193件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

松浦市議会 2019-06-01 令和元年6月定例会(第4号) 本文

特に福島の場合は、デマンドタクシーもありません、乗り合いバスもおりません、福祉のバスも走っておりません。何で十何年たっても不平等なのか、これを訂正するためにおでかけ券ができました。しかし、できたけれども、あえてそれはみんな一緒です。しかし、そうして考えたときに、福島だけじゃのうして、山の上の方はどこでもおられるわけですよ。大きなバスは要らんわけですよ。

諫早市議会 2019-03-03 平成31年第1回(3月)定例会(第3日目)  本文

195 ◯相浦喜代子君[ 144頁]  墓地公園も南霊園もございますので、デマンドバスとか、あとはコミュニティーバス、乗り合いタクシーなどというのもまた出てくる可能性もあるのではないかと思いますので、横の連携をとりながら、そういったところも今後課題として御検討いただきたいと思っております。  

佐世保市議会 2018-12-07 平成30年 12月 定例会-12月07日−03号

コンパクトな居住圏があり、中山間地域からの定住圏への移動については、本市においてもデマンド交通などで対応がなされております。  では、このコンパクトな居住圏と高度な都市機能を備えた居住圏の間の交通については、どうなるのかということであります。コンパクト・アンド・ネットワークという概念を考えれば、その移動に極端なコスト差があるのは、シビルミニマムの観点からも、不公平感を拭い得ないと思います。

長崎市議会 2018-11-27 2018-11-27 長崎市:平成30年第4回定例会(1日目) 本文

事業を実施してほしい、滑石町線における県施行事業費負担金について工事の施工に伴う公共施設等の移転が地域住民の利便性の確保に配慮したものになっているのか長崎県とよく協議しながら事業を進めてほしい、安定的かつ市民が利用しやすい地域公共交通網を形成していくために公共交通事業者等の意見を集約するための協議会を開催し、国の補助制度を取り入れられるような公共交通計画の策定を目指してほしい、都市交通対策費についてデマンド

佐世保市議会 2018-11-22 平成30年 11月開催 総合計画調査特別委員会-11月22日−02号

例えば、バスと鉄道の乗り継ぎやパーク・アンド・ライド、そして、今でもデマンドタクシーとバスの連携についての話もある。そういった全体の公共交通網に対する視点は盛り込めなかったのか。 ◎中島企画部長   基本構想における行政経営の中にいろいろなことを入れ込む中で、少し問題があるのではないかという点は、十分理解をしている。  

諫早市議会 2018-10-05 平成30年予算決算委員会(全体会) 本文 開催日:2018-10-05

乗合タクシー運行事業について、本野地区の利用者数が減少しているが、今後はどのように考えているのか、との質疑に対し、運行要件の一つとして1便平均利用者が1.0人を超えることになっているため、利用促進のお願いや減便または予約に応じて運行するデマンド型への移行など改善策について地元と協議を進めている、との答弁がありました。  

南島原市議会 2018-09-20 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月20日−01号

水道光熱費につきましては、重油単価が高騰したことで電気料金のデマンドが前期よりも上がっていることで、前期比で379万2,110円の増となっております。  衛生管理費につきましては、客室で利用しておりました浴衣を洗濯が可能な作務衣も着用いただけるようにしたことで、クリーニング代の節約を図っております。  

佐世保市議会 2018-09-19 平成30年  9月定例会 総務委員会-09月19日−03号

そういった危機感ということも含めて、慎重の上に慎重、想定も想定外のことも組み入れながら、当然、我々としてもこのことについて合意をして−−私は民間に委託することに関しては賛成してきた立場であるためお願いしたいということと、それと、参考事例として、路線バスが行かない地域についてはデマンドタクシーや小型バス、豆バスを導入していきたいと説明があったが、我々緑政クラブ会派に江迎地区の議員がいるが、病院が送迎をして

佐世保市議会 2018-09-10 平成30年  9月 定例会-09月10日−02号

その場合、事業者単独での不採算路線の廃止は想定しておらず、アクションプランで定めたデマンド型のタクシーへの転換基準を下回るような路線につきましては、バス事業者の経営状況によっては、路線維持のための財政支援をバス事業者が市に求めることができることをバス事業者にもお伝えすることとし、必ず行政判断が入ることになろうかと思っております。  以上です。

佐世保市議会 2018-06-25 平成30年  6月定例会 総務・企業経済委員会連合審査会-06月25日−01号

先ほどの説明では、交通不便地区対策で運行しているデマンド型タクシーやミニバスと並行して、財政支援をしてでも路線の維持を図ってもらうことも念頭に置いて進めていきたいとのことであったが、この進め方というのは、財政的負担が少ないということで考えているのか。それとも、あくまでも地域住民の足として、負担は大きくなっても、バス路線は維持すべきだということでの財政支援を検討するのか。

佐世保市議会 2018-06-22 平成30年  6月定例会 総務委員会-06月22日−02号

私の地域にはバスが通っておらず、デマンドタクシーが運行している。そして、大野地区はまめバス、中通地区はふれあい号ということで有料である。僻地に関しては、それが高いのか、安いのかという問題はあるが、特に透析患者については、回数を重ねるたびに経済的に圧迫されている方もたくさんいる。そのため、今後、どのようにあるべきなのかということも見直そうとしている。  

佐世保市議会 2018-06-19 平成30年  6月 定例会-06月19日−04号

私の住んでいる地域は山間部である上、ひとり住まいの高齢者が多く住まわれている地域であることから、雨の日や雪の日も予約をすれば自宅まで送り迎えしてくれるデマンドタクシーは、まさしく福祉的な役割もあり、ほかにはないと思うほど画期的なすばらしい制度であると思っておりました。

長崎市議会 2018-03-15 2018-03-15 長崎市:平成30年第1回定例会(6日目) 本文

委員会におきましては、路線バス運行対策費において、補助の必要性や効率的な運行を行う考えの有無、コミュニティバスの運行において、琴海デマンド交通の利便性向上や琴海尾戸線を減便したことの妥当性、乗合タクシーの運行に係る周知のあり方について質すなど、内容を検討した次第であります。