55件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2017-06-01 諫早市議会 平成29年第4回(6月)定例会(第4日目)  本文 東京都文京におかれましては、運営費補助をされている。東京都品川におきましては、これはネットワークづくりの支援でございます。   もっと読む
2016-09-09 長崎市議会 2016-09-09 長崎市:平成28年第4回定例会(5日目) 本文 また、ことし3月に策定しました、まち・ひと・しごと創生長期人口ビジョンにおいても、長崎市の暮らしやすさについて、経済産業省が作成した地域の暮らしやすさなどを貨幣価値で比較する地域の生活コスト「見える化」システムを使い、1世帯当たりの年間収支について、長崎市と福岡市や東京都品川を比較しており、都市部である福岡市や品川のほうが収入は高いものの、生活コストなどの支出も高いことから、長崎市との実質的な収支 もっと読む
2016-03-03 長崎市議会 2016-03-03 長崎市:平成28年総務委員会 本文 第3款諸収入第1項雑入第1目雑入80万円につきましては、木場名財産におきまして、新幹線建設に伴います財産の土地の損失補償に係る収入でございます。  それぞれの歳入歳出予算を計上しております財産は、委員会提出資料の1ページに掲載しておりますが、財産ごとの予算内訳をご参照いただきたいと存じます。  次に、歳出についてご説明いたします。   もっと読む
2015-12-02 長崎市議会 2015-12-02 長崎市:平成27年第6回定例会(2日目) 本文 今後とも中学生の就業体験や、高校、大学生のインターンシップ、ジョブコミュニケーションなど直接企業と学生たちが接する機会をつくるほか、平成27年度から実施している地場企業の知名度の向上、首都圏等の大学生への情報提供に力を入れるとともに、東京において地方への定住や移住のための就業支援を行っているハローワーク品川や県のながさき暮らしサポートデスクなど国や県の関係機関とも連携しながら、さまざまな若年者の地元就職支援 もっと読む
2015-06-30 長崎市議会 2015-06-30 長崎市:平成27年環境経済委員会 本文 今、浜町地区の耐震診断をしないといけない商業施設が6棟ほどありまして、かなり老朽化しているという状況もあって、ちょうど中活の認定を受けて、いろんな経済的な支援措置もできるような状況になってまいりましたので、浜町のアーケードを中心としたエリアで、街を区切って今再開発に着手をしようとやられておりますので、我々としてはそこの再開発を支援する中で、先ほど言われたユニバーサルデザインについても、今の個店ではなかなか もっと読む
2015-06-19 西海市議会 平成27年  6月 定例会(第2回)-06月19日−03号 これはケーブルテレビ品川、東京なんですが、今、防災、今回余り防災のことに強くは触れていないので、こういうことも世の中というか、日本国内では動いているということを理解して頂ければと思っています。防災無線じゃ聞こえないという声に応えて、民間の電気会社と協力してケーブルテレビが、そのテレビを使った災害告知なりいろんな市の告知なり、また、オプションでは見守りもできるそうです。 もっと読む
2014-12-10 長崎市議会 2014-12-10 長崎市:平成26年人口減少・高齢化対策特別委員会 本文 今後は、71小学校に1カ所以上の開設を目指しているところでございます。  このサロンは、地域のボランティアとして、サロンサポーターが中心となって運営しており、元気な高齢者も担い手として活躍いただいております。   もっと読む
2014-09-17 佐世保市議会 平成26年  9月 定例会-09月17日−05号 これらの事業は、現在も市内全ての小中学校で展開されており、本市の特徴としては、それぞれの学校において多くの地域住民の皆様の手により運営されているところにあります。  例えば放課後子ども教室では、昨年度、市内の46小学校において1,253回の教室が開催され、延べ7,300人もの地域住民の方に参画をいただきました。 もっと読む
2014-06-18 長崎市議会 2014-06-18 長崎市:平成26年建設水道委員会 本文 112 林 広文委員 5月ですか、建設水道委員会の副委員長班で東京の品川のほうに行ってまいりました。 もっと読む
2014-03-06 大村市議会 平成26年  3月 定例会(第2回)-03月06日−04号 東京都品川の例が新聞に載っておりました。東京都品川では、この10年間、社会福祉協議会の成年後見センターが区役所や民生委員らと連携して、身寄りのない高齢者や障害者を支援してきた。活動の柱は、家族らにかわって区長が家庭裁判所に後見の申し立てを行う市区町村長申し立てと社会福祉協議会が後見人を引き受ける法人後見、研修を受けた市民が後見を行う市民後見人の活躍の3点だと。 もっと読む
