157件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-10-23 長崎市議会 2018-10-23 長崎市:平成30年建設水道委員会 本文 133 ◯佐藤東長崎土地区画整理事務所長 補足でございますけれども、このごみステーションは2カ所ありまして、長崎バスの営業所の一部と、あと神社の横に構造物用のごみステーションでございまして、いわゆるブロック塀できちんと囲んで、外から猫とかカラスとかが入らないような形の、いわゆる一番強い形の構造物のごみステーションで、大体300万円から400万円ぐらいといいますか もっと読む
2018-03-09 大村市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月09日−07号 最後に、有害鳥獣対策についてお尋ねですが、イノシシ、カラス、アナグマ、アライグマ、その他というふうに考えられると思うんですが、農作物のこの害獣ごとの被害額を教えてもらえませんか。 もっと読む
2018-03-02 長崎市議会 2018-03-02 長崎市:平成30年第1回定例会(5日目) 本文 ビワの鳥獣被害といえば、以前は鹿とカラスというのが一般的でありましたが、現在ではイノシシ被害が大きな比重を占めつつあります。ビワ農家でもワイヤメッシュ柵の設置などによる防護策を講じていますが、市の対応が後手に回っているように見受けられます。  市の鳥獣対策、特にイノシシの被害対策の現状についてお伺いします。  次に、行政機能再編についてお尋ねします。  (1)中央総合事務所の役割。   もっと読む
2017-12-05 松浦市議会 平成29年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2017年12月05日 そういう思い、今見た目でも本当に起伏があってですたい、起伏があってセイダカアワダチソウのぽんぽんぽんぽん生えてカラスも何十羽かおって、すごく何か不気味な感じのように見えるので、すごく不安だったので入れたんですけども、わかりました。ありがとうございます。   もっと読む
2017-09-14 大村市議会 平成29年  9月 定例会(第5回)-09月14日−04号 イノシシ602頭、アナグマ73頭、アライグマ58頭のほか、カラス、スズメ、ドバト、ヒヨドリなど642羽となっております。  28年度の捕獲報奨金でございますけども、イノシシの成獣1万3,500円、イノシシの幼獣8,500円、アナグマ・アライグマ3,500円となっております。  おっしゃいますように、国の交付金が減額をされるというふうな情報が入っております。まだ、決定はされておりません。 もっと読む
2017-09-11 松浦市議会 平成29年第3回定例会(第2号) 本文 開催日:2017年09月11日 しかしながら、わな猟では捕獲がなかなか難しい成獣のイノシシでありますとか、カラスの捕獲につきましては、今後も銃を用いた捕獲が必要であるというふうに私たちは考えております。 160 ◯ 2番(川下高広君)  一定数は必要だということでよろしいですね。   もっと読む
2017-07-06 佐世保市議会 平成29年  6月 定例会-07月06日−06号 下本山町は、昭和45年に相浦にあった焼却炉が法改正のため使用できなくなったことに伴い、生ごみの埋め立て場所として、うそ越ごみ処理場が整備されたが、当初は生ごみを埋めるだけであったことから、自然発火や悪臭、ハエ、カラスの異常発生、また現時点においても、佐世保市内のごみが毎日集まっている状況もあり、多くの御労苦と御負担をかけてきた地域である。   もっと読む
2017-06-26 佐世保市議会 平成29年  6月 定例会-06月26日−04号 鹿も捕獲されているようでございまして、平成26年が65頭、平成28年には83頭で、そのほかにもカラス等も多数捕獲をされているようでございます。そういうことで、軒並み捕獲頭数が増加の一途をたどっている状況であります。   もっと読む
2017-02-27 長崎市議会 2017-02-27 長崎市:平成29年第1回定例会(2日目) 本文 また、その他の効果といたしまして、三京地区の地元自治会長によれば、「ごみの分別変更後、カラスがマヨネーズ容器のごみを周辺に散乱させていたのが減少している」とのお話も伺っております。   もっと読む
2017-02-24 南島原市議会 平成29年  3月 定例会(第1回)-02月24日−03号 3点目、鳥獣被害対策とあるが、防護柵では対応ができないカラスなどによる被害対策は考えておられないのか、お尋ねをしたいと思います。   もっと読む
