453件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

五島市議会 2018-11-30 平成30年 12月 定例会-11月30日−01号

審査では、事業勘定で、介護保険料の不納欠損額が297万3,660円であることから、その理由と件数について説明を求めました。  理事者によりますと、介護保険料滞納者に対しては、分納誓約書の提出を求めるなど、徴収に努めているが、滞納者の死亡や、平成25年度に定めた生活困窮者の判断基準に該当する者など、徴収が明らかに困難な者については、不納欠損処分を行っている。

長崎市議会 2018-11-27 2018-11-27 長崎市:平成30年第4回定例会(1日目) 本文

委員会におきましては、単年度収支で増となっているにもかかわらず、平成30年度から介護保険料を引き上げたことに対する市の見解、不納欠損処分の理由、家族支援が難しい要支援者等に対し、介護予防を目的に家事支援を行う生活援助サービス費において、事業計画よりも実績が減少している理由について質すなど内容検討の結果、一部委員から、高い保険料を納める一方で、介護認定を受けても利用料等の関係で十分なサービスが受けられない

長崎市議会 2018-10-30 2018-10-30 長崎市:平成30年総務委員会 本文

不納欠損の理由につきましては653ページの右端の列、不納欠損の理由欄に記載のとおり、福祉部及びこども部において、生活困窮、限定承認などによる滞納処分の停止で納付義務が消滅したこと及び時効が完成したことによるものでございます。  説明は以上でございます。

長崎市議会 2018-10-24 2018-10-24 長崎市:平成30年教育厚生委員会 本文

収納率の右の5)不納欠損額は、全体で475万7,745円となっておりますが、これは時効や無財産との理由により、163人分の滞納保険料を不納欠損としたものです。一番右の収入未済額は、全体で3,736万5,610円となっております。  次に、7ページをお開きください。上段に平成29年度の保険料の算定方法を記載しております。

長崎市議会 2018-10-22 2018-10-22 長崎市:平成30年建設水道委員会 本文

ここには、年度別の不納欠損処分調を記載いたしております。最下段の平成29年度の欄をごらんください。水道料金において、所在不明などによる時効完成により6,535件1,125万2,773円を不納欠損処分いたしております。なお、資料に掲載しておりますのは、月ごとの延べの調定件数でございますが、実際の世帯数といたしましては1,223世帯の分でございます。

南島原市議会 2018-10-17 平成30年  9月 定例会(第3回)-10月17日−05号

また、不納欠損額は3,713万2,506円で、前年度比1,188万892円、24.2%の減となっております。  また、衛生局のし尿処理施設使用料451万3,358円は、南有馬と深江衛生センターの施設使用料です。  第1課の収入1億7,653万9,910円は、し尿処理手数料、浄化槽保守点検等手数料、浄化槽清掃手数料、督促手数料です。  

松浦市議会 2018-09-20 平成30年第3回定例会(第5号) 本文 開催日:2018年09月20日

歳入に行きまして、調定額220億2,090万8,591円、収入済額213億683万3,817円、不納欠損額550万2,165円、収入未済額7億857万2,609円、予算現額と収入済額との比較、マイナスで8億2万4,183円。続いて、歳出に行きまして、支出済額206億1,558万4,260円、翌年度への繰越額が7億1,820万9,000円、不用額7億7,306万4,740円。

平戸市議会 2018-09-03 平成30年 9月定例会-09月03日−01号

不納欠損額は554万3,601円であります。不納欠損については、4ページに記載の市民税、固定資産税、軽自動車税、都市計画税及び6ページ記載の雑入を、それぞれ行っております。  次に、9ページをお願いいたします。  歳出でありますが、歳出合計の欄で、予算現額283億1,273万6,000円に対し、支出済額は268億3,067万4,766円。

長崎市議会 2018-03-15 2018-03-15 長崎市:平成30年第1回定例会(6日目) 本文

反映してほしい、防災行政無線デジタル化については、戸別受信機を配布している地区、または過去に配布していた地区から切実な要望がなされており、これらの要望に対しては、地域と真摯に向き合って協議、説明を行い地域住民の理解を得た上で、維持管理のメンテナンスを含む総合的な視点に立ち、来年度以降の事業に取り組んでほしい、歳入について、市税の総計は微増しているものの、依然として厳しい財政状況であるため、少しでも不納欠損

