運営者 Bitlet 姉妹サービス
960件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-22 時津町議会 平成31年第1回定例会(第4日 3月22日) 今後、超高齢社会がやってくることを考えると、さらに対策を考えないといけません。  本町としましては、介護支援や生活支援サポーターの養成、東小学校区での地域で助け合って住みなれた地域で生活することができる仕組みづくりのモデル事業が行われます。  また、今後は認知症が相当社会現象化してくると思います。 もっと読む
2019-03-06 時津町議会 平成31年第1回定例会(第2日 3月 6日) これから先におとずれる超少子高齢社会になったときに、私たちの大切な子供たちが生きていかれるような仕組みづくりが必要だと思います。また、後世につけを回さない社会というのもすごく大切だと思います。  そこで、今回はそのような観点から3項目の質問をいたします。  1、超少子高齢社会に対しての準備は、ということです。   もっと読む
2019-03-05 時津町議会 平成31年第1回定例会(第1日 3月 5日) 平成のその先の時代に向かって、確固たる道筋をつけるため、生活の基盤となる道路などの社会資本整備に加え、妊娠・出産・育児の切れ目のない子育て支援や、急速に進む高齢社会に対応した施策をさらに強化していく必要があります。  政府は、東京一極集中を是正し、地方への新しい人の流れをつくるため、みずからの工夫やアイデアで地方創生に挑戦する自治体を応援しています。 もっと読む
2019-03-01 島原市議会 平成31年3月定例会(第6号) 本文 まず、今回の消費税については、やはり今現在、少子・高齢社会がこれからも加速する状況にあります。そうなってくれば社会保障、これが年々支援増になってきます。そういう財源というものは一番景気、不景気に左右されない消費税、これをもって財源とすべきというふうに思っております。またあわせて、この消費税というものは高齢者を含め、全ての国民が税負担をしていただく。 もっと読む
2019-03-01 島原市議会 平成31年3月定例会(第5号) 本文 いろんなことを言いながら、高齢社会の中で、やはり電気、水に匹敵するようなライフラインの一つになっていくのではないかと。社会から孤立をしないためには、交通インフラの整備というのは大変重要な課題かというふうに思っております。  そういった中で、なかなか労働人口の減少によって財源、そういったものも厳しくなっていくものと思いますが、その資金の調達についてはどのようにお考えになられるでしょうか。   もっと読む
2018-12-12 時津町議会 平成30年第4回定例会(第4日12月12日) これに基づいて、3歳から5歳児の幼稚園・保育園等の利用者負担の無償化が計画されているなど、少子高齢社会が進行する中にあって、子育て支援等の一環として、教育・保育の無償化が大きく取り沙汰されております。  増大の一途をたどる社会保障費に対して、その制度の安定した維持を図るため、医療、介護の分野における個人負担の見直しも進んでいるところでございます。   もっと読む
2018-12-12 長崎市議会 2018-12-12 長崎市:平成30年都市整備・交通対策特別委員会 本文 であれば、やはり今から高齢社会ですから、観光に来られる人も高齢者の人がかなり多いと思うんですね。当然、障害者もおられるし、いわゆる弱者ですから、その方たちをするのには、やはり金がかかるとか、投資がかかる、維持費がかかると言いますけど、それは先ほども言いましたように、土砂が流入したら、そっちのほうが維持費がかかりますよ。 もっと読む
2018-12-12 長崎市議会 2018-12-12 長崎市:平成30年地域づくり・人口減少対策特別委員会 本文 企業誘致をしたところだけしか働いてはいけないというルールはないんでしょうから、ですから、ぜひとも、そういう人手が足りないところはどうするかということも含めて全庁的に検討もしていただかなきゃいけないし、そしてもう1つは、これだけの高齢社会になったらね、61歳以上の人、70歳までか75歳までにもうなるかもしれないけど、この方々をね、やはり長年のいろんな仕事に対する経験やノウハウをお持ちで、技術もお持ちだろうから もっと読む
2018-12-10 松浦市議会 平成30年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2018年12月10日 1項目は、高齢社会に適応するごみの収集というものの方法を変えていくべきじゃないかなというふうに思っているところでございます。このことについて、まず、理事者の方にごみの収集の今の実態を報告していただきたいと思います。 もっと読む
2018-12-07 松浦市議会 平成30年第4回定例会 通告表 開催日:2018年12月07日                 平成30年第4回定例会一般質問表 ┏━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━┓ ┃日次│  氏   名  │    質   問   通   告   事   項    │ページ┃ ┠──┼─────────┼─────────────────────────────┼───┨ ┃  │ 鈴 立 靖 幸 │1.高齢社会 もっと読む
