48件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

長崎市議会 2018-02-27 2018-02-27 長崎市:平成30年第1回定例会(3日目) 本文

リレー方式で固定化される可能性もありますが、私は高速鉄道の意味がなくなると思います。沿線自治体のベクトルを同じようにしていかないといけないと。沿線5市が今までいろいろと同一歩調をとっておられるということは一定評価をいたします。ただ、最大のハードルはもう皆さんはご存じですけれども、地元に巨額な負担が生じる佐賀県の同意であると思います。

長崎市議会 2017-10-17 2017-10-17 長崎市:平成29年建設水道委員会 本文

158 ◯芝長崎駅周辺整備室長 フリーゲージトレインの問題につきましては、まだ課題が解決しておらず、実用化のめどが立っていないという状況ではございますけれども、やはり私ども長崎市としましては新幹線、この事業はやはり目的としましては、全国の高速鉄道ネットワークにつながることで関西も含めて広い地域から多くの人々を呼び込み、そして交流人口をふやし、そして地域の

長崎市議会 2017-09-11 2017-09-11 長崎市:平成29年第3回定例会(5日目) 本文

長崎市が新幹線整備に取り組む目的は、全国の高速鉄道ネットワークにつながることで、関西圏も含め広域から多くの人々を呼び込み、交流人口をふやし、地域の活性化を図ろうとするものであり、日本の西の端に位置する長崎市にとって、新幹線は交流の産業化を図るための不可欠なツールです。  

長崎市議会 2017-08-22 2017-08-22 長崎市:平成29年長崎駅周辺再整備特別委員会 本文

ただし、本日に至りましてフリーゲージトレインが西九州ルートの整備スケジュールとなかなか整合しないということは見えてまいりましたので、また別の選択肢できちんと全国の高速鉄道新幹線網につなげていただくということを、しっかりと国に対しても要望してまいりたいというふうに考えております。  

諫早市議会 2017-02-01 平成29年第1回(2月)定例会(第7日目)  本文

よって、地方都市にとりましては、魅力ある都市を築いていくことが喫緊の課題であり、その策として、高速鉄道網の整備が必要不可欠であります。  九州新幹線西九州ルートは、西九州地域の産業振興、交流人口の拡大など、本市を含む県内全域の活性化につながる重要な交通基盤整備であります。  

長崎市議会 2017-01-20 2017-01-20 長崎市:平成29年観光客受入対策特別委員会 まとめ

さらに、ハウステンボス「光の     王国」との連携強化については、海外とのタイアップ事例として、タイにおける空     港高速鉄道での車内広告掲載等を実施している。そのほか、公式観光サイト「あっ!     とながさき」、フェイスブックやツイッターなどのSNS、検索連動型広告などを     活用し、PRを行っている。   

長崎市議会 2016-10-14 2016-10-14 長崎市:平成28年観光客受入対策特別委員会 本文

それから、(イ)ハウステンボス「光の王国」との連携強化ということでございまして、海外とのタイアップ事例といたしましては、タイにおける空港高速鉄道での車内広告掲載等を実施しているという状況でございます。  続きまして、14ページになります。こちらには、(ウ)公式観光サイト「あっ!とながさき」及びSNSの活用、それから、(エ)検索連動型公告によるPRによる取り組みをご紹介させていただいております。  

長崎市議会 2015-09-16 2015-09-16 長崎市:平成27年長崎駅周辺再整備特別委員会 本文

金をかけた上に、たった28分しか短縮できないような高速鉄道がありますか。でありますので、今、庁内で早急にこのフル規格に持っていく検討を始めてくださいということを私は申し上げましたよね。ですから、局長にも言いました。検討しますということを言いましたけれども、何らそのことだって検討したような報告じゃなかったですね、先ほどのフリーゲージトレインのことについての質問に対してね。  

長崎市議会 2015-08-10 2015-08-10 長崎市:平成27年長崎駅周辺再整備特別委員会 本文

新幹線自体は、それ自体で全国の高速鉄道網につながることになりますから、仮にフリーゲージトレインであっても、新幹線の効果というのは、それだけでもかなり大きなものが期待されると思っております。  ただ、今、フル規格の声を上げるべきかどうかということについては、これまでの経緯もありますので、慎重に対応すべきという時期にあるものというふうに考えております。

諫早市議会 2015-06-01 平成27年第3回(6月)定例会(第7日目)  本文

九州における現状では、高速鉄道は縦軸で形成され、経済環境をはじめ、あらゆる分野でこの縦軸が中心となっております。ここ長崎県諫早市も、やはりこの高速体系を活用した地域づくり、まちづくりが必要であります。  新幹線開業の効果を十分に活用して、これからの諫早のまちづくり、また諫早を中心とした地域づくりが望まれております。移動の手段として、空路、陸路、鉄路、いろんな手法がございます。

諫早市議会 2013-09-01 平成25年第5回(9月)定例会(第7日目)  本文

114 ◯中野太陽君[ 255頁]  あと、こういうときはスピードをどうしても出しがちと言いますか、安全の上で高速鉄道というのは成り立つのだと思うのですけれども。8月26日、スペインで高速鉄道アルビアというのが脱線事故を起こしました。原因としてはスピードの出し過ぎと、80キロメートルのところを160キロメートル、2倍近くのスピードを出していた。  

諫早市議会 2012-12-01 平成24年第4回(12月)定例会(第5日目)  本文

よく考えますと、先ほども申したように、高速道路とか高速鉄道、これは確かに時間を縮めて、地理的に縮めるもので、私らの世代の感覚からいくと、これこそまさに時代の進歩で必要なもの、それによって東京との距離、福岡との距離というのが考えられるのだけれども、この情報通信網というのは世界どこでも山の中でも、これがあるならば東京と同じになってしまうと、そういう感覚ではないかと思うのですよ。  

諫早市議会 2012-09-01 平成24年第3回(9月)定例会(第9日目)  本文

平成23年度におきましては、時代に即した組織機構への改革を行い、第69回国民体育大会、長崎がんばらんば国体開催に向けたハード、ソフト両面の準備を進めるとともに、有害鳥獣による被害防止に対する緊急対策事業を本格化したほか、広域高速鉄道網への取り組みについては、九州新幹線西九州ルート(長崎ルート)建設の整備促進を図ったところでございます。  

佐世保市議会 2012-03-08 平成24年  3月 定例会-03月08日−07号

次に、韓国からの観光客の状況でございますけれども、平成22年に韓国の高速鉄道KTXがソウルから釜山間で全線開通したことや、九州新幹線鹿児島ルートも開業したことによりまして、韓国南部と九州北部との交流圏が、韓国全体と九州全土まで拡大されたと言われております。  実際、日本政府観光局によりますと、韓国からの観光客は、平成21年には158万人、平成22年には約244万人と大きく伸びてございます。

長崎市議会 2010-11-15 2010-11-15 長崎市:平成22年総務委員会 本文

それから、新幹線につきましては、今後いろんな賛否の議論はございますけれども、私どもとしては、将来の長崎にとって必要不可欠な公共交通機関で高速鉄道が今後のトレンドになるという、そういうことを踏まえまして、必ず乗りおくれてはいけないとも考えておりまして、ぜひ新幹線については進めていかなければならない事業であり、この施策の中の一つの柱であると考えておるところでございます。