30件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

長崎市議会 2019-07-04 2019-07-04 長崎市:令和元年環境経済委員会 本文

商工部といたしましては、造船・水産・観光といった長崎市の基幹産業を取り巻く環境が、時代の変遷の中でさまざまに変化していることから、これまで培ってきた技術技能の蓄積を生かした地場企業の新たな分野への進出や、IoTなどの新技術を活用した取り組みを支援する必要があると考えております。

長崎市議会 2019-07-01 2019-07-01 長崎市:令和元年第3回定例会(4日目) 本文

DMOにおけるビッグデータ等の行動分析につきましては、外国人観光客が持つ携帯電話の位置情報から、長崎市を訪れる人が入国してから出国するまでどのように動いているのか、あるいは国籍別に滞在時間等を把握するモバイル空間統計データの分析、あるいはアプリを活用して国籍年齢等の属性情報や位置情報などを収集・分析する経済産業省IoT活用おもてなし実証事業などにいち早く取り組みまして、長崎市を訪れているものの宿泊

長崎市議会 2019-03-07 2019-03-07 長崎市:平成31年環境経済委員会 本文

ア.新事業展開・IoT活用技術による生産性向上支援補助金700万円でございますが、これは海洋再生エネルギーを初めとする新事業分野への進出支援とIoT活用による生産性向上といった企業の新たな取り組みを促進するため、必要とされる可能性調査、市場調査、研修や資格取得など人材育成に要する経費の一部を補助するものでございます。

長崎市議会 2019-03-04 2019-03-04 長崎市:平成31年第1回定例会(5日目) 本文

これらの企業では、地元の大学と連携し、AIやIoTなど先端技術研究開発を行うことが計画されていますが、これらの研究開発は進出企業だけで完結するものではなく、長崎企業との連携も視野に入れられています。一方で、長崎地域の7つの大学からは、毎年100人を超える大学生が県外の情報通信関連産業に就職しているという実情があります。

長崎市議会 2018-12-12 2018-12-12 長崎市:平成30年地域づくり・人口減少対策特別委員会 本文

あるいは、今後、IoTあるいはAI、こういったものを活用することによる業務の部分が効率化できるように、こういったことで。ただ、今後地域のまちづくりという部分も、これ非常に多様な支援、また地域担当職員を配置するなどの地域との連携というのはより一層重要になっていく部分であろうと考えております。

長崎市議会 2018-12-07 2018-12-07 長崎市:平成30年環境経済委員会 本文

ただ、今福岡がITからIOTに行く中で、農業にドローンを入れたりして、実証試験をどんどんやっています。長崎市市町村合併で編入されたところ、やはり高齢化が進んでいます。耕作放棄地もいっぱい出てきています。補助整備をするとか。沿岸漁業の海の中のやつを風水害を避けるため、陸地に上げるとか。

佐世保市議会 2018-11-22 平成30年 11月開催 総合計画調査特別委員会-11月22日−02号

新たなビジネスモデルの創出だが、まさに人口減少の中、ロボットIoTやAIなど、新たなイノベーションやアウトソーシングなどを通して、新たなビジネスモデルを創出できるよう積極的に支援をしたいと考えている。また、IoT、IT分野においては、先駆的に取り組む創業者やベンチャー企業の誘致に向けた取り組みも進めていきたいと思っている。  それから、労働力の確保である。

長崎市議会 2018-09-19 2018-09-19 長崎市:平成30年コンベンション誘致対策特別委員会 本文

世代技術、昨今でいえばIoTとかAIとか、もともとある自動車業界を生かしてモビリティー、そして九州大学さんや福岡市福岡県で開発をやっている水素エネルギー、こういったものを生かしたような次世代技術の先端研究施設であったり、もしくは実際に事業を行っている場所であったり。またはクリエイティブ産業福岡市にはアニメーターとか、もしくはゲーム会社が幾つかございます。

南島原市議会 2018-07-18 平成30年  7月 定例会(第2回)-07月18日−01号

この地域商社が主体となり、IoTなど新しい技術を活用した新サービスの創出や生産性の効率化を促すとともに、IT関係イベントの開催やIT人材育成を図ることで市内産業の振興を図ります。さらに、市内企業に対する企画支援や商品開発支援、ブランディングなどを行うことで物産販売などの推進につなげます。  2つ目、「人を育てる」でございます。  南島原市の将来を担う子供たちは、市の最も重要な財産であります。

時津町議会 2018-06-13 平成30年第2回定例会(第4日 6月13日)

事業内容は、水処理分野を中心とした環境ビジネス拡大に向けたIoTを駆使したサプライチェーン構築事業について計画している。  2問目、固定資産税の課税免除額について事例を挙げて教えてもらいたい、の答弁として、国及び県の承認を受けた地域経済牽引事業計画に基づく施設の設置に係る土地、家屋の取得価格の合計額が1億円を超えた場合から対象となる。

佐世保市議会 2018-03-09 平成30年  3月 定例会-03月09日−07号

次に、製造業につきましては、これまで熟練工に支えられながら、付加価値の創出に向け注力してきましたが、これからの10年を見たとき、強みであった技術者が不足するといった問題が顕在化してきており、「強い現場の維持・向上」の観点から、後継人材育成IoTなど、デジタルツールの活用が、製造業の維持存続に向けて大きな鍵になるものと認識いたしております。  

佐世保市議会 2018-03-08 平成30年  3月 定例会-03月08日−06号

医療介護など地域包括ケアの現場での先進的な取り組みとして、個々人のライフステージや生活環境に合わせた医療健康データの活用促進、PHR連携機能構築の先進事例として、独立行政法人国立病院機構京都医療センターの北岡有喜先生が考案・開発されたポケットカルテを活用した事例が総務省地域IoT実装推進ロードマップに掲載され、既に公共政策においても活用されているところであります。  

平戸市議会 2018-03-07 平成30年 3月定例会-03月07日−02号

特に現代においては、ITからIoTへの進展、AIの進化など、情報化がすさまじい速さで進んでおります。また、グローバル化により外国人と肩を並べて働くことが普通の社会となることが予想されております。その点で英語がますます重要となってまいります。  このような時代の変化に対応した教育を行うため、平戸市では「やらんば!

長崎市議会 2018-02-21 2018-02-21 長崎市:平成30年第1回定例会(1日目) 本文

また、地元中小企業の経営の多角化、海洋再生エネルギーを初めとする新分野への進出、IoT活用による生産性の向上など、新たな取り組みを促進し、競争力の強化を図るため、可能性調査や市場調査、さらには必要とされる産業人材育成への支援を行います。  企業誘致については、競争力のある企業立地用地を確保するため、平成32年の分譲に向けて、田中町の用地整備を着実に進めます。

佐世保市議会 2018-01-29 平成30年  1月開催 総合計画調査特別委員会-01月29日−01号

また、スマート農業の活用では、IoT、AI、ロボット技術の活用によって品質の向上や省力化・低コスト化による生産性の向上を実現し、競争力を高める取り組みが始まっているという状況もある。  また、農業経営の法人化であるが、幅広い人材の確保によって事業発展の可能性や、農家の後継者の確保が可能になるということも国の白書に記載されている。  

佐世保市議会 2017-12-07 平成29年 12月 定例会-12月07日−02号

しかしながら、2040年には全国的に生産年齢人口が3分の2程度に急減することから、産業の構造的な転換が求められ、商工業教育農林水産業コミュニケーション支援、防災介護福祉医療ヘルスケア生活支援などのさまざまな分野において、IoT・AI技術を活用することが不可欠になってきます。  

  • 1
  • 2