24件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

五島市議会 2018-11-30 平成30年 12月 定例会-11月30日−01号

301130認定議案107平成29年度五島国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算平成301130認定議案108平成29年度五島介護保険事業特別会計歳入歳出決算平成301130認定議案109平成29年度五島後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算平成301130認定議案110平成29年度五島診療所事業特別会計歳入歳出決算平成301130認定議案111平成29年度五島簡易水道事業特別会計歳入歳出決算平成

大村市議会 2017-12-11 平成29年 12月 定例会(第6回)-12月11日−05号

(第6号) 第4 第115号議案 平成29年度大村介護保険事業特別会計補正予算(第3号) 第5 第116号議案 平成29年度大村下水道事業会計補正予算(第1号) 第6 第117号議案 平成29年度大村モーターボート競走事業会計補正予算(第3号) △開議 午前10時 ○議長(三浦正司君)   おはようございます。

大村市議会 2016-09-29 平成28年  9月 定例会(第5回)-09月29日−07号

) 第17 第68号議案 平成28年度大村水道事業会計補正予算(第1号)(経済建設委員会審査報告) 第18 第69号議案 平成28年度大村工業用水道事業会計補正予算(第2号)(経済建設委員会審査報告) 第19 第70号議案 平成27年度大村一般会計歳入歳出決算の認定について(総務、厚生文教、経済建設委員会審査報告) 第20 第71号議案 平成27年度大村国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の

五島市議会 2016-07-12 平成28年  6月 定例会-07月12日−04号

五島では、昨年12月に公表しました、五島まち・ひと・しごと創生人口ビジョン・総合戦略の中で、五島の目標人口を、2040年に2万7,000人、2060年に2万人と策定いたしました。  この人口予測については、五島全体の人口に合計特殊出生率、UIターン数を用いて算出した将来推計人口であり、地区別の人口予測の積み上げとはなっておりません。  

大村市議会 2016-03-09 平成28年  3月 定例会(第1回)-03月09日−07号

◎上下水道事業管理者(福田和典君)   昭和37年当時、大村の水は大変安定をしておりました。一方、長崎のほうは毎年制限給水というふうに大変水に困っていた。そういう中で、人道的配慮から、長崎と大村の双方の議会の議決を経まして、1トン3円40銭ということで分水協定を結びまして、昭和40年から送水をしているという状況です。

大村市議会 2015-06-22 平成27年  6月 定例会(第3回)-06月22日−04号

その中で大村はどうあるべきか、そして県全体の中で大村の位置づけということになってくると思うんですが、まず大村は人口減少がずっと続いている長崎県においては、唯一人口が増加しているということで注目を受けているではあります。  それで、どうしてかということをよく聞かれますが、それは総合的な戦略を、これまでいろいろやってきた。

大村市議会 2014-12-02 平成26年 12月 定例会(第7回)-12月02日−02号

なお、申し添えますと、県下で全く情報を提供していないは長崎・佐世保・諫早・島原・対馬・壱岐・西海は全くやっておりません。  以上ですので、その辺の中も含めてでも相当、研究してきておりますので、今後もその辺をついて調査研究したいと思います。 ◆17番(川添勝征君)   全くしていないは上げられたけど、しているも上げてくださいよ。そうでしょう。しているもあるんです。

大村市議会 2014-06-06 平成26年  6月 定例会(第4回)-06月06日−01号

将来像の展望について  (2) 姉妹都市である仙北伊丹を含めた「婚活イベント」の開催の提案について 2 総務部行政について   総務省が推進している「定住自立圏構想」の推進について 3 市長公室行政について  (1) 自転車の路側帯通行の場合の「左側通行」が守られていないため、改正道路交通法の早急な周知徹底について  (2) 「シルバー人材センター」との連携による空き家の管理について  (3)

大村市議会 2013-03-01 平成25年  3月 定例会(第2回)-03月01日−05号

福岡教育委員会は、3学期制から2学期制移行の見送りを決定しておりまして、やっておりません。  それでは、本県における2学期制の実情と今後の普及予測について御答弁をお願いします。 ◎教育長(黒田哲夫君)   県内では佐世保が実施しております。そのほかに、3学期の枠組みのまま評価を2回やっているというところが諫早の諫早小、大野小、壱岐の霞翠小で実施しているということでございます。