大村市議会 2017-12-11 平成29年 12月 定例会(第6回)-12月11日−05号

では、最後に、大村市の平成28年度の決算における未収額と不納欠損額について、お尋ねいたします。  平成28年度の決算において、大村市の未収額は、現年度課税分と滞納繰越分を合計すると幾らになるのか。また不納欠損は幾らになるのか、あわせてお尋ねいたします。 ◎財政部長(楠本勝典君)   平成28年度の市税決算の未収額でございます。

大村市議会 2017-12-08 平成29年 12月 定例会(第6回)-12月08日−04号

議員がおっしゃられるように、形式的な法人でございますので、納税はなく、時効により5年ごとに不納欠損処分をしているというふうな状況でございます。 ◆4番(井上潤一君)   そういった土地とか家屋というのは、一般の人が持っておれば、当然、滞納処分で、公売とか何とかなるんですが、こういった土地などは可能なんでしょうか。

大村市議会 2017-12-04 平成29年 12月 定例会(第6回)-12月04日−01号

と現状の代理申請方式が混在すれば、窓口での混乱が考えられるが、現物給付に一本化した場合のメリットについて 4 地元長崎空港の活性化について  (1) 長崎空港24時間化について   ①国際線による24時間化はハードルが高いと言われているため、国内線による運用時間延長の取り組みについて  (2) 長崎空港運営の民間委託について 5 大村市の決算状況について  (1) 平成28年度決算における未収額と不納欠損

長崎市議会 2017-11-27 2017-11-27 長崎市:平成29年第5回定例会(1日目) 本文

委員会におきましては、不納欠損処理を行った被保険者に対し、給付の制限を行った事例の有無、総合事務所へ移管した地域支援事業における本庁と総合事務所の業務分担の考え方、九州の県庁所在地で2番目に高い介護保険料となっていることへの見解について質すなど内容検討の結果、一部委員から、削減された国の財源をもとに戻し、保険料の負担を軽減するなど、制度の抜本的な改革を求めていく立場から認められないことを主な論拠とする

長崎市議会 2017-10-20 2017-10-20 長崎市:平成29年総務委員会 本文

次に、ウ.不納欠損額についてでございますが、不納欠損額は1億73万1,000円で、前年度に比べ3,382万9,000円、率にして25.1%の減となっております。これは、解散や破産した法人、また、リストラ等で収入減となった方などについて、地方税法第15条の7の規定に基づいた執行停止により納税義務が消滅したもの、または地方税法第18条の規定により時効が完成したものであります。  

長崎市議会 2017-10-17 2017-10-17 長崎市:平成29年教育厚生委員会 本文

137 ◯井上子育て支援課長 不納欠損額につきましては、平成21年度に不納欠損処理したものが50万5,560円で、今深堀委員言われた176万3,005円につきましては平成17年度以前に処理をしたものでございます。これは自己破産による免責決定を受けまして債務が消滅したということで不納欠損をしたものでございます。

長崎市議会 2017-10-16 2017-10-16 長崎市:平成29年建設水道委員会 本文

ここには、年度別の不納欠損処分調を掲載いたしております。最下段の平成28年度の段をごらんください。水道料金におきまして、所在不明などによる時効完成により、6,995件、1,252万9,640円を不納欠損処分しております。なお、件数につきましては、月々の調定件数を記載しておりまして、資料には掲載しておりませんが、世帯数で申し上げますと1,342世帯となっております。

南島原市議会 2017-10-06 平成29年  9月 定例会(第3回)-10月06日−07号

保険料の不納欠損額2万9,800円は何名分なのかという質疑に対し、3件分で2名であるという答弁です。  収入未済額294万4,200円についての説明をという質疑に対し、この収入未済額には特別徴収保険料及び普通徴収保険料の過誤納金還付未済額102万6,000円を含んでおり、普通徴収保険料の現年度分と過年度分、合わせて603件の164人分、397万200円が滞納となっているということです。  

大村市議会 2017-09-29 平成29年  9月 定例会(第5回)-09月29日−07号

そして、欠損額は、これはいろいろな、要するに不納欠損ですから、これも2,089万円、27年度と比べて3,564万円減少している。このことは非常に評価をしたいと思います。  私が指摘したいのは、収入未済額に係る対応状況の主なものの中で、折衝中が2億1,820万。不納欠損の主な理由は時効消滅。