予算の2,176分の1、基金全体の1,163分の1にすぎません。これぐらいの支援はやる気さえあればできます。  

時津町議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第2日 3月 6日)

また、時津中央第2土地区画整理事業における都市計画道路西時津左底線の整備など、国道207号の渋滞解消にも取り組んでいるところでございます。  本町といたしましては、これらの事業の完成により、町内の交通渋滞に対し、大きな効果が期待できると考えております。また、将来的には、西彼杵道路の北伸と長崎南北幹線道路の長崎市茂里町から本町までの未整備区間の開通が非常に重要であると考えております。  

時津町議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会(第1日 3月 5日)

ハード面の整備では、2029年度の完成を目指す時津中央第2土地区画整理事業の整備促進を初め、国道206号の慢性的な交通渋滞解消の切り札として期待される西彼杵道路(時津工区)の早期供用開始に向け、積極的に働きかけてまいります。

佐世保市議会 2018-12-20 平成30年 12月 定例会-12月20日−06号

第1 第207号議案 佐世保市及び佐々町における連携中枢都市圏形成に係る連携協約の締結に関する協議の件の撤回の件 第2 第171号議案 佐世保市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例制定の件 第3 第172号議案 佐世保市職員の自己啓発等休業に関する条例の一部改正の件 第4 第173号議案 佐世保市債権管理条例の一部改正の件 第5 第183号議案 佐世保市有財産無償譲渡の件(星和台公民館の土地

諫早市議会 2018-12-19 平成30年予算決算委員会(全体会) 本文 開催日:2018-12-19

5項土地改良費、県営農村地域防災減災事業(西出口ため池)、予算額2,128万円について、整備改修後の取水操作の方法は、との質疑に対し、現在は堤体の階段状の部分に一定間隔で独立した取水栓がついており、階段をおりて取水栓を開けるようになっているが、改修後はスライドゲートを採用する計画となっているため、堤体最上部での取水操作が可能となる、との答弁がありました。  

松浦市議会 2018-12-19 平成30年第4回定例会(第5号) 名簿 開催日:2018年12月19日

年度松浦市福島診療所事業特別会計補正予算(第1号) 第8  議案第139号  平成30年度松浦市鷹島診療所事業特別会計補正予算(第2号) 第9  議案第145号  市有財産の処分について 第10  議案第148号  損害賠償額の決定について 第11  議案第149号  損害賠償額の決定について 第12  議案第153号  北松北部環境組合規約の一部変更について 第13  議案第140号  平成30年度松浦市臨海土地造成事業特別会計補正予算

五島市議会 2018-12-19 平成30年 12月 定例会-12月19日−06号

議案第128号五島市手数料条例の一部改正について同上23議案第129号五島市単独住宅管理条例の一部改正について同上24議案第130号五島市空家等対策の推進に関する条例の一部改正について同上25議案第141号営農研修施設の指定管理者の指定について同上26議案第142号里集落センターの指定管理者の指定について同上27議案第143号漁村センターの指定管理者の指定について同上28議案第144号あらたに生じた土地

長崎市議会 2018-12-14 2018-12-14 長崎市:平成30年第4回定例会(6日目) 本文

そのほか、平成26年当時、約69億円で購入した土地の現在の不動産評価額が約88億円となっていることへの見解、常設型住民投票条例を制定する考え、土壌汚染対策について、追加費用の可能性について市と請求代表者との間に意見の相違があることに対する見解、直接請求の動きがあっていたにもかかわらず、平成30年9月議会に契約議案を提案した理由、今回の住民投票条例制定請求に対する市の見解と今後の交流拠点施設整備に向けた

時津町議会 2018-12-12 平成30年第4回定例会(第4日12月12日)

説明につきましては、長崎県土地開発公社施工の公有水面埋立事業の竣工認可に伴い、地方自治法第9条の5第1項の規定により、本町内にあらたに生じた次の土地を確認し、同法第260条第1項の規定により、字の区域を次のとおり変更するものであります。  位置、西彼杵郡時津町日並郷字岩山1085の117、1085の149及び1085の150地先。  面積、2万5・284・03平方メートル。  

長崎市議会 2018-12-12 2018-12-12 長崎市:平成30年コンベンション誘致対策特別委員会 本文

まず、長崎駅周辺地区の雨水による浸水、あびき等の対策におきましては、土地区画整理事業による地盤のかさ上げとあわせまして、大潮の満潮時における雨水対策として、フラップゲートという川からの逆流防止装置や、一定時間雨水をためておく貯留管、こういったものを設置するなどの浸水対策を講じることとしております。

佐世保市議会 2018-12-11 平成30年 12月 定例会-12月11日−05号

子どもの遊び場は、もっと広い土地に伸び伸びとつくるべきではないかというのが私の考えであります。  今般、9月に開催された全員協議会において、名切地区再整備にかかわる中央公園リニューアル事業の説明があり、10月の決算委員会における文教厚生委員会でも指摘があっていましたが、現在、日曜祝日に限って市道名切俵町通線、通称名切通りにおいて、路上駐車ができるようになっています。

佐世保市議会 2018-12-10 平成30年 12月 定例会-12月10日−04号

次に、2項目めの佐世保港ウォーターフロント整備につきましては、平成29年6月定例会の一般質問で、三浦地区みなとまちづくり計画区域における土地活用の進捗と予定についてお尋ねしました。その際、生活航路エリアに位置する鯨瀬暫定駐車場用地では、早急に宿泊施設の立地を誘導する取り組みが必要という答弁がありました。  

長崎市議会 2018-12-10 2018-12-10 長崎市:平成30年環境経済委員会 本文

175 ◯筒井正興委員 ただいまの説明の中で、ホールであるとか、要するに文化芸術などに使われるような施設は長崎市で建設をして、あと管理運営をしますということだったんですが、その際、一番問題になったのは、土地使用料だと思うんですが、この土地使用料についてはどのような見解になっておりますか。

長崎市議会 2018-12-10 2018-12-10 長崎市:平成30年建設水道委員会 本文

なお、筆界特定制度とは、法務局の筆界特定登記官が実地調査、測量等を行い、土地の筆界、つまり境界を特定する制度でございますが、あくまで法務局の筆界についての判断を示したものであるため、筆界を法的に確定させる効力自体はございません。次に、表の右側に記載しております反訴が、市道との境界及び所有権を明確にし、紛争の根本的な解決を行うために、平成28年6月に長崎市から訴えを提起したものでございます。

長崎市議会 2018-12-07 2018-12-07 長崎市:平成30年総務委員会 本文

そのため、占用料、土地の使用料は賃料相当額を徴収するという考え方から、国と同額の占用料の額を設定するのではなく、長崎市独自の使用料の額を設定しようとするものでございます。なお、算定に当たりましては、長崎市の固定資産税評価額を算定の基礎といたしまして、平成30年度の評価替え後の数値を用いて算定するものでございます。次に(2)占用面積等の取り扱い方法の見直しについてでございます。