大村市議会 2011-12-09 平成23年 12月 定例会(第7回)-12月09日−04号

まず大村ですが、昼夜間人口比率が、大村は0.98、諫早が1.02、これは定住比率が1以上の都市が中心となります。そういう中で大村が中心となることができません。以前、県央地域広域市町村圏組合で議論がなされました。しかし、その後、話は進んでおりません。現在のところ、諫早も取り組む予定はございません。しかし、今後、大村としても研究をしてまいります。  以上です。

雲仙市議会 2011-06-01 平成 23年 第2回定例会(6月)-06月01日−04号

雲仙が行った政策については、側から一部はファクス等で御連絡をいただいておりましたが、職員のボランティア活動や支援金などの方策についてもわからない点もありましたので、通告をしたわけでありますが、雲仙のホームページや市長の日誌も見ましてほぼ了解しましたけれども、全員の前で簡単明瞭で結構でございますから、御説明をお願いいたします。  

南島原市議会 2009-12-02 平成21年 12月 定例会(第4回)-12月02日−02号

この南島原が誕生して3年8カ月がたちました。合併当初は本庁と総合支所が各旧町に配置されました。また2年間を経過をし、行政改革により今の南島原としての形ができました。合併によるスリム化や人員の削減等、の職員の皆さんも大変だったことと思います。しかし、行革大綱以降に特に職員間の連携がうまくいっていないのではないか。

長崎市議会 2008-11-28 2008-11-28 長崎市:平成20年第4回定例会(2日目) 本文

このような状況の中、長崎でもみずからの率先的な取り組みなど進めておられると思いますが、本市の地域全体として、まちづくり、交通対策、吸収源となる森林の保全など各分野における取り組みを総合化し、強化していく必要があると考えます。  そこで、お尋ねをいたします。  現在、長崎では市民、事業者及び自体、どのような取り組みが進められているのか、お尋ねいたします。

五島市議会 2005-09-08 平成17年  9月 定例会-09月08日−01号

平成16年度五島交通船事業特別会計歳入歳出決算平成17922閉会中の決算特別委付託議案177平成16年度五島簡易水道事業特別会計歳入歳出決算平成17922閉会中の決算特別委付託議案178平成16年度五島下水道事業特別会計歳入歳出決算平成17922閉会中の決算特別委付託議案179平成16年度五島水道事業会計決算平成17922閉会中の決算特別委付託議案180五島鬼岳天文台条例等の一部改正について

長崎市議会 2004-09-13 2004-09-13 長崎市:平成16年厚生委員会 本文

ゆたか荘の場合だったら、近郊に、三和町、野母崎あるいは長崎ですね、この方々の措置者が多うございます。  ちなみに、ゆたか荘の場合だったら、長崎の措置者は15人の方が行っておられます。そこの明細を、ちょっとお待ちくださいね。恐れ入ります、例えばゆたか荘の場合でしたら、長崎が15人でございますけども、三和町4人、野母崎町1人、長与町3名、それから五島から1人でございます。

時津町議会 2004-03-02 平成16年第1回定例会(第1日 3月 2日)

1問目は、水道料金の設定はどのようにして算定されているのかということですが、とりあえず長崎南部広域水道事業、これは長崎、諫早、香焼町、多良見町、長与町、時津町、琴海町、飯盛町が加盟しているわけですが、私も料金を調査しましたら、計算方法がまちまちで比べることはできませんが、しかし、時津町の水道料金は高いとよく指摘を受けます。

長崎市議会 2002-09-25 2002-09-25 長崎市:平成14年厚生委員会 本文

11目平和推進費の(1)平和推進事業費イの県外原爆展開催費でございますが、これは、日ごろ原爆の問題について触れる機会の少ない県外の方々に、被爆者の体験講話やビデオ、被災資料を通じ、被爆の実相、核兵器の恐ろしさを知っていただくために、平成6年度から実施しているもので、兵庫県伊丹、岩手県盛岡、神奈川県藤沢で開催いたしました。  

  • 1
  • 2