5443件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

長崎市議会 2019-02-28 2019-02-28 長崎市:平成31年議会運営委員会 本文

(3)ふるさと納税制度の見直しですが、過度な返礼品の送付が問題になっているため、国において制度の健全な発展に向けての一定のルールづくりのため、法が改正されます。これに伴い、総務大臣が基準に適合する地方公共団体をふるさと納税の対象として指定し、指定を受けた地方公共団体への寄附金のみが控除の対象となることから、関係条文の整理を行うものでございます。

長崎市議会 2019-02-13 2019-02-13 長崎市:平成31年議会運営委員会 本文

さらに、この取り扱いそのものも議員平等の原則に照らして、2期の議員は30万円、3期以上の議員は100万円、行き先も3期目だとヨーロッパまで広げると、そういう議員平等の原則に反する取り決めになっていますので、そういう面からも認められないと思いますし、つけ加えて言えば、今回、夜景サミットを入れるということで、今、全国でもワインで観光とかそういうことが議員の海外視察で問題になっている中で、いくら市が観光行政

佐世保市議会 2018-12-20 平成30年 12月 定例会-12月20日−06号

本請願は、近年ようやく注目されつつある教育現場の労働環境問題の改善にも資すると考えまして、紹介議員となったわけでありますが、大きな話からしますと、今、政府のほうが財政の健全化のために地方自治体の歳出抑制を強めているという印象を持っておりまして、一例を挙げますと、昨年から経済財政諮問会議の中で、地方の基金残高が増加していることを捉えて、「自治体に余裕があるのであれば交付税を減らす」と、こういった発言がされたということでありました

五島市議会 2018-12-19 平成30年 12月 定例会-12月19日−06号

的野さんの作品は、社会問題となっている高齢者の運転を題材に、家族で話し合い、それぞれの思いを大切にしようとする家族愛に満ちた心温まる内容で、全国においても高い評価を受けたものであります。本当におめでとうございました。  愛のチャリティ歌の祭典について。  12月9日に、市内の各職場、団体から14チームが参加し、第37回愛のチャリティ歌の祭典が開催されました。

時津町議会 2018-12-12 平成30年第4回定例会(第4日12月12日)

先ほどから出ておりますとおり、問題ごとが発生する。今回はあらたに生じた土地の確認と字の区域の変更でございますので、ここだけ審査すればいいわけでございますが、埋申でつくられたこの時間というのが長くなっておると思うんですが。それで最初、これを埋申を県が事業でするもんですから、我が町の要望がどこまで反映されたかというのが気になります。  

長崎市議会 2018-12-12 2018-12-12 長崎市:平成30年コンベンション誘致対策特別委員会 本文

計画によりますと、年間誘致業務が先ほど言いました775件61万人ですが、その中で学会が24件、それから一般会議が698件、展示イベントが53件というような内容になっていると思うんですが、学会については先ほどお話があったように、担当の先生がおられるというようなことでいいでしょうけれども、問題は一般会議の698件ですよね。

松浦市議会 2018-12-12 平成30年第4回定例会(第4号) 本文 開催日:2018年12月12日

この「ともだビジョン」の人口対策については、人口対策として子育て支援とともに、学校での教育環境問題は重要な対策だと思います。私は第2回定例会において、各小中学校が少人数であるがゆえに、スポーツ、文化活動などの部活に対する弊害について問題提起をいたしました。  

松浦市議会 2018-12-11 平成30年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2018年12月11日

議員のほうからは、高齢者であっても児童や障害者の複合的な問題を抱えている家庭も少なくなく、ワンストップ相談窓口というような機能を備えた総合的な相談窓口が必要ではないかという御提案だったと思います。  しかしながら、ワンストップで、その相談者の方が抱えておられる問題を、あるいは課題を解決するためには、その課題に対する専門的な知見を持った職員がやはり必要になってくると思います。

長崎市議会 2018-12-10 2018-12-10 長崎市:平成30年環境経済委員会 本文

ここについては、これまでも本会議でも随分問題になっていて、この受けている企業が平成26年度から平成29年度まで相当な赤字を出しているわけですよね。これだけの大きな赤字を出して、平成28年度、平成29年度は少しは減ってきていますけど、相当な赤字を出す、大幅な赤字を出しているというか、指定管理料の倍ぐらいの赤字ですよね。

長崎市議会 2018-12-10 2018-12-10 長崎市:平成30年教育厚生委員会 本文

25 ◯山崎 猛委員 1つちょっと教えてほしいんですけれども、この制度がどうのこうのじゃないんですけど、今一番問題になっているのは、先ほど部長も言われたようにゼロ歳から1歳とか、下のほうの3対1とか6対1ぐらいの部分のところの保育士たちがいないということが一番問題になっていると思うんですね。