2013-09-09 長崎市議会 2013-09-09 長崎市:平成25年第3回定例会(4日目) 本文 また、その取り組みの1つとして、おおむね小学校を単位として地域の複数の団体が連携して地域課題の解決のための新たに、または増強して取り組む活動に対して補助金等の支援を行っております。  その実績としましては、昨年度は10件、今年度は8月末現在で16件となっており、地域の主要な団体により構成される実行委員会に対して補助金を交付しております。 もっと読む
2012-12-11 五島市議会 平成24年 12月 定例会-12月11日−06号 それは重々御承知だと思いますけれども、東京と五島市、比較するのはちょっと無謀かもしれませんけれども、東京の品川、ここは子供医療費、義務教育までの医療費を無料化にしたところ人口がふえたという事例もございます。五島市には当てはまらないと思いますが、逆に考え方を変えれば、今いる若い世代が1人子供を産むと決めたところを、2人、3人と、そういうことも考えられます。 もっと読む
2012-06-14 佐世保市議会 平成24年  6月 定例会-06月14日−02号 それから都市整備委員会で、その下旬に石巻市と、現在、実際に瓦れきを受け入れて焼却処分している東京23一部事務組合品川清掃工場に視察に行ってまいりました。災害瓦れきの見事な分別を行い、自己完結型で焼却、埋め立て、リサイクルを進めている仙台市と、それから、逆に全く分別ができなかった災害瓦れきを20メートルぐらいの高さに積み上げている石巻市を視察しました。 もっと読む
2010-12-07 時津町議会 平成22年第4回定例会(第1日12月 7日) 10月15日から18日までの3泊4日の日程で、神近教育長を団長といたしまして、24名が上海市金山を訪問をいたしました。今回は中村議員、浜口議員、それから藤永監査委員にも同時に参加をしていただいております。金山におきましては、金山政府の皆様から熱烈な歓迎を受けております。歓迎レセプション、それから家庭訪問等で、交流を深めることができております。 もっと読む
2009-12-01 諫早市議会 平成21年第8回(12月)定例会(第4日目)  本文 そのときに、土地改良組合を通じて使用貸借をされた方に不都合がある場合については、改良を通じて、組合を通じて改善の要望をお願いしたと。そのときに何点か出てきておりますので、その部分につきましては、事業の完了区間の中に改善を図っていったということでございます。その後、申し出が2件ほど出てきておりますけれども、それについても順次改善を図ってきたということでございます。   もっと読む
2009-09-09 長崎市議会 2009-09-09 長崎市:平成21年第6回定例会(5日目) 本文 今年4月から公費負担4,000円でスタートした東京都中央では、7月末までの4カ月で予想を大幅に上回る709件の申請があったようです。  そこで、市長にお尋ねします。本市において幼い命を細菌性髄膜炎から守るため、ヒブワクチンの予防接種の公費助成ができないか、ご見解をお示しください。  次に、高反射率塗料による地球温暖化対策についてお尋ねします。   もっと読む
2009-06-15 大村市議会 平成21年  6月 定例会(第5回)-06月15日−06号 都市計画道路久原池田線につきましては現在、須田ノ木工として延長1,300メートルを県施工により平成10年度から実施されております。現時点での進捗につきましては、県に確認いたしましたところ、事業費ベースで97%完了しており、平成22年3月末までに車道及び歩道の整備を完了させ、全線供用開始を予定されております。   もっと読む
2009-06-15 南島原市議会 平成21年  6月 定例会(第2回)-06月15日−04号 次に、下水道事業の進捗状況につきましては、立石議員へもお答えしましたが、口之津処理では認可面積181ヘクタールのうち147ヘクタールが整備済みであり、整備率は81%となっております。また、大江処理では認可面積99ヘクタールのうち35ヘクタールが整備済みで、整備率は35%でございます。   もっと読む
2008-12-01 長崎市議会 2008-12-01 長崎市:平成20年第4回定例会(3日目) 本文 といいますのは、今、東長崎土地区画整理事業の1工、矢上工が清算業務を行っております。 もっと読む
2008-11-28 長崎市議会 2008-11-28 長崎市:平成20年第4回定例会(2日目) 本文 一方、1853年と1854年に来航したペリー艦隊に幕府は開国の要求をのんだのは、江戸港に伊王島、四郎ケ島のような強力な台場がなかったからだと言われており、幕府は江戸の海防の失態に反省をし、佐賀藩に50門の大砲を注文し、品川の台場に設置をさせました。  このように、この時代から我が国、長崎を守ってきた四郎ケ島に台場が築造されたのは1853年で、現在155年の月日がたっております。 もっと読む