691件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

平戸市議会 2020-07-19 09月04日-02号

平戸市内高齢の高まりと医師不足現状を踏まえ、医療体制充実を図っていくとともに、現在普及が進むIoTやICTといった技術を使い、少しでも地元住民身体的負担財政的負担低減と安心安全な暮らしに寄与していくシステムをつくり上げていただくことを切に願いまして、私の質問を終わらせていただきます。ありがとうございます。 ○議長大久保堅太君)  以上で、井元宏議員一般質問を終了いたします。 

五島市議会 2020-06-25 06月25日-03号

市長の言われているのは、もう本当にごもっともだと思いますが、悲しいかな玉之浦は、高齢が65以上なんです。その起業をしようという人がなかなか少ないんです。地元の人がやるというのが一番なんでしょうけれども、その中でUIターン者に来ていただいて、一つでも起業していただいて雇用を生むという、これも一つの手段だと思いますので、よろしくお願いいたします。 以上で、私の一般質問を終わります。

佐世保市議会 2020-06-17 06月17日-03号

高齢はどうなのか等、様々な観点で切り取って見ていくと、指標として、補助の支出、人員の配置という部分と、地域福祉の要であるニーズの分析というものがこれからは必要になってくると思っているところです。 そういったところも踏まえて、地域福祉に関する費用に関する基準というものも、平成26年3月31日で方針決裁を取られております。

平戸市議会 2020-04-24 06月06日-03号

そのころ総人口が約1億370万人、これに対して65歳の人口が730万人でちょうど7%、それから24年後の1994年、総人口が1億2,300万人となったときに1,760万人となり、そのころ14%、そして2007年に21%、2016年に27%、人口にして3,459万人の高齢者ということになって、時は過ぎて2008年を境にして人口減少が今度は始まってきて、このままいくと2065年には高齢というのは38

平戸市議会 2020-04-17 06月05日-02号

次に、福祉部における課題と、その対応についてでございますが、まず高齢者対策では、令和元年5月1日現在の高齢は39.2%で、年々上昇しておりまして、人口減少に伴い、今後もさらに高くなっていく見込みとなっております。 この高齢化状況は、長崎県は全国から10年早く、平戸市はそれ以上の20年早いとも言われております。

長崎市議会 2020-03-10 2020-03-10 長崎市:令和2年教育厚生委員会 本文

(1)長崎市の高齢者人口等推移では、総人口高齢者人口及び高齢を、(2)長崎市の要支援・要介護認定者数推移では、介護度別認定者数推移を、また(3)長崎市の保険給付費等推移では、平成27年度から令和2年度までの保険給付費等計画額及び決算額を、資料の4ページには、(4)要介護度別に受けることのできる介護保険サービスの種類について図でお示ししておりますので、ご参照ください。  

五島市議会 2020-03-10 03月10日-04号

次に、健康寿命、それから介護予防について聞かせていただきたいと思いますが、今回この2つの問題を取り上げたのは、五島市の高齢これが現状2020年およそ40%、10年後には49%、50%です。2人に1人が65歳以上という中で、元気なお年寄りがいなかったら五島市の地域も成り立たない、あるいは財政もどれだけ厳しい状況になるかということが容易に想像できます。

五島市議会 2020-03-09 03月09日-03号

また長崎県においての県人口に占める65歳以上の割合を示す高齢は31.45%で、過去最高だった昨年の30.78%を上回り、47都道府県のうち13番目に高く、また県内21市町の高齢を見てみますと、高い順に小値賀町47.98%、新上五島町39.95%、平戸市38.77%、五島市38.67%と続いておりますが、五島市における現在の高齢者人口推移について檀上より質問させていただき、以下の項目につきましては

諫早市議会 2020-03-07 令和2年第1回(3月)定例会(第7日目)  本文

介護保険制度につきましては、我が国の高齢が17.4%となった平成12年にスタートをし、ことしで20年目を迎えております。この介護保険制度は、高齢者等介護社会全体で支え合う仕組みであり、要支援者、要介護者など、介護が必要であると認定を受けた対象者に対し、介護費用の一部を給付する制度でございます。  

平戸市議会 2020-03-05 03月04日-02号

地方の高齢というのは、どんどん拍車をかけたようにして進んでおる。その中で、昨年の12月議会でも触れましたが、地域にとって一つの大きなよりどころ、消防団という組織が、果たしていつまでその形態を保っていけるのかという、そういうふうな恐怖も少し私の中で芽生えてきております。

松浦市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第1号) 本文

高齢は年々高くなっておりますが、高齢者の方自ら介護予防に取り組み、重度化防止に努めていただくとともに、地域支え合いの取組も進んできているところでございます。引き続き介護保険給付費低減が図られるよう、各種事業に取り組んでまいります。  次ページ以降に関係資料を添付いたしておりますので、御参照の上、御審議賜りますようよろしくお願い申し上げます。

島原市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第4号) 本文

131 福祉保健部長湯田喜雅君)  きちんとした数値というのはちょっと持ち合わせていないんですけれども、やっぱり周辺部というよりも中央部のほうがどうしてもそういうふうな高齢が高いというのは前からちょっと聞いておりますので、そういうふうな状況ではないかなと思っておるところであります。

南島原市議会 2020-02-27 02月27日-04号

高齢が高ければ、やっぱり婚姻の数も総じて減ってくると思いますし、そういうようなところが影響しているんじゃないかと思っております。 ○議長林田久富君)  金子議員。 ◆4番(金子憲太郎君)  なるほどですね。若者が少ないからということね、なるほど。それじゃ、この3市で言うと、南島原若者の率がやっぱり低いですよね、年寄りが多いからですね、なるほど。

南島原市議会 2020-02-25 02月25日-02号

国立社会保障人口問題研究所推計によると、2024年の人口は約3万1千人、高齢は47%まで上昇するなど、今後も人口減少少子高齢化は続くことが予想されます。本市が今後人口減少を食い止め、維持可能な地域社会を維持していくためには、若者が安心して働けることができる雇用拡大策と定住・移住促進策を両輪としたまちづくりを、長期ビジョンを持って取り組むことが求められております。 

佐世保市議会 2019-12-11 12月11日-04号

当該地域におきましては、医療機関が少なく、医師高齢も非常に高いことなどから、北松中央病院役割地域住民日常生活におきまして大変重要なものと認識をいたしております。 また、救急医療感染症医療の提供を初め、災害拠点病院としての役割など、いわゆる政策医療の分野も担っており、佐世保北医療圏北部地域において中核的な医療機関となっております。 

島原市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会(第2号) 本文

73 9番(馬渡光春君)  島原市の高齢は34.2%、そして、70歳以上の方25.9%と大分高くなっておりますので、その点の充実もよろしくお願いをしたいと思います。  次に、ごみ収集民間委託についてお尋ねをいたします。  平成31年から第5次行革大綱前期実施計画として、有明地区ごみ収集業務民間委託され約8カ月がたちました。