285件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

雲仙市議会 2021-12-02 12月02日-02号

教育次長下田和章君) 学校を含めた教育現場におけるさまざまな非行防止教育というものが行われております。特に子どもたちには、命の大切さ、また自ら非行を起こさない力、また犯罪の誘因を断ち切る力、このようなものを育てていこうという活動が行われております。 特に、犯罪を認識できる力というものは、命の大切さとともに、悪いことは決してしてはならないということを認識できることでもあります。 

五島市議会 2020-09-06 09月06日-02号

空き家が放置されれば、周辺に危険を及ぼすばかりか、犯罪非行温床となることも懸念されます。このようなことから、全国自治体空き家取り壊しに係る費用の一部補助が実施されております。新上五島町でも同様に実施されており、五島市においても撤去費用の一部補助実現を求める内容となっております。 議員各位におかれましては、請願の趣旨を御理解いただきまして御賛同賜りますようよろしくお願いいたします。 

長崎市議会 2019-10-29 2019-10-29 長崎市:令和元年教育厚生委員会 本文

個別施策G1-3「学校家庭地域連携による教育充実を図ります」につきましては、平成30年度の取り組み概要としまして、子ども健全育成に向けた地域大人連携推進のため、各地域青少年育成協議会事業支援を行い、活動充実推進することで、子どもたち健全育成非行事故防止に取り組んでおります。

大村市議会 2019-09-13 09月13日-02号

虐待相談・通告が553件あって、非行、保護者不在対応を含めると、年間110件、1人当たりですよ。ケースワーカーが担当しているのが。110件を担当しているんです。6名で3班に分かれてやっているんですね。24時間体制で。それで、この状態で、週末でも、班長は公用携帯を持ち歩いて対応しているんです。ここまでしなくては、なかなか大変なんですね。 

長崎市議会 2019-06-24 2019-06-24 長崎市:令和元年第3回定例会(1日目) 本文

あわせて、犯罪非行をした人が、再び同じ過ちに手を染めることのないよう、その改善更生のために一定期間保護をし、円滑な社会復帰支援する更生保護施設の建て替えに対し、必要な経費補助を行います。  次に、長崎まちづくりのルールを定めた、長崎市よかまちづくり基本条例に掲げる、自分たちまち自分たちでよくする、長崎まちをみんなでつくるを合い言葉に、全員プレイヤー型のまちづくりを進めます。

松浦市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第4号) 本文 開催日:2019年03月06日

表札が違うだけの会、そんな会じゃなしに、それぞれに持っている会の意味というものを踏まえた人選をしっかり踏まえて、そして共通認識を持って、そして全てアンテナを立てて子どもをしっかりと守って育てていくという環境が必要じゃないか、そういう育成環境というのが必要じゃないかと思っているんですけれども、質問をしたいのは、今、松浦市内で、子ども虐待非行いろんなあれで乳児、児童、小中学生、それぞれの分野のそれぞれの

諫早市議会 2019-03-06 平成31年第1回(3月)定例会(第6日目)  本文

それから非行相談もございます。育成相談、不登校とか適正化だとか、あるいは育児のしつけなどの相談もございます。  件数で申しますと、平成29年度でございますが、やはり養護相談が一番多いということでございます。児童虐待に関する相談が35件とその他が58件ということでございます。  

佐世保市議会 2019-03-05 03月05日-04号

一方、児童相談所の機能を含む県の佐世保こども女性障害者支援センターは、虐待相談、要保護相談非行相談性格行動相談、障がい相談等子どもに関する家庭からのさまざまな相談対応されております。 組織といたしましては、総務課こども女性支援課こども保護判定課障害者支援課の4部署で編成され、平成30年4月時点で嘱託職員23名を含む全59名の職員が従事されております。

長崎市議会 2018-10-23 2018-10-23 長崎市:平成30年教育厚生委員会 本文

個別施策G1-3「学校家庭地域連携による教育充実を図ります」につきましては、平成29年度の取り組み概要としまして、子ども健全育成に向けた地域大人連携推進のため、各地域青少年育成協議会事業支援を行い、活動充実推進することで、子どもたち健全育成非行事故防止に取り組んでおります。

長崎市議会 2018-10-22 2018-10-22 長崎市:平成30年教育厚生委員会 本文

中段に記載の2.青少年健全育成費のうち、(2)少年センター相談補導活動費1,433万4,291円でございますが、これは、青少年の健全な育成を期し、青少年非行防止を目的として設置しております少年センターに係る経費で、主なものとしては、ア.少年補導委員等報酬で、少年センターの重要な業務の1つであります補導業務に携わっていただいている少年補導委員活動等に対する報酬です。

南島原市議会 2018-07-25 07月25日-04号

その辺で今、高校生というかその辺が結構たむろっておると、非行に走る可能があるけん、見えないと、テニスコートとゲートボールのあい中が垣根がこんな高いんですよ。だからちょっとその辺もカットしてもらえんやろうかというのを教育委員会に言っているんだけど、全然そういう応対がないと、お話ししても、その辺はご存じですか、ちょっとお聞きしたいんです。 ○議長(林田久富君)  深松教育次長

南島原市議会 2018-07-24 07月24日-03号

子供たち非行化して、そのような状況子供時代を過ごして、よくなれない大人非行に走る大人もありますけれども、親子の愛情というのは公園で遊ぶぐらいのあれがないといけないと思いますが、そんなことで親子のきずなというのは非常についていくわけですから、公園というのはそれをつなぐ立派な施設だと思うんです。市内の中にあるとか、すぐにそこに行けば遊べるとか、そんな公園も欲しいと思うんですね。

大村市議会 2018-06-14 06月14日-02号

教育次長吉村武史君)  関係諸団体との連携につきましては、青少年健全育成連絡協議会による非行事故防止キャラバン少年補導委員連絡協議会による子供の見守り巡回活動、PTAによる登下校立哨活動自転車マナーアップ推進協議会による自転車マナーアップ運動など、相互連携をとりながら実施しているところでございます。 

雲仙市議会 2018-06-11 06月11日-02号

ですから、地域の声としてもう少し計画、立案、実行といいますか、その指導者という者がいたらなというようなことがあるわけですけども、そういったことについても、青少年非行防止活動推進とか、地域家庭教育力向上ということで取り組んではおるのですけれども、なかなか結果として目につくようなことが見えないといいますか、確かにやっぱりそういった部分あるのでしょうけれども、何か地域の活力というものを、そういった人たち