445件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

五島市議会 2021-03-11 03月11日-02号

1点目、五島食肉センター管理運営事業についてお尋ねします。 この件に関しましては、令和2年3月定例会にて指定管理料の過去5年間の推移と抑制を尋ねられていましたが、昨年度よりも約230万円の増額となっております。14億円を投じた大規模改修工事から9年経過していると思うのですが、改修工事前と今回の予算額の差額と増大してしまっていると思われる原因の説明を求めます。 

佐世保市議会 2021-03-09 03月09日-03号

青果市場取扱数量を前年度比95.6%の2万2,392トン、それに係る事業費を1億93万円、水産市場取扱数量を前年度比80.7%の2万8,373トン、それに係る事業費を2億3,602万円、食肉市場取扱数量を前年度比87.1%の3万3,200頭、それに係る事業費を3億6,348万円、花き市場取扱数量を前年度比92.6%の920万本、それに係る事業費を128万円と、それぞれ見込まれております。 

五島市議会 2021-03-09 03月09日-01号

五島食肉センターについては、衛生面向上を図るため、施設HACCP対応とする改修工事を行います。これにより、五島牛及び五島豚販路拡大が見込まれ、施設稼働率向上につながるものと期待しております。 有害鳥獣対策については、防護対策として、被害農家に対し、イノシシ、鹿の田畑への侵入を防ぐ防護柵設置支援や指導を引き続き行ってまいります。

長崎市議会 2021-03-01 2021-03-01 長崎市:令和3年環境経済委員会 本文

それと、イノシシ捕獲数はかなり増えてきているんですけれども、実際にその後の行き先というのが、今まだ1つ問題で、もちろん長崎市でもジビエの利用というか、食肉加工というのも進めてはおるんですけれども、現状、このコロナ禍でもあって、なかなか捕獲してもほとんどが埋めて処分するという形になっていると思うのですけれども、その辺のところ、今後また増えていくと思うんですよね。どのような処理をしていくのか。

島原市議会 2021-03-01 令和3年3月定例会(第6号) 本文

次に、産業建設分科会からは、6款.農林水産業費で、有害鳥獣対策経費について、昨年度のイノシシ捕獲数ワイヤーメッシュ柵整備についての質疑には、昨年度のイノシシ捕獲頭数は680頭であり、食肉処理加工施設への搬入は207頭、そのうち処理をされたのが131頭である。ワイヤーメッシュ柵耐用年数は14年であり、国の補助事業等を活用しながら整備をしているとの答弁。  

諫早市議会 2021-02-05 令和3年第1回(2月)定例会(第5日目)  本文

具体的に申し上げますと、ハード対策ソフト対策の二つの支援策がございまして、ハード対策としては鳥獣侵入を防止するための侵入防止柵整備、捕獲した鳥獣食肉として利用するための処理加工施設搬入促進施設などの整備に対する支援がございます。また、ソフト対策といたしましては、有害鳥獣の追い払い、それから捕獲機材の導入、捕獲活動経費などへの支援がございます。  

五島市議会 2020-12-18 12月18日-06号

12議案第134号五島単独住宅管理条例の一部改正について同上13議案第135号五島景観条例の一部改正について同上14議案第138号土地改良事業に係る突発事故復旧事業計画の策定について同上15議案第143号富江構造改善センター指定管理者指定について同上16議案第144号営農研修施設指定管理者指定について同上17議案第145号多目的集会施設指定管理者指定について同上18議案第146号五島食肉

五島市議会 2020-12-04 12月04日-04号

項目めは、五島食肉センター経営改善検討会設置についてです。五島食肉センター赤字が続き、市民にとっては大きな負担になっています。この負担を少しでも軽減するために、学識経験者や税理士、畜産農家などを含めた経営改善検討会設置すべきではないでしょうか。答弁を求めます。 3項目めは、世界ジオパーク認定に向けての、ジオガイドの育成についてです。

五島市議会 2020-12-02 12月02日-02号

号久賀島観光交流拠点センター指定管理者指定について総務委付託10議案第140号住民センター指定管理者指定について同上11議案第141号笠松宏記念館指定管理者指定について文教厚生委付託12議案第143号富江構造改善センター指定管理者指定について経済土木委付託13議案第144号営農研修施設指定管理者指定について同上14議案第145号多目的集会施設指定管理者指定について同上15議案第146号五島食肉

五島市議会 2020-11-30 11月30日-01号

令和21218原案可決議案141笠松宏記念館指定管理者指定について令和21218原案可決議案142富江温泉センター指定管理者指定について令和21218原案可決議案143富江構造改善センター指定管理者指定について令和21218原案可決議案144営農研修施設指定管理者指定について令和21218原案可決議案145多目的集会施設指定管理者指定について令和21218原案可決議案146五島食肉

五島市議会 2020-09-30 09月30日-05号

次に、五島食肉センター運営についてです。この役割について、現在牛肉や豚肉の輸入自由化へと国際情勢が激動している中で、五島食肉センターは、五島市民の大きな重荷となる赤字を生んでいます。市長五島食肉センターに対しての評価についてお伺いします。 ◎市長野口市太郎君) 五島農業の中でですね、畜産というのは大きなウエートを占めておりまして、繁殖用肉用牛頭数、これは県内で2番目であります。

佐世保市議会 2020-09-18 09月18日-06号

取扱数量につきましては、青果花卉食肉市場はほぼ横ばいでありましたが、水産市場では、不漁による入荷量の減少により、前年度を下回りました。 なお、取扱金額につきましては、全体として前年度比7.1%の減となっております。 第132号議案令和年度佐世保等地域交通体系整備事業特別会計歳入歳出決算……歳入額2,531万円に対し、歳出額2,531万円で、歳入歳出同額と相なっております。 

佐世保市議会 2020-09-16 09月16日-04号

また、指定管理者制度につきましては、本市が設置する公の施設について、質の高いサービスの提供や経費の縮減など、効果が見込まれる場合は制度を導入することとしており、平成27年度からは九十九島動植物園森きらら平成29年度からは青果花卉水産食肉の各卸売市場などへ制度を導入し、令和2年4月1日現在、63施設において指定管理者による管理運営を行っているところでございます。 

佐世保市議会 2020-03-19 03月19日-07号

青果市場取扱い数量を前年度比99.2%の2万3,413トン、それに係る事業費を7,804万円、水産市場取扱い数量を前年度比98.5%の3万5,170トン、それに係る事業費を2億3,409万円、食肉市場取扱い数量を前年度比109.5%の3万8,110頭、それに係る事業費を3億5,311万円、花き市場取扱い数量を前年度比86.4%の994万本、それに係る事業費を923万円と、それぞれ見込まれております