2017-02-01 諫早市議会 平成29年第1回(2月)定例会(第6日目)  本文 70 ◯建設部長(島 公治君)[ 231頁]  その生活基盤整備事業とか地域リフレッシュ事業の要望数ということでございますけども、自治会の要望というのはいろいろなものがございまして、例えば、イノシシの対策、ごみステーションに対するカラスの対策、それと水利関係者と調整がついてないもの、または官民境界が伴わないもの、それと隣接地の協力が得られないものということがございますので もっと読む
2016-12-14 五島市議会 平成28年 12月 定例会-12月14日−05号 五島市では、これまで農作物等に被害を及ぼすイノシシ、鹿、カラス、タイワンリスの対策として、猟友会、専門業者、市の実施隊員による捕獲や、イノシシの生息域の拡大を抑える拡散防止柵の設置といった防護対策を行っております。  このほか、狩猟者に対し免許取得経費や捕獲経費の補助、箱わなの無償貸与、被害を受けた農業者へは防護柵の補助、漁網の配布等を行い、総合的な対策を進めているところであります。   もっと読む
2016-12-07 時津町議会 平成28年第4回定例会(第2日12月 7日) このほかにも、平成27年度からカラス等による被害を防ぐため、農協のブドウ部会に防鳥ネット設置事業として補助金を支出しており、前年度は3名の方が合計で4,244平方メートルの圃塲にネットを設置いたしました。  今後も引き続き有害鳥獣による農作物への被害対策に万全を尽くし、農作物の安定した生産量を確保し、農家の所得向上を図ってまいります。   もっと読む
2016-07-12 五島市議会 平成28年  6月 定例会-07月12日−04号 五島市における有害鳥獣とは、イノシシ、鹿、カラス、スズメ、タイワンリスなどが考えられます。福江島においては、農業の方も多く、農作物の被害は深刻な問題だと思っております。  奈留島においては、イノシシ、鹿の被害が多く、家庭菜園の掘り起こしや道路ののり面の土砂崩落、落石など生活環境被害が発生しております。捕獲対策には力を入れて取り組んでいるところですが、被害の状況と対策の効果についてお尋ねします。   もっと読む
2015-10-22 長崎市議会 2015-10-22 長崎市:平成27年環境経済委員会 本文 捕獲実績ですが、猟の期間の捕獲も含めますと、平成26年度は平成25年度のイノシシ1,513頭に対して26年度は1,478頭、鹿が25年度531頭に対して26年度は895頭、カラスについては25年度1,263羽に平成26年度は1,226羽となっております。   もっと読む
2015-09-03 時津町議会 平成27年第3回定例会(第3日 9月 3日) 次に、夜間の戸別収集のメリットにつきましては、交通量が少ないことから移動しやすく、交通事故等の危険性も比較的小さいこと、カラス等からの被害が抑制されること、収集業者による交通渋滞の緩和ができること、昼間の町の美観を損なわないことなどでございます。   もっと読む
2015-06-03 時津町議会 平成27年第2回定例会(第2日 6月 3日) 2つは、6項目目のパンセオンド前のごみ集積所にごみ箱を設置してください、カラスで困っていますという要望です。  回答では、該当の場所は場所が狭く、通行の妨げになることから、ごみ箱が置けない状況となっています。ごみ箱を設置するのは難しいかもしれませんが、今後、自治会と場所の変更やネットの利用などできないか対策を検討していきたいとのことでした。検討の結果、どうなったか教えてください。   もっと読む
2015-03-25 五島市議会 平成27年  3月 定例会-03月25日−06号 理事者によりますと、有害鳥獣による農作物の被害については、カラス、ヒヨドリ、スズメ等の鳥類による被害が最も多く、カラスについては、猟友会による銃での捕獲や専門業者による捕獲おりでの捕獲を行っており、2月末で、捕獲おりによる約2,000羽を捕獲している。今後は、大群が飛来するところに的を絞って対策を行っていくことにしている。 もっと読む
2015-03-04 時津町議会 平成27年第1回定例会(第2日 3月 4日) 戸別収集のメリットにつきましては、ステーション収集と比較しますと、ごみを出す方に対し、分別や排出ルールについて個別に指導がしやすい、また、そのことによりごみを出す方の意識が向上する、ステーションの掃除当番が減少する、ステーションの設置場所周辺にお住まいの方に対する臭気やハエの発生などの迷惑をかける環境が解消されるといったことがあるようでございます  一方、デメリットにつきましては、カラスや猫などの小動物被害対策 もっと読む
2014-12-01 諫早市議会 平成26年第4回(12月)定例会(第5日目)  本文 それと、要望があってもできないものが、生活基盤整備事業の目的にあわないもの、イノシシ対策、ごみステーションのカラス対策、道路改良事業等に係る要望で130万円以上のもの、その他市が管理している公共施設でないもの、例えば、国道や県道のガードレールや除草というふうに区分をして対処しているところでございます。 もっと読む