2018-12-07 長崎市議会 2018-12-07 長崎市:平成30年環境経済委員会 本文 しっかりと高齢者一人ひとりが、やはりこれから高齢社会になるんでと。あなたちょうど教育厚生委員会にもおられましたけれども、そのときにはっきりと公共施設マネジメント計画を上げましたが、あれは違っていたんですよ。だから、そのこともあなたはほかの議員からも指摘された。だから、そういうお互いのすれ違いというのがあるんですよ。はっきり話をしないと。 もっと読む
2018-12-05 時津町議会 平成30年第4回定例会(第2日12月 5日)                    開  議 日程第1 一般質問(大塚俊久議員・中原裕子議員・山口一三議員・久保哲也議員・           山脇博議員)       大 塚 俊 久 議員         1 放課後の子どもの安全な居場所について         2 ふるさと納税について       中 原 裕 子 議員         1 若者の社会参加はどのようになっているか         2 超高齢社会 もっと読む
2018-12-05 長崎市議会 2018-12-05 長崎市:平成30年第4回定例会(5日目) 本文 最後に高齢社会への対応について質問をいたします。  一定築年数がたっている市営住宅に単身高齢者の方がふえています。単身高齢者の方々の中には、支援が必要な方もいらっしゃいますが、こうした方に限らず、安心・安全に生活していただけるために見守り活動や安否確認をどうしていくのか。地域だけでは対応できない大きな課題となっています。   もっと読む
2018-12-04 時津町議会 平成30年第4回定例会(第1日12月 4日) ○町長(吉田義德君)  先ほど申しましたように、非常に国保税というのは、高齢社会等が進行していく中で、そうした人たちの加入も大きくなっておるし、低所得者の人たちも大きくなっているというふうなことにおいて、抜本的にこうした制度に対しての国の財政のあり方というふうなものについては、全国の町村会等も通じて、そうした改善を図ってもらうような要望をしておりますので、そうした考え方にあることは、私も同じでございます もっと読む
2018-11-30 長崎市議会 2018-11-30 長崎市:平成30年第4回定例会(2日目) 本文 一方、世界都市、人間都市としてのまちづくりについても、高齢化の進展による社会保障経費の増加や住みなれた地域で長く元気に暮らせる施策などの高齢社会への対応、子ども医療費の大幅な拡大や保育料の負担軽減などの子育て支援施策、車みち整備や住宅リフォーム補助などの暮らしやすさの向上、ALTや図書館司書の配置などの教育支援、世界遺産の登録や平和、夜景観光の推進などにしっかりと取り組んできました。 もっと読む
2018-11-27 長崎市議会 2018-11-27 長崎市:平成30年第4回定例会 通告一覧    (1) 幸町のサッカースタジアム構想への支援   3 広域連携について    (1) 長崎広域連携中枢都市圏の進捗   4 経済活性化策について    (1) メガヨットマリーナ施設整備構想  ○ 大石史生議員[平成30年12月5日]   1 障害福祉政策について    (1) 特別児童扶養手当の所得制限    (2) 中度障害者への福祉医療費の現物給付    (3) 就労支援策   2 高齢社会 もっと読む
2018-10-29 長崎市議会 2018-10-29 長崎市:平成30年総務委員会 本文 何を言いたいかというと外海地区、大野地区についても高齢社会の主たるところでございまして、なかなか生活がそこで行われないで文化財だけが残るという形で、それを世界遺産として見せると、活用するというのは地域に根差した世界遺産の活用をやっていくということからすれば、やはりあるものを住民も一緒になって共存していけるような施策を打たないとだめじゃないかなというような感じがいたしました。 もっと読む
2018-09-27 西海市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月27日−資料 (4) 今後、進んでいくであろう超高齢社会や医療の担い手の減少により、今と同じような医療サービスが利用できなくなる可能性に対し、どのように対処していく考えか伺う。 質問事項2  西海市内小・中学校の児童生徒の通学費補助について 質問の要旨  路線バスを利用して通学する者に対しての補助金交付要綱にある補助の要件で、通学距離・定期乗車券購入額についての制限を取り払うことは考えられないか伺う。 もっと読む
2018-09-21 時津町議会 平成30年第3回定例会(第4日 9月21日) 一方、扶助費につきましては、少子高齢社会の中にあって毎年増加の一途をたどっています。安倍首相は、人生100年時代の構想を打ち出していますが、本町でも10年前は100歳以上が3名でございましたが、今は20人を超えているという時代でございます。そうした中、高齢者の独居、あるいは夫婦世帯がふえてきていますが、医療、介護の面からも高齢者のさらなる健康づくりに取り組んでまいります。   もっと読む
2018-09-19 長崎市議会 2018-09-19 長崎市:平成30年コンベンション誘致対策特別委員会 本文 日本もですが、アジアの大都市は皆、今高齢社会を迎えようとしております。そして若者が非常に少ないということで、過疎化が問題になっております。 もっと読む